自信のある人とは

富裕層向けの老人ホームを経営している友人から聞きましたが、老人ホームに入居しても大手企業の社長を経験した老人たちの多くは「○○元社長」の名刺を持つと言うのです。老人ホームの活動の中の自己紹介も「○○元社長の□□です」と言うそうです。

我々人間は生きている間に、常に「あなたは誰か」と問われます。その際、一番いいのは名前を言うだけで皆に分かってもらえることですが、そんな方は世界になかなかいません。名前を言えば分かってもらえる人はそもそも顔で分かるから名前を言う必要がありません。

「○○の□□です」も楽です。特に「○○」が有名であれば、一発です。できれば○○が有名の上、「□□」がその「○○」にとってとても重要な存在であればもっと素晴らしいです。したがって有名会社の取締役や管理職はとても貴重な名札です。社長となれば最高です。死ぬまで使いたいでしょう。

しかし、ご本人は知らないかもしれませんが、老人ホーム経営している友人の話によると「元社長の名刺を持つ老人はだいたいつまらない人で老人ホームでは人気がない」と言うのです。

それはそうでしょう。老人ホームではもう昇進する必要もなければ金儲けをする必要もないので、大企業の元トップであろうか元外交官であろうが、話し難くてユーモアのない人には誰も用はありません。所属の組織を利用して「あなたは誰か」に答えてきた人たちは、一人になることが難しいのです。

一度社長になればなかなかやめられない最大の理由は一人の人間に戻ることが難しいからです。特に所属の集団やグループを重視する日本では、社長であることの便利さになれてしまうと中毒になります。

料亭やクラブに入ればオーナーから従業員やガードマンまで「○○社の社長」を知って小走りに迎えに来て90度のお辞儀で車まで送ります。ホテルや航空会社のカウンターでは必ず普通の人と異なる態度で特別に案内してくれます。これに慣れてしまうと普通の店やカウンターに行けなくなります。

海外に行っても必ず地元にある支社や支店の幹部が丁寧に案内して特別な場所で配慮してくれます。一人でレンタカーを借りてどこかに行ったり、一人でふらっと地元の店に入って気楽に食事を楽しんだりする社長は少ないでしょう。

「自信を持つ」ことはとても大切なことですが、偉い立場に慣れた人達は皆自信を持っていると思うかもしれませんが、私はこれは砂の上に立つ楼閣のようなものだと思うのです。彼らは一個人としての生存力と野生を失い、組織に付着していないと生活さえできなくなります。これでは果たして本当の自信を持てるでしょうか。

私が思う自信のある人とは次のような人です。

1.過去の立場や知名度を知られていなくても、過去の業績や功績を知られていなくても、一人の人間として他の人間とその場で打ち解け、人々に愉快な思いを与える人

2.人に理解されなくても、敵視されても、依然として自分の意見や価値観を失わずその場の空気に流されない人

3.いくらお金があっても、いくら成功しても、それを知らない人たちと普通に人生を送り、普通に些細なことを楽しめる人

4.そして自信がない時に、自信がないことを受け入れた上、恰好をつけず全力で状況対応に当たることができる人
この記事へのコメント
宋さん ごもっともです。
20年位前香港で仕事をしていた頃、仕事以外の場で(ゴルフ場とか)知り合った人に「○○の☓☓です」と自己紹介した後、何故会社の名前を言ってしまったのだろうと自分でもショックを覚えたことがありました。その理由は宋さんが書かれていたことと全く同じです。その後は自分なりに反省し、「☓☓と申します」で通しましたが、果たして自分自身だけで勝負できていたかどうか疑問です。来月末をもって会社も辞め完全引退を決め込みます。間違っても「元○○」とはだけは言わないことを今から頭に叩き込んでおきます。
Posted by としや at 2016年09月30日 08:18
アットホームな練馬から都心の池袋のマンションに転居しましたが、挨拶が全くできない住人が多いことに驚いています。会社では、社会人として挨拶の重要さを理解する、あるいは理解させる立場の方だと思うのに、プライベートでは不要と理解しているのか?残念です。
Posted by 大隅 洋 at 2016年09月30日 09:04
多くの人が会社に就職すると思いますが、その中の活動は全て自分の力で出来ているとは思わないことです。会社の名前を背負っているので人々は相手してくれているのです。
Posted by 名無し at 2016年09月30日 09:19
最近、元○○を名乗る方とお付き合いする機会が多く、全く同感です。特に最後の部分は感動しました。
Posted by 堀内真 at 2016年09月30日 09:26
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲りです。

今般の宋さんのご意見に異論はございません。

「富裕層老人」の例は老人ホームに限らず、万国共通ですね。でも老人ホームに入所してしまった「富裕老人」は、自分だけが砂上の楼閣に棲んでいるため、社会への害はまだ少ないと思います。
問題なのは、引退したはずなのに「○○の□□」を振り回して、いつまでも、かつての”利権”というか”権力の座”を抱え続けようとする所謂「黒幕」という存在ですね。

日本でもオリンピックに絡むきな臭い空気が漂っていますが、お国の中国共産党内部での現権力と以前の権力との権力闘争は、中国国民をも巻き込んでの凄まじい様相を呈しているように思われます。

人間すべからく第一線から退いたら、権力や利権などとは無縁の”真”の「共産主義者」になるのも良いかもしれませんね。
Posted by 田中 晃 at 2016年09月30日 09:44
今日の荘さんの意見はその通りだと思います。実力主義とはかけ離れた年功序列主義や官僚主義が日本の社会にはまだ色濃く残っています。高度経済成長期の負の遺産ですね。労働力の流動性のなさも大きく実力主義を妨げています。

でも欧米でも同じようなことはあります。欧米は実力主義の面もありますが、エリート主義は大きく存在し、実力の伴わないエグゼクティブ、現場の見えないエリートが沢山います。日本のほうが、現場出身のたたき上げ的な経営層が多い気もします。ただ会社モーレツ人間では、公私のバランスが悪く、「公」のため「私」を犠牲にするため、引退後は冴えない人も多いのも事実ですね。

いずれにしても、真に公でも実力があり尊敬されている人は、「私」だけでも、尊敬される立派な人物な多いと思います。よいビジョンをもつ経営者は、プライベートもよいビジョンを持っているわけですね。


Posted by Nicd at 2016年09月30日 09:47
かつて大企業に勤めていた後、全く違う分野で起業した際に「これまでの自分が、いかに会社の名前のおかげで仕事ができていたのか」を痛感したことのある私にとって、心に沁みるような内容でした。

今回の宋さんの文章が本当に腹の底から理解できる人が増えれば(せめて2割いれば)、世の中はもっと風通しが良くなりますね。
Posted by 上野 陽一 at 2016年09月30日 10:07
最近「嫌われる勇気」を読みましたが、アドラーでなくとも、要は「自分が自身をどうコントロールできるか」ですね。「○○の△△です」について、昔、野坂昭如さんが、なんと言ったらいいか困ってしまい「エロ事師の野坂です」とでもいうべきか?とおっしゃっておいででした。「○○の・・・」無しで、いける<自信>が必要だと思います。同感です。
Posted by 小泉 武衡 at 2016年09月30日 10:08
タイトルに「自信のある人とは」と書かれていますが、本文で書かれていることは「真に魅力ある人とは」というべき内容ですね。結論の4項目はどれも納得できるものばかりです。人間はとかく、素晴らしい肩書きや学歴、名誉や財力などを持つと、ともすると、一人の人間としての魅力を磨くことを怠けてしまい、結果としてつまらない人間になってしまうことがあるということでしょう。
Posted by 森本光 at 2016年09月30日 11:25
サラリーマン、会社を辞めればただの人。社員であれ役員であれ会社を辞めたら本来の自分、人間であることを自覚しなければなりません。有料老人ホームでの大手企業の元社長の人間としての勘違いも寂しいことですが、元社長でなくても起こりうる現象です。
退職後に地域活動をされる方も多くいますが、そのデビュー戦で元社長と同様なことをする方がいます。また、名刺はなくても××会社の取締役をしていました⚪⚪です。その自己紹介を聞くだけで気が重くなります。
自信が無い証しですね。地域では肩書きは不要です。
ただの人なのです。
Posted by bayhiroshi at 2016年09月30日 11:28
日本人は会社人間が多いのです。崩れてきたとは言え終身雇用の影響も大きいでしょう。本人の仕事を聞いて経理とか、技術とか答える代わりに○○会社ですと答えるのが多いのと同じです。社長はその延長ですし、元社長はさらにその延長でしょう。一方、小さな会社や個人業主でも社長となり、たくさんいるようです。社長の肩書きのハロー効果は大きいのでしょうが、人を見る目があれば肩書きで人物の判断はしません。でも、中国人と同じように日本人の見栄、面子でしょうか。
Posted by KATSUHIKO at 2016年09月30日 11:41
こんにちは。初めてコメントいたします。 自信のある人:@己の持っている知識が世の中から見ればごく一部であることを認識しているA己の知識では理解できないことでも知識として受け入れることができるB他者視点で物事を考えることができるC己の知識と他者視点のバランスで物事を判断できるD実際に行動し、他者に働きかけることができる‥ではないでしょうか。早い話、無知の知を知っており、無意識に他人の行動(言葉・態度等)から人の心を推察できる能力を獲得した人ではないでしょうか。少し理解しづらいかもしれませんが、精神年齢が十分大人になった人のことです。理論を説明すると長くなるので省きますが、現在の大企業の不祥事連発は、己さえ良ければ良いとの子供思考の人間が、将来のことに目を向けず、組織の将来を先食いした目先の金儲けの能力だけで評価された結果の自業自得に思えます。このような愚かな人間が増殖することおよびそのことによってそれが組織の常識となり、その本質を見抜けなくなることが組織腐敗の原因になっていると思います。健全な組織の長は、例外なく精神年齢が十分大人であり、子供思考の人間が大人思考を理解できないことを認識した上、見返りを考えない(恰好をつけた表現では無償の愛)で一方的に与えることを行い、子供思考の人間が少しでも大人思考に気がつけるよう努力をしています。このあたりになると、人格者・人望のある人レベルになりますが‥
Posted by 鶴さん at 2016年09月30日 12:06
タイトルに「自信のある人とは」と書かれていますが、本文で書かれていることは「真に魅力ある人とは」というべき内容ですね。結論の4項目はどれも納得のいく点ばかりです。人間はとかく、素晴らしい学歴や肩書き、名誉や財力などを持つと、ともすると、一人の人間としての魅力を磨くことを怠けてしまい、周囲からちやほやされることもあって、結果としてつまらない人間になってしまうことがあるという戒めとして受け止めました。とても共感できる視点です。
Posted by 森本光 at 2016年09月30日 12:33
基本的にはご本人の自由ではないかと思います。
介護事業所的に言えば「ご本人が、それで少しでもご自分を律することができたり、お元気になったり、認知症から遠ざかって下さるのであれば大歓迎」というところでしょうか。

社長時代は、孤独で大変なストレスも被りながらも、何とか社員を守ろう・継続していこうと必死で過ごされたのではないでしょうか。
それなりの役職の方も同様でしょう。
ハーバードのアンケートで、卒業して企業した人のその後では、家庭的に破たんをしている人が半数を超えていたと記憶しています。
皆さんそれなりのリスクを長年背負っての役職でしたら、そこに何らかのすがりたい気持ちが発生しても許されるのではないでしょうか。

しかし、私自身は、良く良く気を付けたく思います。笑。
Posted by E.kimura at 2016年09月30日 12:41
そもそも
まあ高級老人ホームなんでしょうけどそんなところに入ろうと思う時点でダメ人間だと思いますね。
ほんとに独立した人間なら
人に頼らず孤高の老後を送るだろうと思います。
Posted by seijunj at 2016年09月30日 13:36
本当に共感です。特に1〜4番までは意識するにせよ、しないにせよ人間としてコミュニティの中で生きていくには必須の条件というべきものだと思います。この4つは常に自分に言い聞かせます!!(デスクに張っておこう!!)
Posted by shima64 at 2016年09月30日 14:23
元社長の肩書き中毒は良く分かります。それを隠して市井に生きる、ストイックな自分に酔ったりした時期もありましたが、漸く自然に生きられるようになりました。
素の人間を楽しめるように成らなければ駄目ですね。
Posted by 佐藤 潔 at 2016年09月30日 15:19
最近自信を失いかけていましたが、このエッセイを読んで勇気づけられました。過剰になってはいけませんが、自信を持って生きていこうと思います。自信というより意地かもしれませんが、、、
Posted by みっちん at 2016年09月30日 16:58
宋さん、
言われていることに共感します。私も日本社会に現在いますが、言われていることに常々疑問を感じていました。私だけでなくてホッとしました。言われていることは、例えばアメリカでの日本人社会で、女性方から「XX社のNN地位の家内」という自己紹介をたびたび聞きました。
何故そんなことまで話す必要があるのかと、不思議に思っていました。
老人会の会合で自分の元の会社の名刺を出す人もいます。私には理解できませんでした。
よくいっていただきました。
Posted by 越智敏雄 at 2016年09月30日 17:30
いいお話ですね。

私は香港に住んでいますが、「創業者」と、「組織の責任ある地位に選ばれた人」とでは、大きな違いがあるように感じます。

創業者の皆さんは、人を愛し愛されることで信頼と自信を育むことをちゃんと知っているように思います。そうでなければ事業は成功しなかったのでしょうから。

一方、上司にごまをすり、ライバルを蹴落として実績を上げ、組織の責任ある地位に選ばれた人々は、退職後も、そういう環境を維持しようとするようです。もっとも日本人は、地位ある人を尊敬するように教育されていますから、その地位に「元」が付いても、騙される人は少なくないでしょう。

人を愛し愛されることで信頼と自信を育むことは、民主主義社会の基本中の基本だと思うのですが、日本人は、中華人民共和国のように一から人民の手で国を建てたことがないので、地位や肩書抜きで人を愛し愛され信頼と自信を育むことが民主主義社会の大切な基盤だということを知らないのです。

恥ずかしながら私も、コメントを書き込みながら、そのことに気付きました。日本人1人1人が民主主義国家の創業者になるためには、地位や肩書抜きでの人との関わりに自信を持たなければならないのだと。
Posted by 水原紫織 at 2016年09月30日 18:29
結局は自分を知ると言うことでしょうね。その上で自分自身を磨き、何にでもまっすぐに当たれる人と言うことでしょうか。社長になっても自分を知っているのは難しいのでしょうか?宋さんはどうでしたか?
Posted by knack at 2016年09月30日 22:18
”社長”を普通の人にする努力、というおつきの話を聞いたことがあります。
1.一人でレストランを見つけて食事ができるか
2.一人で切符を買って汽車に乗れるか
3.一人でタクシーを拾えるか
これが世界中でできれば、”安心”してよい、できなければ、おつきが悪い、
だそうです。
Posted by Sam Roppongi at 2016年10月01日 00:15
富裕層向け『幸せの青い鳥』ですね 宋さんのお話をもっと聴きたいです 個人的にはそこまで言って委員会での宋さんが大好きです 出来れば中国と切り離して出演して欲しいものです
Posted by 主水 at 2016年10月01日 00:43
お話の内容はよくわかるし、事実でしょう
しかし、一般的に企業の社長などトップになられた人が、人間的につまらない存在だとステレオタイプにしてしまうことには違和感を感じます。
実際、私の周りにいる経営者は素晴らしい方が多く、人間的にも魅力があり、タイトルをひけらかすことなどありません。
問題は、社長などになった人はこんなにつまらぬ人だと決めつけて、自己満足になっているつまらない人ではないでしょうか。
確かに、お金も地位もある人が、貧しい心を持っているケースも多々ありますが、一般的に貧しい心を持つ人の比率は、本当に偉くなった人が多いのでしょうか。
私たちはもっと素直に人を見る必要があると思います。
Posted by 旭 昇 at 2016年10月01日 12:02
素晴らしいの一言です 今回の指針を人生の目標にしていきます 只今50歳 人生これから!
Posted by 降矢啓二 at 2016年10月01日 20:19
会社を卒業して10年たっても、FBで元○○CEOと書いてる人も同じですね。ツア―旅行に2,3度行きましたが、必ず過去の自慢話する人がいます。
そんな人は、個人で外出することができないんです。当然他の人から疎遠にされます。

過去しか人生がないなんて寂しいことです。
Posted by おいどん at 2016年10月02日 11:54
宋さん
今回のご意見もたいへんわかりやすく納得性の高いものです。そのとおりだと思います。
Posted by 上野 則男 at 2016年10月03日 10:05
毎回、宗さんのメールマガジンを楽しみにしています。賛同できるにしろ、そうでないにしろ、日本社会の常識や、トレンドに対して、異なる視点を与えてくれる意見として、貴重だと捉えています。

ところで、今回の内容は、意外な内容でした。宗さんらしくない。という印象を受けます。結構、日本人受けしそうな内容で、むしろ「本当に自信がある人は、過去の業績や肩書に気にせず、人間的に優れた人だ、と言われているが本当にそうでしょうか?…」で文章が始まり「本当に優れた人だから、業績や肩書を持っているのであって、それすらない一般の人がそれをとやかく言うのは、やっかみなのです。むしろそういう人に限って…」とか言いそうなので。

どうしました?年を取ると、少し丸くなりましたか?
Posted by 9ちゃん at 2016年10月03日 18:18
宋さん
いつも素晴らしいお話をありがとうございます。
主人にも是非読んでもらいたい内容でした。
でも名刺を配るタイプなので絶対読んでくれないと思います。
Posted by Kyon at 2016年10月16日 16:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック