トップの体質は組織を決める

劉邦は大の女好きですが、秦の王宮を攻め落とした時、宮内の美女たちに手を付けずにそのまま項羽に明け渡したのです。私欲を我慢したのは劉邦に天下をとるための志があったからです。

それだけではありません。耳に痛い話をよくしてくる蕭何や媚びを売らない戦略家張良、そして変わり者の韓信を重用していました。劉邦が天下を取った最大の理由は自我と感情を我慢し、天下取りに何が必要かを常に冷静に判断したからです。

始皇帝も天下統一のために自分の私欲と感情をよく制御したと言われています。彼は常に一人の官僚に距離をもって自分に随行させ、自分が感情的になった時に「あなたは天下統一の夢を忘れたか」と叫ぶように指示しました。距離がないと始皇帝が感情に任せて彼を切りつける恐れがあるからです。

企業も同じです。志のある社長は決して好き嫌いで人事を決めませんし、友達経営もしません。そんなことをしてしまうと、有能な人材が居なくなり、組織全体の求心力が下がり、志の実現が難しくなるからです。

どんなトップでも自分がトップに相応しくないとは自ら思いません。トップになった以上、トップでいることを当然だと思うのです。そして長くやればやるほど、自分のなすことが正しいと勘違いするようになり、部下たちも媚びを売るようになります。この罠はとても居心地が良くて逃げ出す原動力がなかなか生まれません。

唯一、志のあるトップはそれを看破し、組織力が最大化になるように反対派や個性に気を配り、トップ個人の好みや感情が邪魔にならないようにあの手この手で工夫するのです。

この部下の独立性や内部の反対勢力を包容する力こそがトップの最も重要な素質です。宋メールでも何度か紹介したように、これが中国の「宰相の腹中を船が行く」という諺の由来です。

よく「企業理念」をアピールする経営者がいますが、私は常に懐疑的です。正直綺麗ごとを言うトップに限って自分の私情私欲が強くて自分じゃないと会社が潰れると平気で言うのです。今のトップの反対派であっても、会社を良くしてくれる人がいてこそ、強くて良い会社です。

ここ数年において、私が安倍首相に厳しい意見を持ち続ける理由はまさにこのトップとしての志の問題です。彼がお友達ブレーン(御意見番)のアドバイスを受けて次々に打ち出した理念(アベノミクス、美しい日本、一億総活躍、TPPが成長原動力、人づくり改革)はまさに経営理念を売りものにするダメ経営者の常用手段です。一つの理念の賞味期限が切れるとすぐ別の理念を持ち出して人々の注意を逸らすのです。

好き嫌いな閣僚人事(お友達内閣)、支持者との癒着(籠池、加計)、反対派への感情的言動(「こんな人たち」)など、私にしてみればどれもトップの素質問題であり、志のない証拠です。世界的景気回復に乗って官僚とマスコミをコントロールした結果、人気を得たものの、その本質はいずればれると思っていました。

体質問題をそれぞれのトップに言わせれば彼らも立派な答えを返してきます。皆さんが自分の社長を知るには、ぜひ社長の言葉ではなく、社長の腹の広さ、つまり人事と反対派への処遇を考察してください。

そして人間の体質は変わることがないと理解した方が無難です。
この記事へのコメント
今回のメールの趣旨とは少し違うかも知れませんが、トップの言葉として、懐疑的になるのは、「社長になったつもりで考えろ」、「向こう傷は問わない」、あるいは、「出るくいになれ」といった言葉です。うっかりこれを信じ行動すると大変なことになると思います。
Posted by 石野 喜英 at 2017年07月21日 08:22
トップの体質に対しては全くそのとおりに思う。シャープや日産、JALなどトップ層が変わればあっという間に復活する企業も多いし。安倍さんは他がいないというのが大きいのでは。小池さんのような他がでてくるとあっという間に不利になる。安倍さんより対抗馬を出せない野党のほうが深刻。国籍どうこうでてこずっているような人がトランプさんやプーチンさんと互角に渡り合えるか疑問だし。
Posted by つのだこ at 2017年07月21日 08:57
さすがです!安倍総理批判と思わせておいて実は中国習近平国家主席の批判とは!!そのまま掲載しちゃうと言論の自由の無い中国トップの批判は投獄となっちゃいますもんね!
軍部トップは子飼いに総とっかえ、重慶市トップは之江新軍(習近平派)の陳敏爾、そのほかにも北京市書記の蔡奇や劉鶴(習近平の経済ブレーン)、陳希(組織部副部長)、黄坤明(宣伝部副部長)、丁薛祥(習近平のスピーチライター)、応勇(上海市長)、李強(江蘇省書記)、李鴻忠(天津市書記)等々安倍総理もびっくりの、お友達人事ですもんね。。。
Posted by kann at 2017年07月21日 08:57
安倍首相を擁護する気持ちは決してありませんが、籠池、加計問題についてはマスコミを鵜呑みにしているように思えてコメントさせて頂きました。加計問題ですが、「告示で申請を受け付けない」文科省に対して、内閣府と文科省の閣議が行われ、その議事録は公表されています。2015年6月の国家戦略特区の議事録を見る限りでは首相の意向など出てくる余地も無い課長レベルでの議事録(=合意文書)になっています。課長レベルでの閣議ですから、首相が出る幕はありません。そして2016年3月どころか9月になっても対応出来なかった文科省ですから、内閣府VS文科省で言えば文科相の敗北になります。「内閣府の方針は首相の意向」とといえばそうなりますが…。おそらく文科省側の担当レベルが内閣府に敗北した事を上司に対する言い訳で書いたメモ程度ということが想像できます。
これをしっかり調査確認しないマスコミにもっと大きな問題があると思います。籠池問題についても同様で調査不足なのおもしろおかしくしようとする意図なのかわかりませんが…。
宗さんの配信を楽しみに拝見させて頂いています。
今回に限って宗さんのコメントで最後に例とした部分が少し残念です。
Posted by 明石健 at 2017年07月21日 09:29
最近の宋さんの話やつぶやきに辟易してました。朝一でPCでメールやTwitterを開き先頭にあったりすると、その日一日のテンションが下がる記述が余りにも多くて。

今朝、劉邦や始皇帝の話を読んで耳の痛い話してくれる人は最大の友人だって、改めて思いました。宋さんはやはり真のアベ友です。今日のお話は、一日のテンションが上がりました。これからも示唆ある助言を期待してます。

Posted by 高木 at 2017年07月21日 09:31
宋さんおはようございます。いつものヘソ曲りです。

宋さんの”安倍嫌い”は承知していますが、今朝の宋さんのご意見は、日本人が好きな劉邦や始皇帝を持ち出し、一般論でのダメ社長を持ち出し読者の賛意を引き出しておいてから、宋さん(≒中国共産党政府)が大嫌いな安倍総理の『素質問題』として洗脳されようとしておられますね。

日本共産党や民進党は、加計学園問題・籠池問題あるいは稲田発言等に乗っかり、ここぞとばかりに”打倒安倍政権”を叫んでいますが、国際状況が混沌としている現在、多くの日本国民はあの鳩山政権・管政権時代のままの民進党に日本を委ねることには、決して国民は賛同していませんよね。

その何よりの証が、先の都議選で自民党は大敗しましたが、日本共産党の尻馬に乗っているだけの民進党にもNo!を突きつけたはずです。

宋さんがどの程度まで中国共産党からの指示を受けておられるか、あるいは忖度されているかは判りませんが、少なくとも「環球時報」への宋さんの投稿を拝読する限りでは、完全に中国共産党のプロパガンダであることは確かですよね。

今朝の宋さんのご意見の最後の方の『ここ数年において・・・そして人間の体質は変わることがないと理解した方が無難です』は、そのまま習近平共産党政権に当てはめた方がシックリくると思います。

この秋の中国での「第19回共産党大会」に向けて、習近平「主席」のライバル狩りは凄まじいばかりですよね。

香港での「銅鑼湾書店事件」や、中国金融の裏仕事請負人と呼ばれる蕭建華の失踪事件は、習近平「主席」と太子党の影のラスボスと呼ばれる曽慶紅の権力闘争であることは明らかです。

このように人権も法も無視した中国国内の権力闘争の方が、安倍政権の趨勢よりもはるかに国際情勢に及ぼす影響が大きいはずです。

宋さんほどの方なら、重箱の隅をつついて日本の”安倍政権打倒”を叫ばれるより、世界に向けて中国共産党政権の独裁化を球団されることの方が有用だと思います。

それができない事情がおありなのでしょうか?
Posted by 田中 晃 at 2017年07月21日 09:33
「トップ」という言葉がひっかかりますね。たしかに代表取締役ひとりであることもありますが、何人かで集まって作った会社(日本はそのほうが多いように思う)だと経営陣ですよね。日本人は議論をすると、人間関係が悪化します。議論と人格の区別がつかない人種です。
だから異質な意見は排除されます。粉飾決算などの犯罪に手を染める企業も理性より人間関係優先の結果でしよう。日本以外の国でダイバシティと言われていることをほとんどの日本人は理解できないと思います。
宋さんの今回の問題提起は日本では解決不能に近いと私は思います。
Posted by たかお at 2017年07月21日 10:13
ご批判にも一理あるとは思いますが、ほとんどの事項については安部氏に限ったことではありません。批判の理由が「トップとしての志の問題」だと言われますが、それはたとえ親中であっても同様の問題を持つ政治家に同じような批判をして初めて説得力を持つと思います。
Posted by H.Mari at 2017年07月21日 10:18
今回のコラムとても共感します。私も安倍政権発足当時から、アドバルーンやキャッチフレーズだけで、本質のない脚色にあふれた政権だと見ていましたから。 

それでは、日本の政治家に中国の劉邦のような資質を有する人材、我々が期待できる人材はいるのでしょうか? 宋さんが思い当たる方がいるの知りたいです。
Posted by 森本 光 at 2017年07月21日 10:24
宋さんの指摘した特徴は、アジア諸国の指導者に広く見られるもので、安部さんに限ったことではありません。英語ではクローニー(取り巻き)政治と言われるものです。
安部さんの問題点は、戦略特区という、いかにも
新しい概念のように装ってクローニー政治が行われていることです。首相が認めれば、法律があっても超法規処置ができてしまい、国会も裁判所もチェックできないのは非常に問題です。
たとえば、スピード違反を北海道だけ車が少ないから、車を販売しやすくするために、100キロまで認めるとしたらどうでしょうか。
交通違反で高額の罰金を支払っている人たちは
どう考えるでしょうか。
つまり、経済的利益というのは、道徳とは関係ないものだということです。ですから道徳を
指導者が尊重することが必要なのです。
Posted by Gaku Yamaguchi at 2017年07月21日 10:33
私は安倍晋三の言うところの【こんな人たち】の一人です。私にはなぜ安倍晋三がこんなにも長く日本国総理で居れるのか全く理解ができません。アメリカファーストと言って憚らないトランプに真っ先に抱き着きに行き、信頼関係を築いたと言っていますが、国内の反対を無視して推し進めたTPPは反故にされ、これからは2国間取引で押し込められるのは目に見えています。北朝鮮に軍事オプションも辞さないと言いつつ日本や韓国に迎撃ミサイル配置を押し込んできます。しかも、この防衛ミサイルは先ほど実験で迎撃失敗しています。つまり役に立たない設備です。米国の軍需産業を支えるため買わされるのです。自分は北朝鮮の危機を国民に向かって叫びながら、ゴルフに興じたり、外遊しています。韓国とは慰安婦問題を永久かつ不可逆に解決したはずですが、蒸し返されて、慰安婦像は増殖中です。フィリピンとは中国包囲網で協力を得たはずが、日本の何倍もの経済援助の提示でドテルテ大統領に裏切られています。
安倍晋三の行う外交とは日銀の刷ったお金をばらまくだけでなんら効果が上がっていません。
ロシアとの交渉も酷いものです。北方領土を餌に経済協力を約束させられ、3000億円ものお金が支払われます。民間のお金だとの触れ込みですが、かの地には北朝鮮労働者が多数働いており、80%を金正恩がピンハネしているそうです。つまり、北朝鮮のミサイル実験の原資に資していることになります。これを取り巻きが口を極めて誉めそやして本人はその気になっているのでしょう。森友も加計も頭隠して尻尾隠さずで彼の直接、間接関与が明確です。これほど酷い嘘をつく総理大臣は見たことも聞いたこともありません。
しかし、世はトランプ、プーチン、習近平、金正恩、安倍晋三、ドテルテと良くもまあ、よく似た性格の人が権力の座に座ったものだと悪夢を見る思いです。
Posted by 都田隆 at 2017年07月21日 10:49
まさにその通りですが、でも日本の次期社長の選定基準のほとんどが現社長の腹心である(太鼓持ち?)であること、同じく米国の社長も腹心を連れて新会社に移ること等から考えて、この弊害はなかなか無くせないと思います。そこで対策は(対策が出せない様では無意味?)、
@株主(特に大株主の銀行)が経営者市場等から社長を選んでくること。
A社外取締役(これすら現在は社長の友達なので信用度が薄いが)が指名委員長になって(現社長を指名委員から外して)現役員の中から発言あらたかな人を選ぶこと。
だろうと思います。特にAにおいて効果を発揮する方法は、社外取締役を株主総会が客観的に複数の候補者の中から選ぶ様にすると言うことです。つまり株主総会で複数の社外取締候補者を出してその中から総会の総意で何人かを選ぶようにして(落ちる人もいる)その人達が指名委員や長になって社長(社外からでも社内からでも)を選ぶようにすることです。つまり現行の社長友人の社外取締役候補者から有無を言わせず選任せざるを得ない弊害(その社外取締役が指名委員になっても社長からの呪縛を逃れられない)から脱却するのが第一歩であると思います。
Posted by 沼さん at 2017年07月21日 10:52
仰る通りでうなづけることも多いのですが、
安倍政権については、他にいないでしょう。
国難の時期を崩れさせずに、いまは改革せず
に乗り切る方法と人脈を持つ人がやるしか
ないかな、という感じです。

但し、どこかで国が変曲点を迎えることに
間違いなくなるでしょうから、今の世の中の
仕組みを信じ過ぎ、寄りかかり過ぎは避ける
べきでもありますね。本当の改革者は変曲点
の前後に配置した方が国のためでしょうから。
劉邦が登場した経緯もその手前で待望されて
いたのか疑問です。(歴史は後から語られる
もの)

宗さんのご意見には常々私淑しており、本音
に近い意見をぶつけてみました。次からも
楽しみにしています。
Posted by sparerib at 2017年07月21日 10:56
今回の皆様のコメント、素晴らしいです。宋さんはいい加減にもっともらしい意見を並べての反日活動はやめて下さい。世界に影響力のある習近平さん(中国共産党)をきちんと批判して下さい。がんばれ宋さん!独裁政権共産党に負けないで下さい。
Posted by 習遠凸 at 2017年07月21日 10:59
天下統一の夢も核兵器やバイオ兵器のない時代なら良いのでしょうがもはやシャレでは済まされない現代に選挙で選ばれた大国のトップがトランプさん
詳しい調査もなしに感情で選ぶなんて自己責任ですね
しかし調査しようにも重要な事は隠ぺいされ誰かの都合に彩られた情報ばかりの現代
義務教育より大切な心の目を育てない経済だけの国の民がトップの体質を決めているのではないでしょうかね
Posted by 主水 at 2017年07月21日 10:59
本記事は、東洋経済にも掲載された、『上から見て「便利なヤツ」は危険❔ 破綻企業分析』の「サイレントキラー」に気付かない組織トップの話と相通じるものがありますね。
中国のトップは、どうどうと思想弾圧をする一方、日本では「忖度」しない奴を密かに葬る(だから国民は、安倍以外いないと思わされている)、「忖度」する奴に法外の報酬(地位等含む)で差別化する。
見方によっては、方法論こそ違えやってることは同じですね。
日本は、取分け徳川の時代から「滅私奉公」を旨とし、天下(=将軍家)を覆すような有能人財は不要(育たない環境の醸成)で、道徳・躾け(思想哲学ではない)をやってきたと思います。
この習慣?が、良い方向で最も顕著に表れ、日本に良い結果をもたらしたのは、明治維新の志士たちと太平洋戦争直後からバブル崩壊前夜までの復興だったかもしれません。
長く植え付けられた日本人のこのDNAは、簡単には変わりません。
でも、良い所は残して、有能な人材が良く国家にそして世界に貢献できるようにすることは日本に於ける目下の最重要事項かもしれません。
ちなみに自民党員の両親を持ち、その環境で育った私としても、今の自民党は情けない限りです。
日銀バズーカを始め、その他の施策にしても当初から日本の甘えきった理念を持たない経営者を結果的に延命させ、病巣を密かに深刻な状況にさせました。
国民とは言わないが、せめていくつかの大きな経済団体のトップ位痛みを堪え、正しく政府に物申して欲しい物です。
Posted by Pu_san at 2017年07月21日 14:02
なんだか、きれいごとですねえ。。
「古代」中国のトップは偉かった、が、それに比較して「現代」日本のトップはひどい?
近現代の中国(中共?国民党?)のトップと比較するとどういうことになるのでしょうか?
会社の組織についてのお話も、そりゃあ、正しいでしょうねえ・・という「お話」に聞こえます。
どうも最近の宋さんのお話は昔のようなニュートラルな場所で、適正な物差しでの比較対象による論評から離れてしまったように感じます。
残念です。あなたの能力を普通に発揮していただけば、何もいつも無理やり物議を醸すような話を書く必要はないでしょうに。
Posted by 千頭邦夫 at 2017年07月21日 15:02
宋さんのツイート、読みました。徹底した安倍批判、反日で吐き気がしました。人前で三浦瑠麗さんに論破されて切れるところをもう一度見てみたいです。
Posted by 習遠凸 at 2017年07月21日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック