外国人をもてなす前に社員を尊重して

久しぶりにソフトブレーンのセミナーで講演しました。概要と進行手順を簡潔に説明してくれた担当の女性について「仕事ができる方ですね。」と感想を漏らすと彼女の上司が「そうですよ。助かっています。しかし、彼女は今年中に辞めちゃうんですよ。」

辞める理由を聞くと「結婚して米国に移住する」と言うのですが、それでも私はついつい彼女の上司に念を押しました。

「会社よりも社員の人生。これはソフトブレーンの文化です。どんな理由で辞めても最後の日まで気持ちよく仕事できるようにしてあげてね。」

ソフトブレーンの経営から身を引いてからもう10年が経ちました。今年の7月に形式的な経営アドバイザーも正式に辞めました。まったくの一個人として社員とかかわると、余計に個人と組織との関係が冷静に見えます。

「世界を変える」と豪語するスティーブ・ジョブズのような経営者もいますが、私にはそれはとても傲慢かつ無意味だと感じるのです。スティーブ・ジョブズも世界の一部ですから、彼は一生において自分を変えることはできませんでした。

組織は常に自分ではなく他人を変えようとします。恐ろしいのは弱い個人でも組織というレバレッジを手に入れると同じことを考えてしまうのです。しかも弱い人間ほど、弱い組織ほど、立場と権力を得ると他人を変えようとする傾向があります。

私も会社を創った直後に、社員の人生よりも会社の運営都合を優先してしまう時期がありました。社員の反抗に遭って大変苦しい時期もありました。しかし、その苦しい経験によって自分の創業の初心に立ち返ることができました。また、その初心に立ち返ったおかげで会社が成長できた上、自分も楽に個人に戻れました。

D社の新入社員の過労死(自殺)の詳細を知れば知るほど、日本の古い組織への嫌悪感がわいてくるのです。ここ数年、日本のテレビはよく「外人が見た素晴らしい日本」のような気持ち悪い番組を作りますが、それは観光客として、接待を受ける立場の人々の一部の見方です。

そのテレビ業界および元卸のD社に外国人が数年間同じ環境で働いてみればどうでしょう。恐らく素晴らしい組織だとお世辞でも言えないでしょう。これらの組織は日本の政治システムに守られていて、「世間体や収入と安定性の高さなどからみても就職の最高峰」であり、政界や財界の有力者の子供がゴロゴロしていますが、今回のような環境を生み出すのであれば世界に通用する個人能力を身に付ける場所として最低でしょう。

「東大卒で優秀で努力家である」ことは入社時に役に立ったとしても入社後には何の競争力もありません。おそらく100時間以上の残業は本当の意味で顧客の役に立つ重要な仕事ではなく、諸先輩が存在感と威厳を示す相手や「女性力」という言葉を誤った形で翳される相手になったのでしょう。したがって「過労死」という定義はまったく彼女の死の本質を示していないのです。「パワハラ」や「虐め」などのストレスが彼女を死に追い込んだ本当の理由でしょう。

十数年前、現役の私はソフトブレーンの新入社員に忠誠心や愛社精神ではなく、「会社の辞め方」を教えました。万が一、ソフトブレーンの仕事構造上、会社側がいくら努力しても、社員の人生にとってプラスにならず、ストレスの原因になるのであれば、最後の解決方法を教えたのです。会社側が辞職をマイナスとみなさず、積極的に支援することで社員を助けたかったのです。

十数年が経ちましたが、辞めた社員は他の企業で活躍する人もいれば、経営者になった人も多くいて、上場した人もいます。警察官、登山家、ボクサー、落語家になった社員もいます。何よりも一度退社して数年後に戻ってきてソフトレーンの経営を支えている幹部もたくさんいることに私は非常に満足しています。

組織は個人と同様、長い歴史の中で必ずミスをしてしまうのです。社員個人を守る一番の仕組みとして社員を尊重し、組織の付属物にしないことです。D社は企業として組織として新入社員を自殺に追い込むつもりがあったとは決して思いませんが、閉鎖的な企業文化の恐ろしさは社員を死に追い込んでも殺人者がいないことです。

外部の客を「おもてなし」するのも良いのですが、そのために内部の方々が人生を犠牲にし、ストレスに満ちた生活するようでは意味がありません。それを知った外部の客も楽しめないものです。
この記事へのコメント
「これらの組織は○○の政治システムに守られていて、(中略)、政界や財界の有力者の子供がゴロゴロしていますが、今回のような環境を生み出すのであれば世界に通用する個人能力を身に付ける場所として最低でしょう。

なるほど!○○をかの国に当てはめればぴったりだ!!
文中にある自画自賛(元自社含む)と他者に対する厳しい指摘もかの国の人間の特徴そのものだなぁ。。。
日本は今まで自虐的過ぎたのでその反動で自賛する番組が受けているのだろう。自虐的よりはよっぽどマシです!
Posted by kann at 2016年10月14日 08:59
台湾の二世です。会社を経営しています。メルマガ、いつも楽しみに読んでおります。
今回の「外部への『おもてなし』の前に内側をみつめよ」という提言、おっしゃるとおりだと思いました。
また宋様のソフトブレーン社へのまなざし、巣だった子どもへの者と同じように、あたたかいながらも適度な距離をもったものに感じました。今現場で奮闘する社員の皆様は安心してのびのび働けるだろうと思いました。
いつか私も宋様のように自分の会社を見れたらいいなと思いました。
Posted by kan at 2016年10月14日 09:12
いつも感激しながら読ませていただいています。ただ、今回は少し違和感があったのでメールさせていただきました。私は現在62歳です。昔の話ですが、土曜日が出勤の会社で月200時間の残業をしていました。その後、その会社を辞めて新しい会社に就職をしましたが、そこでも月100時間を超える残業の日々でした。200時間の時は個人会社のような感じで、自分で取ってきた仕事を自分で完成させる仕事です。したがって、自分で約束した納期なので自分でやり遂げるしかありませんでした。100時間の時はお客様の工程で不良の発生が多かったための対策に精一杯努力していました。やらされているとかのことではありません。自分で約束したことやお客様に迷惑をかけてはいけないというような使命感みたいなものです。自分が頑張らなければいけなかったためです。と言うことで、すべての残業が宋さんの言っていることだけではないことを言いたかっただけです。すみません。十分ご存じだと思います。【おまけ】当時は私の周りのメンバーには、勉強会を実施しました。会社を辞められるだけの力を付けさせたかったからです。意味は理解してくれましたが本気で勉強したメンバーはいませんでしたが…。これからもメルマガをよろしくお願いします。
Posted by 菊池 和彦 at 2016年10月14日 09:16
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲がりです。

今日の宋さんのご意見には、いつもと違って全面的に賛意を示します。

よく「会社は誰のモノ?」という話を耳にしますが、建前は別として、資本主義であろうが何であろうが「社員あっての会社」であることは間違いないと思います。社員(=部下)を大事にできない組織は、その時点で衰退する途を選んだことになると考えます。

そういうことから私は「人材」という言葉は嫌いで、「人財」という言葉を使うようにしています。「人材」とか「ヒト・モノ・カネ」という言葉を使う会社は、苦境に陥ると本来の意味でのリストラクチャリングを模索することなく、真っ先に「固定費削減」という安易な賃金カット、有給残業規制に向かいます。そして四字熟語の美辞麗句を並べ立て、社員に「奮励努力」を求めることが多いと思っております。これでは社員のモチベーションの向上は望めないでしょう。

社員のモチベーションを向上させるのは、小手先の施策ででは不可能で、長い時間をかけてその会社の「文化」として定着させる以外にないと思います。

Posted by 田中 晃 at 2016年10月14日 09:19
内容はシンプルですが、宗さんの経営者として積み重ねた経験の裏打ちがあるため、非常に重みのある、心に響く魅かれる内容でした。
Posted by 9ちゃん at 2016年10月14日 09:27
宋さん
おはようございます。
今日のコメント、最高です。
「ブラボー!!」
Posted by 沼田一博 at 2016年10月14日 09:50
社員に会社の辞め方を教えたとありますが、是非その内容を伝授願いたいです。
Posted by 欄 京子 at 2016年10月14日 10:38
最近の日本礼賛のTV番組には宋さん同様違和感を覚えていました。
毎週テーマは異なりますが何のためにこれを取り上げるのか、スポンサーに対するべんちゃらかなとそれにしてはよく続くなと。
招待された外国人も、専門家という程度で客観的にどれくらいの権威(この言葉も好きではないですが)あるのか、良く分からない人々たちです。
年に1回ならへ〜、と思って見れても、毎週は無理。これを続けるとJapan as number1の罠の深みにハマること間違い無し。

D社の件で、過労働ではなく、いじめと言う宋さんの言葉に初めていじめがあるから過労働があるのだと気づきました。100%そうだとはいえなくとも結構な割合でいじめが絡むケースが考えられます。D社はちょっと前に過請求で糾弾を受けているし、社内の文化にかなり問題ありと言えそうですね。
Posted by としや at 2016年10月14日 11:41
宋さんのコメントを何時も興味深く読んでいます。自分の50年以上前の入社時の気持ちは、この会社を自分の力で変えてやりたいという気持ちで某大企業に入社しました。しかし、働く自分の部下のためよりも、自分の昇進のために部下をこき使う上司にガッカリし、しかもそのような上司がどんどん昇進してゆく会社の組織にもガッカリしたものです。このような状況が長く続けば働く意欲のわかないまま残業を押し付けられ、結果として過労がたまることになるでしょう。これが日本の企業の実態のように思います。そして衰退した理由だとも思います。
Posted by 忍者 at 2016年10月14日 14:13
自動車会社、電気会社そして「豊洲問題」。組織ぐるみ「不正」や「犯罪隠し」的な問題が頻発しています、私が当該組織の一員であったら、たぶん「正論」ははけません。黙って従っていると思います。「上のやるとこに逆らってはいけない」多くの会社がそうではないでしょうか。最近「嫌われる勇気」が、100数十万部のベストセラーとなっていますが、「辞める勇気」「偉くなれない勇気」がなければ、『正しいこと』が言えないのが<現実>だと思います。
Posted by 小泉 武衡 at 2016年10月14日 16:35
100時間超えで過労死ということで片づけるのは問題ですね。
宋さんのご意見に賛成です。
DeNAの南部智子さんは一週間に10時間も寝なくても頑張れたとのことです。
100時間の残業など私共の時代には当たり前でした。
問題は残業時間より、個人の尊厳を認めない会社の風土と上司との関係でしょう。
過労死を残業時間に矮小化するのはやめるべきですね
Posted by 旭 昇 at 2016年10月14日 20:15
「人材」「人財」戦時中は人的資源だった、ははは
Posted by 別府有光 at 2016年10月14日 20:47
今回のメルマガには、大変感銘しました。ここ数年日本が大好きで日本に来た外国人が、この日本の職場の閉鎖性、特に日本人の閉ざされた人間関係や空気を読まなくてはならない雰囲気に辟易し、日本を去っていく姿を多く見ています。
お客様で、来るのにはとてもいい国だが、一歩中に入れば非常に窮屈で自分を押し殺して生きなければならない国なのでしょう。
おそらくこの社会性はすぐには変わらないと思います。だからこそ、自分が変わる必要があるのですね。
Posted by ゆうじ at 2016年10月15日 05:51
大きく頷きながら読みました。以前はメディアなどでも、社員、その家族、社会を大事にする会社は成績も良い…なんて話をしてました。今のこの国の社会は利権”で動いてる部分が本当に多いのですね。豊洲もオリンピックも、メディアの体たらくも〜と、ある方が仰ってました。目先しか見えなくなって、退歩していく他ない。ただ、やはり多様性は大事だと思うので、ジョブズ型人間はいてほしい。今はお利口さんの組織人間が多すぎるような気がしています。
Posted by 末永美枝子 at 2016年10月15日 08:02
相手が電通なんで マスコミが事件を扱わない違和感がある 
Posted by 立野亮 at 2016年10月15日 08:12
宋さんの言われていることが、職場で起こったのではないかと感じています。
同じ年齢の方が残業時間の長さのことを書かれていましたが、単に時間の長さだけで、人が死を選ぶところまで追い込まれることはないと思います。
上司のちょっとした労いや、評価があれば、人は報われていると感じます。過労死=長時間労働というのは全く実態を反映していないばかりか、真の原因を覆い隠し、責任の所在を曖昧にします。
労務管理は上司たる人間の最も重要な仕事であり、果たすべき責任と考えます。
ちょっと極論かもしれませんが、性犯罪を「いたずら」と表現していることと同根ではないかと考えます。
Posted by 長坂 弘文 at 2016年10月15日 12:22
 こんにちは。残業が80時間を超えると過労死の危険性が目に見えて高まるというのが厚労省の見立てで労災の認定基準ですね。
 長い労働時間だけで死ぬというのが経験と科学です。
 ただし、経営者のような自分の裁量のある長時間労働と、パワハラセクハラ込みで裁量のない命令ばかりで内容もろくでもない長時間労働ではどちらがより過労死への近道かと言えば後者です。
 私の職場でも管理職が変わってパワハラセクハラ込みで裁量のない命令ばかりで内容もろくでもない長時間労働で何人も過労死や寸前に至りました。私は管理職にまた死ぬぞと言い、同僚や組合にも言いましたが微温的な態度でした。それから数か月してまた死にました。私の隣に座っていた方で最後の会話は「もうずっと土日も含めて休めていない。休みたい。」でした。何人も殺した管理職も、本部に戻されて過労死しました。
Posted by 遠藤竜太 at 2016年10月16日 12:16
今回のメルマガの論点からズレますが、宗さんのご指摘『ここ数年、日本のテレビはよく「外国人が見た素晴らしい日本」のような気持ち悪い番組を作りますが』には共感できる部分があります。最近の日本のテレビは自画自賛が過ぎると感じています。「視聴率さえ良ければ何でも有り」ということなんでしょうが、こんなことばっかりやっていて、日本は大丈夫だろうかと心配します。
Posted by うめだ at 2016年10月16日 20:19
今回のメルマガには、激しく同意します。
まず、残業について言えば、しばしば、社員が顧客ではなく上司を見ているから起きているということがあると思います。
会社のやめ方を伝えるというのは、とても大切なことだと思いました。そのことによって、社員は自分の生き方を会社に束縛されずに考えてもいいというよいに考えられるようになると思います。
私自身も現在、いかに円満退社するかを考えています。今の会社でやるべきことはやったので、関係を清算したいのですが。会社に残って適正がない仕事をするのは、互いにマイナスですし、自分は自分でやりたい仕事があります。急に退職するわけにはいかないのですが。
会社にしがみつかなくてもいい、と思います。
また、長時間労働は視野を狭くするとも思います。
Posted by 本橋恵一 at 2016年10月17日 08:05
本題と違うところですが、パワハラ、いじめ、等々。人が作ったルールの上でので善悪を議論して、裁いている話だという視点もあります。神と称する人知を超越した存在があったとして、生物として作られた人間の本能に基づいて行われる言動が生命活動の一部だとすれば、人間が作ったルールに基づいての善悪はつけられません。本当は善悪等々の議論や裁きよりも、現実を生きる力をつけることができるようにしていくことも大切な気がします。
Posted by 笹崎智成 at 2016年10月21日 09:39
宋さんの国では、手柄をたてた人間を粗末にしない国ですが

日本の政治家は、米一粒も与えない国でした

アメリカの方も、宋さんの言われる通り、正義かわかりません

米一粒くらい与えてやれ

私に手柄に免じて、多くのどこの国民のかたも
思われるのに、アメリカの方も、眺めて何も今もしてくれない

中国の方が、悪名で日本の政治家が正義になります

中国の方は、日本の政治家に孔子平和賞などを与えても

日本の政治家、擁護はせず、逃げる準備で媚を売ってるのです
Posted by Terrttt at 2016年10月26日 06:22
日本の会社は人間を尊重しない。

この一言に尽きる。

特に製造業は頭の古い老害が役員としての地位にしがみつき、当たり前のような感覚で上意下達を行う。そんなやり方は、ツイッターの時代には通用しないのだが、彼らはツイッターの価値すら知らないから平気だ。たいてい、そういう老害共についての批判とかは強固な論理で分析されてツイッターで渦巻いてはいるが、おろかものの老害共は、「ツイッター何それ?」といった調子で間抜けだから何も知らない。

しかし、任天堂や、レベルファイブ等のゲーム産業は、堕落した製造業と全く違っていて、優れた企業運営をしてる。そもそも、ゲーム産業は、老害が存在しないから、また、若い世代が経営しているからうまく行っている。また、彼らは人間を尊重するから、若者を引きつける力がある。

人間を尊重しない企業は、つぶれて淘汰されてしまった方が良いと思う。

日本の製造業は、老害のため、これからも、加速して衰退すると思う。しかし、日本のゲーム産業はこれから黄金時代に突入する勢いが有る。レベルファイブや、任天堂は、これから大きく伸びると自分は考える。

人間を尊重する事は、非常に重要。
Posted by たうちゃん at 2016年10月26日 23:06
宋さんは、中国共産党の方と関係はない
一介の中国人なんだろうか?


私は、手柄をたてたから、やむを得ないのもあり
米一粒くらいは与えられるものだと思っていた

しかし、与えられたのは侮辱とからかいでした

アメリカの方に、言っても
ダメでした

昔の国王は、手柄をたてた人間をここまで粗末にしないが今の国王は
米一粒も与えてくれません

何とか宋さんの国の方にお助けいただきたいのです。
アメリカでも手柄をたてたら与えると言うが、米一粒もダメです
Posted by terrttt at 2016年10月28日 05:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック