違っても好きな人

明けましておめでとうございます。
今頃こんな挨拶をするのはおかしい気がしますが、今年最初の宋メールであることに気付いてほしいからです。

昨年の終わりに号外を出して来年は事務局の都合で出せないかもしれないと申し上げましたが、おかげさまで今のところ事務局をやってくれているソフトブレーンに変化はありません。
(昨年の号外:http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/detail/post_25.html

正直、ここ数年、宋メールも含め、そもそも世の中にメッセージを発信して何の意味があるのかとよく自問しています。テレビも新聞も以前よりずっと無難で台本通りの番組を作り、ネットでも意見が合う人同士が結束し、異なる人を攻撃する所謂「炎上」も日常茶飯事です。人は聞きたいことを聞き、認めたいことを認め、聞きたくないことを聞かない、認めたくないことを認めない、そういう主観的な動物なのです。

私も当然例外ではありません。意見が合わないとついつい「あの人は井の中の蛙」、「あの人は思い込みが激しい」、「あの人は知らないくせに喋りたがる」と考えてしまいます。せっかくビジネスから引退して平穏で幸せな日々を送っているのに、いちいち心の中で文句を言う自分が情けなくなることはよくあります。

しかし、ここ一、二年でそれを避ける良い方法を見つけました。ついつい文句を言いたくなるようなメディアを見ざる、出ざる。ついつい悪口を言いそうな人と会わざる、関わらざる。そうすると急に自分が穏やかになり、心の平和が保てるようになりました。

私がトランプ氏が大統領に当選するのではと思ったのは一年以上前に彼の講演を聞いて好きになったからです。もし嫌いだったらきっとその後の彼の講演内容を馬鹿にして「頭がおかしい」と決め込んで聞かなくなったでしょう。

好き嫌いは人間の避けられない感情である以上、素直に受け入れるしかありません。むしろ好き嫌いの理由を冷静に見つめる努力をしたほうがためになると思います。

私がトランプ氏を好きな理由は彼の中国への態度によるものではありません。彼が選挙中も今も中国を最大の敵にしていることは周知の通りです。彼は外国人や移民に対しても厳しい見方をしているのです。私の四人の子供は米国に居て彼らの先生も含めて皆がトランプ反対です。

それでもトランプ氏を嫌いにならない理由を見つめたいと思います。

「彼は嘘吐きだ」「彼は思い込みが激しい」「彼は米国の普遍的価値観を大切にしない」「彼は人種や性別の差別者だ」などなどの批判は結構当たっています。しかし、それでも半数の米国人、しかも特に昔から米国に移民してきた白人たちがなぜ彼に投票したかを考えるべきです。彼は実に本当に米国の将来を心配し、数十年後の米国の姿をはっきり想像できているのです。クリントン氏のように20世紀型のイデオロギーに生きていないのです。

20世紀では米国は民主主義を広げるために経済の果実(市場)を弟分たちに気前よく分け与えてきたのですが、いよいよ米国民自身がやっていけなくなりました。チェンジを訴えて当選したオバマは微調整したものの、価値観の面子を下して米国民の所得向上に失敗したのです。昨年5月の宋メールでも触れましたが、(http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/detail/back302.html)米国の中産階級以下は全員、所得がリーマンショックの前より減ったままです。富裕層とエリート層が増えたのに対してそのほかの階級は減ったのです。この現実を知ってもう一度トランプ氏の就任演説を読むと彼が誰の心に何を訴えているかがよく分かります。

「民以食為天」(民は豊かにしてくれる体制を支持する)。このような率直な考え方は私のみならず、多くの中国人の中にあります。民主主義や自由も大切ですが、豊かになることと自由になることは連動しています。本当に豊かになれるならば、自由は自然についてくるのです。第一、人間がまず一番必要としている自由はお金の自由なのです。

食えない普遍的価値は米国人も食わないのです。中国は明らかに米国の真のライバルです。敵にして当然です。自由貿易は聞こえがよいのですが、得して初めて意味があります。自由貿易を主張しているのは昔も今も生産力と貿易力に優れた国です。日本に開国を迫る黒船時代では、英国と米国の生産力と貿易力が世界のトップに立っていたからです。

結局、私がトランプ氏を好きな理由はトランプ氏およびトランプ氏を代表した米国人の考え方に親近感を感じたからです。これは私の限界でもあります。私は米国や日本のような民主主義をうらやましいと思いませんし、中国は米国のようになってほしいと思いません。当然、今のような中国がよいとも思いませんが、それぞれの国が自分達の手探りで前進すればよいと思います。生き詰まったらその体制が自然に崩壊し、また別の模索が始まるのです。中国人はそのことを「国破れて山河在り」と表現しているのです。

中国語の「国破山河在」の意味は「政治体制が崩壊しても大切なものは無くなっていない」です。(大切なものは人間、文化、資源などです)。人民は「国体」に拘るはずもありません。「国体」に拘るのは体制側であり、体制に洗脳された人々です。トランプ氏とその支持者達が「米国の価値観」に対して「I don’t care」と言えるのはむしろ米国の革新力の象徴です。これはケ小平時代の社会主義論争と似ています。

当時、ケ小平の社会改革が社会主義の価値観を壊しているとの批判に対してケ小平が「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫はよい猫だ」と言ったり「現実は真理を検証する唯一の基準だ」と言ったりして押し返しました。私の運命を変えてくれたのはケ小平でした。「人民を搾取した」実業家系のせいで私達家族は差別を受けていたのですが、いきなり自分の能力と努力で富と尊厳を勝ち取れるようになったのです。こうやって読者の皆さんと出会えたのもケ小平の改革のおかげです。

「別れても好きな人」ではありませんが、「喧嘩しても好きな人」というのが存在すると思います。これからの世界をみれば、米中の競合は避けられません。どうせ喧嘩するならば、トランプ氏のような率直で前向きな分かりやすい人がよいと私は思います。トランプ氏が成功するかどうかはわかりません。将来の現実が検証をするでしょう。しかし、失敗を恐れて変化をしないことこそ最も恐ろしいことです。

宋メールを読んでくださる皆さんもきっとどこかで私と同じ持ち味や性格である可能性が高いと思います。嫌いならば読んでいないと思います。お互いが「違っても好きな人」という「危険性」が高いと思います。

ということで皆様、今年もよろしくお願いいたします。
この記事へのコメント
まずは宋さんのメールの継続に安堵しました。違っても好きな人、自分に問いかけ思い当たる所がいくつかあります。1.何が違うのか2.どうして好きなのか。冷静に思い直し、その相手を改めて分析し、自己啓発と自分に欠如領域を補って生きたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。有難うございました。
Posted by 小村雄一 at 2017年01月27日 08:50
ケ小平の「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫はよい猫だ」という言葉は半分は背景から理解できるのですが、半分は勝てば官軍、結果オーライのようで、責任放棄、投げやり、思考停止がイメージされてあまり好きではありません。議論の最後の局面において、或いは上からの押し付け、Excuseとして納得せざるを得ないのかもしれませんが。単なる個人的な意見です。
Posted by 江川彰彦 at 2017年01月27日 08:52
ケ小平の「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫はよい猫だ」という言葉はあまり好きになれません。半分はかれの置かれた立場、時代背景として理解できるのですが、半分は勝てば官軍、結果オーライと同様に、プロセスが無視され責任放棄、投げやり、思考停止がイメージされて、結局は議論の最終局面における上からの押し付けのように感じられてしまいます。個人的な感想です。
Posted by 江川彰彦 at 2017年01月27日 08:58
納得しました。
国破山河在
これからもいいお話を聞かせて下さい。
Posted by 真力 at 2017年01月27日 08:59
年末の号外で宋メールが読めないかもと思ったので、たいへん悲しい気持ちになっておりました。また読めるようになり喜ばしい限りです。私はトランプ大統領の世界経済に対する無知・無理解を危惧しております。世界的分業が世界の格差をなくす方法ではないでしょうか。米国の対中国貿易が大幅な赤字だと攻撃していますが、中国でi−Phoneを生産しているアップル社は大幅な利益を上げています。極端ではなく中庸の思考が必要ではと思います。
Posted by 岸 悦男 at 2017年01月27日 09:09
宋さんお久し振りです。宋メール、最近拝見しないなぁと思っていたので再会を嬉しく思います。さて、トランプ大統領就任後、世界は良識という虚飾を脱ぎ捨て、動物的な感情を前面に出すことを躊躇わない世界に、事実よりは流言飛語という、感情に流される世界になったといえると思います。メディアに対する信頼は大きく崩れつつあり、私たちは誤情報への自衛がより一層必要となっています。宋さんメールは「違う」意見を読める貴重な場で私はとても大事におもっています。好きか?嫌いか?というより知性に裏付けされた異なる意見が私が生きていく上で必要です。今年は今まで以上に宋メールが必要です。今後ともよろしくお願い申し上げます。以上
Posted by 垣沼裕司 at 2017年01月27日 09:11
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲がり者です。

私が「違っても好きな人」かどうか判りませんが、今年もこの「宋メール」を拝読させていただきます。

宋さんは『20世紀では米国は民主主義を広げるために経済の果実(市場)を弟分たちに気前よく分け与えてきたのですが、いよいよ米国民自身がやっていけなくなりました』と仰っていますが、民主主義であろうと共産主義であろうと、米国なり中国なりGDPで1、2位を競うトップの国には、エクセレントカンパニーと同様にそれなりの「義務」というものがあると考えます。

この「義務」は覇権を得るために、アフリカ諸国や東南アジア等の開発途上国へ札束で頬を張るような行為ではありません。

「アメリカ第一主義」は米国の大統領として当然ではありますが、同時に世界の安定に資する義務も、世界ナンバーワンの米国大統領にはあるはずです。

自国さえ良ければという「ミーイズム」は、自分さえ儲かれば偽物だろうが模倣だろうが何でもありという考えや、子供の気持や将来に配慮することのない離婚などの蔓延を助長するものだと思います。

このままでは、中東からの難民だけではなく、アフリカからの難民やチベット族・ウィグル族等の難民が激増し、世界の秩序が崩壊しかねないと思います。

中国の南シナ海までの「九段線」から出ている南沙諸島の軍事施設化(当初中国は観光地だとの虚報を出していました)は、札束の他に腕力を以って世界を牛耳ようとする姿勢と、2兆円もの費用を投じてメキシコ国境に壁を造り全額メキシコに払えと恫喝するトランプ大統領と同じに見えてきます。

これを、日本では「同じ穴の狢」と言います。
Posted by 田中 晃 at 2017年01月27日 09:17
号外からの流れで、無事宋メールを拝読できて嬉しく思います。
このようにコメントさせて頂くのは初めてですが、また読むことができての嬉しさをお伝えしたく。

Twitterでコメントをと思ったのですが、宋さんの最近のコメントが辛辣過ぎて…今回のメールから感じる穏やかさとは違うと感じたため、こちらに記入しようと思いました。
(特に、トランプ氏に好意的な視点から考えると日本の保守派政治に辛辣なような…?すみません、脱線です。)

国破れて山河あり。本当に大切なのは個々人の倫理観であっあり、自立心であったりと思います。

宋さんのメッセージ、考えは、私にちゃんと響いています。
直接反応は今まで出来ていませんが、自身の思考や価値観との照らし合わせを行う機会となり、自分なりの考えを深めるいい機会となっています。

これからも、仮に宋メールをやめたとしても、何がしかのメッセージを発信し続けて頂きたいな、と思っています。

乱筆乱文ご容赦ください。
Posted by yo at 2017年01月27日 10:14
久々にまっとうな宗メールを読んでホッとしています。ここ1年ほどは宗さんの決めつけ日本人論には正直辟易していました。いい悪いの評価は自由ですが日本には語らない美徳があります。サイレントマジョリティに大きな力があります。宗さんに見えているまわりのおしゃべりな日本人は.....、。日本人の強さ、怖さはそこじゃないんだけどなあと思っていました。富以外には成功の尺度がない宗さんには仕方ないかもしれません。世界の見方を中国の叡智から語る宗さんは尊敬しています。やはり中国は偉大だと改めて認識します。何の得にもならないことだとおもいますが大韓民国にも今度触れて下さい。語らない方の日本人がさろそろ怒っています


