もし彼がテレビ局を辞めなければ

また友人の話から始まって申し訳ありません。
「久しぶりに会食しませんか」と黒岩祐治さんからお誘いをいただきました。5年間中国に帰っていたこともあって彼が知事になってから二人だけで会ったことはありませんでした。積もる話をしようと思いました。

黒岩さんとはテレビキャスター時代からのお付き合いですが、友情が深まったのは彼がテレビ局を退社しフリーのジャーナリストとして生きていこうとしてからです。30年もサラリーマンをやっていたので辞めた時の戸惑いは簡単に想像できます。

私が彼に尊敬の念を持ったのもその時でした。何の問題もないのに皆が羨むテレビ局の社員の立場を捨てるなんてもったいない話でしたが、彼はその立場にイライラしていました。目に見えない何か「自分を縛っているようなもの」を感じてフリーにならざるを得なくなったそうです。この話は当時も今回も彼の口から出ました。

結果として辞めた当時にはまったく想像もしなかった政治家の人生を歩むとことになりましたが、彼は今の仕事を大変楽しんでいるようです。彼がテレビキャスター時代に訴え続けた「未病」という新しい医療概念が、国家戦略や海外にも採用されるようになりました。人間の体の状態は絶対的な健康と絶対的な病気にあるのではなく殆どの時間においては、健康と病気の間の状態にあります。この状態を「未病」と定義し、その状態に照準を当てたヘルスケアは百歳人生につながる発想です。

正直、私は「未病」にあまり興味がありませんでしたが、「未病」に取り込む熱意を持ち続け、とうとうそれを世の中に広めた彼の過去の十年間を見てきたので、そのチャレンジ精神に頭が下がります。

もちろん、知事になってから名ばかりの特区を看破し、神奈川の特区で自動運転や医療ロボットなどを実験し日本や世界に影響を与えてきました。地に足のついた彼の実践をみて私はふと思いました。「もし、彼が今もテレビ局の社員を続けていたら、今の彼の活躍はあるだろうか。」

大手企業のサラリーマン、特にテレビ局のような保護された業界のサラリーマンは自ら会社を辞めることはほとんどないのです。同じ業界内の人材流動がない上、他の業界とは違うため通用しないと思うからです。その結果、日本のテレビ業界にはテレビ局の実力者の意思を忖度する社員ばかりが増えています。そんなトップの意思を忖度する古い社員が番組内容を決める上、別の古い社員が解説員を務めるような番組は当然面白くないのです。それがテレビ離れの根本原因です。まあ、私は地震や救助のニュースを除けば、もうテレビを見ませんが。

シャープがダメになったら、東芝もダメになります。ソニーが不振ならパナソニックも不振です。大手が不振なら中小がチャンスだと思ったら、日本の起業家の数は対人口比で世界でも最も少ない国の一つです。

全ての原因は人材の流動性にあるように思えてなりません。入って動かない人材は時間と共にその活力と創造力が薄くなり、最後はただの「人在」になるのです。女性の就職支援を国が応援するのであれば、サラリーマンがもっと他の会社や業界に転職しやすいように国や自治体が支援してもよいと思うのです。

「樹移死、人移活」。樹木が移ると死ぬが、人は移ると活きてくる。黒岩さんの活躍をみて中国の古い諺を思い出しました。
この記事へのコメント
宗さま
 初めてコメント致します。宗社長のメルマガは2年以上購読しておりました。今回の黒岩知事の話は、とても納得いたしました。
 私も56歳になり、会社のメインの歯車から徐々に離れてゆき、中枢にいたとき見えなかった欠陥や改善点に気付くようになりました。職場や立場が変わるイコール視点が変わるのも大きな要因かと感じ入りました。
 システムエンジニアとして現場にこだわって、管理職になるチャンスを逃してしまいましたが小売業を中心に、商品の目利きは自信があるが経営は素人といった経営者の手助けをしたいと勉強を始めたところです。私は定年という節目に、そういった事にチャレンジして行きたいと思います。
 宗社長のメルマガに大変勇気を頂きました。ありがとうございます。
 乱筆乱文ご容赦くださいませ。
Posted by 新谷 眞久 at 2017年03月31日 08:41
宋先生
いつも先生のブログを愛読しており共感を覚えています。ところで今回は黒岩氏がテレビ局を退職して活躍しているとのことですが、神奈川県民として彼は活躍しているとは思いません。米軍基地問題や朝鮮人学校への補助金打ち切り問題など賛成できません。彼は安倍首相の親しい友人だそうで、その点からも信用できないと思っています。
Posted by 真鍋雄太郎 at 2017年03月31日 08:52
私も現役時代に、20年勤めた会社を辞めてそれよりは小さい会社へ転職したときに、一生同じ会社に勤める人は社会的な犯罪を犯しているのと同様だと思いました。コネ等で固まった会社に自分の考えを殺して汲々とする様は惨めに思えましたし、社会的な損失と思いました。勿論、社会構造は転職には一般的には不利な構造であった時代です。
黒岩知事は、住民から見るとイマイチ不満がありますが、隣の自治体の知事の様に前任者の揚げ足取りや、住民の人気取りばかりに奔走する知事と比較すれば信頼できます。
隣の国、韓国では、大統領を辞めると刑務所や自殺に追い込まれる人もいますから、その習性が日本にも遷ってきたのでしょうか?
共産主義の国も昔は、国のトップを辞めると悲惨な状況になっていましたが、中国では最近は無くなってきて、逆に国の後任をコントロールする様になっているようですね。
これらの社会をどう考えたら良いのか考えたいと思います。
Posted by 旧旧車 at 2017年03月31日 09:43
宋先生
いつも勉強させていただいています。共感したりしなかったりですが、私にない国際感覚でわかりやすいコメントを楽しみにしています。(時に耳の痛い話もありますが・・・)
今回のTV局の話は、日本の雇用の問題の一端をついていると思います。いい大学を出ていい企業=大手マスコミ・電力ガス事業者・公務員・金融機関、に入る。そこから出ることは困難を意味しますから、普通の人はその中で生き続けることを選択しますよね。
ですが、もともと農耕民族である日本人はこのシステムが居心地いいんでしょうね。
システム改善するにはどうしたらいいのでしょう?
Posted by 北村 憲正 at 2017年03月31日 09:51
宋さん

いつも、起承転結のある優れたエッセイ、本当に頭が下がります。(なかなか、こうは書けませぬ)

人材が人在に!
「樹移死、人移活」。樹木が移ると死ぬが、人は移ると活きてくる。

本当にそうですね。
朝から爽快、愉快に拝読いたしました。
御礼まで〜
Posted by 斎藤  at 2017年03月31日 09:54
はじめまして。長年メルマガ拝読しており、様々なお考えに刺激を受けたり共感してうなづいたり、毎回楽しみにしております。
一点本日のメルマガ内にあった黒岩氏のことで一言だけコメントさせていただきたく、初めてここに書き込んでおります。

黒岩氏は、2011年4月、脱原発派を語り県内に太陽光発電を充実させる公約を掲げて当選したものの、半年後の10月には平然と「忘れてほしい」と言いのけた人です。
さらには放射線量が高く残る被災地の瓦礫をいち早く受け入れ、移動させたことによる放射能のひろがり、産廃業者との癒着などで批判を受けていました。

県知事とはいえ様々なお立場や事情があるのでしょうと想像しますがこれはあまりにもひどかった。

このとき何があったのか本当のことは彼のみぞ知ることでしょうけれども、その後、氏の表情は常に暗く、県政に彼の存在感を感じるような働きをされてるとは到底言いがたいものがあります。
それでも2期目を当選されていますが、いち有権者としてウォッチし続けている身として感じることは、一層冴えない表情をされているということ。

もしも、彼がご自身のこの県知事としての数年を振り返り、もしも、ほんの少しでも後悔をお感じなのであれば、今からでも遅くないので、次に知事になる方が正しく公約を遂行できる場作りをされてほしいと心から願います。

残り2年で、彼の魂が救われるようなご活躍を成し遂げていただきたいと思います。
Posted by やなぎさわ at 2017年03月31日 10:13
宋さんが森友の話は避けたということは、野党の攻撃も潮時(退潮)と見たのでしょうか。「完璧な物証」発言以来、トーンも変わってきたようですし、宋さんの言動を見ているといろいろ参考になります。
黒岩氏については、フジテレビのキャスター時代からテレビでは見ていましたが、個人的にはあまり良い印象は持っていません。キャスターの立場なので意見を言うのは良いと思いますが、自分が目立ちたいという意思が強く感じられるのと、出演者の考えを引き出すためとはいえ、わざと相手を貶すようなことを言うことが多かったからです。攻撃的な性格が宋さんと仲が良いポイントなのかもしれませんね。
人材の流動性についての問題については全く同意見です。ただ、転職しやすいようにする方法としては、「支援」というよりは、単に正社員のクビを切りやすくするだけで良いと思います。今までのご発言から推定するに、宋さんもそう思っておられるのではないでしょうか。
ところで、「未病」は中国に起源(&語源)ありと聞きましたが、「日本スゴイ病」を批判しながらご自身は中国の自慢をする宋さんにしてはずいぶん謙虚ですね(笑)。こういうことは自慢しても構わないのに。
Posted by H.Mari at 2017年03月31日 10:42
宋 様
今日のメルマガを拝読して長い間、あなたの視点や表現に独特な魅力を感じつつ その背景を探るように毎回のメルマガを読んでいた私にある閃きが走りました。
それは言葉=漢字の微妙な感覚的なずれや同期から生まれているのではないかと?!...もちろん中国語と日本語の2つの言語の漢字が持つ意味・意義の誤差からくみ取れるニュアンスみたいなぼや〜としたものから明確な視点を見出されているのではと...そう想像しました。江戸時代に知的な振動にかき回された日本語はその表現内容密度ははるかに中国語を凌駕したという国語学者の意見もあります。戦後北京から多くのインテリが日本の東大に学び多くの書籍を持ち帰った史実もあります。宋さんは日本の世界で日本語を得徳された上で中国の深い歴史がもたらした意味・意義を塗し独自の感性を意識されているんじゃないだろうかと...勝手に想像し勝手に納得しています。そしてこの閃きは私自身が持つ思考の独自性を証明してくれるかもしれません。時には辛い言葉で書き込みますが、今日は哲学の世界で遊んだ気分です。ありがとうございました。
Posted by 池谷延夫 at 2017年03月31日 11:35
私が自分の人生を振り返って強く思うのは、特別に高い能力を持たぬ人間は、人や企業や組織に仕える、所謂サラリーマンになることは、決して誤った選択ではなかったということです。
出発点もしくは通過点として、人や企業や組織に仕えるサラリーマンとして働き、かつ十分な成果を上げることは、彼が将来独立自立したとしても、必要不可欠な経験になり得た。
能力がある人は、その能力が故に、いずれ悩みつつも独立自立の道を歩み始めるでしょう。
独立志向の強い野心家であっても、まずサラリーマンとして有給の養成期間を経ることが、正しいプロセスだと思います、能力があれば、いずれ容器に満ちた水が溢れ出すように、自然に外へ出て行くのではないでしょうか。

日本の戦後70余年は、閉鎖的ではあったが平穏な成長社会であったと思います。
その中で、サラリーマンはそれなりの満たされた人生を送ることができた、一生サラリーマンであっても悪くない選択であったと思います。
ただ、現在の日本社会はすでに成長社会ではなく、サバイバルの乱世に突入しています、生き残るための潰し合いの過酷な競争社会になっています。
ラッキーなサラリーマン生活を送って来て、企業や組織のトップになってしまった人には、厳しい試練の時代です。
さらに、二代三代と世襲化したサラリーマンにも、とても辛い現状です。
差別化階層化階級化を推し進めて、集団的に自分たちの利益を守るか、それをすれば、この全世界的な競争社会の中で、集団そのものが陳腐化し劣化して行く。
能力主義の、弱肉強食の、緊迫した苛酷な競争の、社会を生き抜くには、どんな知恵と仁義が必要か、とても難しいです。
中国四千年の歴史を学ぶことが必修の時代になりました。
Posted by 藤田 備 at 2017年03月31日 12:08
宋さん
始めてメールをいたしますが、実は以前から宋さんのメルマガを拝見して、その視野の広さと思いがけない視点に、驚いたり感心しておりました。
今回の日本特有の人材流動化問題は、まさにわが意を得た内容でした。私が経験している業界でも問題となっているケースを突き詰めると流動性が低いゆえに企業や社会の仕組みが曲がってしまうことが散見できます。日本でも転職率が年々高くなっていますが、これは現状逃避や不満型が多く、エリート層は相変わらず動いていません。ここに社会が停滞する要因が内在しています。社会や企業をリードするポテンシャルの高い人材こそが広く世の中を経験し、広い視野で判断する能力を磨いてもらう必要があります。そのためにまず企業が外部の優秀な経験者採用を活発に行うことから始めるべきではないでしょうか。それに耐えられえる人事制度の確立も大事です。
Posted by 政井寛 at 2017年03月31日 13:38
新卒、社会人、サラリーマン、年功序列、役職定年、定年退職、このような日本にしかない言葉に代表される社会的しきたり、会社人間のあり方が流動性を阻害していると思います。日本人は会社にいても、会社と対等に契約している1個人であるという意識はありません。

共産主義の中国の方が流動性がある、なんか変ですね。
Posted by Nicd at 2017年03月31日 17:33
宋さん、いつも楽しく拝見しております。
人の流動性がないと組織が硬直して来る、樹移死、人移活、 人材が人在になるというのはその通りですね。うちの会社はどちらかと言うと定着率がいいので欠員がでない限り人の出入りはなく、会社内の配置転換もそれほどないです。配置転換をやる時は何か問題があった時がほとんどで、何も問題がないのに最初から組織活性化を目的としてやることはほとんどありません。中小企業の課題の一つだと思います。
それと人の流動性で急に思い出したのですが、以前宋さんが、一度会社を辞めて他の会社で働きやはりもとの会社の方がいいと言って戻ってきた人は歓迎するし、ソフトブレーンにもそのような人がいると確かメルマガでおっしゃっていたと記憶しております。その後弊社でも同じようなことがありまして、宋さんの意見が頭にあったので採用しました。今も彼は頑張って働いてくれています。辞める時一時間以上説得したにもかかわらず辞めていったので、私の性格からしてメルマガを読んでいなければ不採用と言うか門前払い(笑)にしていたと思います。メルマガのおかげでいい人材を再確保できました事、遅ればせながらお礼申し上げます。
Posted by しらとり at 2017年04月01日 05:24
最近では忖度という言葉が流行語をとるような勢いだが実は昔からKYという空気が充満していたことを思い出してほしい。
Posted by あまのじゃく at 2017年04月02日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448570500
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック