きれいごとを言い合っても世の中は変わらない

私はきれいごとが大嫌いです。したがってきれいごとをよく口にする人間も大
嫌いです。

きれいごとは立派な嘘です。普通の嘘よりも酷いのです。普通の嘘なら見破る
とすぐ反論できますし、騙されないように自分から逃げることもできます。し
かし、きれいごとは国家、天下、倫理、道徳などの立派な隠れ蓑の下で人の意
志をレイプする行為です。

嘘が泥棒であれば、きれいごとは強盗なのです。

私はなぜここまできれいごとを嫌うかというと、中国の文化大革命を経験した
からです。数億人が十年間にもわたってきれいごとを言い合い、人間としての
あらゆる不道徳を革命や毛沢東思想で包み込み、他人を害し、社会を害し、最
後は自分も害しました。その壮大なきれいごと社会が人間社会にもたらした壮
大な悲劇を体験したからです。

その反省からトウ小平が「事実求是」と訴え、「文革」の定説と偽善を打破し
たからこそ、私のような迫害を受けてきた人間も政府派遣の公費留学生にもな
り、皆さんの国に来てこうして日本語で皆さんと議論できるようになりました。
幸い、日本は文化大革命がありませんでした。だから日本は高度成長を成し遂
げ、世界の優等生となりアジアの奇跡と言われました。

しかし、その日本はなぜか90年代初頭から急に成長が止まり、奇跡のように20
年間にもわたってその成長を止めたのでしょうか。

いろいろな人がいろいろな角度から解説を試みているのですが、私は日本社会
が本音を言わず、きれいごとばかりにはまったのが重要な原因だと思うのです。
きれいごとを言うから本質を見失い、本質が見えなければ戦略もビジョンもあ
りえないのです。

我々の身の回りを観察してみましょう。社内会議なのに「……すべきなのでは
ないか」という人がいませんか。裁判官のように偉そうに言っていませんか。
「主語を入れて主観を入れろよ」と思いませんか。

テレビや新聞によく出る評論家を観察しましょう。昨日も一昨日もA新聞から
もBテレビからも聞いたような無難なきれいごとを言っていませんか。立派で
誰にも非難されませんが、その分つまらなくて心に残りません。

きれいごとになれた社会には評論家が大量発生します。きれいごとが武器とな
り、他人を攻撃する時も自分を防衛する時にもこれを使うのです。苦労せずき
れいごとを言っているうちに自分が偉くなる気分になり、世の中のマイナス面
は全部ほかの誰かのせいで、自分だけが正しい気分になります。実際に税金を
払う人がどんどん少なくなり、実体経済がどんどん悪くなるのです。

なぜ国債は2000兆円近くも累積されてきたのだろうか。理由はきわめて簡単で
す。払った税金より使った税金がはるかに多い人がたくさん居るからです。そ
んな人が多いほど国家が成長しなくなり、ビジョンも立てられなくなります。
そのくせに国がしっかりしないから政治家がビジョンを持たないから、我々が
頑張れない、元気がないという人々がいます。これはもう最大、最悪なきれい
ごとです。

仮に国にビジョンがなくても、それがあなたの頑張れないことと何の関係があ
るでしょうか。国のビジョンの下で頑張るのはそれこそ中国の文化大革命であ
り、日本の軍国主義ではありませんか。

きれいごとをやめないと本質が見えてきません。きれいごとをやめないと個人
が自立できません。きれいごとをやめないと日本は元気を取り戻せません。
「きれいごと」を言い合っても世の中は何一つ変わりません。

                              平成23年1月
                               宋 文洲

「『きれいごと』を言い合っても世の中は変わらない」より
https://krs.bz/softbrain/c?c=854&m=1967&v=39116755


この記事へのコメント
真っ当なお話ですね。
その通りだと思います。

自分のブログに改変せず転載&紹介をお許しいただければと思います。
問題があるようならご指摘ください。削除いたします。
Posted by 三牧 義明 at 2011年02月12日 12:02
早く、日本は預金封鎖しましょうよござる。
デノミしましょうあるよ。
もちろん、生活は破壊されますが、多少は未来が見えてくると思うあるよ。
Posted by 預金封鎖しましょう at 2011年02月18日 09:20
その通りだと思います。
しかし、日本の国民がそれを意識していないところが怖いです。
きれいごとを言うのは、国民性と自慢しているような方も周りにちらほらいます。
残りの人生は日本で生活している時間が長いと思いますが、日本人は早く目覚めてほしいです。
Posted by 王紅梅 at 2011年02月22日 17:46
民主主義の建前もキレイ事ですが、私は最初からキレイ事を馬鹿にする人を信用できません。なぜなら、指導者の悪口を言うと酷い目に合わされる社会より、堂々と指導者を非難できる社会の方が好きだからです。よりベターだと思うからです。だから私は最初からキレイ事を馬鹿にする人を信用できません。
Posted by AAA at 2011年02月25日 16:28
我是佐藤,请多关照
非常に同感です!
私の会社にも建前、正論をぶちかます輩がたくさんいます。
評論家は何も付加価値を産みません。
現実を見て、苦しんで落としどころを
見つけられる人だけが付加価値を埋めるとかんがえてます。
評論家の食いぶちを提供する毎日に若干疲れぎみで、一人飲みながらつぶやいてます

乱筆失礼しました
Posted by 佐藤 崇之 at 2011年02月26日 00:17
 "本質が見えてきません"とのことばが心に残りました。自分を客観的に見ると都合の良い本質は見たいけど,不利な本質は見たくないのだと思います。本質はいつも自分を助けるのではなく,傷つくことも覚悟しなくてはならないと思いました。自分の愚かさや至らなさ,つまらなさに正面から向き合うことができるだろうかと自問してしまいます。自分の中にある"きれい事"によって失われている成長の機会を生かしてゆきたいと思いました。
 宋様の記事は国家を考えた広い話をおっしゃっておりますが,私は自分に置き換えるのが精一杯でつまらないコメントとなり申し訳ありません。貴重な意見を聞けましたこと,お礼申し上げます。
Posted by イシオ カ at 2011年03月08日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。