Posted by 水野 裕三 at 2017年01月27日 10:14
メルマガ継続とのことなので、継続して拝読します。今回も、ツッコミどころ満載ですね。
以前より、宋さんは「嫌ならオレのツイッター見るな」と繰り返し発言してきました。それなら、ご自身も嫌いな日本(人)に絡むのは止めたらいかがですか?「人は主観的な動物」であり、ご自身も例外でないと言いながら、ご自分の言説については「これは偏狭な考えで言っているのではない」というようなことをよく強調されますよね。
「文句を言いたくなるようなメディアを見ざる、出ざる」というなら、先日の「朝ナマ」での三浦氏に対する暴言は何なのですか?「悪口を言いそうな人と会わざる、関わらざる」というなら、昨日のツイッター「安倍は漢字が読めないのは無学だからではない。反中だからだ。」は何ですか?「好き嫌いの理由を冷静に見つめる努力をしたほうがためになる」なら、まずはご自身の安倍嫌いを分析してはいかがでしょうか。
私のメルマガへのスタンスは、以前はまさに「違っても好きな人」という認識での「傾聴」でしたが今は「監視」と変わりました。今後も是々非々で臨み、論理矛盾や事実と異なる記述、アンフェアな行動等については指摘させていただきます。宋さんのファンの方には耳障りかもしれませんが、宋さんの「実体」を知った上でフォローしていただきたいからです。
Posted by H.Mari at 2017年01月27日 10:18
対立軸はアメリカVS他国でアメリカファースト主義を煽って大統領になったトランプ大統領だ

恫喝で雇用をアメリカに呼び戻し国境に壁を築き高い関税をかけ防衛費負担増額を要求するだと

おいおいアメリカ人労働者の多くが豊かさから脱落して貧困層へ接近した原因は他国労働者との賃金安競争に敗北したからだろう

しかもその他国の安い労働力で散々稼いだのは少数のアメリカ人資本家だった

つまり対立軸は少数資本家VS多数労働者であり まずはアメリカ国内で累進課税の推進、税の再分配の修正をしたほうがアメリカ人労働者は早く豊かになる

トランプ大統領の思惑は何処にあるののかないのか愚民主主義の幕開けだ
Posted by 主水 at 2017年01月27日 10:32
全く同感です。
Posted by TOSHI at 2017年01月27日 10:42
先ずは、継続おめでとうございます。
新年になって良いニュースの一つです。

失敗を恐れてチャレンジをしないことは、もっとも恐ろしい、は大賛成です。
トランプ革命が成功するかどうか、誰もわからないと思います。それを決めていくのは、世界中の一人ひとりのように感じています。

これからも健筆を期待します。
Posted by Sam Roppongi at 2017年01月27日 10:49
もう宋さんのメールが読めなくなるのかと、、、思っていましたが、今回配信されてうれしく思います。私も「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕る猫は良い猫である」ということ、また「まず富めることのできる者から富む」というケ小平さんの言葉に納得しています。白い猫も黒い猫もネズミを捕まえてからどうするか、まず富むことができたものは、その後どうするかが大事だと思っています。黒い猫、白い猫、まず富むことができた者、そうでない者はシーソーの両端だと思っています。このシーソーのバランスを取ることがとっても難しです。宋さんのメールを拝読して、私は自分の中でこのシーソーのバランスを取る「重し」のひとつにしています。今後の益々のご活躍を祈念します。
Posted by ぱお at 2017年01月27日 11:09
宋メールの継続、とても嬉しく思います。

私もメディアが反トランプの先入観から、片側から見た現実や事実のみを伝えているように感じていました。彼は国民から過半数近い投票を得たわけであり、彼に投票したアメリカ人を「差別主義者」という色眼鏡で見るだけで良いのだろうか?・・と不満でした。

彼ら(トランプ支持者)を取り巻く社会環境の実態はどうなっているのだろう?
彼らは地元で地域で何を考えているのだろう?
でも報道では大声で叫ぶような、10〜30秒程度の刺激的な映像だけです。

そして反トランプ派のデモの映像をぶつけて「差別反対!」と締めくくります。
これでは知りたいことが全然分からないのです。

新聞紙上には「心の【壁】を作り上げることに反対しよう」と、キャンペーンのように展開している社も見られますが、読者として伝えて欲しいのは情緒ではない・・と思っています。
Posted by hattori at 2017年01月27日 12:35
宋さんのエッセイをまた読むことができ嬉しいです。
独自の視点でフランクに語られる内容が好きでいつも楽しみにしています。はい、私もイライラさせられることの多いニュースやメディアを避けている一人です(^^)
これからもよろしくお願いします。
Posted by うさこ at 2017年01月27日 12:56
宋さん、明けましておめでとうございます。ちょうど明日は旧正月。「今頃こんな挨拶」でもおかしくないかもしれませんね。メルマガ、無事再開できて何よりです。今年も違った視点からの意見楽しみにしています。
トランプ大統領は正直よく分かりません。ただ、良識が邪魔をして普通の人には言えない本音を言っているのだけはわかります。しかし本当にメキシコとの間に壁を建設する大統領令を出すとは思いませんでした。その上その建設費の財源を関税に求めるとは、世界中を敵に回すのではないかと逆に心配したくなります。貿易不均衡については日本にも中国にも言いたいことはいくらでもあるでしょう。TPPが暗礁に織り上げた今、二国間の協議の中で主張するしかないでしょう。自動車について言わせてもらえば、日本は輸入車に関税をかけていません。米国車が売れないのは規制のせいではなく、大きくて、燃費が悪くて単に人気がないからです。日本人は原油相場に関係なく燃費の高い車を好みますが、米国人は原油価格が安くなるとピックアップトラックなどの燃費の悪い車が売れ始めます。国民性の違いとしか言いようがありませんが、この違いを見つめて日本人に好まれる車作りをしない限り、いくらトランプさんが頑張っても日本で米国車が売れることはないでしょうね。
Posted by しらとり at 2017年01月27日 12:59
宋メール、継続うれしいです。
私がこのメルマガを読む理由は、自分と全く違う視点があるからです。賛同や批判の前に「そんな見方もあるのか、もう一度考えよう」と思える所が有難いです。
また読みたいので、できる範囲で続けてください。
Posted by 藤田奈緒 at 2017年01月27日 13:18
明けましておめでとうございます。宋メールが今年も継続してくれて、大変うれしいです。宋さんは、トランプ大統領と同じで正直な方で大好きです。正直な人は人生に勝利すると思います。今年もよろしくお願い申し上げます。
Posted by 都倉純 at 2017年01月27日 14:16
メルマガは形を変えればどこからでも出せるものですが、慣れ親しんだ方法を変えずにすんでなによりです。

世界はサイレント・マジョリティにより自分の足元を見直しているのだと思います。
私にはトランプがわざと極端な意見を言っているようにしか思えません。
ビジネスを知り尽くした男が愚かであるはずがありません。
日本では「日本の技術が凄い。外人が感心している」という番組ばかり流れますが、それは中国に抜かれ、アメリカに追いつけない現実から目をそらし頭をあげたくないからだと思います。
「出る杭は打ち殺す」日本人の習慣が新しいものを作り出せるはずがありません。

日本人が認めるものは、ノーベル賞のような権威がついたものだけです。
それでも虎視眈々と引きずり降ろそうとマスコミや週刊誌が狙っています。
こんな否定しかしない社会では貧富の差が広がるばかりです。

私は毎週少年漫画を読みます。
いろんな理由がありますが、現在の若者の潜在意識を知るために最適だからです。
今の漫画の主流は超能力モノです。読者は超能力を前提にしないとストーリーに乗れないのです。
どれだけ日本に閉塞感が漂っているかわかります。

そして、いつものようにアメリカは10年後の日本です。
ホリエモン、橋下氏、その後を継ぐものが、ついに覇権を取るでしょう。ちょうど今のトランプのように。
国家破産の危機に怯えながら、閉塞的な日本を見つめたいと思います。
Posted by たかお at 2017年01月27日 17:00
ご継続ありがとうございます。
民主主義について、独文学者の西尾幹二氏は、著書の中で「アメリカを初めとする西欧諸国が言い出したデモクラシーとは、”西欧白人文明覇権思想である”」と名付けておられます。日本は明治以来脱亜入欧で「準白人」の扱いを受けたりして、先の大戦で敗れた後はすっかり割り切ってアメリカの核の傘の下に入ってしまったのですが、現政権のいう「価値観を共有する日米同盟関係」とは本当なのか、疑ってみる必要もありそうです。
Posted by 岡崎 at 2017年01月27日 17:49
明けましておめでとうございます
(春節?であればよいのでは…)
私は宋さんの意見や考えがと違うことが多く、読んでる意味はないかもしれませんが(ひどい!)何故か楽しみにしています。
その人の立場によって見方や考え方が違いますが、「そういう見方や考え方があるのか」と思う時や、違いが理解できた時は面白いなと思います。
ただ、全く理解できないことも沢山ありますので、その時はあまり深く考えません。(笑)
Posted by 0084 at 2017年01月27日 18:27
宋さんメール有難う。
又一緒に考える時間が取れそうです。
私は、トランプ大統領の発言や素早い行動に、
わくわく感を覚えています。
何がそうさせているのかわかりません。意味もなく興奮しています。
大統領の主義主張が、正しいのか、それとも 間違っているのか、これから世の中がどうなるのか、などと心配しているのでもなく、憂いているのでもなく,また期待に胸を膨らませている訳でもなく、ただ、毎日繰り返され激しく響き渡るニュースになぜかわくわくしているのです。
自分には無い、あのような発言力や行動力に
一種の憧れ的な刺激をいるからなのでしょうか。これから少し私なりに自己分析を続けてみようかなと思っています。
Posted by 和気康夫 at 2017年01月27日 21:56
楽しみが一つ減ったなと思っていましたが、「宋メール」が継続されるとのことで、安堵しています。これからも、楽しく読ませていただきます。

トランプさんのビジネスマンとしてのありかたは大分分かってきた気がします。これまで培ってきたビジネスマンとしての成功体験に裏打ちされた手法で各国とも対峙しあおうということでしょう。

