形から入るな

「最近創業したいという社員が多くて困る」と経営者の友人が漏らしたので、私がすぐ「良いことだよ。創業したい社員はモチベーションが高く、所属している間は貢献するし、辞めてからも会社と提携するから良いことだよ。」と答えました。

しかし、よく聞くと彼は社員達の創業に反対しているのではなく、やることも決めていないのに創業を逃げ道として現在の仕事から逃げたい社員がいることに嫌気が刺したようです。

それなら私も大いに彼に賛成です。ベンチャー創業を応援してきた自分としてはゼロ金利に甘えて安易にベンチャー資金を得ようとしている人は好きではありません。本来ベンチャー経営者の一番の支えはお金ではなく、どうしてもやりたいことがあるという欲望です。お金はそのために工夫するものであり、後でついてくるものです。

昔、ベンチャー企業が大手企業を退職した管理職を面接する際に「何ができるか」と聞くと「部長ができる」とよく答えられました。何をしたいか、何ができるかではなく、「部長」を目的することで笑われましたが、「何をしたいか」が分からずに目的を「ベンチャー社長」という人は彼らと同じではありませんか。

私が工学博士号をとっても百人もいない中小企業に入った理由は、その会社の社長は私がやりたいことをやらせてくれると約束したからです。実際に部下をくれて土木構造解析ソフトの開発をやらせてくれました。3か月後にその会社は倒産しましたが、社長に裏切られたと思ったことは一度もありません。やりたいことをやらせてくれたその心に今も感謝しています。

私はその後も開発をやらせてくれる会社を探してみましたが、どこも「教育を受けてから」とか「わが社の文化に慣れてから」とかの細かいことを言うので、自分で開発せざるを得なかったのです。「石の上も三年」とか、「5年目から一人前」とかは信じられません。私は5年目からベンチャー資金を受け入れて上場を検討し始めました。

ベンチャーだけではない、最近ではグローバルも形から入るケースが多いのです。「どこの国で何をしたいか」はすっかり抜けてしまうのです。

数年前から日本の本社で英語を公用語にする会社が出てきました。今はどうなっているかは分かりませんが、これは典型的な形だけのグローバル化です。どこの国から事業をスタートしたいかを決めてその国で通用する地元の人材を採用したほうがよほど早いのです。なぜ関係のない日本本社で関係のない社員達が不慣れの英語で日本の業務をこなす必要があるのでしょうか。

アリババの時価総額はアマゾンを超えています。アマゾンと違う仕組みで世界中に市場を広げています。英語を公用語にすれば中国の社員に迷惑ですし、海外事業に何のプラスにもなりません。馬さんは進出先の国で他の競合企業よりも高い年収と権限を渡すことによってトップレベルの人材を確保し、事業を拡大してきました。それぞれの国には特殊な事情があるからです。

クレジットカードの普及率が低い中国で、アリババは10年前からカードを抜き、銀行抜きのネット支払いの仕組み、アリペイを編み出しました。その後WeChatペイなども普及し、中国ではカードだけではなく、現金さえも消えつつあります。

他の国でそれが良いかどうかは別として中国でビジネスを拡大したいのであれば、これを利用すればいいのに、日本の某ネット販売大手が「クレジットカードこそグローバルだ」と頑として拒否したため、中国市場からシェアを取れず、容赦なく撤退に追い込まれました。

形から入る人は本質を掴めません。結果として形で終わってしまうのです。形とは既成概念であり、多くの場合は成功パターンの真似に過ぎません。本当は他にも選択肢があるのに形に拘るとそれが見えなくなってしまうのです。

中身(本質)から着手し、欠点やミスを素早く修正しているうちに独自の形が段々見えてきます。これが創業やイノベーションの過程であり「形から入るな」の意味です。

この記事へのコメント
全く仰られるとおりですね。日本も、高度経済成長の時代は良かったのですが、低成長になって管理主義が蔓延ってからは、官僚的な形式主義になってしまいました。
これは共産主義と同じで、官僚的な支配では経済発展した後の経済はうまく回らないのです。あの北朝鮮でさえ、第二次世界大戦後は日本統治時代の遺産で順調な経済だったのに、金一族の共産主義的支配で餓死者が出る国になってしまったのです。
中国も、国有企業には共産党の駐在員がいて経営をチェックするとかで、これでは実質的に破綻は当然ですね。
経済と官僚的支配は相容れないと言う事でしょう。
Posted by 旧旧車 at 2017年11月10日 08:23
私は宋先生の問題提起を”目的と手段”の取り違え問題と認識しています。”形式”を必要以上に強調する考え方は本来の”目的”を忘れて”手段”を”目的”にしている状態だと思います。これが過ちであることは明白です。
Posted by 岩本 瑛 at 2017年11月10日 08:46
日本人は、あまり物事の本質を深く考えない様に教育されてきました。自分自身の事さえ、知らないでいる人がほとんどかもしれません。
自分の望みは何か、避けたい事はどんなことか、それを、様々な角度から探れるようにならないと、そんな教育をしていかないといけないと、私も思います。(今の政権は、考えない素直な兵隊さん作り←比喩です…を強化してます)
Posted by 末永美枝子 at 2017年11月10日 09:03
こんにちは。
概ね仰るとおりだと思います。日本人は,ビジネスにしてもプライベートにしても趣味にしても,まず形から入ります。具体性が何もないけど「新しいことをやってるんだ」とか「今時っぽいことをやってるんだ」をアピールしたい人が増えてる印象です。
こういう状況には辟易しておりますが,忘れてはならないのは,今の老人方が作り上げた社会の上で成り立っていることです。
結局のところ,日本はまだまだ年功序列です。力があっても上席に気に入られる力がないと上には上がれません。会社にいればタダの歯車であることを思い知ります。結果,目的が定まらないまま企業という道に走る人が多いのではないかと感じます。

最近,弊社でも再雇用が目立ちますが,定年を超えた人は例え役員であっても役職を全て取り上げて,発言権のない事務職にでも付かせれば良い社会になると思うのですが・・・(私は30代半ば)

というか,再雇用はいりません。社会を作るのは老人ではなく若い力です。老人は妨げにしかなりません。これがなくなれば,もう少し広い視野で見える景色が変わるんじゃないでしょうか。
Posted by K.Okubo at 2017年11月10日 09:14
なかなか自分の好きなこと、したいことを行動できるぐらいはっきりとわかっている人は少ないと思います。ある程度分かっているけど行動するまでにはわかっていない考えがはっきりしていない人もいると思います。その時は何かよい形にハマってみるものよいと思います。
Posted by someone at 2017年11月10日 09:32
今回のお話は単純明快!!
「御意」と言う感じです。

因みにご意見の中に「定年を超えた人は例え役員であっても役職を全て取り上げて,発言権のない事務職にでも付かせれば良い社会になる」とのご意見もあるのですが、私も間もなく齢62歳。再雇用組ですが、再雇用先で「変化」の先鋒を担いでいます。

日本人の私から見ても、「日本人」のあかんところは、概念的に「あかん」と思う所です。

宗さん曰く「中身(本質)から着手」とありますが、すべてはここから出発し何を目指すかです。
今の日本人は、「権威」(権威など自社ブランドの構築以外のためには不要の長物)や小事の周囲への「忖度」(=自己保身)に終止しているからでしょう。
相対的に老害がはびこっているだけです。
でも本質的に年齢は関係ありません。関係あるのは、体力だけ(これも大きな問題ですが…)
再雇用の役員などは、大半が生え抜き役員が、自分の立場を脅かさない、かつ前職は大企業の役員などのブランドを持っていること、要は生え抜き役員さんの引き立て役で再雇用する一方で、再雇用される側も再雇用されるにあたり、自分が何故再雇用をされたかのそこら辺の意図も十分理解しています。
実に日本的な「為和以貴」の典型です。
やんちゃな役員は、再雇用時、入口でほぼ振るいにかけられていますからおっしゃることもまた事実でしょう。
だから30代であっても、平社員であっても自分のやろうとすることが広く会社の為、社会の為になると思うなら、再雇用役員など気にせずガンガンやったらいいと思いますよ。
確かに壁は厚ですが、説得できない無いのはまず自身の力不足と認識し、さらに高いプレゼンテーション能力を身に着ける努力をすることです。
日本人のいけないところは、できないと他力本願(お上のせい)になっちゃうところ。

でも正直、申し訳ないですが安部さんのような本質を見れない老害に大量票が集まる日本の行く末は暫く苦難が続きそうです。
愚痴言うくらいなら、われ自分で政治家やれてか(笑)
Posted by Pu_san at 2017年11月10日 10:44
そうです。剣道 柔道 華道をやるのと 訳が違います。完成の形が見えていて、誰もが何の工夫も要らず そこそこを目指す場合に 有効かもしれませんが。
Posted by 鈴木 俊広 at 2017年11月10日 11:26
今日のもの、特に納得の行く記事でした。
茶道や柔道、剣道について書かれている方が
おられますが、私は囲碁や将棋を道として
捉えて(決してこれでお金はいただかない)
いるため、形から入ることの重要さと勘違い
は意見を持っているつもりです。

経済面での勘違いですが、出来上がった
モデルを敢えて長い時間かけて熟成させ
みなで分け合ったのが高度成長期なのに、
頑張ったから、実力があったから、ジャパン
ナンバー1だ、この勘違いが今でも足を
引っ張っていると思います。

確かに戦後焼野原からの復興は凄かった
のでしょう。混乱期を知る方たちの経験談
を聞いていますと、そう思えます。
しかし、復興させるべき理由、国際社会の
中での役割があったから成功すべきモデル
と物語を与えられただけでもあるわけで、

今度は別のモデルを考えて創らないと
次の時代はないぞ。。

この危機感を80年代に入る頃に持った人が
居たのにみんなで踏みつぶして同じモデル
のまま成功に向けて走ろうとした。
これに尽きるのではないでしょうか
( `ー´)ノ

いま、気づいて舵を切り直せればまだ辛う
じて救われると思います。お金に関する
勉強が圧倒的に足りなかったと反省しながら
私自身の仕事への舵切り替えを先にして
いますが・・苦笑。。

Posted by sparerib at 2017年11月10日 12:21
日本人は大昔渡来したことは、農耕を知らず、狩猟採集に生活を頼っていました。狭い平野に食べ物が少なく、栗とどんぐりばかり食べていて、不作の時は多くの餓死者を出したそうです。そこで我慢強く生きることが日本人のDNAとなりました。現在多少の贅沢(糖質の摂取)で糖尿病になってしまうのも、そのためだと言われています。一方で島国ですから、漢民族や朝鮮民族と違って、他から攻められることもなく、守られて生活できたのも事実です。

そのような環境で出来上がった日本人にとって、戦後作り上げてきた、そこそこの生活、そこそこの幸せは、物質的には十分なものであり、それを守ることは大事でも、さらに攻めてさらに豊かになることは必要ないと思っているのではないでしょうか?。企業も個人も貯蓄が多くリスクを取らない本質はそこにあると思います。それはドングリが不作の年に、沢山貯蔵する古代人の行動に他なりません。グローバル社会で生き残るという感覚の欠如しているガラパゴス社会と言えばその通りです

日本人がもっと豊かにすべきは、精神面であり、さらに物質的に豊かになり、1000万人を越した糖尿病予備軍を増やすことではありません。精神面で豊かな、例えば自殺する人が少ない世の中を作ることが大事なのです。
Posted by NiCd at 2017年11月10日 12:47
形から入るな〜

芝居の世界で言うと、working from the Outside ==> Inとも言います。

熟練した俳優のインタヴューでは、中から役づくりをするか、形から入るかと聞くと、

both = 両方だ

と応えるケースが多い。



しかしながら、現在の日本においては、宋さんがおっしゃるとおり、
形や、型、ブランドやラベル、つまり包み紙、

最近の方はパッケージと言った方がぴんとくるかもしれないが、それにこだわるあまり、
肝心の中身やら中味がない空虚な「仕事」
に精を出しながら何かをしていることが
いろんな場面で多いと実感することしきりです。

かっこいいことに憧れることは悪いことではない。それは、いろんな勉強や学び、鍛錬や心配りに結びつくことだからだ。

が、同時になぜその形が出来上がり、
なぜ、それはかっこいいのか。

本物と偽物、あるいは、精巧ではないコピー商品(人類の所業は基本的に模倣であるから
コピーが悪かったら、人類の進化全般に対してまことに失礼と言わざる得ない)と、
これは味のあるオリジナルだよね、と言える
もの、こと、人、の何が違うのか、

考えなくなった人が


老若男女、犬猫に至るまで(ごめんね、
飼い猫・犬に罪はないかもしれないけれど
運んでもらうことが散歩になったり、
他の動物の毛皮を着せられた時点で
吾輩、いや、あなた様はなんだ?と思うのよ)

非常に多い。


まあ、それもいつの時代も同じ割合で
存在するんだろうし、どこの国でも
そういう???な方々がいらっしゃるから

私やあなたの商売が成り立つとも言えるので。



英語公用語化に関してはまったくもって
同感で、個人的に大嫌いなCrimson色のロゴの
会社などは、その源流を作った、そして、
猫も杓子も(猫ちゃん、またまたごめん)
英語をやれば

魔法の杖を得られるという

幻想を


宝くじやおみくじを買う手軽さで
時にはジジババの奥の財布を頼ってまで
手に入れようと、


躍起になる(やっきになるの意味がわからない人がそもそも英語を勉強している場合ではないと
帰国子女でも思うのですよ、厳しい言い方をすれば)


のは、

本末転倒といわざるを得ない。



翻って、会社名に至っては、なんだかアルファベット、なんでもカタカナ、どれがどれだか、

バブル経済をバルブ経済と

言っていた友人のお父さんが代表選手で、

ある意味バルブなけいざいだったのかも



というのは横道だが、


覚えてもらえない会社名に

何のブランディングを望むのか。。。



銀座のバーテンダーたちに英語を主とする
外国語などを毎週教えているが、

閑古鳥がないている


を知らない22歳がいて、
英語を教えながら、日本語を知らない
ことに嘆く日々で、


Business is slow

なのか

Business is dead

なのか、

the whole industry is dying


のか、

はては、

They closed down


なのか。


これらの表現は、国内にしかいないで
日本はすごい国だと勘違いしている
井の中の蛙軍団を表現する言葉というか、


贈る言葉

だ。


誰かの援護射撃さえあれば、
自分たちは安泰になるのに、


という幻想も


また、体制を守りたいだけの意気地なしの
やめ、政治家(やめ弁や、やめ検があるなら

やめ、あべ、いや、総理大臣さまさまに


あおられた結果の産物だ。



そのことを注意喚起できるのも
変えられるのも


われわれ日本人にしかできない



オンリーわん  (わん、わん、わん)


なのであろう。



リスペクトだのレガシーだの、

なんだか、リストカット、レッグがしー
(脚がしびれている、、、という造語にいかが)

にもつながる連想ゲームにだけ貢献する

ことばの本質をわからずに拡散・攪拌
している化粧の濃い前時代的なお方にも


届けたい


贈る言葉。



額に汗せず、だから、化粧が濃い。

化粧ばかりに時間を取るから、

発つ鳥、女子トイレの洗面台に
残る残る、あなたの足跡。


女子はほっといても

わりかし、つよいよね、おかあさん。


輝かせるべきは、


本当にがんばったり、
ふんばったり、


パフォーマンスだけでなく、
実のある仕事にもくもくと
文句を言わずに
仕事率 高(たか↑=イントネーション上がる系)、

という人であって、



一億総活躍できるなら、


あんたがもっとちゃんとはたらけ



と言いたくなる税金・機密費泥棒に


ささげてみよう、ホトトギス。



ほと、と ギス ってなんですか?

トラウマを

虎 馬 と勘違いしていた母たち世代の
話は笑い話で済むが、

何かせねば、ねえ、やらないと
乗り遅れるよね、箱舟に

のトラウマから早く立ち直れた
日本語できちんと考え、行動しながら
考えることができる日本人だけが、
沈む太陽

(毎日沈むんだから、明日は明日の風が吹く)

の呪縛から放たれて、自己実現と夢実現が
できる。



か〜  と鳴いたのはカラスだ。
きっと馬鹿にされているに違いない。間違いない。

可能かどうかはやらないと
わからない。

yes, we can


これは誰でもわかって感動したはずだが、
いまや、電力を無駄に浪費(あ、二重だ)
しながら、スマホでさまよう、ほんま、す
な人々に、震災後のあなた方のツィートやら
さえずりやらをぶつぶつつぶやいてみせようか???




アメリカは、自国でテロがなくとも、
お互い銃と肥満で一定数、
精神薬でさらに一定数
human errorと呼ばれるけれど
実のところは、
悪い週間で


一定数勝手に死んでくれるので、
ある意味、世界のバランスは保たれる。


同様に、

日本人や韓国人は、
北朝鮮が何もしなくても、

一定数必ず自殺してくれるので、


自称、すごくがんばって、優秀だよね


な民族も、そうでない、と言われる
怠惰な民族や、私たちが助けてあげないと
誰が助けるの、な民族の人数と


均衡が保たれる。



長くなりましたが、

宋さん、そうだよね。(ダジャレで締める)


本当に、そうなので、


なんとかします。

みなさんもよろしく頼みます。
Posted by Miho Matsuda / Ganko Pinewood at 2017年11月13日 06:30
悪い週間もあるかもしれないが、
悪い習慣、つまりhabitでした。

なくて七癖、腐ってもタイ、タイはタイでも
鯛で、
国の

名前

ではない

たい。


失礼しました。
Posted by 松田がんこ at 2017年11月13日 06:37
今回の宋氏のメルマガは「ビジネスという経済戦争では、戦闘の際、陣形にこだわってはいけない。」とのごく常識的なご意見であった。

茶道や剣道、合気道などの、いわゆる「道」のついた修行を伴った学習過程では、完成された名人の域にできるうる限り短時間に近づくために「形」を重視する。例えば、茶道で、最初に学ばされるものは作法という形であって、その作法を習得することで、そこに秘められた「もてなしの精神、客人にベストタイミングでお茶を効果的な手順」を身に付けてゆく。

しかしながら、顧客という新たな領土を競争相手のいる中で争って奪い取るには、競争相手との戦闘行為はしばしば発生する。競争相手が、「同じ文化やビジネス上の土壌にいる相手であれば」、戦闘行為は、物量の戦になり、「陣形」という「形」が重要になる。戦闘員も戦い方によっては戦闘の報奨に差が出るため、戦い方を気にすることになる。

しかし、異なる文化、異なるビジネス上の土壌にいる相手となると、陣形などにこだわっていられない。勝つために全員がどう役割分担して協力して戦うかだけだ(戦略の重要性については、言うまでもない)。

その典型は蒙古来襲に見ることができる。最初の来襲の時、鎌倉武士はどのような戦闘を行ったか? 「我こそは〇●のたれ兵衛」と名乗りを上げ、一騎打ちの戦いを挑んだ。しかしその結果がどうなったか? 言う必要なかろう。しかし第二次の蒙古来襲のときには、鎌倉武士は海岸に強固な石垣を築き、集団戦に持ち込み、夜になれば多数の小舟で蒙古船を襲った。もはや、古来の戦闘の形などにこだわることはなかった。

経済文化もビジネスルールも異なるグローバル化したビジネス環境では、「形」にこだわることは愚かである。敵の勢力も味方の陣営に取り込み活用しながら、重要な情報戦にも勝ちぬくことは、当然のこと。

宋氏のご意見は、いまだに最初の蒙古来襲のときに鎌倉武士がとったような発想の日本企業がいまだに存在することへの警告であろう。
Posted by 大木みきお at 2017年11月13日 11:13
一面では納得できますが、残念ながら腑に落ちません。
コメントの一つに「手段と目的」のお話がありました。
「目的」が明確で、それを達成する為に必要な内容が「形」であるならば、「形」から入ることは必要ではないでしょうか。
「形」から入ることは否定しないが、「形に囚われずに、問題があれば改善する柔軟性が必要」と思います。
「石の上にも3年」はちょっとしたことで投げ出すな。目的達成のために3年継続してみれば、物事の本質が見えてくる・・・と理解しているので、必要なことだと思いますがいかがでしょう?
Posted by ちゃりけん at 2017年11月17日 07:57
>クレジットカードの普及率が低い・・・現金さえも消えつつあります。

これは事実だが、外国人から見ると、大きな
欠点あり。

@読み取り機が壊れているケースがある。で、サービスレベルが低いので、予備機をもたない。使えないの一言で終わり。
特にクレジットの読み取り機、壊れているケースが目立つ。前回、出張でいつも泊まるホテルでカードが使えないのはビビった。アリペイは、今は新しいので壊れているケースは少ないが、古くなる同じ。
Aアリペイは旅行者はほぼ使えない。スマホ登録もわかりにくい。これはグローバル化しているのではなく、逆にガラパゴス。

外国人から見ると、こういう怖さがあるので、財布の中には常に現金を持たざるを得ない。わかっている中国人も財布には現金が入っている。形だけみえなくなっただけで、現金は常に必要な国。

Posted by aw at 2017年11月17日 09:00
私は嫌中的な思考を持っています。
しかし宋さんの意見には共感することも多いです。日本という国は和魂漢才、和魂洋才などからわかるように元来、その時々の強国から学んで発展してきた国です。同調圧力も強く、なかなか作られ、共有された反中または親米は中々消えません。もとより友好か敵対かが全ては無いはずです。今中国が本当の意味で中国式維新を起こしている最中でしょう。願わくば嫌中的日本人にも良い面は学んで欲しいなと思います。色々言いたいことはありますが、完璧じゃない民主主義でも、宋さんは日本で色々言えるだけ幸せです。急に宋さんのブログが削除されることはないでしょう。道理が通れば日本人は耳を傾けられる人は多いと思います。酔った勢いでコメントしてるので駄文失礼。
Posted by 酩酊 at 2017年11月21日 00:23
中国に入国禁止とか
言論とはなんあのか
あーWeiboWeibo眠たい
Posted by 酩酊 at 2017年11月21日 00:40
仰ることは至極尤もな事と想います。海外の研修生に日本流を教えていますが、日本流は日本文化に根差しているので水面下の日本文化を理解しないで、水面上の日本流儀を真似ると失敗するとしています。
故に、何故日本ではあんなことをやっているのだろう?と考えろ。その意味することを学び取れ。意味することを実行するには、自国流で工夫しろと。
即ち、最初は”ForWhat?”があり、次に”HowTo?”になる。最初からHowToのみを学ぼうとして、様式やルールばかり集めても、機能しないばかりでなく、「アレは日本だから出来るのだ!」や「日本と我々は文化が違うのだから出来っこない!」で終わってしまう。KnowHowではない、KnowWhyだとしています。
外国へ出て、世界の広さを学び取る人と、ガチガチの国粋主義者に成る人の違いと、根っこは同じです。
Posted by 武蔵 at 2017年11月29日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]