最期に書いた息子への家書

今日は皆さまに一通の手紙を紹介したいと思います。香港の著名テレビキャスター梁続璋さんが最期に息子さんに送った手紙です。この手紙が中国のネットに流れ多くの人々の共鳴を呼びました。私も「まさに自分の子供に伝えたい」内容だと思います。

皆さまにご紹介するのはあくまでも皆さまのご参考のためです。人はそれぞれの価値観を持ち、後世に伝えたいことも異なるでしょう。しかし、中国人、特に華僑の多くはこのような本音を持ち、このようなことを後世に伝えていることが、多少でもご参考になれば幸いに思います。

私達が子供達に伝えたい本音は、今を生きる指針でもあるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子へ

おまえにこの手紙を書いたのには3つの理由がある。
1. 人生は幸福も災難も無常だ。いつ死ぬかは分からないので早めに言っておきたい。
2. 私はおまえの父だ。私が言わなければ、誰も言ってくれない。
3. この手紙は私の悲惨な失敗体験から得たものばかりで、おまえの人生に役立つだろう。

今後の人生において、以下のことをよく覚えてほしい。

(1)おまえを悪く扱う人のことを気にしない。私とお前の母親を除けば、誰もおまえによくしてあげる義務はない。だからおまえによくしてくれる人を必ず大切にし、その人への恩を忘れてはならない。

(2)世の中には、居なければ困る人は存在しない。所有しなければ困る物は存在しない。お前が愛しているすべてを失っても人生は何とかなるものだ。

(3)命は短い。今日も浪費しているこの命は、明日にはもう消えるかもしれない。命を大切にしたいのであれば、命を楽しむ時間を増やすとよい。長生きよりも早く楽しむことが大切だ。

(4)愛情は一種の感覚に過ぎない。時間や心境と共に変化する。最愛の人がおまえから離れた場合、慌てずに時間を待つがいい。時間がおまえの心を洗い清め、おまえの苦痛を和らげてくれる。恋に憧れ過ぎないこと。失恋を悲しみ過ぎないこと。

(5)確かに多くの成功者はあまり勉強していない。しかし、これは勉強しなくても成功できることを意味しない。勉強で獲得した知識はおまえの武器だ。人はゼロから富を築くことができるが、何の武器も持たないと無理だ。これを絶対覚えておくのだ。

(6)私の老後はおまえに頼るつもりはない。おまえの老後は私に頼れる訳がない。おまえが成人して独立した時点では、私の責任は終わった。今後、バスに乗るのかベンツに乗るのか、春雨スープを飲むのかフカヒレスープを飲むのかそれは、全部おまえ自身の責任だ。

(7)おまえは自分に信用を守ることを要求できるが、同じことを他人に要求できない。おまえは人に優しくすることができるが、同様なことを人に期待してはいけない。おまえが他人を扱うように、他人がおまえを扱うとは限らない。これを理解できないと人生は苦痛が溜まるばかりだ。

(8)私は26年間、宝くじを買ってきたが、未だに三等賞にも当たっていない。リッチになりたいならば努力して仕事せよということだ。この世にはただのランチなどない。

(9)おまえと私は一回限りのご縁だ。お互いの縁がいつまで続くかは分からないが、共に過ごす時間を大切にしよう。お互い愛があろうがなかろうが、来世にもう出逢うことはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、皆さま、いかがでしょうか。ちなみに私の一番のお気入りは(2)でした。組織を心配していつまでも辞められない方、家族や財産を失って生きる勇気を失う方・・・何か感じるものはありませんか。
この記事へのコメント
かつて中国人の年配の先輩がいつも口にしていたことと重なります。
 中国の長い歴史の中で身についた知恵だともおっしゃっていました。この100年間だけでも、何回も政権が変わり、それまでの正義が正義で無くなる社会で、生きるための工夫をして、家族と友人を大切にする。長い歴史をみてもその繰り返し。
 70年前の一時期を除けば有史以来庶民が戦争に巻き込まれたことも無く、その70年前といっても、沖縄以外では市街戦もないためにあたかも自然災害のような感覚を持って語る日本人には無い智慧を感じます。
 今回の宋メールはブックマークしました。
Posted by 水野誠司 at 2014年10月31日 08:59
おはようございます。
ご無沙汰をしています。

今回の「宋メールマガジン」とても楽しく読みました。

リアリズムとはとても重要な思想です。しかも老・荘に通じることがあるから不思議です。

こういう感じ良いですね。
今風に言えば「クール&ドライ」ということでしょうか。
Posted by 沼田一博 at 2014年10月31日 09:05
おもしろい!人生の不条理に負けるな、人の善意を期待するなと警戒線を張る一方で、とにかく努力をして成功するのだという上向きのガッツ。いずれも中国的の渋さと強さだなと感じます。

春雨とふかひれの対比などもユーモラス。
この中国語版の原文を教えて下さい。中国の人とシェアーしたいです。よろしくお願いいたします。!

そうそう、手紙も面白かったです。謎の中国人は侍のようだった、というあたり、際物同氏が魅かれ合う良い関係が目に浮かびました。
Posted by さいとう at 2014年10月31日 09:06
いつも楽しく読ませていただいております。初めてコメントさせていただきます。

一種華僑の僕は、これを読めてよかったです。
ありがとうございます。

今のところ、両親からこのような手紙を貰ってはおりませんが、
一部はその親の背中や見てきた失敗から学び、
一部は自分で失敗しながら学んでいることだと、
まさにそう思いました。

もし、自分に子供ができたら、この手紙のような事をちゃんと伝えたいと思う次第です。

ちなみに、もし宗さんが 10番目の項目を書かれるとしたら、どのようなことを書かれますか?

Posted by Somchai Mori at 2014年10月31日 09:27
なるほど、一部はその通りと思うところと、ある一部は、国民性がちらちら覗き、ちょっと違うなと感じました。しいて言うならば、私は(7)ですね。私の好きな言葉に「最善を望め、しかし最悪に備えよ」に似ている。
Posted by 桑嶋基次 at 2014年10月31日 10:00
読んでみて、どこか、見たような、身近に感じる。 そうだ、今の日本は正しくこの家書通り、既に成されている。日本としては今更かだ!やはり、中国は未だに日本に遅れているなとの感じ!
悔しいけど、日本のいいところを認め、学べ、そして、追い越そうね!
Posted by Preston.Li at 2014年10月31日 10:26
日本人の私も共鳴した。私には娘が二人いるが、二人に話してやりたい。妻は2年前、ガンで死んだが、娘を無条件に愛しているのは、妻と、私かも知れない。そういう前提で、この話をしてやりたい。
事実は、感動は、世界共通かも知れないな、と改めて思った。子に何も期待していないのは、親の共通だし、そのことが伝わってくる。私には(9)を、そうだな、そういう覚悟で子に接しようと思った。この文を読めて、今日はいい日だった。
Posted by 八木 at 2014年10月31日 11:31
日本人の私も共鳴した。私には娘が二人いるが、娘にもこの言葉を聞かせてやりたい。
共鳴、感動することは、世界中どこでも一緒だなと思った。親は子に何も期待していない。その上の、言葉。
私は特に(9)に共鳴した。そうなんだ。そういう気持ちで子供たちに接しようと思った。この言葉達に会えて、今日はいい日だった。妙に元気が出た。
Posted by 八木東一 at 2014年10月31日 11:41
いつも楽しく読ませていただきます。

今回の内容は自分の中ではかなり響きます。

他人に頼らず、とにかく強くなれ!ということと、助けてくれた人に感謝の心を持つという、人生の基本原則は非常に同感です。

Posted by チョウ at 2014年10月31日 11:49
「いつかある日/山で死んだら・・・」昔歌声喫茶でよく歌いました。この「家書」にあるように、これだけしっかりと自分と向き合えたならば、「幸せ」とか「不幸せ」といったくくりで<人生>を評価することとは別の<これが人生>に到達するのでしょうね。私は「ちょっと一服」的な<5>が気に入りました。
Posted by 小泉 武衡 at 2014年10月31日 12:54
息子に紹介します、その前に自分にも言い聞かせました。特に(3)です。
ありがとうございました。
Posted by 中村秀明 at 2014年10月31日 16:01
正直私は、共感できる部分が全くありませんでした。
人を敬う気持ちというのが、全くないんだもん。
国民性なんでしょうかね(´・_・`)
Posted by 剣崎 優香 at 2014年11月01日 02:41
家書に書かれている程度のことで、何故そんなに話題になるの?と思いました。

宋さんなら、「何故か」を中国社会に言及して語って欲しかったけど、無理難題でしょうね。

「香港」「テレビキャスター」「息子」と言うのが肝だから、そこのところを...でしょうか。

中国人の知人から教わった人生訓は「信用できるのは血族だけ」でした。

彼はシンガポール在でしたが、家族は世界中に散らばっていると。

その理由は、「万が一」の時を考えてと言うことでした。

その中に中国は含まれていない。

これが、彼のスク管理だと聞きました。

「人類は皆兄弟」なんてあり得ないかな?
Posted by 伝三郎 at 2014年11月01日 11:05
毎回、とても楽しみに、面白く読んでいます。
私は今32才で、この内容に関わる問題を自分の中に発見してから、受容して対応できるまで、10年かかりました。
特に、2,3,4に関してです。
大学時代の恩師から、自分の人生の主人公は自分だけ、脚本家も演出も自分。最愛の人でさえ主人公にはなれないの、と言われましたが、あらゆる面で自立していない私は主体的になれず、かなりの牛歩でここまで辿り着きました。
今回、自分で体験して思考してきたことだったので、強く共鳴しました。
それにしても、同じようなことを考えてきたとはいっても、やはり、アウトプットは難しくて、力量の差が明瞭に出ます。このお手紙のように簡潔に伝わりやすい言葉で表現するのはすばらしいと思いました。
Posted by 川上敬子 at 2014年11月01日 12:34
初めてコメントいたします。メルマガいつも興味深く拝読させて頂いてます。梁続璋さんのお手紙、読んでるうちになんだか自分の父親から言われているような気になりました。深層意識の中で自分が父親に言われてみたい事がずばり書かれているようで、全ての項目に非常に感銘を受けました。
自分が日々感じているあらゆる葛藤が、この手紙を読んで解消される道が見えてきたような感じがしました。勿論すぐに全てが解決するとは思いませんが、気持ちの持ち方次第で人生を前向きに歩けると信じ、毎日を過ごしていきたい。
これからもこのメルマガを楽しみにしてます。
Posted by 清水 健 at 2014年11月01日 13:03
人生は9項目の家書で語れるような薄いものでしょうか。目標のない人生なんて日向ぼっこと同じようなもの、目標を掲げて必死に取組んでいる人生は百人百様で語りつくせないドラマチックなものと思います。みんなは人生を悟ったつもりでいますが実は何ひとつ知っていないのではないでしょうか。私なら息子に「人生の目標を持て」と伝えたい。
Posted by morita at 2014年11月03日 17:40

ガジェット通信というウェブニュース媒体を運営しております編集部の寄稿チームと申します。

最期に書いた息子への家書
http://www.soubunshu.com/article/408018185.html

こちらの記事を弊社媒体に寄稿記事として掲載させていただきたくご連絡申し上げました。
お手数かとは存じますが、詳細をお伝えしたく、ガジェット通信編集部まで一度ご連絡いただければ幸いに存じます。 何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
Posted by ガジェット通信編集部 at 2014年11月05日 12:46
易姓革命なノリです

さすがです、チート感動しました・・・
Posted by jyoudanya at 2014年11月08日 03:52
メルマガ毎回、楽しみに拝見させて頂いております。
初めてコメントさせていただきます。

当方現在53歳、妻・2人の息子と平凡でも
穏やかな日々を送らさせて頂いております。
お手紙、簡潔でいい文章だと思いました。

会社倒産、次男の交通事故死など
つらい時期も今となれば強く生きる糧となっております。

やはり体験してみて、失意のどん底からからの
這い上がり方を自分なりに記録してみたいと・・・

子どもたちに何が残せるかわかりませんが、
心から愛している(愛していた)ことは
伝えたいと思います。
Posted by 橋本 益典 at 2014年11月11日 11:12
いつも楽しみにしております。
初めてコメントします。
素直に心に入りました。私は共感出来ます。
何となく解っていたことを、
簡潔な文章で伝えて頂き、
ありがとうございます。
Posted by 未熟者 at 2014年11月13日 09:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック