せめて自分を守ろう

株の経験や知識を持つ人なら誰でも知っている単純なルールがあります。「高値で買うな、借金して買うな。」しかし、今、この2つのルールを同時に破って14兆円以上の株を買った人がいます。日銀の黒田さんです。

5回延期しても2%のインフレ目標に到達しなかった黒田さんはとうとう6回目の延期を発表しました。これはもし企業ならばもう3回目あたりから株主から退陣を要求されていたでしょう。または、こんないい加減な経営をすること自体を恥じ、株主に言われる前に自ら目標修正か辞任かの措置をとることになったはずです。

株価を国家が買い支え、インフレ率も国家が設定し、達成するまで貴重な税金と政策を投入し続ける経済体制は計画経済そのものであり、昔のソ連でもなかなか真似できません。この経済の極端な左寄りになぜ保守勢力が黙っているかが不思議なんです。

安倍政権は保守政権と言われています。確かに政治的には右寄りかもしれませんが、経済はまったくの左翼経済であり、極左と言っても過言ではありません。

我々経営者の多くはどちらかといえば、保守に近い考えを持っています。保守の一番の特徴は社会主義に反対し、市場経済の原理を尊重することです。政府の在り方についてもなるべく小さな政府を好むのです。

国による借金がGDPの2倍である1000兆円を上回りました。未だに国民の純資産や貯金を理由にこの借金を軽視する人が多いのですが、これはお金を持っている親戚から借りたお金を返さなくてもいいという発想です。

しかし、借金は借金です。本当に返さなくなると国家の信用は墜落し、国民が損するだけではなく、日本経済全体が取り返しのつかない信用危機に陥るのです。その結末が平気だと言うならば外国人の私は文句を言えませんが、単にお金を貸してくれた人たちがまだお金を持っていることを理由に借金を返さないと言うならばとんでもないことです。

確かに財政出動で経済の活性化を促し、その結果、財政収入が増えやがて財政悪化を食い止めるシナリオはあります。それならば日本経済の根底にある問題に着眼し、既得権益を打破し、構造改革を断行し、経済成長に投資するならば分かるのですが、日銀が国民から借金して買ったのは成長性のない日本の既得権益者である大手企業の株です。

成長力で言えば日本の大手企業は最も成長力の無い部類に属します。日経225を形成する銘柄をみれば分かるのです。時価総額トップ30社はここ30年の間にあまり変わっていません。東電に東芝にシャープにソニー、どうですか、これ以上に羅列する必要があるでしょうか。

フォーブスの企業ランキングでみると、世界トップ500に入った日本の大手企業は90年代の半分になりました。要は衰退のチャンピオンです。安倍政権の金融政策によって大手企業がキャッシュリッチになっているのになぜ彼らの株を国民からの借金でさらに買い上げなくてはならないのでしょうか。株式市場の基礎知識を持っていないのでしょうか。資金のニーズのないところになぜ無理やり借金してまで資金を突っ込むのでしょうか。

考えらえることはただ一つ、それは単に株を上げたいからです。もし株価(実は日経225の上昇ですが)を上昇させ経済好調を演出し、支持率の上昇につなげる下心があれば、これは国家による株価操作です。個人なら明確な犯罪です。

株価が高止まりの昨年から日銀は株の買い入れ速度を上げて一年で6兆円も投入したのです。借金して高く買う。もうわざと損するようなものです。これは何かの末期現象ではありませんか。

また「反日」宋さんの言いたがりと思うのは自由ですが、同じことを薄々考えている読者がいれば、しばらくは株を持たないことです。せめて自分を守りましょうよ。
この記事へのコメント
まことに同感です。
おっしゃる通り、これは犯罪の領域になってしまっているのですね。
黒田バズーカが始まった時、こうやれば、経済指標は一定程度・・・こうなる!・・・は市場経済に関心ある人なら、だれでも想像できることでした。
ただ、だれもがこの手法を取らなかったのは、後仕舞の仕方を見い出すことができなかったからでしょう。
僕もこれが始まった時、この方法を取るなら封じ手(状況・環境がこうなった時にその時に応じて、収束の方法・手段はこうです)を用意しているのだろうと、一人で考え、すごい方がいるものだと、勝手に考えていました。
しかし、この現状を見るなら封じ手は持っていなかったこと、単なる希望的観測・願望で始めた政策だったことが明らかになりました。
政府・日銀の責任者には、一刻も早く、現状からの回復(すでに相当の痛みを覚悟しなければならないでしょうが)の処方箋を示すべきと思います。
既に遅いかもしれませんが、これ以上無駄に継続し、日本人の生活に致命傷を与える前に切望します。
退却戦において、大切なのは殿(しんがり)でしょう。
殿をどうするのかも含めて、知恵ある人々に知恵を絞ってもらいたいものです。
Posted by kyou at 2017年08月04日 08:31
宋さんの仰られるとおり、日本は経済的には戦前から、計画経済(共産主義経済)だったのですが資産は個人のものだったので気がつかない人が多いだけです。安倍首相の祖父の岸信介は官僚として満州国の計画経済の中心人物だったのです。
これを壊し始めたのは、中曽根首相が国鉄を、小泉首相が郵政を壊した位でしょう。経済は魔物でもありますね。
中国でも、国有企業の横暴が目に余りますね。今後の動きは世界にも大きな影響を与えますから、ハラハラしています。しかし、中国は政治的には共産主義ですから、何を始めるかわからない分、日本よりも世界にとって深刻です。その時ももう目の前ではないでしょうか?
Posted by 旧旧車 at 2017年08月04日 08:33
預金封鎖、新円切替(同時に預金に対して課税)を行えば、税対策で株は上がると思われます。
そのタイミングで株を放出すれば国はそんなに損はしないのでは
Posted by ごんた at 2017年08月04日 08:40
金融緩和論者は保守ではなくリベラルの主張ってのはその通りで、いわゆるリフレ派の著名人たちも指摘しているところですよね。
本当の意味でのリベラル政党は日本になくて自民党の中に派閥という名の党内政党があるというのがよく聞かれる認識だと思います。

にしても反安倍とかちょっと日本ダメ発言を
すると反日というレッテルを貼るやつらは本当にどうしようもない連中だと思います。
安倍自民党支持の私でさえそう思うのでそうでない人には気持ち悪い存在に映るのでしょうね。
Posted by ama at 2017年08月04日 08:50
企業の価値に見合わない株価です。木曜日に下がり、金曜日に持ち直す。こんな事は、日本以外ありません。私は、株は持っていません。
Posted by 伊藤勉 at 2017年08月04日 09:12
全くその通りだと思います。

経済を優先すればアベノミクスという人が理解できません。むしろ逆です。土地の不正譲渡の損失はせいぜい数百億。しかし、アベノミクス以降の日本の経済損失は、測定不能なくらい大きいのではないでしょうか。
Posted by 堀内真 at 2017年08月04日 09:25
「国による借金がGDPの2倍である1000兆円を上回りました。」
まだこんな事言う人居るんだ・・と呆れました。国が誰から借りているかが問題です。これがギリシアのように外国系ファンドや銀行なら国内で還流しないので問題でしょう。
日本政府の借金の大半は国債であり、その国債購入者の大半は日本の金融機関。その金融機関にお金を預けているのは日本の家庭や企業。つまり日本政府は日本国民から借りている状態。殆どが国内で終始しており循環しているので、問題ありません。尤も国民一人一人が貸している金を返せ!といっても返してはくれません。それは生涯政府から受ける住民サービスとして少しずつ使われます。
Posted by kann at 2017年08月04日 09:34
まったく宋さんの言われるとおりだと思います。
政府は“借金”じゃないと言いますが、ある日突然、勝手に“棒引き”にしてしまうつもりでしょうか。
子どもたちに借金を付け回すような政策を行う政府は信じられません。
私たちの親は、自分は一生懸命働き、節約して、子どものためにお金を使いました。
今の政府はほんの少し前の、そういう時代を、もはや忘れてしまったのでしょうか。
Posted by kinzo at 2017年08月04日 09:40
指摘されるまでもなく。心より心配しています。幸い、老い先短い身ですので今が良ければそれでよいと思うこともあります。安倍晋三の母方の祖父は昭和の妖怪岸信介です。計画経済の旗手でした。満蒙は日本の生命線と言って憚らず。満州経営に日本の資源、人材を惜しげもなく注ぎ込みました。石橋湛山はその間違いを指摘し、満蒙から手を引くべきと提言していましたが、言論界や大手新聞社、それに踊らされた民衆は忠告を聞き入れませんでした。挙句の果てに英米と戦争に突入し、国土を焦土に変えました。そして満蒙の利権は胡散霧消しました。安倍晋三は経済を立て直すといって日銀に円を刷らせて、国債を買わせ、株さえも買わせ共産主義国でもびっくりの計画経済を実行中です。今の安倍取り巻きメディアと同じです。軍国主義も共産主義も共通した支配構造を
しています。民意を支配し、異論を弾圧し、一定の方向に向かわせようと常に試みます。その点では安倍晋三も習近平も金正恩もプーチンもドテルテも同じですね。ドアホノミックスも終焉を迎えています。安倍晋三は民意を抑えることが出来ず国民に口先だけの詫びを入れましたが心の内では民意を際限なく抑え込める習近平や金正恩がとてもうらやましいことでしょう。
Posted by 都田隆 at 2017年08月04日 10:56
黒田さんも安倍さんが選んだ方、…私、経済わからないのですが、なんだかとても不安!! ただ、私と宋さんの違いは、社会主義の方が性に合ってる事。勿論いろんな人が居てほしいし、多様性が無くなっては困ると思うけど、基本的に 助け合いのある社会がいいです。私は、食糧とエネルギーの自給自足国を目指したいし、実は観光立国を目指したいんです。 日本は今も隆起し続けていて、絶景も多い島国です。(批難計画は必要だけど)料理美味しいでしょ?おもてなしも。私達、お客様を大切にします!(オリンピックを真夏の東京でなど開催しません!!)
Posted by 末永美枝子 at 2017年08月04日 12:02
よくわかりません…!?
安倍&黒田の経済政策が間違っているとして批判するのは良いが、どういう政策がいいのかわかりません。(確かに現状、目標どうりにはいってないみたいだが…)でも他国のC国のGDP成長率も正しい数値でないらしいし、C国やU国の貧富の格差がひどいと聞きます。よくわからないと思ったが、要は日本の株を持つなということですか?
アドバイスありがとうございます。
じゃC国の株でも買うかな!
(嘘です。株を買うお金はありません。トホホ…)
Posted by 0084(単細胞) at 2017年08月04日 14:18
安倍政権が経済的には左翼というのはおっしゃる通りです。ただ、個別の施策はともかく、全体的な政策の傾向については安倍氏に限ったことではありません。今の「財政破綻まっしぐら」状態は、日本人の国民性(お上が何とかしてくれると思っている、個人としてのしっかりした意見を持たず全体に流される)と民主主義(というか、選挙による指導者選出)の負の側面が結び付いて事実上財政の立て直しを拒否しているのが原因で、誰が政権を取っても結局は同じこと(バラマキ歓迎、増税拒否で投票)になると思います。
ですので、今後の日本の経済については悲観的、というより諦めに近い感覚を持っています。何らかの形で破たんして、そこからどの程度立ち直れるかという話で、明治維新や戦後のような反発力を失った(ようにみえる)状況を見るに、私の年代では立ち直った姿を見ることは難しいと思っています。株を買うなというご提案はある意味ごもっともですが、逆に現金・預金で持っていたらハイパーインフレに直撃されるので形を変えた方がマシという考え方もあるかもしれません。
ところで、最後のパラグラフを見る限り、さすがの宋さんも多少は批判を意識しているのですね。また読者の方からも「反日というレッテルを貼るやつら・・」とのコメントが寄せられています(ちょっと厳しい表現ですね)。ただ、私に関していえば、レッテル貼りには興味がないし、反日自体は全く問題視していません。好き嫌いは仕方がないし、国対国の関係は利害が絡み、必ずしも美しいことばかりではありませんから。私は自分のことを棚に上げて特定の国、国民や個人を一方的に攻撃することや、矛盾は美しくないといいながら自身が矛盾したことを平気ですることについて批判しています。それを反日云々と決めつけるのは、蓮舫氏が二重国籍に関して嘘をついたことを批判されたのに差別だとか多様性の否定だとか言って反論したことに似ていて、いわば話のすり替えだと思います。
私は良くも悪くも日本人的ではなく、仲の良い相手でも意見が違えば否定するし、嫌いな人間であっても同意できることには同意します。宋さん(特に好き・嫌いはありません)のご意見についても、何度かコメントしましたが、日本(人)批判そのものには同意できることが多いので、それらについては賛同しています。これも以前のコメントと重複しますが、私の投稿は宋さんのファンだからといって何も考えず雷同する人、このメルマガだけを読んで矛盾に気が付かない人に少しでも幅広く情報収集してもらおうと思ってしています。
最後に、絶対的に評価していることを挙げます。それは、私のような批判が多い人間の投稿もそのまま掲載していただいていることです。これは本当に立派なことだと思います。長文で失礼しました。
Posted by H.Mari at 2017年08月04日 14:23
宗さん
分かり易い説明をありがとうございます。
ゴルビーさんが、かって(高度成長期)の日本を理想的な社会主義国家と言いましたが、まさにその通りです。
ただ、高度成長期は、良かったのですが、ピークを越えた日本は、崩壊前の社会主義国と同じです。
その借金で支える株をベースに企業マンの年金まで「確定拠出年金」で危険に晒しているのですからどうしようもありません。
補助金関係も中身を知れば知る程、力ない経営者の延命措置のような補助金ばかり。
情けない限りです。
でも、日本は、長い歴史の中で箱庭作りを得意とする民族なので、現代・未来風な経済復活は多分ないように思います。
一番心配なのが、昔の栄華とプライドが捨てきれない「貧乏人」国家になることです。
最後に、一応私も選挙では、自民党と大阪では維新にしか入れたことのない右派です。
ウハウハ!!
Posted by Pu_san at 2017年08月04日 18:00
初めて、コメントを書きます。

いつも、日本のことを祖国同様に気にしていただきありがとうございます。
今回の宋メールを読んで、つくづくありがたいと思いました。
私はしがない中小企業のおやじで、何か言ってもその影響力は期待できませんが、政治がどうあっても少しでもこの国を支えられるよう、これまで以上に頑張らなきゃ、と思いました。
そう思って頑張るだけでいいってもんでもないかもしれませんが、出来ることをしようと思います。
これからも、ご意見をお願いします。
Posted by 鈴木 弘光 at 2017年08月04日 20:00
「国の借金が1000兆円で日本が破綻する」などという誤った情報を流すのはいいかげんやめてください。
「借金」は誰に返さなければいけないのですか。正しく理解もせず、適当な事を言わないでください。日本の国債は円建てであり、暴落などするわけもなく、その証拠に、マイナス金利になっているくらい国債に対する需要が多い訳です。
破綻論で、日本を緊縮財政にすることで日本を貧困化させる財務省のプロパガンダに乗っかる思考が理解不能です。
Posted by もっと勉強を at 2017年08月05日 15:44
「国の借金で日本が破綻する」という虚偽情報を流すのはいいかげんやめてください。その「借金」というのは誰に返さなくてはいけないのですか?
日本の国債は円建てで、国債が暴落して破綻する事などありえず、マイナス金利になっているくらい日本国債に対する需要が多い状態です。
「国の借金」論で緊縮財政を強いて、日本を貧困化させる財務省のプロパガンダに乗っかる思考停止に陥ったコメントは訂正を求めます。
Posted by もっと勉強を at 2017年08月05日 15:58
日銀のお金の使い方、参りますね。
それでいて、安倍政権は内閣改造で、あらためて、経済最優先。
じゃ、今までのは、お友達への寄付だったの?と驚きです。
既に理論的には東証の大企業の株式の3割は日銀が買って持っている事になります。
これから経済最優先?東証の全株式を買うつもりなのか!
もう、既に日本経済は株価だけに頼った破綻状態で、米国の株式が下がれば、連鎖下落で、国民のお金は大きな損失を受けるでしょう。
もっとも、東芝が破綻寸前なのでも判る通り、国が悪徳ファンドの様に、企業が日銀保有株式を買い戻す様にさせると言うウラ手もアリかと思う次第です。
Posted by 有賀 守昭 at 2017年08月05日 21:03
初めて書き込みします。
私ももはや借金1000兆円は国民の金融資産があるからとか、国内勢国債保有率が9割だからとは言えない段階だと判断します。
日銀が国債を引き受ける事自体は良い悪いは言えないと思いますが、株式も含めてその途方もない額が問題です。
今の日銀のバランスシートですと、金利上昇による金利収入よりも、国債価格下落による減損額のほうが大きく、1%で兆円単位の穴埋めをする羽目になります。
日銀は金融収益の一部を国庫に納めますが、バランスシートが逆に振れると国庫から穴埋めしなくてはなりません。
この穴埋めは、円の通貨としての価値と信用防衛のため必須の措置です。
つまり、国税で負担することになります。
10年後、国と地方含めた債務が1400兆円を超えるとき、国民の金融資産だけでも相殺が怪しくなった時、国債相場で売り仕掛けられたら国内勢の金融機関は損失拡大を恐れ雪崩を打って国債を売却するでしょう。
その時国債保有高がさらに増した日銀は自らの保有国債価格下落に見舞われ、更に買い支えるのは不可能です。
もはやテーパリングするシナリオを日銀自身も持ち合わせてはいないのではないでしょうか。
もうパンドラの箱を開けてしまったと思います。
国民はほとんど忘れているでしょうが、言った意味さえ分からず覚えてないかもしれませんが、安倍首相は12年の政権奪還時にぶち上げた日銀法の改正をするべきだった。そうすることで国の財政責任が明確化されて緊張感ある財政措置が出来たかもしれません。
というのは勿論皮肉です。
政府は10年後の日銀総裁や国債売却に走る国内金融機関をスケープゴートにするでしょうね。


Posted by やまきしんじ at 2017年08月08日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]