トランプは既に勝った

日本では単なる右翼候補としてしかイメージが伝わっていないトランプですが、私は昨年から既に好感を持っていました。昨年のクリスマス前にボストンのホテルでテレビ弁論の中継を見ていたところ、他の候補達との違いが目立ちました。

その違いは過激さではありません。他の候補達はこれまでの通りの米国エリートのように振舞いましたが、トランプは自分の考えを述べていました。その考えは明らかに主流マスコミやエリート政治家の流れに沿っていませんが、かなり道理にかなっていました。

日本では米軍撤退すべき、日本は為替操作している、など日本に関連する部分だけを日本では報道するのですが、トランプは中国にもロシアにも厳しいことを言っています。また、メキシコとの間に壁を作るとか、イスラム教徒入国禁止とかの過激発言が問題になっているのですが、なかなか解決できない米国の難題(貿易赤字、テロ)に劇薬の処方箋を出したとも言えます。

これらの発言は目立ちますが、トランプの主張のごく一部に過ぎません。トランプの主張の全体を聞いて私は感心しました。なかなか問題の本質に迫っている上、米国が長年直面している難題に正面から取り組もうとしている気迫を感じました。

米国の統計数字をよく見ないと気付きませんが、米国経済が回復しても、米国民の所得は回復していません。2004年を100とすれば、米国民の実質平均所得は97に落ちました。多数派が形成する中央値はなんと95に落ちました。さらに所得下位10%は92に落ちました。所得上位の5%だけが101に増えました。

つまり、共和党ブッシュと民主党オバマの政権下では、少数のスーパーリッチを除けば、殆どの米国民はこの12年間どんどん貧乏になった訳です。民主党政権の下でこの傾向が強くなったのはまた皮肉なことです。

故に米国民はもはや政党ではなく、大統領候補個人の主義主張に注目しているのです。共和党でも民主党でも従来政策の延長線上にいる候補達は人気がないのです。これこそ米国マスコミやエリート達が予想もできないトランプとサンダースの人気の理由です。

格差拡大を食い止める具体的な政策として、トランプとサンダースが共にTPPに反対し、富裕層への増税を打ち出しているのです。世論を見てクリントンもTPP反対色を出さざるを得なくなりました。

外交の面においても、トランプの主張はなかなか本質に迫るものが多いのです。「民主主義の土壌のない中東に民主化を推進しても混乱をもたらすだけ」、「北朝鮮も会話すれば解決可能」など、米国の主流政治家達がタブーとしてきたことに果敢に自分の本音を述べるトランプに、多くの米国人が共感したはずです。

これに対してクリントンの主張は万年政治家そのものです。ウォール街の支持を得ながら黒人や女性などの少数派にも配慮できる演出をしているのですが、正直これらは既にオバマに使い果たされました。それよりも彼女は、何か新しいことを米国にもたらすために大統領になるよりも、なるべき人が大統領になるという執念がミエミエです。これも有権者に伝わっているのです。

残り半年、何が起きるかはわかりませんが、ヒラリーが大統領になってもトランプの影響力は既に勝ちました。米国民のこの変化は、同様に大手企業と大手マスコミに頼る安倍政権に影響を及ぼさない訳がありません。
この記事へのコメント
トランプの発言を聞いていて、彼が大統領に当選するか否かに関わらず、世論を作ったと感じていたときだけにこの記事にはとても納得させられました。何故世論形成できたかがうまく理解でなかったポイントを明らかにしてくれていて日本の今後への影響という指摘にも納得です。
Posted by Hiro at 2016年05月27日 08:23
メール読ませて頂いて、心が躍りました。
ただ、まだまだ日本人は政治でおしゃべりが出来ません。(シールズとかの動き、まだまだ本流になってません) 
でもそんな日本人も刺激してくれそう?❤
私もヒラリーは嫌だと思っていました。 楽しみです♪
Posted by 末永美枝子 at 2016年05月27日 08:39
鋭いご指摘です。戦後、アメリカの大統領で仕事をしたのは、ニクソンだけです。(金本位制廃止、)(中国との国交回復)現在の世界の構造を作りました。ご意見を聴いてトランプは、もしかするとニクソン以来の大仕事をするのでは?と思いました。
Posted by 田口立基 at 2016年05月27日 09:06
中国でも、このように自由にものが言えるようになると良いですね。以上
Posted by 宇田川 榕一郎 at 2016年05月27日 09:14
アメリカに住んで20年になります。トランプは確かに他の政治家がタブーとしているトピックによく言及しますが、それは聴衆を煽るのが好きなだけで、現実的かつ具体的な政策で、それらの問題にどう対処していくつもりなのか、などの話は聞いたことがありません。「劇薬の処方箋」とおっしゃいますが、それが実行するのがほぼ不可能な絵空事であり、なおかつもし実行しようものなら人道的に反するものを「処方箋」とは呼べないと思います。ヒラリーに対する宋さんの批判は私も同意しますが、トランプがもし大統領になるようなことがあったら、それこそこの世の終わりだと思います。
Posted by 大隅昭代 at 2016年05月27日 09:34
宋さん、おはようございます。いつものヘソ曲がりです。

今般の宋さんのご意見、最後の3節に宋さんのプロパガンダが籠められているようで、ひときわ心配になりました。

ドナルド・トランプ氏が米国有権者の半数近くの支持を集めていることは否定しません。しかも米国は、北朝鮮やロシアおよび貴国と違って、有権者が指導者を自由に選べる民主主義国家ゆえに、この傾向を憂慮すべきだと考えます。
喩えに出すのは米国の国民に失礼かと思いますが、かつてのドイツでボヘミアの伍長であったヒトラーが独裁者にまで上り詰めた背景が、トランプ氏が支持を受けている現在と似ている点が心配です。

1929年に起こった”世界大恐慌”でドイツに失業者が溢れ社会情勢の不安が加速していった中で、既存の政党が否定され、社会民主党と共に共産党とナチスが大躍進しましたよね。そして一気に、ナチスドイツは世界の秩序を混乱に貶める狂気の独裁国家になっていったのは、中国政府がお好きな”歴史的事実”ですよね。

当時のドイツでもヒトラーは、宋さんがトランプ氏を評価されているような「なかなか解決できない難題に劇薬の処方箋を出した」のだと思います。その【劇薬の処方箋】に当時のドイツ国民が熱狂したように、今の米国の半数近くの国民が【劇薬の処方箋】に熱狂している気がして心配なのです。

宋さんはこのご意見で、ことさら米国の貧困化を強調されていますが、中国政府の失政による世界経済の混乱への言及がないのは何故なのでしょうか?中南米で中国が受注した高速鉄道は、すべて大幅な遅れか頓挫しています。鉄鋼不況の最中のダンピングしでもの高炉の再稼動による世界鉄鋼生産の混乱、戸籍問題による中国内の制度上の問題に起因する貧困格差の大幅な拡大などなど、中国政府の国内・国外での失政問題の方が大きいのではないかと考えます。

宋さんの今般の提起は、南沙諸島や尖閣諸島問題あるいは東沙諸島・西沙諸島の覇権確保を狙う中国政府にとっても、国内外の目を逸らすために絶好なタイミングを計られたように見えます。
Posted by 田中 晃 at 2016年05月27日 09:40
トランプ氏は今までにないタイプの政治家で発言が過激でマスコミを賑わしていますが、思いを述べているだけで現実味がありません。米軍が日本に駐留しているのは日本防衛もありますが、日本が米国の前線基地になって米国を守っている効果の方が多いのです。日本がこれ以上の基地負担金を払わないと言っても米国は絶対に日本から基地を撤退しないでしょう。もしも撤退することになれば日米同盟関係が崩れることになり、日本は独自に防衛力を増やし、場合によっては核武装もすることになるでしょう。そんなことになれば極東アジアの平和が脅かせることになることは必至です。トランプ氏に共感する人は木を見て森を見ずだと思います。
Posted by 山永順一 at 2016年05月27日 10:05
はじめまして。いつも興味深い内容で楽しんで読ませていただいております。アメリカ大統領選挙…どうしても印象が先に進み過ぎていてメディアもそうですが、トランプのイメージが悪いように感じられる報道をよく聞きます。ただ、この人の言っていることは間違いないはずです。変化を求めてはいるものの、いざ変化をするとなると急に委縮してしまうのが人間です。現代の象徴ですね。
Posted by しんしん at 2016年05月27日 10:11
とても共感できます。普段から私は現地での生の情報また現地の人との交流なしには真実は分からないと考えています。中国で合計3年間生活して実感しています。従って日本でのマスメディアの情報は「絶えず」偏った、また歪んだものではないか?と斜に構えて見ています。宋さんの情報は「目からウロコ」で、「やっぱりな!」と言う感じです。この様な「真実の」情報に出会えると合点できてスッキリします。
Posted by 松田 秀俊 at 2016年05月27日 10:30
アメリカ大統領選挙、久しぶりにCNNを契約してその推移を注視しています。
何故注視するか、何故ならアメリカが日本にとって一番の同盟国であると同時に
大きな貿易相手国であり、重要なな2国間関係だと思うから。
今現在のアメリカの喫緊の課題は社会における分配の問題かと思う。果たして、
アメリカの次期政権はその問題を解決できるのか?非常に疑問に思うし、私は
ドナルド・トランプの登場は、リアリティーショーならまだしも危険だと考えています。
理由は、
1.彼が"ただのポピュリスト"であるから
2.彼が掲げるのはモンロー主義に似たアメリカ孤立主義(独善的な)だから
3.彼自身がつまるところ"ただの飽きっぽい"億万長者で真に政治哲学や歴史哲学を持っていないこと。
以上、3点です。
Netfilixでしか見られませんが、思想家ノーム・チョムスキーのドキュメンタリー
「アメリカン・ドリームへのレクイエム」にもあるように現在のオバマをはじめ、
アメリカの大統領を選ぶ過程を支配するのは非常に優秀なPR会社であり、広告屋さんだと思う。
アドルフ・ヒトラーとの類似を危険視する向きもありますが、登場の仕方が同じポピュリスト
だからといって彼が独裁者になるとは思えない(そう信じたい)。しかし、大衆を煽るだけ煽って、
アメリカにおいて世代のみならず、社会の決定的な分断・断絶を進め、取り返しのつかない地点
まで行ってしまうかもしれない。
更に世界を見渡せば、世界的な気候変動、英国のEU離脱、ISの問題(シリアからトルコへの伸長)、
中国の海洋進出と周辺国との衝突、ウクライナを始めロシア周辺でのきなくさい様子、そして
朝鮮半島等々、最近はまるで1990年代同様の変動と衝突の時代になろうとしている。
そうした時に世界の警察官としてではなく、「極」としてのこれまでのアメリカがその影響力や
プレゼンスを隠してしまえば、「極」を失った世界は大きな停滞と争乱に包まれるのでは
ないでしょうか?
また、最もまずいのはトランプへの対抗候補がヒラリー・クリントンしかいなくて、私的メール
使用問題でFBIの調査を受けたりすれば、選挙戦からの撤退もあるかもしれない、そうなると
消去法でバーニー・サンダースしかいない民主党は勝てないですね。
何か予想外の事態が起きない限り、トランプ大統領が登場すると覚悟すべきと考えます。
Posted by 恒川則良 at 2016年05月27日 13:17
あなたの記事を長い間読んでいるものです。時勢があなたを日本に運んだのがあなたの運命だと勝手に理解しています。ただ今のあなたは都合主義者のごとく逃げたご自分の国と日本を両手にうまく生きているという印象が払しょくできません。所詮あなたは中国人だなと....。なら、何故あなたの国、いや実際は非合法な見せかけだけの国体である国の中核の共産党にもの申さないのですか? 民度がないんですよあなたの生まれ故郷は。選挙が無いのに何故国体があるのですか?国民観が無い市民が経済だけ世界協和の中で生きていくとはどういう意味ですか? この辺りを明確にされてから他人や他国の批評をすべきではないですか? アメリカは所詮、劣勢の立場の移民を受け入れ国家を成してきた国なのでエリート管理が終われば混乱の社会国家になるのは自明の理。でも国民には権利と義務があり、あなたの国よりは民主的な社会制度ができているのは間違いない。気持ちの良い文ではないでしょうが、あなたの感覚をリスペクトしてきましたが、日本に帰化した私の幾ばくかの中国からの友人も2つの国を往復しているのを見ると何故帰化したのか?都合主義が見えてきたので書き込みました。経済は身勝手な都合主義の世界ではありません。人は生まれ落ちた土地を耕し、食を得て、家を持ち、集合の文化環境を整え子を産み歴史を作っていく。これが優先項目なのです。でなければ中国が地球を破壊していく事になりかねないと危惧しています。
Posted by 池谷 延夫 at 2016年05月27日 15:17
アメリカに限ったことではありませんが、先進国の共通の問題として、「意思決定システムの複雑化」が挙げられます。政治のグローバル化の代償として、アメリカにおいては大統領個人の力量では世界情勢を把握出来なくなってきています。そこでNSCなどの中間集団が方針を予め決めて大統領に答申(実態は指示)することが日常茶飯事となっていますが、その中間集団が好き勝手やって混乱を引き起こしているという問題が今や定番化しています。仮にトランプ(大統領?)が中間集団にダメ出ししても、中間集団が押し切ってしまうということは十分に考えられます。オバマ大統領のケースはこの典型例で、第一期では「チェンジ」をスローガンとしていましたが、やってきたのは1%層への富及びエネルギーの「チャージ」でした。アメリカが日本のように「定向進化」の国に変化していく可能性は十分にあります。
Posted by 加藤 貴史 at 2016年05月27日 19:07
いつも、拝読しております。
宋さんは、今回の記事はどこに興味を持たれて投稿されたのでしょうか。本音?をいうことへの痛快感でしょうか。中国では本音が言えないから羨望でしょうか。万年政治家が跋扈する?中国への不安感が引き金になったのでしょうか。いつもの人を唸らせる投稿ー世相とそれに対する御自分のスタンスと間の辛口ーを期待しています。
Posted by 坂田信彦 at 2016年05月27日 21:13
いつも楽しく拝見させて頂いております。
トランプ氏大統領就任は日本にとっても劇薬だと思います。トランプ氏が大統領になって日本から米軍を引き上げた時(日本は経費は今以上に負担する必要は無いと考えます。全額負担するならば日米地位協定を廃止すべき)、初めて日本人の平和ボケが治る可能性があるからです。反戦、平和を訴えるだけの平和憲法では自国を防衛出来ない現実を突きつけられるでしょう。
Posted by しらとり at 2016年05月27日 21:54
何事にも宋さんの分析には納得し大変勉強させて戴いております。又今回のトランプ氏へのアメリカ人の支持する要因が良く理解できませんでしたが良く判りました。納得です。
有難う御座います。今後も出来れば世界の色々な状況の分析又は私見を頂ければ有り難いです。宜しくお願い致します。
Posted by 森永忠義 at 2016年05月27日 22:12
私はトランプ氏に核のスイッチボタンを預けられるのか、アメリカ軍隊の指揮権を預けられるのかに疑問符をつけています。問題点指摘が的を得ていても彼の判断による結論が怖いです。ブッシュ大統領のイラク戦争は間違った情報で始めました。オバマ大統領の対IS、シリアは意思決定を避けたように見えいい結果にはなっていません。トランプ氏がいろいろな問題を解決すると言うより、不十分な情報の中で冷静に判断すべきものを、感情的で攻撃的に見える言動からはかえって問題を複雑化させ取り返しのきかない結果になる気がしています。
Posted by 清水克彦 at 2016年05月28日 05:01
外の世界は良く見える(解説できる)のだなぁと思いました。中国国家主席及び一党独裁下の現在の中国やネットが政府の意向で削除されるなどについて宋さんの率直な意見をお聞きしないと、過去の多くの貴重なご見識も単なる詭弁にしか思えなくなってしまいます。出身国について、先ずは述べるべきと考えるのですが、如何でしょうか?
それともこのコメントも検閲で削除かもしれませんね。
Posted by bmoriya at 2016年05月28日 21:02
マスコミと違う視点で、トランプ氏の主張が分かり、とても勉強になりました。
日本にも、政党に関係なく一つ一つの難題を次実行可能な施策でもって論破できる強い指導者が欲しいですねぇ。
Posted by Otomo at 2016年05月30日 08:56
沖縄にいる友人が、本気で「トランプを大統領に」と言っています。そのぐらい日米政府は沖縄を踏みにじって来ました。いささか逆説的はありますが、駐留米軍がいなくなる事を一番望んでいるのは沖縄県民です。基地はもう要らないのです。そう発言するトランプ、その出張は正しいです
Posted by 石原 信 at 2016年05月30日 11:52
宗さんの捉え方をするとそのまま我が国にも当てはまるのではないかと思います。正に格差の増大、一部富裕層(企業で言ううと、極大企業、世襲業界など)に一層集中している実態はアメリカと同じではないかと。ただ彼の国には慈善精神を持っている富裕層はいますが、日本には逆に自分達さえ良ければと抱え込む輩しかいないと情けない限りです。昔のバブル時代に言われていた健全な中間層が日本を支えていた頃の日本の耐力・底力が大昔のような気がします。今回のサミットを見ても他力本願で姑息な自前のビジョンも政策もない日本のトップに代わる“トランプ”氏のような切り札(カード)が見当たらない我が国はどうなるのでしょうか。『核の傘の下で核問題を論じること』、『自国でできない、失敗した“第三の矢”を世界に放つ』など世界に認知される訳はなく、日本人として恥ずかしい限りです。昔のカリスマが出てくる気配もなく、角栄の幻想に浸るしかないこの国を誰が導くのか・・・。子供や孫の代の日本が大いに心配な今日この頃です。
Posted by 島本 賢 at 2016年05月30日 18:05
宋さんのいうことはよくわかります。が、ちょっと待ってください。問題を指摘しそれを批判するだけで、国家のリーダが務まるのでしょうか。

言うまでもなく国家というのは既にでき上がっている現実です。リーダーはそれを引き受けうまく運営しないといけない。それが彼に課せられた最大の任務です。オバマ大統領が平和の名の下で戦争を行ったのも、そのためでしょう。リーマン危機を大破局に結びつけないために所得再配分政策は一時棚上げし、もっぱら景気浮揚対策に力を注いだのもこのためでしょう。その結果、国民健康保険もないよりもマシ程度のものになってしまいました。が、それでも、オバマ氏はアフガンからもイラクからも一応は撤退できたのです。健康保険制度も作れたのです。そして広島に来ることもできた。オバマ氏は、合衆国の現実を引き受け、合衆国を致命的に壊すことなしに、十分ではないとしても前進させることができたのです。

翻って、トランプ氏は国家の現実を理解しているのでしょうか。国のシステムが悪いから直すべきだと威勢よく語ることは自由です。が、その問題とされる個所にだってそれなりの理由があるのです。少なからぬ国民が利益を得ているはずです。そういうのを無視して強引に改革しようとすると、しばしばもっと悪い結果が生まれる。理想を掲げ強力に実行し、結果理想とは似ても似つかない結果を生む。貴国はそういう政治家のせいで、何度も痛い目にあったのではないのですか。

合衆国の現在の体制に大きな問題があるのははっきりしています。ウォール街もそうです。が、そういう現実を単に批判するだけでいいのか。政治リーダーは、多くの国民に少なくとも6割の満足を与えるのが使命だと思います。その点で私はトランプ氏に危なさを感じざるを得ません。
Posted by gkrsnama at 2016年06月02日 21:15
トランプ氏の当選の舞台裏、
9月に北米NYと、フィラデルフィアへ行って、
雰囲気を感じました。

まさに、貧富の差の拡大、
大勢の国民の疲弊、閉塞感、
・・・それは、
イギリスのユーロ離脱も、同様の方向性でしょうか??

深い洞察に賛同し、感謝します。
Posted by つさき K at 2016年11月11日 10:48
半年前にこの予言をしているのは単なる偶然ではないことは十分にわかります。
極論を言えば、ビジネスマンは生き馬の目を抜く世界で数多くの競争相手に打ち勝つことが必要で、最大公約数的な解を導くための調整能力に長けた政治家とは根本的にロジックが異なり、米国を一企業と見立てた際の戦略がアメリカ人の半数の心に響いた、ということでしょうか。
Posted by Johnny at 2016年11月11日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック