二つの商談が明かすトランプ氏の人物像

どこの国に行ってもビジネス書のコーナーに必ず立ち寄ってしまうのは私のくせです。先日、ボストンの住まいの近所にある本屋に立ち寄った時もそうしました。すると、11年前にトランプ氏が出版した「THINK BIG」に目が留まり、ちょっと立ち読みしただけで買うことにしました。共同著者のBill Zanker氏の話が面白かったからです。

Zanker氏は北米最大の成人教育会社の創業者であり、成人啓発のプロでもあります。彼は26歳でマンハッタンで創業した際、有名人に講師になってもらうため、よく「あなたはビッグになっているから少し社会還元しないとだめですよ」と半分脅かしながら説得していました。

彼の脅しに多くの著名人が負けて少ない報酬、場合によってはただで彼の生徒に講演してくれたため、彼の成人向け啓発教育の売上は5億円を超えるようになり、ビジネスが軌道に乗りました。

しかし、トランプを呼ぶときにはこの手が一切効かなかったのです。どうしてもあの有名なトランプを呼びたいので、初めて大金の講演料を申し出しましたが、1万ドルでも10万ドルでも秘書がトランプに取り次ぎしてくれないため、勇気を出して100万ドルを払うと言いました。その後Zanker氏はあまりのストレスでトイレで吐きそうになったというのです。

そうするとすぐトランプ氏が電話をかけてきて「出てやってもいいが、君のとこに聴衆は何人くるのか」と聞いてきました。多くても500人しかこないのに「1千人来ます」とはったりで答えました。するとトランプ氏は「じゃぁ1万人が来るなら受けてやるからいいかい」と確かめてきました。Zanker氏はつい「はい」と言ってしまったのです。

それがZanker氏がそれまで考えたことのないことを考え、やったことのないことをやるきっかけになりました。その結果、3万5千人も聴衆を呼び込み、彼の会社The Learning Annexは年間400%のスピードで成長を始めました。

会社が儲かり始めるとトランプ氏は講演料の増額を言ってきました。交渉の結果、150万ドルで妥協しました。Zanker氏はトランプ氏にそれだけの価値があると判断したからです。

以上がZanker氏とトランプ氏との体験です。以下は香港の不動産業者鄭氏とトランプ氏との付き合いを紹介します。

1994年の不動産下落の際、トランプ氏がリンカーンセンターの31万平米の土地を無理して買ったため、債務超過にはまり、破産寸前に陥りました。ニューヨークだけではなく全米でも誰も彼に協力しない中、鄭家純氏をはじめとする数人がトランプ氏からその土地を購入しました。トランプ氏の債務を引き受けた上トランプ氏に開発を任せ30%の利益も約束しました。

ディールを成功させるためトランプ氏は嫌々香港に飛び、鄭氏達とゴルフ場で落ち合うことにしました。鄭氏達のゴルフの掛け金にびっくりした他、中華料理のテーブルで箸を拒否し、出てきた魚の姿煮の頭にショックを受けたそうです。

結局、その後、不動産市場はずっと回復を続け、リーマンショックの3年前の2005年に17.6億ドルという前代未聞の金額で売却しました。これに不満を覚えたトランプ氏は鄭氏達を訴え、10億ドルの賠償を求めましたが、当然、所有者ではないため敗訴しました。しかし、トランプ氏は選挙の際、よく聴衆の前で「私はとてもお金持ちだ」「交渉上手で中国人に勝った」と自慢しています。

以上の二つの話はトランプ氏のビジネスパートナーが語ったものです。全部事実とは限りませんが、トランプ氏はZanker氏と共著していましたし、鄭氏との裁判も昔から公開されていたものです。

しかし、この二つの事例からトランプ氏の人物像が浮かびあがります。

1.トランプ氏は常に相手に大きく要求する。これが彼のTHINK BIGだ。
2.トランプ氏は口では失敗を認めないが、ミスを素早く修正する力がある。
3.トランプ氏は個別案件の勝負に拘り過ぎるため、より大きな相場を読まない。
4.トランプ氏はオーナー経営者の視線で世界を見ている。
5.トランプ氏は手強い相手のみ重視する。

ボストンの学校に通う14歳の娘がニューヨークに実家があるルームメイトを連れてきた時、たまたま私がこの本を読んでいるところを見て「あ、私のお兄ちゃんもこれを読んでいる」と言いました。20歳の大学生です。

トランプ氏は日本人から見ればコロコロ変わってビッグマウスに見えますが、米国では昔から大変人気があって、独立精神と不屈なファイトを伝授してきた「伝道師」、「成功者」と「タレント」なのです。エリートのリベラル勢力を除けば、米国民の多くは生ぬるい世襲政治家や弁護士出身政治家より、トランプ氏の方が個人として尊敬できると思っても当然です。

そんな今までになかったタフで不屈なトランプ氏に世界中のリーダーが交渉しなければなりません。さて、それぞれの国益がどう守られるかは見物です。
この記事へのコメント
毎回楽しく読まさせていただいています。
宋さん同様、自分もトランプ氏が米国大統領となる前に「トランプ自伝(筑摩書房)」という本を読みました。
大変交渉に長けた男、という印象でした。
ありきたりの政治家が国政を担うより、彼のような実業界で実力を示せる人が国政に取り組むべきではないか、といつも思っています。
米朝首脳会談、世界のよき転換期となるよう期待したいものです。
Posted by mk at 2018年06月08日 09:16
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲りです。

前回のコメントは週刊誌への寄稿をそのまま掲載されたので「最後」という表記だったのですね。
一応、宋さんは文筆業・評論家として認知されているのですから、このメルマガへの投稿前に、その部分だけでも加筆・修正をしていただきたかったと思います。

ま、いずれにしても宋さんに盲従の”宋ファン”の方々は喜んでおられるでしょう。

今後も習近平中国共産党政権の日本でのスポークスマンとして、これまで通り反安倍・反日のコメントを続けられるのでしょうね。

私も”言論自由主義者”として、宋さん達の誤りを正し続けていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
Posted by 田中 晃 at 2018年06月08日 09:19
トランプ大統領は駆け引きをする政治家でビジネスマンという印象しか無かったが、この記事によりもっと氏の素晴らしい素質を紹介してほしいと思うようになりました。宗さんの何気ない行動が世界にインパクトを与えている記事に発展している一面に感謝です。
Posted by 橋山 豊 at 2018年06月08日 09:19
>田中晃
あなたの主張があるなら、あなたが土俵を作ってそこで叫べばよい、と思っていますが、書かれていることには、一定の敬意を払っています。

ただ。前回の記事はそれだけで、雑誌への寄稿が最後だと読める文章でしたよ。
せっかく別の視点を提供できているのですから、もうちょっとしっかり読み解いてから書いていただければと思います。
人の作った土俵で遊ばせてもらってる我々の、マナーというかせめてもの矜持のカケラというか。
Posted by 盲従 at 2018年06月08日 09:29
トランプ氏の新たな側面を見たような気がします。剛腕実業家でディールが得意との印象はありましたが、案外に近視眼だったのですね。経済交渉には得意な面が多いと思いますが、国政や外交は損得や勝ち負けだけでは測れない、人権や環境と言った問題もあるので彼には不得意な分野があると思います。

私も若い頃3年間ですがボストンに住みました。良いところですね。
Posted by 佐藤 潔 at 2018年06月08日 09:56
メールをチェックしてみたら、メルマガが続いていたので安心しました。
宋さんの趣旨には同意ですね。マスコミの伝えることがいかにインチキばかりかと常日頃思っていたので、見てる人はきちんと見ていると思って安心しました。
政治の世界は”何でも有り”なので今後の世界に安心は出来ませんが、オバマの時代よりは良くなるでしょう。理想を唱えるのは大事ですが、自己や自国の利益以外は考えない国際社会では通用しませんから。
Posted by 旧旧車 at 2018年06月08日 09:59
アメリカのビジネスマン…なのですか?? 
よくわからないけど、なんとなく、上手くやってるような気がしています。
ただ、日本には日本のやり方がありますよね。
遊び、創作、探究心を自由に発揮して、宇宙ビジネス始めて欲しいです。 (←安倍政権のやり方とは逆さ)
トランプさんも もしかして、宇宙にトランプホテルを〜て言ったら、目を輝かすかも❤
Posted by 末永美枝子 at 2018年06月08日 10:24
トランプ氏の実像が良くわかる素晴らしい内容でした。講演料が100万ドルとか150万ドルというのもケタ違いで、日本ならクレージーとして扱われると思います。宋さん、本当にありがとうございます。
Posted by 浜川勤(ごん) at 2018年06月08日 13:53
トランプさんのことは、知性が低いと率直なところ馬鹿にしていました。しかし、今回のお話で、ふむーと少し視点を変えて見なければいけないと思いました。ただ自分で確認できない逸話のようなお話ですから、割引も必要なお話と思っています。企業経営者の感覚が国益まで通用するのか、私のようなレベルの人間の能力超えます。当面の政策でトランプさんの支持層の何割かは恩恵を受けるかもしれません。しかしアメリカ全体でみたときの、トランプさんの政策はどのような結果をもたらすのでしょうか。国益という言葉を使ったときには、一部の支持層の利益では済まなくなります。宋さんがトランプさんの一面を語って伝えたかったかったことは、私には理解できませんでした。
Posted by 長坂 弘文 at 2018年06月08日 17:06
トランプさんのことは、知性が低いと率直なところ馬鹿にしていました。しかし、今回のお話で、ふむーと少し視点を変えて見なければいけないと思いました。ただ自分で確認できない逸話のようなお話ですから、割引も必要と思っています。企業経営者の感覚が国益まで通用するのか、私のようなレベルの人間の能力超えます。当面の政策でトランプさんの支持層の何割かは恩恵を受けるかもしれません。しかしアメリカ全体でみたときの、トランプさんの政策はどのような結果をもたらすのでしょうか。国益という言葉を使ったときには、一部の支持層の利益では済まなくなります。宋さんがトランプさんの一面を語って伝えたかったかったことは、私には理解できませんでした。
Posted by 長坂 弘文 at 2018年06月08日 17:09
トランプさんのことは、知性が低いと率直なところ馬鹿にしていました。しかし、今回のお話で、ふむーと少し視点を変えて見なければいけないと思いました。ただ自分で確認できない逸話のようなお話ですから、割引も必要と思っています。企業経営者の感覚が国益まで通用するのか、私のようなレベルの人間の能力超えます。当面の政策でトランプさんの支持層の何割かは恩恵を受けるかもしれません。しかしアメリカ全体でみたときの、トランプさんの政策はどのような結果をもたらすのでしょうか。国益という言葉を使ったときには、一部の支持層の利益では済まなくなります。宋さんがトランプさんの一面を語って伝えたかったかったことは、私には理解できませんでした。
Posted by 長坂 弘文 at 2018年06月08日 17:11
トランプ大統領のイメージは、プロレス(WWE)です。(笑)(スイマセン不真面目なコメントで⁉)
Posted by 0084(単細胞) at 2018年06月08日 23:43
>盲従様

小生へのご意見ですので、再投稿をご容赦ください。

たしかに、先の宋さんのコメントは週刊誌への最終投稿の記事だったようです。小生の”早トチリ”を反省します。

ただ、週刊誌への投稿をそのままこのメルマガに流用するのは如何かと感じましたので、少しくらいは加筆しても良かろうと思った次第です。言い過ぎた点はお詫びいたします。

ただ、宋さんと違って小生は全くの無名の市井住民ですので、自分の土俵を作ったとしても”井戸”の中に土俵を作るに過ぎないだろうと思っておりますので、ここの土俵に上がらせて頂いております。

小生は、宋さんの個人的攻撃をするつもりは毛頭なく、ただ習近平中国共産党政府の形振り構わずの”漢民族による覇権思想”に危機感を抱いておりますので、このメルマガに習近平中国共産党政権の擁護投稿がなされた際には反論の投稿をさせて頂いております。

しかし、小生は自分の発言には責任を負う所存でおりますので、常に本名で投稿させて頂いております。それだけはご理解の程をお願いいたします。
Posted by 田中 晃 at 2018年06月10日 08:35
トランプ氏の人物像についての宋氏の見方はそれなりに興味をそそる点がありますが、日本人の端くれとしてトランプ氏を「コロコロ変わるビッグマウス」とは見ていない者も多数いることを宋氏は知っておく必要があるのではないかと思います。

 メキシコとの国境の壁、イスラエルの首都をエルサレムにすること、中東の指定国からの入国拒否などなど、大統領選での公約を律義に守り実施している姿は、トランプ氏が「人にどう思われようが自分の思う信念を頑固に断固としてやり抜くタイプの人間である」ことは、多少なりとも、人を引率すしたリーダー経験がある者であればわかるはずです。

器の大きなリーダーは、どうでもいいような問題には柔軟に対処して表面的にはコロコロ変わるように見せては、その実、根底にある信念は決して変わらない(高齢であり、残された時間も少ないこともあると思うが)。逆に器の小さなリーダーは、コロコロ変わると部下の者や部外者からリーダーとしての素質を疑われるのではないかと思い、下らぬことにも齟齬が生じないように懸命に立ち振る舞う。そして組織の大きな目的を見失う。
組織運営では「結果がすべて」であることを見失う。

多民族国家のアメリカでは、ビジネス上の成功も失敗も、その原因や背後にある要因(人種や文化伝統まで含めて)まで遡って本質を詳細に、かつ客観的に研究する伝統があり、他国のビジネスまでも研究して、その結果を万人が学び共有することができる。

自分としては米国流の金融資本主義経済は近い将来破たんすると見ているが、商業国家の伝統を色濃く残す中国で育った宋氏から見て、できるだけ客観的にアメリカ経済の先行きをどう見るかのご意見を聴かせていただくと参考になります。
Posted by 大木みきお at 2018年06月10日 22:38
トランプ氏の講演料交渉、さもありなんと拝見。まさにディールの一事例と思います。このようなやり取りはビジネスでも、外交でも普通に行われているのが世界の現状と受け止めています。香港のビジネス世界で21年間駐在の経験からするとさほど驚く情報ではなく、トランプ氏ならそれくらいの吹っ掛けをすることを楽しみながら毎日行動しているはずです。以上
Posted by マイケル小林 at 2018年06月29日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]