本社ビルと経営者の勘違い

経営者の間でよく伝わる噂があります。それは「○○社が一等地に立派な本社ビルを建てたので経営もそろそろ怪しくなるのでは」という噂です。全部が当たるわけではありませんが、結構な確率でこの種の噂が当たってしまうのはなぜでしょうか。

言うまでもありませんが、企業の唯一の価値は顧客からの評価(顧客価値)。顧客からみれば企業の価値は全部現場にあるのであって、本社にあるわけではありません。本社が強ければ強いほど、現場の決定力が弱くなるのは想像に難しくありません。現場が弱くなる企業は顧客から評価が上がるわけがありません。

立派な本社ビルを建てること、特に便利な一等地に建てることは、飲みに出るのに都合が良いなどの経営者の潜在心理を反映しているのではないでしょうか。本社は権威的で居心地のよい場所であればあるほど、幹部がそこに集まりたくなり、企業全体の気持ちが「官尊民卑」になり、現場の力が弱くなるはずです。

特に世界中に顧客を持つメーカーにとって日本の繁華街に本社ビルを建てる必要はないのですが、建てた経営者の多くは一等地に本社を出すことがブランドに繋がると考えてしまうのです。しかし皆さん、よく観察して欲しいのですが、金融や商社などの信用商売を除けば、一等地にビルを建てる企業はその後殆ど衰退に向かうのです。

問題は現場が弱い企業も決して弱いことに気付かないのです。日本の著名なメーカーの著名な経営者がよく新聞や雑誌で「現場」を語っていましたが、私が知っている限りでは、彼が行く「現場」では赤い絨毯が敷かれたり、部下や代理店の接待が待っていたりします。平社員の苦情や工場倉庫の在庫や社員宿舎のゴミなどに触れる訳がありません。

一等地に立派な本社ビルを建てる企業の経営者は決して頭が悪くなったわけではありません。経営の単純な理屈は誰よりも分かっているのです。問題は気付かないのです。問題は勘違いなのです。自分が聞こえた話は本当の話だと思いますし、自分が見たことが真実だと思います。会った部下は普通の部下であり、部下に同行して訪問した顧客が平均的な顧客だと勘違いするのです。

「臥薪嘗胆」という言葉があります。これは失敗した国のリーダーが再起を図るために国王が敢えて身分相応の宮殿を離れて粗末な場所に住み、硬い薪の上で休息し、苦い胆を舐めるというのです。国王がそんなことをするならば、周辺の大臣や官僚が立派な場所に住むわけにもいかないので、民衆や兵隊の中へとよく足を運ぶようになります。

人間は紛れなく動物です。動物の精神は紛れなく体現や環境から最大な影響を受けます。企業という人間の塊は会議や教育などによって変わるわけがありません。一等地にある立派な本社が経営の気持ちを現場から遠ざかる環境を提供しているのです。

「我々は付加価値の高いビジネスに集中」、「わが社は世界トップレベルの技術を維持する」、「決して外国にノウハウが盗まれないように」・・・立派な本社ビルにこのような傲慢な言葉も飛び交うのです。しかし、世界中の顧客はそれと全然関係のない価値体系の中で別な選択をしているのです。

立派な建物に問題があるわけではありません。そこに陣を取る経営者達が勘違いと思い込みの激しい集団に成り遂げていくのです。


この記事へのコメント
宋さん、いつも楽しく読ませていただいています。

私も全く同感です。
人間の弱さが一番明瞭に表れてくるところだと思っています。

人は、自分の周りの人や物事を通じて外界を見ています。
その周りが偏っていればものの見方も偏ってくる道理ですね。

同様な事例に、経営者や知事など権力者の引き時等もあると思います。
人間にとり、とりわけ男にとって、
権力や肩書きを手放す事は、もっとも難しい事の一つではないかと思います。

立派な本社を建てる事は、男にとってある種
夢の実現です。
その夢の実現が、その人の崩れていくきっかけになる
なんて、かなり皮肉な事ですね。

私も改めて自戒したいと思います。




Posted by 野口 伸雄 at 2010年11月12日 08:56
気がつかないのも無論ですが、もっとタチの悪いのは現場と本社の乖離を承知の上で、あぐらをかく経営者です。しかし、彼らはある意味、頭がいいのです。現場の不条理を知りながら、数字の上で、経営上、まだ問題ない状況である事をちゃんと押えているのです。
本社を一等地に立派に構える事自体は、対外的に広告塔的な要素として必要な面もあり、一概に悪とも決め付けられません。問題は経営者がその本質をわかってやってる事なのかどうかですが、タチの悪い経営者はこれを、自分の虚栄心の建前に、この正当性を利用するのです。
こういう御仁は一見、立派な経営方針を語り、わかった様な事を言うので苦言の呈しようがありません。
自分の都合の良い様に、その都度理屈を正当化する経営者ほどタチの悪い奴はいません。
社員も何となく不条理を感じながらも、本社・現場はこういうものだと納得してしまうからです。まだ、勘違いや気付かないご仁の方が、救いの道があるかもしれません。
Posted by 白石 哲也 at 2010年11月12日 09:36
宋さん、ご無沙汰しています。いつも楽しみに見ています。
今回の内容は、本当に身につまされる内容でつい我慢できずにコメントを書いてしまいました。
私の会社も本社ビルを新宿の一等地に二つも建ててからおかしくなりました。

本社が強くなり現場が衰退した結果、正に見事な右肩下がりの売上実績を計上し続けています。このままだといずれ倒産かどこかに買収という結末を迎えることでしょう。

やはり経営者の慢心や会社を一から大きくしたという自負、現場をないがしろにした結果が顧客離れを引き起こしたと感じています。
企業の30年説も影響していると思います。

今は本社ビルも売却し、これから駅から遠い不便なところに引っ越して再起を図っていくところです。
経営者も変わり、正に企業として生き残りをかけた改革を実行中です。
できれば宋さんに経営アドバイザーに入ってもらいたいくらいです(笑)

宋さん、日中関係がぎくしゃくしていますが、これからもメルマガ楽しみにしています。元気でがんばってください!! 爆笑問題も今からほんとに楽しみです。

これからもよろしくお願いします(感謝!)



Posted by WATANABE. Y at 2010年11月12日 09:49
経営者仲間が多いため、とても柔らかい表現ですね。日本人以上の気遣いだと感じました。こういう時に書く理由は、どこかで勘違い本社ビルを見たのでしょう。
もともと創業経営者とサラリーマン経営者は「月とすっぽん」くらい違います。前者はゼロから事業を作り出し、後者は遺産を譲り受けただけです。
サラリーマン経営者は「誰がなぜお金を払ってくれるのか」とか「どうして儲かるのか」なんてことを真剣に考えません。そんなこと考えなくたって、昨日も今日もおそらく明日も安泰です。業績が悪化してクビになった社長なんていません。倒産は運が悪かった、不況だった、部下が悪かったとすべて他責です。
サラリーマン経営者ほど、おいしい商売はないのです。
そういう現代社会で満ち足りた人は見栄が欲しくなります。
どっかの愚かな人間が「男の夢」とか書いているとおり、事業とは関係ない私物化した発想を恥ずかしいとも思えなくなるのです。儲かった金を還元するところは、いくらでもあります。
悲しいかな人格の大きさ程度の支出しかできないのです。できないんだから本社ビルぶったてて、銀座の女とゴルフに狂って、口達者な愚鈍な人間を取り立てて、少しでも早く倒産してくれたほうが世の中のためだと思います。
新しい企業が出る余地ができますからね。
Posted by たかお at 2010年11月12日 10:10
宋さんこんにちは。
仕事柄そのような立派な本社ビルの、企画や建設に関わることもあり、とても身に迫る話題として拝読しました。
中で、現場重視を標榜される経営者の赤じゅうたんの話がありますが、まさしくそのような事例に事欠きません。裸の王様というのはどこにでも、いるものです。
もちろんそこをダイレクトに突っつくと小生も仕事が成り立たないので(出入り禁止!?)、コンサルティングのネタにはしつつ、婉曲に対応することになりますが。
せっかく多くの資金を注いで、しかもそれを「変革の象徴として」作ることの多い本社ビル、肝心の現場の社員のモラル低下にならないよう、あるいは顧客との距離感が生じないよう、しっかり考えて作りたいものです。
Posted by おおたに at 2010年11月12日 10:11
日経ビジネス連載中からずっと読んでいます。
宋さんの人間愛に溢れたものの見方に、いつもハッとさせられています。

前回、宋さんのお父様の言葉、“犬に噛まれたら噛み返すのか?”には、感動しました。

私の知っている会社も、全くこのような経緯で、事業経営が悪化していきました。
本社が、まるで年中温度湿度管理された無菌室のような居心地のいい所になってしまい、
現場で悪戦苦闘している社員の体感温度とどんどんかけ離れてしまうのですね。

(余計なお世話ですが、最後の一行は、“・・・集団に成り下がっていく”としないと、
意味が捩れてしまうと思います。)

Posted by 平井久仁子 at 2010年11月12日 10:57
100%賛同します。
経験則ですが「居心地の良いオフィス」もまた、社員を堕落させます。
高層マンションでは、高層階の方が人気だが短命になるというデータもあるそうです。
地に足をつけて、ということなのでしょうか。

Posted by 中井隆司 at 2010年11月12日 11:00
今日のコメントを読んで、この人は会社経営の経験が無い人だと直ぐに感じました。

この様な書き込みを世間にするのであれば必ずその事例も書くのがあたり前です。

何処に会社のオフイスを建て様が、上手く行けば人からとやかく言われる筋合いでもありませ。どの様な経営形態でもビジネスを遂行
する上で他人には関係ない事です。

早く言えばそれがビジネスの一つ、投資にも
なる事が有ります。

僅かな事例で、まるでそこの会社の経理を見て、監査をしてきた様な事を言う人が居ます
が、それはうぬぼれと言う評論です。

私はアメリカで30年間小さな会社を経営
致しましたが、アメリカでは最初の2年で
70%までは消えて行きます。

30年後には2%も残りません、私はそれを
維持して引退まで経営いたしましたが、
会社経営の実績と、利潤を上げたことも無い
人間の観点での評論は無意味です。

その様な事例は世界中、同じではありません、貴方のビジネスに対しての視野の焦点が気になります。
Posted by Rick Noguchi at 2010年11月12日 16:56
 いつも興味深く拝見しています。
今回の話題はお話としては判るのですが、良い本社ビル→堕落する経営者→現場からかい離したマネージメント と見えるわけですが、少し経営者をステレオタイプに見すぎていませんか。
日本でビジネスをする効率の良さは、東京や大阪のビジネス街に多くの会社が集まってことにもあると思います。そのビジネス街はそれなりに美しく、仕事ができやすい環境が必要と思います。
経営者は社員に少しでも良い環境と仕事のやりがいのある立地を与えられるような励ましや刺激をすることも大切なことと思います。
不必要に豪華な経営者の部屋を作ったり、見栄が目的のような投資が認められるような会社はその時点で下り坂の上に居ると思います。
整然とした便利なオフィス街、そこにある機能的な建物、むしろ奨励すべきではないでしょうか。臥薪嘗胆はそこに行きつくまでの過程と思います。
Posted by 旭 昇 at 2010年11月12日 17:12
 論長論短への意見ではないのですが、前回の「朝なま」で宋さんを拝見してがっかりしました。
 人が発言中なのに割り込んでくる。司会者の指名もないのに勝手に喋り始める。
 大声。
 人の意見を聞かない。

 ずうずうしくて下品。
Posted by 上原 直治 at 2010年11月12日 19:03

宗さん、今晩は〜。

私は今商売をやっていて大企業の経営は想像だけですが宗さんの仰っしゃりたい意味は合点がいきます。

私は一人で掃除から接客から総てやってるのでお客の不満や不快な出来事など肌で感じ取れるので直ぐに改善をしようと着手出来ます。 そして現実に客の財布の紐の硬さを感じると贅沢は出来ません。 これが儲かってきて他人に任せっぱなしにした時に贅沢をし始め小さな事をないがしろになることが想像出来ます。現に同業の店では埃が溜まり不衛生で口コミで悪い噂になってます。
規模は違っても人間の犯しやすい油断は古今東西陥りやすいものだと思います。

身近にも規模は小さくても慢心で会社を潰した人を何人も見ています。私も肝に銘じたいと思います。
Posted by まりこ at 2010年11月13日 23:04
おはようございます。
今回も異論はございません。
現場あっての本社、本社あっての現場。それぞれの立場の方が他の立場を理解することが大切なのだと思います。
それにしても僅かな事例で物事を判断と言っておきながら自ら30%とか70%とかそれもまた僅かな事例であると思いますし、ずうずうしくて下品という言葉を簡単に使うこともいかがなものかと思います。
保険だって僅かな事例から成り立っているものだと思いますし、限られた時間で自分の思いを伝えようと思えば誰だって人の話は聞かなくなるし、割り込むし、大声にもなると思います。宋さんは神様ではないと思います。
いろんな方がおられて大変かと思いますがこれからも宋さんのご意見を楽しみにしております。
ありがとうございました。
Posted by ごろんた at 2010年11月16日 11:30
「朝生」の宋さん、僕は好きでしたけどね。
空気を読まない宋さんらしい振る舞いだったんではないでしょうか?
おとなしい僕は勇気づけられました。
Posted by 古川 誠 at 2010年11月16日 16:27
最近 親会社が本社を一等地に移しました。
宋さんのコメントされた通りにならないか心配です。

「傍目八目」の初めの頃からメールマガジンを拝読しており、最近の「リーダー論」も読ませて頂きました。手前味噌ながら、自分の行動は「偽リーダー」の対極の行動だ、と少し安堵しました。しかし現実は厳しいものです。

現場にいることを信条とし、現場から得られる話を親会社に訴えてきましたが、親会社の弊社担当者のほとんどが「偽リーダー」である為 責任のなすりあいになり、いつも最後は私が尻拭いを・・・。耐えられなくなり、ついに代表を降りてしまいました。いきなりいなくなると言う無責任な事も出来ず、会社に残って頑張っていますが、状況は悪くなるばかりで、涙の出る思いです。

私は、宋さんの言われること、コメントされることが正論に近いと思う事が多いです。これまでもその考えに基づいて行動してきたつもりですが、実行すればするほど厳しくなるばかり。どうしたら事態は好転するのでしょう?





Posted by K at 2010年11月17日 17:16
蓮舫さんは「王様の耳はロバの耳」とはっきりと言ったのだと思います。補助金に群がっている寄生虫の様な自称科学者達が保身のために蓮舫さんの正論に対し難クセをつけていますね。そもそも蓮舫さんを非難をしている連中に根拠などありません。そりゃそうです、非難の元が感情論なんですから。やはり日本生まれの日本人は血が濁っているのか発想も言行も狂牛病の牛の様で駄目ですね
Posted by オザワ at 2011年01月19日 22:00
「一位じゃなきゃダメに決まってる」といっていた連中はほとんどその理由を理論的に説明できていない。
Posted by 半 at 2011年01月27日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。