TPPは神風にならぬ

十数年前から、私は日本はもっと早く他国との自由貿易協定FTAを締結すべきだと主張してきました。日本経済の活性化と開放性を高める効果があるからです。保守勢力の反対でなかなか進まない中、8年前にTPPの議論が始まりました。これにも私は賛成しました。どんな形でもいいから日本経済のオープン性を高めるべきだと思ったからです。

しかし、ここ数年においては、私はTPPに反対するようになりました。理由はTPPの議論が本来の経済活性化やオープン性から変質して政治色を強めたからです。

安倍政権がTPPは「中国に主導権を渡さない」、「中国をけん制する」ための道具だと強調しているからです。中国人として不快だからではなく、一経営者としてそれは邪道だと思ったからです。

ビジネスマンの皆さんなら分かると思いますが、企業同士の体制や理念が違っても、競合関係があってもビジネスはちゃんと行うものです。好きな仲間だけと特別なルールで交易し、嫌な会社や経営者を交易から排除するような発想はビジネスマンの発想ではないのです。シルクロードが偉大な交易ルートになったのは体制と文化の相違を問わず、相互の有無や長所短所を補うことに専念したからです。貿易の素晴らしさはそこにあるのです。いや、貿易とはそういうものなのです。

TPPのルールに国家の体制や法律を管理するような条項が入っています。「中国にルールを作らせない」、「中国にリードさせない」などの政治スローガンも叫ばれました。中国は他国が勝手に作ったルールに興味がないように、他国にルールを強制することにも興味はないはずです。中国は直接当事者のメリットに集中するのみです。これは我々ビジネスマンが顧客の個別対応に力を注ぐことと同じシンプルな原理です。

どんな市場でも、交易はあくまでも一対一です。市場に参加すれば物が自然に売れる発想は顧客無視の甘い発想です。TPPであっても、本来、交易はあくまでも2国間の物の有無と長短を交換するのみです。強制するようなことがあれば各国は自然にあの手この手を使って抵抗するはずです。いくら企業が国家を訴えることが可能といっても、そのための時間と労力は大変なもので執行性が低いのです。このような非効率性を知ってイギリスがEUを離脱し、米国はTPPを離脱するのです。

交易の原則論で言えば政治色が強くなればなるほどその交易の生命力と生存力が弱くなるのです。これは資本主義が社会主義に勝った理由でもあるのに、資本主義のリーダーを自認する米国政治家の一部が政治色の強い貿易協定を進めるとは驚きでした。

また、社会主義と自称する中国が政治色を持たず、すべての国とオープンに交易するのは皮肉です。AIIBが示したように、世界のあらゆる国にドアを開放し、反対してきた米国と日本を未だに誘っているのです。中国に魅力があるからではなく、中国が主張しているAIIBの開放性と気安さが参加国にとって快適だからです。

トランプが大統領として相応しいのは本質を見抜く力があるからです。交易はあくまでも米国のメリットになるかどうかを優先するのです。政治色の強いTPPは米国内の不満と格差を広げるのみです。中国同様、米国もあくまでも個別交渉のFTAを通じて米国のニーズと利益を獲得するのです。

本来、日本も自国の国益を優先して異なる国と異なるFTAを急ぐべきでしたが、安倍政権になると経済問題の政治化が進み、二国間のFTA交渉をストップしてしまいました。その代わりにTPPを「成長戦略の要」と称して神風のように全ての希望を託したのです。

上述のように、TPPは発効しても神風にはなりません。また、神風に国民の運命を託してはいけないことは、日本の政治家達は敗戦を通じて学んだはずです。

半年前から、トランプが代表している米国の変化は「安倍政権に影響を及ばさない訳がない」と警告しましたが、残念ながら私のような「反日分子」の進言は安倍総理の耳に届く訳がありません。
この記事へのコメント
TPPは中国排除の自由貿易体制確立と、中国を仮想的にして兵器の日本への売り込みを狙う軍産複合体の利益を追求するアメリカの戦略と、日本市場の独占を追求する多国籍企業の利益に沿ったもので、あまり日本経済にメリットがあるとは思えません。安部政権はアメリカの要求に忠実に従って、中国対抗策を展開してきましたが、トランプによってはしごをはずされて右往左往しています。大統領就任後は、軍事ではなく話合いによる解決が主流になるでしょう。アメリカに従属して自己の主張をしない日本は国際的に孤立するかもしれません。
Posted by 子不語 at 2016年11月25日 09:11
私は、TPPが本来の自由経済のための協定、FTAの拡大版として機能する好機でもある、と考えます。米国を除いたとしても、9カ国とのFTA交渉を一気に進められる。しかもベースは既にTPP交渉でほぼできている。むしろ面倒くさい米国が自ら抜けるというのですから、日本が主導することだって、他の諸国に拡大することだって、舵取りはできるはずです。

しかし「米国の居ないTPPに意味は無い」とさらっと言っちゃうあたりに、日本のセンスの悪さを感じます。
Posted by 9ちゃん at 2016年11月25日 09:17
「安倍政権がTPPは「中国に主導権を渡さない」、「中国をけん制する」ための道具だと強調している」とありますが、報道を聞く限り、個人的にはそこまでは感じません。宋さんは以前から安倍氏が「中国包囲網を叫んでいる」と何度も繰り返されましたが、「環球時報」でさえ「安倍氏自身が「中国包囲網」といったことはない」とコメントしていると聞きました。インドネシアの鉄道騒ぎのときは菅官房長官が「私を選ばないあなたには常識がない」と言ったとコメントされましたね。気に食わない相手の発言は拡大解釈でも捻じ曲げでも何でもあり、というのはアンフェアです。批判は批判として、フェアにやっていただきたいと思います。
また、前回のメルマガでトランプ氏の素養(または人間性)をいち早く見抜いたと自慢されました。しかし、それをいうなら、安倍政権発足時、宋さんは「太子等」というキーワードを使って「世襲も悪くないかもしれない、安倍政権には期待できるのでは」とコメントされた記憶がありますが、最近の安倍氏への罵詈雑言を見るにつけ、あの発言からの方針転換は何なのですか?日本人からみて、安倍氏の政治信条はあの頃と何ら変わっていません。少なくとも、安倍氏については人物の見立てを誤ったわけでしょう(その是非・人間の良しあしは別として)。そこについてもコメントしてみてはいかがですか。
国の方針や行動について。「中国は他国にルールを強制することにも興味はない」と言われても、他国の(あるいは共有の)領土を取りに行っている事実がある以上、説得力はありません。「中国が政治色を持たず、すべての国とオープンに交易する」??笑わせないでください。尖閣諸島を巡る日中対立でレアアースの対日輸出を止めたのはどこの国でしたっけ?
Posted by H.Mari at 2016年11月25日 09:56
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲がりです。

とうとう宋さんは「反日分子」であることを公言されましたね。

今般のご意見で、安倍政権が「中国に主導権を渡さない」から間違っているけしからんと仰り、また、「企業同士の体制や理念が違っても、競合関係があってもビジネスはちゃんと行うものです。好きな仲間だけと特別なルールで交易し、嫌な会社や経営者を交易から排除するような発想はビジネスマンの発想ではないのです」とも仰っておられます。

まさしくそのとおりですよね、中国でビジネスを始めようとしても賄賂が要り、撤退しようとしても賄賂が要る中国にはビジネスマンの発想なんてないのですか?

だから、米国は不当廉売を続ける中国に対して『市場経済国』を認めないといっているのですよ。これは米国政府の方針であって、宋さんが仰る「米国政治家の一部」が言っていることではありません。

先の投稿でも申しましたが、トランプ氏は米国の選挙制度によって次期大統領に選出されましたが、米国民の投票者数の過半数はクリントン候補に投票していることが公式に発表されています。英国でもEU離脱の国民投票に反省している国民が多く居ると報道されています。宋さんの仰っていることは、ジャーナリズムがよく使う『美味しいとこ取り』ではないでしょうか。

宋さんの発言は、日本の首相である安倍総理をヒットラーに似せて世界に喧伝する中国政府の意を汲んだものであろうことは明白ですが、AIIBにしても中国が主要ポストと拒否権を握り、札束で東南アジアやアフリカの新興国のみならず英国等のの頬を張って隷属させている実態をどのように説明されますか?

まさに習政権の野望である「一帯一路」政策の『世界征服』のスポークスマンにしか映りませんよ。

今の日本が最も警戒すべきは、政敵を力で以って捻じ伏せ、国民の自由な言論を弾圧し、国際ルール(国際裁判所判決)を無視し、少数民族を弾圧しながら『世界征服』を狙う、習近平共産党が率いる中国の野望なのです。

なんとかして日本国内に宋さんのシンパを中心にして「反日分子」を増やそうとする、宋さんのような野望の阻止が大切だと思っております。
Posted by 田中 晃 at 2016年11月25日 10:13
>>中国は他国が勝手に作ったルールに興味がな>>いように、他国に
>>ルールを強制することにも興味はないはずで>>す。中国は直接当事者のメリットに
>>集中するのみです。

良い言い方ですが、悪い見方もできます。
この文言は、あまりにも中国寄りの発言かと思いました。
他国に興味なく、自国のことしか考えないので、平気で約束を反故にするし、強引な方法をとって権益を求めますので、結局、他国が線を引きたがるのではないでしょうか。

ただ、いつも楽しく拝見はさせて頂き、勉強させて頂いております。
Posted by ひき弱 at 2016年11月25日 10:23
私は、日経オンライン時代の宗さんのコラムが好きでしたが、今のメルマガのコラムには、共感できないところが多くあります。
文章が攻撃的で、読み手の事を考えていたり、自分と立場や考えかたが違う読み手へどう表現すれば伝わるのかという配慮が、感じられません。
今回の、コラムの反日分子という記述はヤケクソというか苛立ちを感じ、これでは、伝わるのかという感想です。
中国の立場を伝えたいのか、日本のための提言をしたいのか。メールマガジンからは、前者の立場なのかと判断していますが、それだと日本人の心に響かないと思います。
Posted by 齊藤 at 2016年11月25日 22:06
TPPを道具化することは、裏を返すと、首相に交渉力が無いのかもしれませんね。法案も強行採決だし、と言うか口下手、本音と建前あるが故の日本人全般の問題な気がします。
Posted by 仁監 at 2016年11月26日 10:01
「企業同士の体制や理念が違っても、競合関係があってもビジネスはちゃんと行うものです。」自民党の憲法草案 ご覧になった事ありますか?個人を人にしてます。人も、また国々も それぞれの個性があり、それを生かし巧く協力していった方が面白いし道が広がる、そう思います。TPPは金儲けの邪魔になるような国の慣習やら文化を取り除こうとするかもしれない。(金儲け自体否定するつもりないけど、肝心の 庶民の暮らしの安心を無視したら、人類そのものの未来は暗いと思ってる。)
Posted by 末永美枝子 at 2016年11月26日 11:24
はじめまして
ゴロゴロですいつも宋さんのテレビ出演を楽しく視聴してます
宋さんは別に反日分子ではないと思いますよ
自由な商売を推進されてる立場の方で本質的には我々同様、今の日本の保守的でダメなシステムや体制を改革しようとしてるのです
特定の国家や政党の利益のために働く人間ではないはずです
したがって基本的にそのような人間の自由意志を尊重していれば安倍首相に相手にされないとかはないと思いますよ
将来の日本にとっての大事な進言であれば聞き入れる度量の大きさはあると私はかんがえます
Posted by ゴロゴロ at 2016年11月26日 13:44
なんか安倍憎しで凝り固まってしまったようですね。トランプが中国のことを何て言ったか、ご存知ないようですね。
TPPが中国排除第一だったとしたら、なんで14ヵ国も入ったのでしょうね。もう少し冷静な記事を期待します。
Posted by hirihiro at 2016年11月26日 20:24
そもそもTPP自体がどのような内容なのかハッキリもスッキリもしないままアメリカさんは降りますという事だけがハッキリした
モンサントのように著作権やロビー活動で既得権益を錬金して政治家と企業家で儲けあう 労働者に貧困層が増えても消費増税はするけど国家の礎の良い納税者は法人減税とケイマン諸島での租税回避は見逃す
グローバリズムは多くの人の心に不満と不信を増加させた 支配されるのは不快だからではないだろうか
イタリアの国民投票でも流れは変わらないだろう
修正が必要な時が来たのだ



Posted by 主水 at 2016年11月27日 02:55
 TPPについては一長一短があり立場によって変わるので、私は賛成・反対を明確に表明することはできません。
 今回の宋さんのコメントで引っかかったのは、最後にある宋さん自身が「反日分子」と名のったことです。私はその言葉がカッコ付なので宋さんの自虐的ユーモアと思っていますが、ちょっと軽率ではなかったかと感じています。
 確かに宋さんの発言は、日本人にとって耳障りなことも少なくありません。でもそれは宋さんが日本を嫌いだから発言しているとは思えません。日本を叱咤激励あるいは日本人を発奮させる意味で書いているのではと思って読んでいます。だからと言って宋さんのおっしゃることにすべて納得しているわけではありませんが。
Posted by 樋口良介 at 2016年11月27日 09:22
いつも楽しく拝見しております。
安倍首相と言うか多くの日本人が中国に対して疑念を抱かざるを得ないのは、南沙諸島や尖閣諸島での中国の振る舞いだと思います。中国は日本を抜き世界第2位の経済大国となりましたが経済大国になった途端、軍事力を背景に国際法を無視して海洋進出をしています。中国の平和的台頭は日本を含め世界中から歓迎されると思いますが、中国のやっている事はその逆のような気がします。 日本が何かすると戦後の国際秩序の維持を持ち出してきて批判するにもかかわらず、自分たちは戦後の国際秩序を無視して好き勝手な事をやっている様に見えるのです。 ビジネスの世界であれば私は正直に言って自分の会社さえ良ければあとはどうでもいいと思っていますし、国が自国の利益を第一とするのも当然だと思います。ただしそれは経済の中だけでの話であり、その国益を追求する活動が領土領海の拡張にまで及んでくると話は別です。これを軍事力だけで防ごうとすると戦争になる可能性があります。そこで軍事力以外の手段も必要になってくる訳ですが、安倍首相がTPPを経済同盟と呼び中国をけん制する意図は、TPPの関係各国が連携する事によって中国の海洋進出を思い止まらせようという事にあると思います。TPPが政治色を強めたのであればその原因を作ったのは中国自身なのです。
Posted by しらとり at 2016年11月27日 09:27
交易は、「規模の経済」の原則によって無駄を排除して効率化により経済成長を狙うもの。そこには弱い国の産業が排除され、強い国の産業はますます強くなるという「格差」の発生を伴う。多国間での交易は弱い国同士が団結してこの格差を縮小することが可能になるという効果があること、規模の経済に加え範囲の経済の原則が働くため2国間貿易より多国間交易のほうが大きな経済成長が可能になることからW TOのような広範囲な国の協定が行われるようになったのは周知の事実である。まして現状の多国間にまたがるサプライチェーンの存在は2国間より多国間にまたがる交易協定のほうが効率化による経済効果が大きいのは明らかである。トランプアメリカが2国間交易に傾くのは強いアメリカの経済をますます強くするのに有利だからという目先の自国の利益しか考えてないだけのことで、交易相手国の衰退という問題が長期的には自国に跳ね返ることを無視した短期的行動にすぎない。つまり1対1のFTAより多国間の交易のほうが交易国間の格差拡大を和らげる効果も持つこと、世界全体の経済成長こそ長期的に見て自国利益にかなうことを考えると1対1のFTA がよいとの考えは19世紀重傷政策時代の古い考えでグローバル化した現代では時代遅れだと思う。
Posted by うりたんh at 2016年11月27日 21:25
いつも宋さんのメールマガを楽しみにして読ませていただいております。宋さんは一時阿部総理に期待を込めた文章を書いたのを覚えていますが、今の阿部批判とトランプ支持は別にいいと思います。閉塞な状態を打破できる人間を多くの人より早く見抜くことができる宋さんはやはりすごいと思います。宋さんは日本人と中国人両方の考えを理解できる「知日派」、「知中派」のビジネスマンだと思います。「反日分子」の揶揄を本当に取られる人にはユーモアが足りないではないでしょうか?
Posted by 和を大切に at 2016年11月28日 16:28
いつものヘソ曲りです。
再投稿で済みません。

宋さんの「反日分子」という公言を、揶揄であり真に受ける者はユーモアが足りないとのご意見がありましたが、宋さんが「反日分子」と仰ったのは揶揄でもユーモアでもなく、宋さんの本心(少なくとも習政権以降の)だと確信しています。

以前のこのコラムでは宋さんは比較的ソフトなご意見の展開をされておられましたが、『尖閣諸島問題』発生辺りから、そのご意見は「環球時報」電子版に掲載される宋さんのコラムと大差なく、習政権の意向に沿った反日的なものが多く見られるようになっています。

また、結構話題になった宋さんのツイッターでの、ジャーナリスト福島香織さんへの攻撃を読んでも、宋さんが「反日分子」であるという自認はとても揶揄とは解釈できません。

むしろ、『宋さんは日本人と中国人両方の考えを理解できる「知日派」「知中派」のビジネスマンだ』というような誤った偶像が流布され、このメルマガの読者から国際ルールを全く無視し『一帯一路』の世界制覇を窺う習政権の先兵を送り出すことを危惧するものです。



Posted by 田中 晃 at 2016年11月30日 10:35
何時もテレビで拝見させて頂いています。
何時も冷静沈着なコメントありがとうございます。
Posted by 櫻庭正彦 at 2016年12月08日 17:52
もしメールを頂けたら嬉しいです
Posted by うり at 2016年12月11日 06:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック