あなた方が居るから私が居る(20周年記念パーティーでの社員への挨拶概要)

ソフトブレーン創業20周年記念パーティーに呼ばれてうれしい。創業時、まさか20年ももつとは思いもよらなかった。

私は好きで経営を始めた訳ではない。彼女とすぐ別れられないから博士号取得後に合法滞在のために一年のワーキングビザをとった。適当な中小企業に入社したが、2ヶ月後にその会社が倒産した。

もう就職したくないから大学院で開発した土木設計ソフトを売り歩いた。それがソフトブレーンの創業だった。経営の志があった訳ではなかった。

今だから素直に言えるが、私は経営に向いていなかった。人を管理するのが嫌だった。特に人事評価が嫌だった。誰が良いかについて差を付けてお金で表現するのが嫌だった。しかし、それが経営だ。本当に嫌だったら辞めるしかない。

創業数年後、私はもう会社を辞めたかった。しかし、社員と顧客が居るから無責任に辞められなかった。

証券会社の仲介で上場企業に会社を譲渡しようともしたが、「創業者が会社を売るなんておかしい」と怪しまれたため、奮起して自分で上場してやろうと思い付いた。

そのために東京に移り、そのために土木ソフトを捨て、そのために営業支援のソフト開発とコンサルティング事業を立ち上げた。

私は運が良かった。インターネット時代に出逢い、日本のベンチャーブームに出逢った。今のソフトブレーンを支える幹部達は殆どこの時に出会った方々だった。彼らはもっと良い会社にいけるにも関わらず、まだ弱小のベンチャー企業ソフトブレーンを選んでくれた。

私は安心して会社を辞めるために上場を目指した。しかし、それが私に大変つらい経験をもたらした。

とても苦労した末、東証はソフトブレーンの上場を承認してくれた。しかし、ある事情で、上場申請を取り下げざるを得なくなった。結局は、半年後に無事マザーズ上場を果たすのだが、それが決まるまでの半年間はとてもつらい思いをした。

紆余曲折があったが、やっとの思いで2005年には東証1部上場を果たした。これでソフトブレーンは堂々としたパブリックカンパニーとなったため、私も安心して辞めることができた。

しかし、その3年後にやってきたリーマンショックが当社に危機をもたらした。当時の経営陣の放漫経営でソフトブレーンが一時存続の危機に瀕した。

前社長秋山さんと現社長の豊田さんが私のところにきて再建を助けてほしいと頼んだが、その気は無かった。つぶれても戻らないと最初から言っていたからだ。

しかし、気になって会社に行ってみると気分が変わった。もっと良い会社に簡単に再就職できる古い社員達が逃げずに必死に頑張っていた。その姿に心を動かされた。

恥を感じた私は半年だけ会社の再建を助けた。それからまた会社に行かなくなったが、会社への思いはすっかり変った。

さきほど豊田社長が将来の大きな目標を発表したが、私は一個人としてそれよりも強く願いたいことがある。それはここで勤める社員の一人一人の個人の幸せだ。仕事に没頭して家庭を築けない社員がいないか。忙しさで結婚しても赤ちゃんが作れない社員がいないか。

私は経営者として失格だが、ソフトブレーンを創業して良かったと思う。なぜならば皆さんと出逢ったからだ。

さきほど、「宋さんが創業してくれたから私達がいる」とある社員が言ってくれたが、違う。私はそんな立派なことを考えて創業した訳ではない。実際に途中から逃げ出した。

今私がここに居るのは皆さんのお陰だ。あなた方がいるから私がここに居る。

我々が次の40周年記念パーティーを開けるかどうかは分からない。でも続くことが会社の目的ではない。短くても、あなた方がここを通じて幸せな人生を過ごせることが私の心からの願いだ。


この記事へのコメント
20周年記念パーティーでの社員への挨拶を拝読しました。社員のことを大事に考える宋さんの気持ちが伝わってきて、感動しました。
Posted by AM at 2012年08月17日 08:32
利益至上主義、顧客至上主義・・・会社の方向性は色々ありますが、それを実現していくのは社員で、社員を活かすのが経営者です。
そして、これは経営指標では簡単に測れず、また最も重要なファクターでもあります。
宋さんの人間性が、ソフトブレーンを創り上げたとも言えるということが良くわかりました。
ハウツーでは語れない素晴らしい経営者の資質だと思います。
Posted by 坂口 拓史 at 2012年08月17日 08:34
今回のメルマガを読ませていただき、あらためて宋さんに感謝しなきゃ、と思いました。
フリーライターとなってから、短い間でしたが、「ダイヤモンドビジョナリー」の仕事を少し手伝いました。原稿料だけではなく、このときにさまざまなビジネスマンのインタビューの録音を聞きましたが、その内容は現在の仕事をしていく上でも基礎的なものの一つとなっています。スマートブレーンという会社がなければ、ぼくのこうした経験もありませんでした。
でも、感謝したいと思ったのはそれだけではありません。社員の幸せを何よりも優先する気持ちをお持ちだからです。だから、「ありがとうございました」とお伝えしたいと思いました。
ほんとうに、ありがとうございました。
Posted by 本橋恵一 at 2012年08月17日 09:44
宋文洲様

いつも拝読しています。
今回は、泣けてしまいました。
「本音」がストレートに響きました。
ありがとうございます。

私は小さな部署の管理職ですが、
一緒に働いている仲間に対して、「幸せ」を感じてもらえるように、また、自分が「幸せ」を感じられるように仕事に向き合いたいと思います。

これからも、メールマガジン、楽しみにしています。
Posted by 鄭 淳次 at 2012年08月17日 09:59
宋さんは20世紀の企業の経営に向かなかっただけです。
企業とは人です。「私は一個人としてそれよりも強く願いたいことがある。それはここで勤める社員の一人一人の個人の幸せだ。」
こんなこと考えていない経営者のほうが、むしろ普通。自分の経営の失敗をリストラという形で社員に尻拭いさせる。

ソフトブレーンでなくても、日本でなくても、時代が宗さんを必要とするでしょう。
Posted by たかお at 2012年08月17日 10:12
涙が出た.
Posted by 福井 裕 at 2012年08月17日 10:31
宋さんは、相変わらず正直ですね。

今回はでも、「野中ともよ」さんのコラムに、痛烈に同感しました。現在「地域力研究」をやっていて、初等教育の質をどう測定し、どう上げるかということが肝だと感じています。
以下まったく同感です。
イケイケ経済の20世紀ならいざしらず、ましてや坂の上に目指す雲などなく、
新たに新しい空に龍を描くくらいのガッツを持って、国そのものを創りなおし
ていかなければならない、この時に!原発も日米安保も、むしろ未来の若者達
の人生そのものを形成する重要な決断なのに、です。

やはり、教育ということなのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世の中というものは『オカミ』が、何とかしてくれるもの。『シモジモ』は、
長い大きなものに巻かれている方が、恙なくて良し。『選挙?』それは、労働
組合とか企業ぐるみとか宗教法人とか、団体に属する熱心な人々のアクティビ
ティーですよ、その程度の認識でよろしい。そんな空気がいまだに溢れている。

小さい頃から、民主主義の基本を叩き込むことをしてこなかった国ならではの
結果なのでしょう。でも、もはや私たちの人生を‘終身雇用年功序列’で巻い
てくれる長くて大きな企業や自治体巻物は存亡の危機、いや、滅亡寸前なのです。

今回の選挙は、一つの自治体の首長選挙を超えた意味を実は抱えていたと思います。
Posted by 沼田一博 at 2012年08月17日 11:16
SBが東京に移ってきたばかりのころに在籍していたものです。当時正直社長も会長も怪しいこと言うなあと思っていたのですが、そのときは私も若かったので、宋さんがこのような思いで走っているとは思ってもみませんでした。私も退職するときに会長に声をかけてもらったのですが、その言葉も当時は怪しいと思ったのですが、今思い出すと、そうかなあと思います。
Posted by n36w7 at 2012年08月17日 12:31
泣けました。

私は、親に、取引先に言われて
仕方なく経営をやっています。
到底、自分が向いているなんて思えないのに。

200人の従業員、その家族・・。

1人1人の幸せを考えた時、自分は居ない方が良いのでは、と日々自問します。

でも、一時であっても
皆の幸せを、生活を、作れたら・・。
大切な考えに思います。

今いちど、
前向きになって進みたいと思います
Posted by POW at 2012年08月17日 12:46
人に信用されるということはどういうことなのかがわかったような気がします。
また幸せになるためには、他人を幸せにするしかないのだと感じました。
本当にありがとうございます。
Posted by jp_boo at 2012年08月17日 13:13
いつも拝読しています。
今回、何を感じたか自分でもわかりませんが、初めてコメントしたくなりました。
「あなた方が居るから私が居る」確かにそうかもしれません。そう思いたいのかもしれません。でも、実感は全く無いです。
実感の無いことを言うと、ネガティブで駄目ですよっていわれるから、言わないようにしていいます。
考え方一つで、出会いも変わる、感謝の気持ちも変わる・・・恐らくそうなのだろう。
自分心の満たし方を探して30年が経ちます。
Posted by 田村平治 at 2012年08月17日 13:51
宗さん、
いつも楽しく且つ冷やかにメルマガを読んでいます。私も小さな上場会社の経営を経験しました。同じ空間、時間を一緒に過ごした社員の幸せを第一に考えていました。しかし経営者は業績が悪いと幸せなどなかなか言葉に出せないのが現実でした。会社を去った後、社員が第一と改めて感じた次第です。
Posted by 関根 秀昭 at 2012年08月17日 14:00
こういう経営者もいたのかとびっくりしました。野中さんや日本の方はオリンピックで日本選手団が入場拒否されたの知ってるんでしょうか?何の抗議もしないのはどうしてでしょうか?
Posted by junko at 2012年08月17日 16:46
宋さんへ

表情や雰囲気と台詞が噛み合ってない。逆。
これがあなたの第一印象でした。

わたしが宋さんを初めて見たのは爆笑問題の番組内やったと想います。

自分は病気中ゆえテレビをよく視る羽目になってしまっただけなので、
昔から
‘中国がお隣にある’
‘経済がどうの’
に全く興味がなかった。
知らなかったに近い人種です。

いまでも異国の恩恵を大事にする土地柄、京に住んでいるのに
加藤嘉一さんのいう‘中国は懐かしい’感覚はない。むしろ‘異国情緒’。

しかも最初に外に出たのがニューヨーク。これやと輪をかけ親近感湧かず。

でもね、あなたの流した血も汗も涙もいまや結晶。
その結晶が透けて見える限り、居てくれるのが本当に嬉しい。

あなたをただの唐人やと想ってまへんえ。
Posted by 原口 智衣 at 2012年08月17日 17:02
追加。

蛍、
鮮やかに心を焦がせ
強く弱く
光って踊れ

全てのときは一瞬だと
貴方は
答えてくれたひと

貴方は教えてくれたひと


こういう歌詞を想い出した。
Posted by 原口 智衣 at 2012年08月17日 17:26
泣けました。

今、USの会社で働き、USでトレーニング中です。経営層へのアプローチを学んでいますが、改めて、US流の”Wall St”を見ながらの会社経営は、古い、と感じたところでした。宋さんがイメージしている、もう一段上の価値観を基礎とした会社に、社会になればなーと感じています。実行して行きます。
Posted by satoshi at 2012年08月17日 20:07
あなたがどこの国の人であろうと、日本の会社のために、日本人の社員のために、心を砕いてくれていることに感謝したい。
そして、実は、あなたが中国人であることがとてもうれしい。
Posted by 有馬久晶 at 2012年08月17日 22:38
海外にて、休日出勤の合間に遅まきながら拝読しました。思わず、涙が出ました。
Posted by 長谷川陽一 at 2012年08月18日 16:47
宋様

毎号拝読しています。
今回は素直に泣けました。
ジョブズのスタンフォードスピーチをはじめて読んだ時の感動にも似ています。
4年間の中国勤務から帰り、今大企業の子会社の社長をしています。赤字脱却のためご多分にもれず人員を含む固定費削減をせざるを得ませんでした。「リストラで社員にしりぬぐい」させてしまうことをせざるを得ない現実と向き合っています。社員全員で努力し、一刻も早く利益の出せる会社にし、宋さんのように言いたい。それを励みに全力を尽くします。
Posted by 武田 雅宏 at 2012年08月20日 13:24
「なでしこの精神で未来の花束を!!」
一般的に、ある国の脅威度は、政治的距離に比例すると言われる。つまり、両国の政府や政治家の対立志向が鮮明であればあるほど、一般国民は対立する相手の国に対して脅威を感じ、毅然(=きぜん)とした態度という強行手段を自国政府に求めるようになるということである。お金や人、モノなどの交流量が多いにもかかわらず、李 明博 韓国大統領が行為と言動で一線を越えたことに端を発して、日中韓三国の政治的距離は危機的なものになりつつある。心配なほどに、各国のナショナリズムの発火が著しい。「明るくて正義感があってフェアプレーで、常に相手をリスペクトする。それが結集することで大きなパワーとなる。」なでしこジャパンの佐々木監督は、自らが率いるチームをこのように評していた。私たちはいま、東アジアの前途を明るいものにするために、国際問題や相互理解に素養や理解を持たない衆愚となってはいけないのである。私たちはまず、時計の針が未来を刻むことでしか、東アジアの平和や安定、発展は有り得ないということをしっかりと理解し、相手国や国民に対して反発することを自重することから始めたい。
「東アジア市民として、祖国を愛する者として」
神戸を好いとう(すいとう=神戸のことばで、好きであるという意味。)人たちの神戸には、元町のチャイナタウンは含まれているのだろうか。大阪がめっちゃ好きな人たちの大阪には、桃谷のコリアタウンは含まれているのだろうか。私が愛する日本には、釜ヶ崎や西浜・西成(=日雇い労働者など生活弱者が多く暮らす街)はもちろんのこと、元町や桃谷も含まれています。街は、人が作るものです。国も、人が作るものなのではないでしょうか。国は、力ではなく、「祈り」によって成立するものだと思うのです。韓国や中国を嫌うような、思考停止状態に陥(おちい)るのは止めませんか。毅然(きぜん)とした態度という言葉のレトリックに陥るのも止めませんか。強行姿勢だなんて、ただの短絡的な発想にしか過ぎませんよ。東アジアに、そして全世界に、平和をもたらすことのできる国を目指しましょう。「自国のこと」だけを考えていては、私たちは、間違いなく幸せになんてなれないのですから。だって、世界はすべて、どこかでつながっているものです。たとえば、日中韓も、経済やエンターテイメントにおいて、すでに互いを必要とする関係にあるじゃないですか。私たちは、「新しい東アジアを一緒に模索していきましょう!」と近隣の各国に呼びかけ続けるることを自国の政府や政治家たちに求めていきましょう。それが、東アジア市民として、本当に祖国を愛する者として生きていくということではないでしょうか。
----------------------
宋 文洲 さま

コメント欄をお借りいたしました。

三浦 りょう

Posted by 三浦りょう at 2012年08月21日 04:21
思わず涙が溢れました。思っては居ても、なかなか言えない事です。ただただ、素晴らしい。
Posted by 滋賀の しん at 2012年08月23日 10:29
だいじょうぶ、宋さん。

雪のない富士山見たことないけど、ほんまかは置いといて

植物は人間の負の感情を吸い込むらしいです。

山なので大量の負を吸い込んでくれてるかも。富士山は女神さんだけありますよ。※自分は富士山をオジサンやと想ってたわ

わたしも、戦後の暴れん坊対決に巻き込むなよと想う。怖い。

共同開発出来るまで、棚上げしようという未来はないのん@
Posted by 原口 智衣 at 2012年08月23日 16:10
形あるものはいつかはなくなる。会社もその一つ。成長も衰退も背中合わせの危うさの中で存続させることは至難の技である。多くの有能な経営者と呼ばれた先輩たちの足跡をみても容易に歴を重ねた企業など一つもないと思う。物質的な富が存続の過程でもたらされたとしても、それらをもって万感の思いで喜びを得ることはなかなかできない。結局は創業から今という時まで、けして消えずに残り続けるものがあるとすれば、共に苦楽を過ごしてきた人たちの心の中にある思いなのだろうと思う。宋さんのブログは最初からずっと読んできて、多くの気づきを頂きました。この場をお借りして感謝申し上げます。
Posted by 岩佐英一 at 2012年08月23日 18:25
オフィスで読んでいたのに思わず泣いてしまいました。
宋さんのメルマガ・言葉にはいつもあたたかい心を感じますが、今日はひとしおです。
Posted by 真山佳乃 at 2012年08月31日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。