経営者はしつこい

私の経験上、経営者、中でも経営上手な社長は異性からモテます。「お金を持っているんだから当然」と思うかもしれませんが、実は、お金の多寡はほとんど関係ありません。彼らがモテる最大の要因は、その「しつこさ」にあるのです。

一連の森友学園騒動で安倍総理は籠池理事長を「非常にしつこい人」と称しました。悪口のようにとらえる人もいましたが、私は「何を当たり前のことを言っているのだろう」と思いました。経営者は皆、「しつこい」のです。

「商い」と「飽きない」の言語上の関連性があるかどうか分かりませんが、経営は飽きないこと、諦めないことが最も重要です。取引先のニーズと意向をつかみ、何度も何度も商談を提案できる人こそ、デキる経営者。相手に迷惑ではないかと気後れする人もいますが、本当に相手が嫌がっている場合は面会を拒否されるはずです。

至極シンプルなことですが、頭で理解できても大多数の人は実行できません。道に迷って周囲に聞けばすぐにわかるのに、何時間も迷い続ける人と同じです。こうした人は、他人の反応を必要以上に重く受け止めてしまっているのです。

モテない男性の最大の原因は女性にアタックできないことです。道に困っているのに尋ねられない心理と似ています。「断られたらどうしよう」と先に心配して行動に移せないのです。

実際、どんなに条件が揃った男性でも待っているだけでは、なかなか女性は寄ってきません。当然、どんなイケメンやお金持ちだって、声をかけてOKをもらえる保証は一切ありません。拒否されるケースもあります。

しかし女性にモテたいならば、まず女性に声をかけないと始まりません。断られることを恐れないことです。相手の迷惑にならない範囲で、多くの女性に声をかければ、より多くの女性に出会えます。より多くの女性と出会えれば、いい条件の女性(つまり自分と相性が合う女性)が見つかる可能性が自然と高まります。

ビジネスでも同じです。デキる経営者になるためには、女性へのアタックと同様の努力を毎日続けなければなりません。条件の合う顧客に出会うことは事業強化に何より必要です。また、良質な社員と出会うことは組織強化、投資家と出会うことは事業拡大の基本です。「断られたらどうする?」と心配して動かなければ、社長としての基本を身に付けられません。

女性にモテるはずのない容姿の私でも、貧乏な頃から、それなりにモテました。外見の短所を補うため、いや補って余りあるほど、積極的に女性に対し働きかけたからです。今でもそうですが、私も声をかけて断られると傷つくタイプでした。ナンパ大作戦は、そんな弱気な自分を叱咤激励する意味もありました。

北大の大学院生時代、私は札幌市北区のバス停で、「一緒にお茶でもどうですか」と女性に声をかけ続けたことがあります。ご想像の通り、なかなかナンパは成功しません。しかし、50人以上に声をかけた頃、「お茶だけならいいですよ」という女性に出会いました。すごく綺麗な女性でした。彼女は友人を迎えに来ていたのですが、時間を間違えて、一時間早く着いてしまったそうです。

このナンパ大作戦は、私の自信につながりました。創業後、営業活動の指針となりました。経営者としての「しつこさ」はナンパで鍛えることができるのです。


P.S.
今週は私のミスで原稿を用意することが遅れました。無理やり何かを書くよりも、週刊文春の連載で以前掲載した文章を借りることにしました。文春で既に読んだ方々には申し訳ございません。
この記事へのコメント
いつも、文章まで読まず、メールがきているなと、思うだけのことが多いのですが、今日は読んでしまいました。読んだら面白かったです。内容とダブります。毎週送られていると、読まれることもある、そして面白いと思われることもある。勉強になりました<(_ _)>
Posted by 柴田英寿 at 2017年09月15日 08:24
暑い心+厚い顔+しつこい行動=成功?なるほど!
Posted by 章 耕 at 2017年09月15日 08:34
面白い視点ですね。
失敗を恐れずにやってみる、行動が先、しかし次が無い程の失敗になる前に引く、、、。
いつも違った視点からの意見、ありがとうございます。
Posted by 大場拓也 at 2017年09月15日 08:36
いつも興味深い内容で、配信されるのを楽しみしております。今回初めてコメントを書かさせて頂きます。私は、昨年11月から広報・IRの部門に所属しておりまして、全く初めての業務で日々悪戦苦闘している毎日です。
投資家と出会う事は事業拡大の基本だとというのは、初心者としてももっともだと思います。ただ弊社は、経営者が投資家との面談を好まず、決算説明会後の投資家面談では応対に苦労しております。ただ何かアドバイスを頂いたとしても、素直に聞き入れるとは思いませんのでここでは敢えて伺うような事は致しません。単なる愚痴のようなコメントになってしまい申し訳ございません。今後とも配信を楽しみに待っております。
Posted by 南部 幸久 at 2017年09月15日 09:03
“相手の迷惑にならない範囲で、多くの女性に声をかければ、より多くの女性に出会えます。”

申し訳ないですが、大学院生の宗さんは、多くの女性の大迷惑になっていたと思います。バス停で手当たり次第に女性に声を掛ける、といった行動を推奨しない方が良いと思います。

美術館で女性に声を掛けようと、高齢者用雑誌で呼びかけて炎上した醜悪な意見と重なってしまいます。
Posted by 9ちゃん at 2017年09月15日 09:12
いつも考えさせられる興味深いコメントを拝読しておりますが、今回は安心して面白く読めました(他にも同じように思われている方が多そうですね)。
今後とも、配信を宜しくお願い致します。
Posted by SPITZ at 2017年09月15日 09:20
当たり前の話です。でも、毎朝、肝に銘じなければならない。とても大切な話ですね。ありがとうございます
Posted by 梅村 正 at 2017年09月15日 10:41
一言:宋さんはモテるの意味が解ってませんね(笑)
Posted by takachan at 2017年09月15日 11:30
勉強になりました!
Posted by 0084(単細胞) at 2017年09月15日 18:56





知人によう似た人が
確かに失敗の成果あってなんか
はじめだけモテるんです
でも、付き合い始めると全員に
はやいこと生理的嫌悪を起こされてはるし、
いまでは異性にモテる男でなくなり
久しく何をやってるんかなぁ、てゆう

宋さんの話で彼を想い出し
鳥肌がたってしもたのです
ただ、宋さんてモテへんお顔でないですよ^^;

ご免なさい、失礼しちゃいました









Posted by ちえ at 2017年09月15日 19:03
しつこいと言えば、金正恩も習近平も非常にしつこいですね!尖閣諸島侵犯にミサイル発射、核実験強行、諦めない心は誰にも負けませんね!安倍晋三やトランプではとても太刀打ちできませんね!その意味ではプーチンもドテルテもアウンサンスーチーもしつこいですね!
独裁者に共通している性質でしょうね!
元来、日本人は花と散る事を美学として来た人種ですぐ忘れて終い、鬼畜英米と言っていたのに今は米国の戦艦の後について自衛艦を浮かべて悦に入っている姿を特攻で死んでいった若者達は嘆きを通り越してあきれ果てている事でしょう!
Posted by 都田隆 at 2017年09月16日 02:00
おい宋文洲おまえ中国の政治体制には
なんの批判もしないのか?
おまえが日本で日本の悪口言っても
逮捕も拘束もされないのは日本が民主主義国家だからってわかってるのか?
おまえら中国人は自分たちの過ちは振り返らないのか?文化大革命で大量の殺人をおこなったこと、劉暁波のことはどうした?そういった卑怯な屑だからおまえらは一生ゴミなんだよ。日本にも様々な
問題はあるが、少なくとも卑怯な手で
隠蔽はしないし、報道の自由があるぞ。おまえは五輪招致の問題を批判しているが、それを報道して批判する自由が日本にはあるんだ。だからおまえら中国人は一生日本の足元には及ばない。これが真の正論だ。わかったら二度と日本に来るな、そしておまえが偽りの人間だと真摯に反省して中国の不味い飯でも食ってろ。ゴミクズ。
Posted by タロウ君 at 2017年09月16日 04:10
宋さん
お久しぶりです。ご活躍の様子、誇らしく見ています。
私は公務員を退職し、北海道で納豆会社の社長をしています。事業活動を行うに当たって、貴方の仰っていることを実行しています。お陰様で社長就任以来「北海道の優良企業」に3年連続で選ばれ、業績も増収増益を続けています。今回は北大時代のお話が出ていたので、貴方とかつてお話ししたことを思い出しながら、読みました。成功のコツは仰る通り「諦めない」「たくさん挑戦する」ですが、この頃ある技を覚えました。
「諦めない」に通ずることですが、「天の時地の利人の和を見極める」ということ。場合によっては「ほおっておく」というものです。不思議と一生懸命考えた良いものは時宣を得て自然と動き出すような気がします。宋さん見ていると安岡正篤さんとダブることがあります。事の本質は時代を超えて変わらないのかもしれません。宋さんの言葉に説得力があるのは「事上磨練」を積み重ねてきたからですね。これからも活躍して、日本と中国の新しい未来を切り開いてください。
札幌にお出での際は是非、お会いできればと思います。お元気で!!
Posted by 永田吉則 at 2017年09月16日 07:50
異性とか、仕事とか…に対する 気持ちの強さの問題のような気もします。多分、あまり積極的に見えない人には、別の…例えば趣味とか興味とか の方に情熱が在ったりするんじゃないかな?
色んな人が居ていい…とも思います。
Posted by 末永美枝子 at 2017年09月16日 08:07
異性とか、仕事とか…に対する 気持ちの強さの問題のような気もします。多分、あまり積極的に見えない人には、別の…例えば趣味とか興味とか の方に情熱が在ったりするんじゃないかな?
色んな人が居ていい…と思います。
Posted by 末永美枝子 at 2017年09月16日 08:09
小狗宋文洲、おまえだから日本の批判ばかりしてないで自国の批判もしろよ。
文化大革命で何人の人間が殺害されたんだよ?
上海万博で日本の楽曲をパクったのはどうした?
おまえは嘘ばっかりの欺瞞野郎だから
そんなに目が小っちゃいのか?
文句があるなら正々堂々理論的に答えてみろw
だからおまえらは一生ノーベル化学賞も
とれないし尊敬もされないんだよ。
Posted by 宋文洲は小狗 at 2017年09月17日 23:57
信念があるからしつこくなれるのでしょうね。信念とは考えでありしつこくなる=行動です。程度の差はあるでしょうが、営業職であれ事務職であれ、この信念としつこさ=やり遂げようとする態度と行動は重要な要件だと思います。日本の小学校中学校の教育は、金太郎飴の製造。そして予備校に通い、大学でもテストを受けるかレポートを書くことで卒業。これでは、人と人との対話力が身につかない。だからだろう、上手に断ることが苦手で上手に誘うことも下手KXXO。欧米ではDebateの授業があるそうな。アサーションスキルが重要視される時代はこの日本に来るのでしょうか。心配です。
Posted by 山口 洋次郎 at 2017年09月18日 11:01
こんにちは!
あなたはなぜいつも目を閉じてるんですかw?
それからなぜあなたは文化大革命を批判しないんですか?
またあなたは反日デモを未だに謝罪しない中華人民共和国をどう思いますか?
あと日本でお世話になったのに日本の悪口ばっかり言ってるあなた自身の人格をどう思いますか?
宋文洲ってお猿さんに聞いても無駄かなw
Posted by マロ at 2017年09月28日 13:19
心に響いたと同時に納得しました。

■経営は飽きないこと、諦めないことが最も重要です。取引先のニーズと意向を
つかみ、何度も何度も商談を提案できる人こそ、デキる経営者。相手に迷惑では
ないかと気後れする人もいますが、本当に相手が嫌がっている場合は面会を拒否されるはずです。
■モテない男性の最大の原因は女性にアタックできないことです。
Posted by ひまわり at 2017年10月04日 09:55
コメント欄の誹謗中傷は酷い。
的外れだし、そもそも意見する相手が違う。
中国の体制を批判したいのであれば、自分でやれば良い。
「どうしてお前はやらないんだ?」
とか、どうしてそんなことを赤の他人に臆面も無く言えるのか。
そういうことを言う人が日本人代表を気取るのは間違いです。
何か自己主張があれば、自分で自分の意見を発信すれば良いのです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
仮に宋文洲さんの発言力に期待するのであれば、
お願いとして訴えるのは、迷惑ですが、まあ許容範囲かもしれません。
ただ、中国政府に対して
「何とも思いません」
と理由付きで述べられている一個人にお願いする無茶苦茶は
予め理解しないといけません。
これはどの国でも共通した常識です。


> 申し訳ないですが、大学院生の宗さんは、
> 多くの女性の大迷惑になっていたと思います。
> バス停で手当たり次第に女性に声を掛ける、
> といった行動を推奨しない方が良いと思います。

これも認識が誤っています。
「違法じゃなければ何をしても良い」とかそういう話でもありません。
身の危険を相手に感じさせる訳でもありません。
相手の服を引っ張ったり、通行の邪魔をしていた訳でもありません。

出会いの場を制限するようなことを常識だと発言する方が
余程常軌を逸しています。

それに1時間で50人に声を掛けたのではなく、1日に2&#12316;3人とか、
節度を持って、ナンパを試みていたのではないでしょうか。
「手当たり次第」という言葉に勝手な妄想が入ってると思います。


ウクライナで1時間で50人位に声を掛け、
「さっき断ったよ(笑)」
と回答されている不細工顔のスペイン人がいました。
「僕、スペイン人。アフリカじゃないよ。ヨーロッパユニオン。太陽の国スペイン。お茶しよ!」

話し掛ける内容も馬鹿そのもの。
中々結果が出ませんでした。

それを眺めていた私も下手な鉄砲打つにしても、
もう少し確率を上げてからチャレンジすれば良いのにと思ってました。

しかし、その不細工ミゲル、結果を出しました。
ある日、彼を訪ねて、スタイル抜群のブロンド美女が宿を訪ねて来ました。
「ミゲルはいますか?」

えええええええ???????

その宿では宿泊客も宿の従業員も誰もがミゲルの行いを知っていました。
みんなが驚きました。

私達:「お姉ちゃん、あんなので良いの?」
彼女:「明るい人が好きなんです」

長続きしませんでしたが、ミゲルは彼女と楽しいデートをする機会を得ました。
実話です。

ただ、そのミゲルはあまりに目立っていたので、警察官が
「お前は挙動不審だ!」
「我々の女性に変態外国人が何をしているんだ!」
と職務質問をすることがあり、
どういう理由でなのか分かりませんが、
ATMに連れて行かれ、300ユーロの罰金を支払わされたと、
その話を宿で一晩中あちこちでしていたこともありました。

本当に「手当たり次第」ですと、反社会的と見做されることは、
それはあるかもしれません。

ただ、若き宋文洲青年は勉強する必要もありましたし、
一日中ナンパばかりしている学生ではなかったと思います。
また、宋さんにも好みがありますので、誰彼構わずに声を掛けた訳でも無いでしょう。

問題無いですね。


後、女性は見た目を見られることが多いですが、
男は見た目よりも中身で勝負せざるを得ませんよ。

一夜のアバンチュールならば兎も角、
子供を生んで育ててという生物学的意識がある女性にとって、
単なる筋肉馬鹿とか、顔だけのポン助が良いと選ぶことはそうそうありません。
ある程度の人生経験を積むと、そんなことは誰でも痛感します。

男女共に年齢を重ねて、我欲が減り始めると、
本格的に本質勝負になってくるので、人生としてはより味わいが出て来ます。

男よりも女性の方がそういうことを若い頃から理解している場合が多い気がします。
世の中は上手にできていると思います。
Posted by 中野 at 2018年05月11日 09:41
経営者はしつこい。
含蓄のある言葉だと思います。

外貨規制のあるウズベキスタン向けにある機械の販売を手掛けました。
当時、中小企業の海外営業の仕事で、ロシア語が分かるのは私一人。
出張に行けるのも一度きり。
上司の思い付きで
「未回収金のあるウズベキスタンに行け。ついでに営業して来い!」
という命令を受け、成果を出す具体的な方法を考えました。
当時、代理店は未払いを3年続けるなど、
金欠でどこをどう叩いても回収は無理でした。
仕方無いので、他の可能性を探して、
新たな代理店を作ることを考えました。
現地の資金力のある企業の社長に
「この機械の販売ビジネスをやらない?」
と何度も持ち掛けて、面倒臭い外貨規制の壁も乗り越えて貰い、
彼に対して機械を売り上げ、代理店になって貰いました。
そのために掛かった期間は現地に出張に行ってから13ヶ月。

今はもうその会社に勤めていませんが、
この当時の社長さんとは今でもビジネス上の付き合いがあります。

営業を掛けて、本当に迷惑であれば、アポが取れません。
アポが取れるのであれば、相手の利益になる提案をして、
後は拝み倒せば良いのだと思います。
人間は理屈で理解する以外にも感情で理解する必要があります。
まともな経営者であれば、理屈は直に分かります。
しかし、それだけだと中々動いてくれません。
残りの部分は共感を得るしかありません。
相手の迷惑になったらどうしよう・・・なんてことを言っていたら、
いつまで経っても利益など出ません。
彼女を口説き落とすのも、同じことだと思います。
自分を理屈でアピールした後、相手が判断する最後の根拠は主観です。
彼女を感動させるには、しつこくアピールを続けるしかありません。
楽な公式など、この世には無いです。
Posted by 中野 at 2018年05月11日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]