単純明快でとても良いと思います。

でも、「人となり」がみえません。ないのでしょうか。

また、メキシコ品に関税20%をかけると言い出しました。関税がかかった高い品物を買える人と変えない人の貧富の差がますます大きくなるのではないでしょうか。

いずれにしても、トランプさんは株で儲けさせてくれそうなので今のところ、大好きです。

キライでも好きな人の一人です。
Posted by 坂田 信彦 at 2017年01月27日 22:15
自由貿易でアメリカ製造業の労働者が所得を落としてきたのは、中国に工場が移転した日本の地方で起こってきたことと同じです。そして、宋さんも書かれているように、利益を得たのは中国の労働者のみでなく、米国の資本家とエリート達です。でも、米国の労働者を救う方策が、国境を閉ざして保護主義に向かうとの見解には賛成できません。自由貿易を20世紀の価値観というなら、保護主義は2度の世界大戦を招いた20世紀初頭迄の価値観です。他の人も書かれているように、取るべき政策は米国内で富裕層に課税し、再配分することだと思います。一国の保護主義が他国の報復を招き、貿易戦争から本当の戦争に繋がる。そんな歴史が繰り返さないことを祈ります。
Posted by 元米国在住日本人 at 2017年01月28日 00:03
宋メールの2017年第1号とても興味深く読ませて頂きました。トランプ大統領誕生の背景には、宋さんが指摘されている「米国の中産階級以下は全員、所得がリーマンショックの前より減ったままです。富裕層とエリート層が増えたのに対してそのほかの階級は減ったのです。」という点が大きいと思われます。また、デジタル情報革命直前の米国の企業価値のベスト3は、GE、ウォールマート、エクソンモービルといったところですが、今日は、アップル、アルファベット(グーグル)、マイクロソフトとなっていて明らかに産業構造が変化しています。従来型産業の労働者とデジタル産業労働者の平均所得格差は、3倍以上、また、別格の金融関係の平均所得は、約4倍とされています。欧米をはじめとする世界の国々の規範となっている、自由、人権、民主主義、市場原理が産みだしたものが米国内の所得格差であると思われます。オバマ政権は、この所得格差を行き過ぎた市場原理にあるとし、金融規制をかけ、地球環境保護のために環境規制をかけてきました。トランプ大統領は、この所得格差の是正を、製造業など従来型産業の復活にフォーカスし、貿易赤字の解消と環境規制と金融規制緩和を行おうとしているように思えます。この格差社会という現実の中で、民主主義前提社会における指導者に多い調整型とは全く異なり、ストレートに自己の主張を表現し、実行していく姿勢を支持する人々は、現在のアメリカに約半分存在するということが事実なのだと思います。新年の宋メールを読ませて頂いてそんなことを感じました。
Posted by 藤原洋 at 2017年01月28日 09:42
メルマガ継続、嬉しいです。私自身は、それぞれの国の特徴を生かし WINWIN関係を創って行きたいと思ってますので、どうぞよろしく!(←簡単でないんでしょうね)
さて、トランプにはやはり、お金持ってる人にもっと課税して貧民に回して欲しいです。彼はアメリカの低所得者層にも仕事をもたらしますか?海外から安くものが入らなくなったり、安い労働力入らなくなったらインフレになるとか聞いてますが。それても、その層は暮らしていける? 
それから多国間でよりも、2国間で貿易のこと話し合った方が、お互い有利なんでしょうか?この違い、よくわかりません。メキシコみたいに、2国間関係そのものが冷え込むような事はない? 
もしかしてトランプのお蔭で 今度こそサンダーズみたいな人が選ばれることになるかも…?
Posted by 末永美枝子 at 2017年01月28日 10:51
宋メールの切り口にいつも触発されています。宋さんの日中両国でのご経験に基づくものの見方が、長く日本のみに行きてきた者には無い斬新な切り口が感じられ、勉強させられています。「中国人は政府信用してないよ、信じるのは自分達の裁量よ」とテレビでよく仰っています。周りのコメンテーターには中々その言葉が伝わらないみたいですが、私はいつも成る程と思っています。宋メールがこれからも続きそうで安心しました。
Posted by 木村立夫 at 2017年01月28日 17:09
日本で、いわゆる知識層のトランプ大統領に対する評価は高くないと感じています。きっと感覚的に受け入れ難い人物に映るのでしょう。私は知識人ではありませんが、好きになれません。
ケ小平が、「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫はよい猫だ」と言ったのは有名な話で、私も知っています。トランプ大統領の発言を端的に表すと、「俺が感じていることが事実なんだ。だから俺を喜ばせることをしろ。」ということになりそうな気がします。
こういう人間を好きにはなれませんが、宋さんが好きだという理由を読んで、なるほど、そういう見方もあるのかと、少し彼を理解できた気もします。
最後に一言、怒鳴るな・トランプ! これをやめるだけで、少しは反感も抑えられます。
Posted by 長坂 弘文 at 2017年01月28日 20:31
宋メールが届いているのを見て、「よかった〜」と嬉しく思いました!これからも自分とは違う視点に出会えることを楽しみにしています。

私はトランプ大統領のことが「嫌い」ですが、現に雇用流出を止めたり、一般に守られることの少ない公約をしっかり実行されているのでその点がすごいなと感心しています。
Posted by 竹村のり子 at 2017年01月29日 09:14
祝!メール再開。大変嬉しいです。
中国の諺を、ネイティブの方に解説して頂けることも、
非常に嬉しいです。

ケ小平氏の
「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫はよい猫だ」
に、私は深い悟りを感じました。

私は、平等な世界に憧れていますが、
その中で、私が最も尊いと思うのが「チャンスの平等」です。
宗さんの意見に共感する部分が多い理由が、
今回のメールでハッキリと分かりました。

これからも色々学ばせて頂けたら嬉しいです。
Posted by 木霊 at 2017年01月30日 02:20

また、宋メールが読めて、大変うれしいです。
ただ、伺う限りでは今後の配信が不確定なようでしたら、今とは違う経路で送ってもらえる準備をしていただけると安心です。

こちらからは何もできず、リクエストばかりですみません。
情報発信は気力・体力使う割に、リターンの少ないことと思いますが、こちら側で受け取っている者がいることを思い出してもらえればと思います。

多くのコメントを読み、私だけでないと感じられ、今回は特に嬉しかったです。
Posted by うちやま at 2017年01月30日 10:04
宋さんが続けられるを知って安心しました。

いきなり本題で
まだ全てかけませんが
トランプさんの悪いところは
助けると言っているプアホワイトを傷つける政策だからです。
目先の問題を解決すると嘘をついていることです。

1.壁
 壁を作るのは米国の自由だと思います。
ただ完璧な効果はありません。空も海も地下も壁で防ぐことはできません。
何兆円もかけて不完全なものを作るのは米国かってですが、米国民が払うことになります。
中国の万里の長城も100%防げたわけではないですよね。

 不完全なことを理解して、いくらかでも防げれたらいいと思って壁を作るのならかまいませんが。トランプさんの支持者は壁で防げると思っているでしょう。

 不完全な物を有効な方法と偽り、支持者をだますのはいけないのではないですか。トランプさん自身が完璧な解決法ではないことを理解していると思いますよ。一時壁だけでなくフェンスも使うと言ってました。批判に反応したのだと思いますが。いやフェンスではなく壁を作るのだと言ってますよね。ほんとはフェンスでごまかしたいと思っていると思います。

1−2.メキシコに金を払わすというのはでたらめだと思います。
 それは米国の問題でしょう。メキシコが意識的に送り込んでいるわけではないです。米国で稼いで、メキシコに送金してもらうとうれしいなとは思っているでしょうけど
 メキシコが送り出しているわけではないので
かってに取り締まればいいだろうと言っていたらいいと思います。
なまじ一部でも金を払ったらメキシコが不完全な壁を作ったとか
難癖をつけてきそうです。

2.移民を排除することは自殺行為です。
 労働者の必要性には変動があります。好調の時には多くの労働力が必要になります。不況の時には不要になります。好調の時に移民を受け入れ、不況の時に拒否するということで変動に対応します。
 移民を拒否し、米国市民を正社員として雇おうというのでしたら。
 米国を弱くしようとする政策です。
また書きます。
Posted by pascal at 2017年01月30日 22:36
宋さん

初めてコメント投稿させていただきます。
山部と申します。

自分の考えと異なる意見に遭遇すると、まず反発の意識から捕らえがちになりますが、宋さんのコメントからトランプ大統領の事だけでなく、自分の考え方を見直させて頂くことが多くあり、これからも発信をよろしくお願いいたします。
Posted by 山部義雄 at 2017年02月02日 10:14
「宋メールも含め、そもそも世の中にメッセージを発信して何の意味があるのかとよく自問しています」とのコメント、文章の冒頭でちょっと遠慮されたのかな?

自らの意見を分かりやすくはっきり表現する、そのために、はっきり割り切った物言いをする、それでいて、全体としては極端に走らずバランスのとれた表現になっている・・・そんな宋さんの文章は、(日本人として日本に生まれ、60年以上日本語を母国語として生きてきた私が言うのも変ですが)日本語表現のお手本です。

今の中華人民共和国に「中国3千年」の歴史は微塵も感じませんが、宋さんの文章を読んでいると、なるほど我々日本人が長く先生として学んできた中国の知性とはこういうものかと感じます。このまま続けてください。

Posted by 宋さん 大好き at 2017年02月13日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446329964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック