ミヤォミヤォ

ミヤォミヤォが天国に逝きました。2時間前にはまだ頑張って自らトイレに行っていましたが、気が付いた時には息をしていませんでした。

ミヤォミヤォは我が家の猫です。7年前、子供たちに「北京に住むなら猫を飼ってあげるよ」と言って家族4人で北京に移住しました。白い子猫のミヤォミヤォと出会ったのは移住した直後でした。中国語を一から勉強しながら地元の生活と勉強に慣れていく子供たちにとってミヤォミヤォは言葉の要らない地元の最初の友達でした。

そのうち、子供たちは学校の友達を家に連れて帰ってくるようになりました。性格が温厚なミヤォミヤォは人気者で子供達に友達を誘うネタとしても使われました。ミヤォミヤォに会うために来るようになった友達さえいました。

北京の冬は乾燥する上、寒いのです。おまけにPM2.5も心配の種でした。しかし、広い家の中は快適でした。各種植物がたくさん置かれ、機械で空気の温度、湿度と清浄度を快適なレベルに管理していました。何よりも、いつも両親、おいしい料理とミヤォミヤォが待っていてくれていたのは子供達にとって良かったと思います。

言葉も環境も不慣れな海外への移住に躊躇する人は多いと思いますが、現地に快適な居住環境を築くことが大切だと思います。我が家の場合、地元でペットを飼うこともその快適さを確保する一環でした。

落ち込んだ時や困った時に、ミヤォミヤォはそっとそばに寄り添ってくれました。手でお腹を撫でると喉からゴロゴロと音を出しますが、それが何とも言えない癒しになりました。気が付いたら自分のほうが慰められていました。

3年後、子供達は中国語がペラペラになり、中国各地に旅行によく出かけるようになりました。4年後には子供達は英語も始めてアメリカの旅行やサマーキャンプにも行くようになりました。家族で出かける時、ミヤォミヤォはいつも心配の種でした。久しぶりに帰ってきた時、ミヤォミヤォはしばらく鳴きやみませんでした。たぶん「寂しかったよ。帰ってきてくれてうれしい。」と言っていたと思います。

5年後、子供達を日本に連れて帰ることにしました。日本語のレベルアップと日本での経験が必要だと思ったからです。当然、ミヤォミヤォも連れていくのですが、免疫手続きが3か月かかるため、姉の家に預けました。ミヤォミヤォは私達が姉の家に置いてきた衣類や家具の匂いを鳴きながらよく嗅いでいたそうです。

3か月後、ミヤォミヤォを連れ戻すために私と妻は北京に行きました。一緒に空港に向かい、飛行機に乗る風景は今も脳裏から離れません。北京生まれのミヤォミヤォが海を越えて日本に「移民」したのです。

日本に戻って2年たった今年の春、子供達が米国の留学先が決まって入学準備している間に、ミヤォミヤォは急に食べなくなりました。病院に連れて行ったら腎臓病が進んでいて余命が数か月から一年と言われました。

その時まず頭に浮かんだのは「ミヤォミヤォは大役を果たしたからもう帰るのか。」という思いでした。

もともと子供達を海外に誘うためにミヤォミヤォを飼いましたが、その子供達が家を離れて海外へ一人旅に出かける時に、ミヤォミヤォが生の旅を終えようとしていることは偶然だと思えないのです。「ミヤォミヤォも一人旅に出かけるのだ。天国への旅に。」と思ってしまうのです。

最後の日、妻はミヤォミヤォを抱いて彼が大好きな散歩コースに連れて行きました。もう声が出ないミヤォミヤォは途中、急に力を振り絞って「ミアォ!」と一回だけ鳴きました。そこは彼の散歩コースの中で特別好きな場所でした。妻はミヤォミヤォをそこに降ろして、しばらく座らせました。その晩、ミヤォミヤォは逝きました。

翌日、私はそこにミヤォミヤォのお墓を掘りました。別荘に有った木材で棺を手製し、眠ったようなミヤォミヤォをその中に入れて埋葬しました。妻は泣きながら土を被せました。

お葬式が終わって気が付いたのですが、ミヤォミヤォが選んだ場所は私達家族が大切にしている大きなホオノキの根元でした。
この記事へのコメント
動物こそ天命を知ると言う事でしょうか。
Posted by 吉村直樹 at 2016年12月09日 08:06
宗さんご家族の暖かさが伝わって来ますね。子猫ちゃんとご家族が癒し、癒された風景が映像として見えてきました。家族の一員をおくるご夫婦の涙も尊く感じました。合掌。
Posted by 白鷹 at 2016年12月09日 08:19
ミャオミャオ君ご苦労様でした。
家内と北京のご自宅にお伺いしたときにも、小さな小さな仔猫ちゃんとして、お会いしましたね。
わが家の子供たち3人も、生まれたときから犬と猫と一緒に暮らしていました。もう長男は38才双子の男女は35歳になりますが、いつも動物たちが、癒してくれたと思います。
6年くらい前に、コミュニティー紙を通じて最後のペットとなった「マオ(中国語で猫)」という約12kgの巨大猫が亡くなってから、自分達の余生を考えて、ペットを買うのを終わりにしました。今ベンチャー企業家に成っている次男には、内緒にして今したが、2晩くらい泣いたようです。2年ほど前に結婚し、猫好きな嫁さんと2匹の捨て猫を貰って可愛がっているようです。

ミャオミャオ君のご冥福と宋家のご子息の成長をお祈りしています。
合掌!
Posted by 沼田一博 at 2016年12月09日 08:33
我が家にもミャオというブチのネコを飼っていました。3年前に22歳でなくなりましたが、亡くなる前の様子を思い出しうるっと来ました。現在ミャオの子供が2匹おり(リンチャン、ミニくん)17歳ですが元気で家族を癒してくれてます。ミャオミャオに共感して思わず
メールしました。
Posted by neko at 2016年12月09日 08:51
ミャオミャオさんのご冥福をお祈り申し上げます。
動物の命って一番大好きな場所だけではなく、生きているべき時も大役を果たしたことまでも分るんでしょうね。命の素晴らしさと大切さを改めて痛感しました。
投稿ありがとうございます。
Posted by ヒロ at 2016年12月09日 09:01
ミャオミャオのお話、感動しました。北京での不安などをいやすため、家族になったミャオミャオは、お子様たちの成長とともに、使命を終えたのですね。そのように暖かくみなさんと過ごしたミャオミャオも幸せだったことでしょう。読んでいく中で、絵本の「100万回死んだ猫」や「葉っぱのフレディ」を思い出していました。天国で、きっとご家族を見守っていることでしょう。朝一番で素敵なお話をうかがい、感謝しています。
Posted by 山本 実之 at 2016年12月09日 09:14
素晴らしい家族愛です、涙がでます。
Posted by soma at 2016年12月09日 09:19
泣けました。
Posted by koiketadahiro at 2016年12月09日 09:28
心よりお悔やみ申し上げます。
Posted by 中村秀文 at 2016年12月09日 09:44
家族の一員である、「ミャオミャオ」ちゃんの旅立ち、とても悲しい事ですね。
南無阿弥陀仏、合掌。
Posted by 石井喜代已 at 2016年12月09日 09:56
ミヤォミヤォのご冥福をお祈りいたします。
Posted by 0084 at 2016年12月09日 10:10
動物を愛せる人は、人も愛せる人だと思います。宋さんが記されているように、気が付いたら自分が癒されていた、がよく理解できます、人はペットで人間力を試されているのでしょうか。心温まる文章でした。
Posted by 森井一郎 at 2016年12月09日 10:10
宋さん、ご無沙汰しております。いつも素敵なエピソードをありがとうございます。とりわけ今回は心にジーンと来るお話しでした。お子様の自立とミャオミャオの旅立ち。どちらも親としては寂しい一面がありますね。もうすぐ親元を離れんとしている我が家の3人の子供たちとの時間も大切にしようと思いました。
Posted by 井手謙太郎 at 2016年12月09日 10:17
宋様

今回のミャオミャオのお話
涙がとまりませんでした。
大役立派に果たして黄泉への旅に出た
ミャオミャオの冥福を祈って。。。。
             
           合掌

KK
Posted by 金谷紀代子 at 2016年12月09日 11:11
ミヤォミヤォさんが安らかに眠れますように。

ペットも飼い主を選んで、家に来るのでしょうね。大役おつかれさまでした。
Posted by A.S at 2016年12月09日 12:19
いつも楽しく拝見しております。
私も似たような経験があります。学生の頃の話ですが妹が犬を飼いたいと言い出し、ポメラニアンを飼っていました。10年間くらい飼ったと思いますが、最後は老齢のせいか具合が悪くなったと思ったら2〜3日で亡くなってしまいました。当時妹は大学受験の最中で、なくなった日の夜に合格の電報が届きました。家族みんなで「チータ(犬の名前です)が合格させてくれたんだよ。」と言ったのを思い出しました。偶然に過ぎないことは分かるのですが、10年も一緒にいると家族の一員みたいなものです。愛情があるから自然とそのような感覚になるのかと思います。国籍は違えど人間感じることはみんな同じですね。久しぶりに温かい気持ちになりました。
Posted by しらとり at 2016年12月09日 12:29
素晴らしい内容と文章に感激しました。
Posted by 上野 則男 at 2016年12月09日 12:33
いつも胸に響く宋さんのメールを味わいながら読ませていただいています。我が家にも17歳の猫がいますので、今回の内容は特に響きました。日本に対する愛情こもった、きつい一発をこれからも発信してください。
Posted by 木村 隆昌 at 2016年12月09日 12:56
私も猫を飼っており、つい書き込みさせていただきました。
最近、作家の方が自分の飼い猫のことを書いた本を何冊か読みました。不思議なもので、猫は、飼い主の人生の節目に、あたかも自分が役目を終えたかのようなタイミングで天に旅立つことが多いように思えます。
もっとも人間が勝手にそう思っているだけで、実際は、人や家族には節目の時期がそれだけ多くあるということかもしれませんけど。
私も昨年、要介護4の父を医師の助言に従って施設に入所させた時期をはさんで、2匹の猫を亡くしました。父は猫をとても可愛がっておりました。と同時に、介護者である私も猫にたいへん癒されました。2匹はおそらく自らの役割を知っていたのです。

2か国をまたいで生きたミヤォミヤォは暖かな家庭で過ごし、短くも幸せな一生だったことでしょう。お子さんたちの立派な成長を見届け、満足しての旅立ちなのだと思います。
宋様とご家族の寂しさを心からお察し申し上げます。
Posted by Masuko Yoshihiko at 2016年12月09日 13:59
Thank you for sharing a heartwarming story.いい飼い主さん一家と生きられて猫もよかったですね。
Posted by K at 2016年12月09日 14:02
私もネコを飼っていて、同じ様に腎不全を患っていたので、良く理解できます。1回のレポートをこのお話に割かれた意味は凄くあります。宋さんのやさしいお人柄が出ており、益々ファンになってきました。ネコちゃんは、天国で微笑んでいます。
Posted by 都倉純 at 2016年12月09日 14:46
ミヤォミヤォ君のご冥福をお祈り申し上げます。涙が出ました。
Posted by 藤原洋 at 2016年12月09日 15:52
家族のかけがえのない一員であったミヤォミヤォが天に召された悲しみは、本当に深く寂しいでしょう。
私も東京から福岡へ転勤するとき、子供たちに犬を飼ってやる約束をして納得させた経験があります。子供たちがまだ小学生だったころです。以来、我が家の次女として子供たちも私たち夫婦も可愛がり、いつも癒やされました。
17年間生活を共にしましたが、子供たちも巣立ち、最後の1年間は後足が立たなくなり、支えてやりながら散歩する介護状態でしたが、それでも生きていて欲しいと願って世話をしました。
亡くなる1週間前、状態がかなり悪くなっていましたが、ちょうど出張の予定で、ひょっとするとこれが最後かもしれないと思いながら玄関で別れましたが、じっと私を見つめる澄んだ目を今でも忘れません。
出張先に妻から沈んだ声で亡くなったことを伝えられ、電話口で大泣きしてしまい、妻から慰められる始末でした。愛犬の名はシェリーでしたが、悲しみと共にシェリーへの感謝の思いがこみ上げてきました。

宋さんのメールを拝見し、その時の気持ちがよみがえってきました。ミャオミャオありがとうと私にも言わせてください。
Posted by 田上昌賢 at 2016年12月09日 16:42
ペットも人間のように、感情を持っていますね。ぬくもりの文章に感動しました。
Posted by Saraman at 2016年12月09日 18:32
免疫手続きー検疫だろうね
Posted by 別府有光 at 2016年12月09日 19:29
年を取って 超涙もろくなっちゃいました。
宋さんの感じてるように、ミヤォの魂は、ご一家にぴったりと寄り添ってると思う。
(夜、床に就くときなんか、それを感じる瞬間があるんじゃないですか?)
ところで、ミヤォをさわりに来ていたお友達は、元気かしら?
Posted by 末永美枝子 at 2016年12月10日 08:18
いつも拝読しています。
素晴らしい感動をありがとうございます。
暖かさが伝わってきました。また読みたいと思います。
Posted by kaz12 at 2016年12月10日 09:42
ご冥福をお祈り致します。
Posted by 石井一弘 at 2016年12月10日 15:58
愛猫をなくされ、その悲しみは言葉に表すことができないと推察いたします。なくなってみると愛猫が家族の中でどれだけ重みのある存在であったかが時間の経過とともに分り、悲しみが広がります。
小生も実は、今年の7月7日に愛犬を突然死で亡くしました。15年2ヶ月いっしょに楽しい時を過ごさせてくれました。心が沈んでいる時も癒してくれました。毎日の散歩も苦になりませんでした。劇症型膵炎で入院中になくなったため、死に目には会うことができませんでした。
その時のことを思い出してこの文章を書いています。たかがペットではないかと言う人もいます。しかし、家族の一員となったペットはされどペットなのです。その死は家族全員を深く深く悲しみの中に引きづり込みます。幸いペットロスをまぬがれましたが、毎朝写真に向かって拝んでおります。
愛猫の死を悼んで心から冥福をお祈り申し上げます。
Posted by 小原正樹 at 2016年12月10日 16:21
愛猫をなくされ、その悲しみは言葉に表すことができないと推察いたします。なくなってみると愛猫が家族の中でどれだけ重みのある存在であったかが時間の経過とともに分り、悲しみが広がります。
小生も実は、今年の7月7日に愛犬を突然死で亡くしました。15年2ヶ月いっしょに楽しい時を過ごさせてくれました。心が沈んでいる時も癒してくれました。毎日の散歩も苦になりませんでした。劇症型膵炎で入院中になくなったため、死に目には会うことができませんでした。
その時のことを思い出してこの文章を書いています。たかがペットではないかと言う人もいます。しかし、家族の一員となったペットはされどペットなのです。その死は家族全員を深く深く悲しみの中に引きづり込みます。幸いペットロスをまぬがれましたが、毎朝写真に向かって拝んでおります。
愛猫の死を悼んで心から冥福をお祈り申し上げます。
Posted by 小原正樹 at 2016年12月10日 16:24
普段のビジネスの話題とはうってかわって、猫の話。これには他の話題とは違って、意見が一致します。ちょっと短い一生だった気はしますが、それは運としかいいようがありませんが、きちんと最後を見てもらえて泣けてきます。
私も猫が大好きなのですが今いる猫は17歳を過ぎてまだ元気です。一緒に入れるのは後少しかと覚悟はしていますが、やはり(将来)別れる時がくると辛いです。
Posted by hirosan at 2016年12月10日 17:53
拝読しました。ミャオミャオに対する愛情がよく伝わってきました。
心よりご冥福をお祈りします。ミャオミャオも宋家族と一緒に生活できたことは幸せだったはずです。
早く悲しみから立ち直られますよう。
Posted by 水野 at 2016年12月10日 19:51
随分前に亡くなった友のことを思い出します。猫たちは義理堅く、例に漏れずうちのも、最後の力を振り絞って休んでいた部屋から私と母がいる部屋にやってきて、そこで軽くひと鳴きして旅立っていきました。今でも克明に思い出します。

家猫の死因は腎臓病が圧倒的に多いという話題は、今年先生もご覧になったかもしれません。彼らが人類にどれだけ貢献しているか計り知れません。早く対策が確立されるのを切望しつつ、国境を超えて活躍した先生の頼もしい家族のご冥福を祈ります。

まだそういう気分ではないかもしれませんが、代替わりで新しい子を迎えられれば、ミャオミャオも天国で安心するのではと思います。
Posted by 召苗新 at 2016年12月11日 02:24
猫は義理が高い。近所の猫エイズの口内炎でガリガリに痩せた猫が死の間際に、自分の家にやってきて挨拶に来て、その後死にました。自分等が、その猫を預かって世話してた数ヵ月の期間があり、その後はそんなに自分の家には来ませんでしたが、死の間際に挨拶にやって来ました。忘れないでという意味があったかもしれません。
Posted by Rey at 2016年12月11日 06:36
猫にも劣る日本の政治家。こんな奴等がのうのうと正義や人権を語り、海外の方らが悪く言われて、人気制度で圧倒的に不利に
Posted by Rey at 2016年12月11日 06:38
涙腺を緩ませながら読み終えて考えました。人間の友として、なぜ猫と犬が人気があるのかと。それは、猫と犬の欲望は必要最小限であって、それ以上でもなければそれ以下でもないから、人間は安心して付き合えるからでしょう。人が人間(人間社会)と接するとき、いわゆる葛藤を感じてしまい、喜びはあるが、苦痛を伴うことも多いようです。絶海の孤島で最愛の友である(と思っている)犬と過ごしたいと思うときは、有名な小説を読みふけることにします。
Posted by 馬井 蕎麦 at 2016年12月11日 14:44
ミャオミャオ
凛として虹の橋を渡って天国へ行かれました
素晴らしい生命を全うしたのだと思います

「出合は偶然、別れは必然」
でも必然は時には悲しいものですね

宗さんも素晴らしものをミャオミャオに分け与えてあげれたんですね

ご苦労様でした
Posted by kinkame at 2016年12月12日 07:53
親は日本留学、そして子どもは米国留学。
皆さん、そうですねぇ。
色々考えさせられますけど、それが成功への道ですから。
ご家族のご多幸と、宋さんの今後のご活躍をお祈りしております。
Posted by 川西玲子 at 2016年12月12日 10:35
宋さん。
ごぶさたしております。
素晴らしいエッセイでした。
私も、ずいぶん以前、息子たちのために猫を飼い、彼らは家族の絆としての役割を終えて旅立ちました。
ミャオミャオに衷心からお悔やみを申し上げます。
Posted by 夏目房之介 at 2016年12月12日 22:42
http://shike.blog.jp/archives/51596918.html

看取った猫のことは、今でも思い出します。

謹んで哀悼の意を。
Posted by 四家正紀 at 2016年12月16日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444705285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック