元恋人の恋愛現場に居座れる

世の中にいろいろな方がいらっしゃるのでこの質問に「はい」と答える方は当然いるでしょう。私の場合は別れたとはいえ、元彼女が目の前で他の男性といちゃいちゃしているところを見たくないので見えるところに絶対いないようにします。

先日、ソフトバンク孫正義社長(58歳)が「急に淋しくなった」と言って宣言していた社長交代を撤回しました。「自ら経営の一線から引退する、いざその時期が近づくと、やっぱりもう少しやっていたいという欲望が出た」と心情を吐露しました。

孫さんの率直さと素直さに感心しますが、改めてカリスマ経営者であっても経営者と企業との関係においては普通の人間心理に左右されることに安堵を覚えます。

思えばもう一人の素晴らしい経営者ユニクロの柳井さんも同じことをやりました。それもたったの10年前でした。玉塚さんを社長に選び、自ら引退を宣言した柳井さんは見事に我慢できず社長に戻ってしまいました。その時の説明は今回の孫さんほど素直ではありませんでしたが、たぶん状況も心情も瓜二つでしょう。

長く経営をやっている経営者友人の多くは引退の夢を語ります。しかし、その語った通りに辞めた人は極めて少ないのが現実です。特に自ら引退の時期を決められる立場にいる経営者は殆どと言ってよいほど、語った通り計画した通りに引退していません。

いろんな我慢と苦労をしてあれだけ大きな業績を残した人がなぜ引退に関しては自分の意思に従えないのかと悩んでいたところ今回の宋メールのタイトルを思い付きました。

経営は基本的にルールがあります。市場性のある事業に合理的なコスト構造で投資していけば、基本的に事業が成り立つのです。その時々の顧客を満足させ、従業員に良い職場を提供し、利益を株主に還元すれば企業は無限に続けられます。

しかし、経営者は無限に続けられる人はいません。そのことが分からない経営者はいません。分かっているからこそ、会社に未練があるからこそ、自分の後の体制を心配してしまいます。

そのため、殆どの経営者が思い付くことは愛している企業のために良い後継者を探すことです。孫さんもこのために米国に通って高い報酬でインド人の後継者を口説きました。入社後は「毎日一緒にいる」という相思相愛状態でした。

ではなぜ1年余りで孫さんはこうにも大きく変わったかといえば、それは孫さんの後継者選びが間違ったからではなく、「いざという時」の自分の人間心理とその対処法が分からなかったからでした。

会社に多くの仲間と膨大な財産(株式など)を残しながら辞めていくのはとても難しいことです。「愛着と責任」と綺麗ごとを言う経営者も多いのですが、辞めて行く経営者は急に一人の普通の人間になってしまうため、孤独を感じてしまうのです。もし会社の多くの株を所有しているならば、自分の納得できない経営が行われた場合、損した気分にもなるのです。

日本社会は所属している組織の大きさとその組織における立場で人間を見るため、多くの部下や取引関係者から神様のように扱われてきた人間が、会社に行かず、仕事関係者と合わず、個人として行動するには大変な恐怖と不安を覚えるはずです。彼らは何十年にも渡って個人として生きた経験を持っていないからです。

そのために死ぬまで会社に何らかのポストを残し、いつでも会社に行けるようにするのですが、結果的に毎日通うことになってしまいます。また毎日通うと次期社長の経営現場や次期社長に気を遣う元部下達の眼差しが見えてしまうのです。愛していた事業と部下が冷遇に遭うことも目に入ってくるのでしょう。

こういう現場を一年も見続けると殆どの人間は耐えられなくなります。これを分かり易くするためにタイトルのようなたとえを使ったのです。孫さんは本当に会社を辞めたいならば、ビルゲイツのように株式を手放し、会社に通うことを止めることです。まあ、もう無理でしょうね。
この記事へのコメント
私達が日々の新聞や報道で見慣れた風景・・・多くの企業の実力会長・社長の辿る引き際の行動・・・についてどうしてお嬢際の悪い事しか出来ないのか感じていましたが、このコメントは人間の恋愛に似た感情分析で納得出来ますね〜!
Posted by 田澤裕光 at 2016年07月08日 08:56
ビルゲイツや本田宗一郎の様な人もいますが、生き様は百人百様と言う他無いですね。
感想は色々有りますが、本人以外分からない事も有るのでしょうから。
Posted by 旧旧車 at 2016年07月08日 08:57
宋さんは、やめることができたのですよね。
その違いは、何だったのでしょうね?
あの文面を書いた後では、書く事が自慢みたいになるので、書きづらいでしょうが。
1読者としては、興味ありますね。
Posted by 岩佐 at 2016年07月08日 09:02
面白い例えですね。納得です。
Posted by M. Hanaka at 2016年07月08日 09:12
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲がりです。

今般の宋さんのご意見には、いつもと違って全く異論を唱える余地はありません。

結局のところ、カリスマ経営者であろうとなかろうと、評価されるのはその企業がその経営者の「統治期間」に収益を上げられたか否かだけのような気がします。

ソフトバンクやユニクロだけでなく、某大手家具屋、韓国系大手菓子メーカーからホカホカ弁当屋など、経営者交代や骨肉の争いで世間を賑わせた例は枚挙に暇がありません。
もっといえば、あの松下電器(現パナソニック)やソニーといった日本を代表するような企業でさえ、代変わりで収益が落ちると一斉に「あの経営者では・・・」などと揶揄されました。

その最たる例が、アップルのスティーブ・ジョブス氏ですよね。社長交代劇を繰り返しているうちに、一世を風靡したMac.がビル・ゲイツのMSに抜かれると、ジョブスは完全にアップルから追放されましたが、新OSの「Mac8」を引っさげて劇的に復帰するという離れ業を成し遂げ、iPhoneでは世界を席捲しました。しかしジョブスの死後、iPhoneの凋落が話題になり始めています。

結局は「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉が日本にはありますが、まさしく世の中がそういう流れになっていますね。日本には「清貧」という言葉もありますが、ほぼ「馬鹿正直」という言葉と同義で用いられています。

別れた恋人の幸せを心から願う人間の存在を願いつつも、ドラマや小説の中でしか見出せないないというのも人間の悲しい性なのでしょうね。

Posted by 田中 晃 at 2016年07月08日 09:17
1から会社を作っているのでなおさらだと思います。

会社員は会社からいろんな力を援助されて活動しているので、その力を自分の力と思いやすいのですが、辞めて援助された力がなくなるとその現実を見ると思います。
Posted by なかむら at 2016年07月08日 09:20
父の話ですが、東証1部企業の専務を引退し、相談役か何かになりました。そして、週に1回しか出社してはいけない、というルールでした。
始めのうちは、一日ですべてこなすのに大変そうでしたが(仕事を持ち帰っていました)、しばらくするうちに慣れ(ちょっと面倒くさがるようになり)、そして社外の生活を築いていき、一年後の完全に引退の時には、その準備ができていました。
スパンと切るのは潔いですが、実務的にはソフトランディングさせるシステムとして大変優れていると感じ、また古い企業の知恵の蓄積に畏れ入りました。
もちろん、税金面での意味合いもあったと思います。
Posted by う。 at 2016年07月08日 09:57
改めて、クロネコヤマトの小倉昌男の人間的に優れていたことを思う。
Posted by 銀蔵 at 2016年07月08日 15:05
普段は読んでるだけなのですが今回はあまりに上手いタイトルに少し笑ってしまいコメントさせていただきました

私もこのニュース見た時の感想は同じで、いかに孫さん程のスーパーマンでもやっぱり人なんだなと人間味を感じて何故か安心した1人です
Posted by 退公望 at 2016年07月08日 17:43
顧客から見れば、孫さんが社長のソフトバンクの方が何となく安心だよね。

孫式経営はこうですよと言う程度の話でしょうね。
マクドの例もあるから、経営は生ものですし。


Posted by 伝三郎 at 2016年07月09日 10:47
大体、業績右肩上がりが永遠に続く組織などありえないし、組織として成熟期は絶対に迎えなければならないのに、創業者かつ右肩上がりの経験をしてきた人は、成熟期に(結果として〉業績が右肩上がりにならないことが我慢ならないのでしょう。
翻って、日本でも中国でもアメリカでも、国のリーダーにも「成熟期」についてもっと理解してもらいたいものです。
Posted by 浜田勝則 at 2016年07月09日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439790375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック