アリババの創業者が引退するが

9月10日は中国の「教師の日」です。偶然にもこの日はアリババ創業者馬雲氏の誕生日です。先日、54歳の誕生日に、馬雲氏はアリババ広報を通じて引退宣言を発表しました。「満55歳の来年の今日に会社を引退する」と。

しかし、当の馬雲氏は9月10日にロシアで54歳の誕生日を迎えました。ロシアで開催される東方経済フォーラムに出席するためです。このフォーラムに日本の安倍総理も出席しプーチン大統領と会談を行いました。

翌日の11日、プーチン大統領がロシア菓子を食べていた馬雲氏を見つけて聞きました。「馬雲さん、あなたはまだ若いのになぜ引退するのですか?」

馬雲氏は答えました。「大統領、私はもう若くないのです。昨日ロシアで54歳の誕生日を過ごしました。創業から19年間は確かにある程度仕事をしましたが、私には他にも大好きな仕事がたくさんあります。例えば教育事業と公益事業などです。」

「あなたは私より若い。私はもう66歳ですよ。」プーチン大統領は笑いながら拍手しました。

馬雲氏が来年の誕生日にCEOを引退する時、アリババはちょうど20周年を迎えます。たった19年間で杭州師範大学を卒業した英語教師の馬雲氏は時価総額4560億ドル(46兆円)の中国一位、世界七位の会社を作り上げました。

馬雲氏の引退声明では「この決定は10年前から慎重に考えそして準備してきた。私は受けた教育のお陰で教師になった。今日に至って私は本当に幸運だった・・・私にはまだ多くの夢がある。教育に戻って好きなことをすることによって私は興奮と幸福に満ちるだろう。私はまだ若い、他にも試したいことがある。」

この引退声明に合わせてプーチン大統領との会話を吟味すれば馬雲氏は経営がそれほど好きではないことが分かります。時代が彼をカリスマ経営者の座に押し上げたが、彼の内心は幸福ではなかったはずです。天職の教育事業や好きな公益事業など、好きなことをやりたい気持ちは本物でしょう。

スケールはまったく比較になりませんが、私も経営が好きではありませんでした。偶然に始めたビジネスが時代の流れに乗って拡大していきましたが、「いつまでもこんなことをやりたくない」と自分の心が定期的に言っていました。我慢していればそのうち好きになると思っていましたが、時間が経つに連れて好きになるどころか、引退したい気持ちがどんどん強くなっていきました。

私は馬雲氏の引退は中国の企業家たちにとてもよい刺激を与えたと思います。経済は誰か個人のお陰で発展するものではありません。より多くの普通の若者が普通のように起業してこそ社会が豊かになれます。いつまでも経営トップに居座り、精神と感覚が時代に遅れても権力を握りしめる経営者が増えれば、経済は活力を失い、社会全体も後ろ向きになるのです。

また経営を引退してから思ったのですが、教育こそ未来社会への最善の投資です。中国社会の変化をよく観察してみると明らかに教育への投資が効果を発揮してきました。

私が大学生になった1980年には中国の大学入学者は年間30万人未満でしたが、今では、年間700万人を超え、海外への留学者数も年間60万人を超えています。馬雲氏のような経営者もこのような膨大な人材と巨大な市場があってこそ生まれるものです。

私は42歳の時に経営から引退しました。その時には既に最新の技術についていくのが苦しかったです。頑張ればそれなりにできたのでしょうが、好きでもないことに執着するよりも、若い世代にバトンを渡したほうが自分のためにも日本の社会にもよいことです。

若い世代の後ろに立ち、教育事業と公益事業に転換した馬雲氏は、中国の企業家達に良い手本を見せたのみならず、今まで以上に中国と世界に貢献してくれるでしょう。


この記事へのコメント
馬氏は素晴らしい方ですね。
方や、日本の政治家も経営者も、中国の政治家トップも、・・・多くの国で地位に固執する人々ばかりの中で、極少数の人が時期が来れば新しい分野に挑戦する人がいることは、本当にほっとしますね。
Posted by 旧旧車 at 2018年09月14日 08:22
「老害」という言葉が使われるようになって久しいですが、まさに日本の状況は「老害」以外に表現する言葉がないと思います。20年前と同じ人がトップにいるという組織はざらにあります。スポーツ界、芸能界におけるパワハラ問題も結局は同じ人が権力の座に居続けることによって起こっているように思います。健康寿命が延びた結果、いつまでも現役でいたいというのはわかりますが、早く世代交代しないと、結局組織自体が崩壊していくように思います。
トップの人は
Posted by ゆうじ at 2018年09月14日 09:08
読んでいて、楽しく明るい気持ちになりました♪ 仲間達と、好きなこと、楽しい事を追求していきたいです。追求する上で必要な知識、情報は、小学校で読み書き算盤(コンピュータ?)を身につけたら、中学生位になったら、必要に応じて取りに行けばいいと思います。(今の 他人事のような知識詰め込みの日本の“受験教育”が、政治や社会に無関心の国民を育ててしまいました)
実は日本の憲法には、すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する(25条)というのがあるのですが、お金儲け競争の格差社会で、好きなことさえ出来ない子供達が大勢います。 
もっと言えば・・・ こんな流れの先には、ホーキング博士の予言…あと100年以内の人類の地球脱出〜があるだろう…になってしまわないとも限らないでしょう。 そうではなく、夢の宇宙進出へ向かいたいのです。 
科学も遊びの一種と、私は思っています。好きなものがあれば(知識でも技術でも芸術でも)、そこへ向かって行くのに必要なものは、私達は取りに行く…と思います♪ その様な環境、社会が欲しいです。
Posted by 美枝子 at 2018年09月14日 09:40
付け足しです。
中学校(特に高校)からの教師は、アドバイザー でいて欲しいです。 一律に知識を教え込むのではなく、生徒一人一人に対して、必要に応じてアドバイスする…そんな役目を果たして欲しいです。
Posted by 末永美枝子 at 2018年09月14日 09:43
爽やかで納得のお話、有難うございました。
Posted by SPITZ at 2018年09月14日 10:07
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲りです。

アリババの馬雲氏は、中国の広大な国土と巨大な市場を背景に、ICTの時流に乗って“大成功”を納められた方であると認識しております。

あれだけの“成功者”ですから、限りある人生を振り返って『やりたい事』にチャレンジできるのだと思います。

しかし、中国に限らず人間にとっては“衣・食・住”を基に“自由と幸福”を享受する権利があります。
一握りの経済成功者・政治権力者・宗教権力者に人々の“自由と幸福”が弄ばれている今日、
馬雲氏のように“成功者”の方々が人生を振り替えられるのは大いに結構なことだと思います。

ただ、今日の“成功者”の上位の方々が、ICT関連の経営者であることに疑念を抱いております。
“衣・食・住”を支える人々は、これら“成功者”の底辺での地位に甘んじている現実、とくに、中国の農村戸籍と都市戸籍の差がそのまま貧富の差となっていることの現実を、馬雲氏や宋さんがどのようにお考えになっているのかしりたいものです。
Posted by 田中 晃 at 2018年09月14日 11:35
馬氏の発言内容は確かに素晴らしいものですが、簡単に額面どおりに受け取っていいものでしょうか。彼のビジネス分野であるメディア業界は強い政府の管理下にあります。そして中国のビジネスマンが権力者ににらまれて財産や事業没収の憂き目にあうことも珍しいことではありません。そして彼のビジネスモデルもアメリカの企業の模倣であり、彼が独自に考案したものではありません。
政府が、アメリカ企業の国内参入を許さなかったから成功できたのです。しかし政府の保護に頼ることは、それだけ政争に巻き込まれるリスクも大きくなります。
これらの点を考えると、彼はこれから事業を続けていくリスクを考え、賢明にも安全な教育への転身を計ったと見てよいのではないかと思います。
Posted by 子不語 at 2018年09月15日 07:26
教育こそが未来を作る
完全に同意です。ずーと同じ事言ってますが私程度が騒いでも日本はシルバー民主主義まっしぐらでうんざりしますが
教育改革が芽を出すには1世代育てるのに最低20年かかります
国の未来を本当に憂うなら政治家には最低でも20〜30年後の未来を想定して欲しいものですが
次の選挙をどう戦うかで頭がいっぱいの人ばかりで
事実上今の選挙は消去法で自民党になり現首相になるという感じで…まあなんというべきかという感じです
Posted by 通りすがり at 2018年09月15日 19:56
宋さん、こんばんは。
「経済は誰か個人のお陰で発展するものではありません。より多くの普通の若者が普通のように起業してこそ社会が豊かになれます。いつまでも経営トップに居座り、精神と感覚が時代に遅れても権力を握りしめる経営者が増えれば、経済は活力を失い、社会全体も後ろ向きになるのです。」
全くそのとおりですね。企業の経営者は時代遅れと言われる前に、早く、次の後継者を育成して後を任せることが今一番求められていることのような気がします。今の日本の経済が停滞している要因の一つのような気もします。

 また、教育は非常に大事ですよね。しかし、今の日本の経済はおかしな方向に向かっていて、親の経済問題や奨学金の返済問題、就活、非正規社員等、これから飛び立とうとしている多くの若者を委縮させてしまうような壁がいくつもできています。もちろん若者にはこの壁に立ち向かい、乗り越えていってもらいたいと陰ながら応援はしています。

 私は既に定年を過ぎた人間であり、あまり偉そうなことは言えませんが、これらの問題は皆さんのちょっと感じた違和感を変えていくことから始まると思います。将来に向かって日本経済?、日本?が衰退の道を歩かないためにも、皆が小さなところから変ってゆく努力をしたいですね。
Posted by くまさん at 2018年09月15日 19:58
米中の貿易戦争が拡大し長期化する状況にあって、中国政府の庇護の下で国際社会から隔離された世界で飛躍的に事業を拡大して大成功したアリババの馬雲氏が引退した。そして教育や公益事業といった好きなことに専念したいと言っている。しかし本当の理由は、そんなところにあるのではないことは常識ある日本人なら誰でも知ってるところです。

いまの中国でハーバード大学のような膨大な寄付金で運営されている大学があるのか、自由な研究ができる環境が大学にあるのか、を考えれば机上の空論に過ぎません。
夢物語を語っているだけ。 それだけの内容でしたな、今回は。
Posted by 水戸のご隠居 at 2018年09月23日 11:18
宋様

不定期ではありますが、続けていただける判断をしていただき、嬉しいです。

メールが送られてくるのを楽しみにしています。
無理せず、ゆっくりと思いを読ませて下さい。

Posted by 松山 富士夫 at 2018年11月09日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。