なぜ成功した人に離婚が多いか

成功すれば傲慢になるからです。結婚相手の恩義を忘れるからです。成功者を誘惑する人が寄って来るからです。より良い相手を見付ける能力を持つからです・・・
以上の答えの中に多分、あなたの思いにぴったりの答えがあると思います。(ない場合、ぜひブログやfacebookのコメント欄に書いてください)

人は成功する前、皆成功していない凡人です。凡人同士が結婚してお互いに相手の欠点が見えてきます。結婚する前の恋愛感情で盲目になり見えていなかった欠点が結婚数年後に次第に見えてくるのです。

離婚しないのは離婚コストが掛かるからです。もちろんここで言うコストとは単なる経済的なコストだけではなく、モラル的なコストから育児的なコストまで或いは世間体的なコストなども含まれています。さらに言うとなかなか今の相手よりもっと魅力的でもっと自分に熱心な相手が現れないからです。

それでも世界的に離婚の確率は4割を超えているのでコストがかかっても我慢せず離婚を選んだ人が半分に近いとも言えます。最後まで我慢している夫婦も計算に入れれば、最後まで維持できた幸せな結婚は2割前後だろうと私は勝手に推測しています。

離婚において成功した人と普通の人との違いは成功前後の環境の違いにあります。凡人の彼あるいは彼女は成功した後に急速にカリスマや特殊な存在になっていくのです。特に成功者の周りでは人材の流動性が高く凡人時代の彼や彼女を知らない人がどんどん増えて行きます。

気がつけば成功者は徐々にみんなの注目と羨望の的になります。彼らを褒める言葉と尊敬の眼差しに次第に慣れていくのです。正直、成功したのに羨望の眼差しや褒める言葉を心の底から拒否する人はいません。なぜならばそれこそが成功したい重要な理由の一つだからです。成功していない人もそのような眼差しと言葉を喜ぶはずです。ただ成功していないから手に入らないだけだからです。

ところが、成功した彼や彼女が家に戻ると別世界が待っています。成功の事実を知っていても凡人の彼や彼女を知っている相手にとって、成功以外は何一つ変わっていないのです。相変わらず排泄し、体の欠点を晒し出し、些細なことでイライラする凡人の姿です。成功するまでの彼や彼女を支えた自負(本当は普通にしてきただけの場合が殆どですが)と、彼や彼女を見付けた自慢が混ざり合って、凡人以下に見える相手にはとても尊敬や羨望もできません。

人によってはこんなしょうもない凡人も成功できるならば私がやればもっと成功できるはずだと思う人もいるでしょう。

北海道の岩やコンクリートは本州より何倍も早く壊れます。理由は冬の寒さです。寒い外気に触れる側面は零下20度にもなりますが、奥にある側面は暖かいのです。温度差が大きいほど、物質は歪みが大きくなり、壊れやすくなるのです。実は人間の心もこの物質に例えられます。成功前から結婚している相手から受ける昔のままの態度と、成功後の環境下でその他の人達から受ける態度の温度差が大きくなればなるほど、成功者の心に歪みが生じるのです。放置した場合、やがて耐えられなくて破綻するのがむしろ普通でしょう。

成功すると昔の相手に飽きてより美しくより若い相手が見付かると思いがちですが、決してそれだけではありません。年齢と外見で大差のない相手と再婚した人はたくさんいます。離婚につながった最大の理由は旧相手側から見えない中と外の態度の違いです。

実は同じ心理は同僚や部下が社長になった時も起きます。
「何偉そうに言ってる。昔あいつだって同じドジを踏んだ。」

「○○君は俺の三つ年下だよ。あいつの新人教育は俺が担当した。しかし、社長になるとは思わなかったな。」

「あいつが社長になったのは単なる運だよ。上に好かれているだけだよ。」

どうですか?あなたはこんな話を聞いたこと、言ったことがありませんか?実はこれらの話は外れている訳ではなく全部当たっているのです。しかし、このような話をする人は間違いなく社長と同じ、あるいはもっと長く会社に居ながら、出世できない人々です。社歴の短い社員(年齢と関係なく)には決して思い付かない文句です。

出世できないのは悪くありませんが、出世できないのにずっと居座って出世した仲間や後輩の悪口を言うのが悪いのです。そんな態度をついついとるから若手の社長や上司にとって離婚したい相手になるのです。まあ、会社の場合は社長が我慢するしかありませんが。

どうですか?今日は単なる成功者の再婚率の話だけではないことに気付きましたか?
この記事へのコメント
良い話です。私の経験と同じです。中では社長、外では、先生と言われて生活をしているうちに家に帰って来ると腹が立つことが多くなりました。何故か?気がつきました。女房だけが社長でも先生でも無かった当時と同じ口の利き方をしているのです。
Posted by 田口立基 at 2016年08月19日 08:33
成功者が、偉くなったと勘違いすることが一番の問題だ。
とはいえ、相手の欠点に堪えられない状況ってのも問題ですが。(-_-;
Posted by カルロス青木伸哉 at 2016年08月19日 09:06
どんな人の人生も多面的で教訓に満ちたものですね。社長どころか、その後経済団体に熱心に活動した人が、とんでもない発言をしてみたり、思わぬ人生を送る人も時にはいますから。
これとは別ですが、巨額の宝くじに当たった人の半分以上が数年後には自己破産をしていると言う統計を聞いた事とがありますが、これはこれで勉強になりますね。
平凡な人生が終わりに近づいている小生にとっては勉強になる程度ですね。
Posted by 旧旧車 at 2016年08月19日 09:08
漢の始祖の劉邦と呂雉にも同じことがいえるのでしょうか。劉邦の没後、生前の皇帝に推戴されて以降の劉邦に何のリスペクトもない極端に専横的な振る舞いを見せた呂雉の態度と行動の変化はこの話の例なのかなという気が。
Posted by 小林祐也 at 2016年08月19日 09:37
なるほどと思いました。そこで一つ質問です。
宋さんは、我慢して結婚生活を続けますか?それとも我慢しないで離婚しますか?

私は後者を選びました。けして成功者ではありませんが、離婚するコストはその後の生活で回収できプラスにできたと感じます。

この話は、主従関係である関係にすべてあてはまりそうですね。
Posted by 黒田 at 2016年08月19日 09:44
いつも拝見しています。上から目線的で申し訳ないのですが、『そのとおりだ!』と思うことが大半で、時に、「偏ってるな」と思うときもあります。
ところが今回のは秀逸です。目からうろこの着眼の素晴らしさと現状分析です。
宋さんのご夫婦はどうなっているのでしょう。最後の2割なのでしょうね。
今後も素晴らしいレポートをお待ちしています。

Posted by 上野 則男 at 2016年08月19日 09:58
いつも楽しく読んでおります。
今回のお話は特に『キレ』が良くて、ついコメントしたくなりました。
次回も楽しみにしております。
お身体、ご自愛ください。
Posted by 小原 at 2016年08月19日 10:31
わざとだと思いますが、ほとんどの人がひっかかると思いますよ。
「成功」ってなにか?

すべて他人のものである大企業での肩書きなんて私からしたら「成功」でもなんでもありません。

私は自分自身の人生は成功だと思っています。
その成功ノウハウを家族とわかちあっています。
そうやって、成功の本質を教えた子どもたちは他の人より早く、そして私よりも「成功」してくれると思っています。

成功とは人それぞれの人が己の価値観で決めることであり、他人がうらやましがる「成功」は本当の成功かどうかはわかりません。

自分の価値観を確定させることは、一生かかります。にもかかわらずなぜカンタンに「成功」を定義できてしまうのか?

中国でいうなら、孔子は結果的に生涯プータローでした。が、彼の生涯は失敗ですかね?

偽りの「成功」を求めた人は離婚もすることでしょうよ。
Posted by たかお at 2016年08月19日 11:27
いつも興味深く拝読しています。

成功者が離婚する原因ですが、仕事にのめり込み過ぎるあまり家庭を蔑ろにするという点もあると思います。常に仕事第一で週末も惜しまずに仕事をした結果、家庭不和、仕事で大成功という縮図です。

成功した人間(一般には高い経済力を伴う)の周囲には異性を含めより魅力的な人間が集うのも事実です。しかし、集まってくる人間も成功者に対して何かしらの思惑を持って来ているケースが多いでしょう。それ故に、より幸せな再婚ができるかというと、別の意味での打算や計算が働くこととなり、無償の愛が得られるとは限らないことも理解すべきでしょう。
Posted by たすけ at 2016年08月19日 15:38
宋さんこんにちは。いつものヘソ曲がりです。

今般のコメントは、あまりにも低俗な金満思考の押し売りだと辟易しました。

「離婚経験者」=「コスト的成功者」(モラル的コストや世間体コストと経済的コストが別だという根拠が解りません)という定義はあまりにも独善的過ぎやしませんか。

宋さんのコメントには、離婚によって生まれる「子供の貧困」に全く思いを馳せておられない。他人だけではなく、自分の子供さえ自己の外に置いて、自分中心のコスト主義(お得意の「革新的利益」というヤツ)に突き進むミーイズムの悪弊を撒き散らしているだけにしか見えません。

それにしても、宋さんの狂信的信奉者がこれほどおられるとは・・・
Posted by 田中 晃 at 2016年08月19日 17:48
もうちょっと分かりやすくして頂くことは可能ですか?
Posted by 田中康裕 at 2016年08月19日 19:09
今までで 一番ぐさりと来ました
Posted by umm at 2016年08月20日 07:17
結局人間はそれほど寛容でも我慢強くもないということでしょうか。
初めてあまり共感を感じない記事でした。
Posted by knack at 2016年08月20日 12:03
糟糠の妻は堂より下さず
Posted by ADAM at 2016年08月20日 13:29
成功すれば傲慢になるからです。結婚相手の恩義を忘れるからです。成功者を誘惑する人が寄って来るからです。より良い相手を見付ける能力を持つからです・・・
以上の答えの中に多分、あなたの思いにぴったりの答えがあると思います。
⇒私の思いにぴったりの答えはなですね。
成功して離婚する人は恐らく世の中に認められる成功者じゃないでしょう。
本田さんにせよ松下さんにせよ離婚の話は聞いたことがありません。
何故成功して巨万の富を築いても離婚しないのでしょう。
本田さんは常々女房が一番怖いと言っていました。
人間結婚して長年一緒に生活していると自然に情愛が出てきます。
子供が可愛いのと同じです。
自分の子供が可愛くないから成功して子供を取り換えた話は聞いたことがありません。
何故でしょう。
それは情愛があるからです。
それがまともな人間です。
成功したから離婚するのは人間として失格でしょう。
きっと晩年は惨めな思いをするでしょうね。
Posted by 山永順一 at 2016年08月21日 11:50
宋さん

今まで読んで笑って得心して、心においた内容が多かったですが、今回は涙がでましたよ。
Posted by 世渡り下手サラリーマン at 2016年08月22日 00:53
宋さん。
こんにちは。
今回のメールぐさっとささります。
できればもう少しこの内容に踏み込むか続けてほしいなと思いました。
Posted by autumn at 2016年08月23日 10:17
離婚経験者です。
漠然としていたものが腹落ちしました。
ありがとうございました。

食えない時代を知っていて
頭の上がらない年長のパートナーよりですね…

自力でやったと親にも嘘をついていたし
一掃したかったんでしょうね
新しいパートナーに男の子が生まれてから
離婚したのには驚きましたが…
お国柄ですかね


Posted by ak at 2016年08月23日 10:22
今回の主張を読んで、現役を含め中国歴代の指導者の事かと思いました。ところで、成功者の離婚が多いのは、男女共通なんでしょうかね?
Posted by 伝三郎 at 2016年08月24日 12:46
底辺の私には無縁な話でした。
幸いにも伴侶が成功者ではないので

部下の結婚式のスピーチで再婚経験のある部長の祝辞
『替えてみたって大差はない』
志の輔さんの落語です。
Posted by ako at 2016年08月28日 17:17
温度差の例えは面白いと思う。結婚すると相手のイヤなところが見えるし、いろいろ有るんだよね。ジャレッドダイアモンドの本に書いてあるが、うまく行く夫婦は、価値観が一致している度合いが高いらしい。価値観が近ければ、たいていのことは我慢出来るからなのかな、とは思う。
Posted by たうちゃん at 2016年08月30日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441137605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック