日本の競争力は「日本らしさ+アルファ」

先日、オリンパスさんのシンセン工場を見学しました。案内してくれた現場の責任者は30代の中国人の若者で皆から「ダイちゃん」と呼ばれています(戴さん)。

なんと新卒から入社してもう15年目というのです。彼は30人の組み立てラインの時代から8000人になった今までの歴史を語り、各製造工程の現在の細部の取り込みも紹介してくれました。

彼は口癖のようにオリンパスのことを「我々」と言うし、しきりに日系を含む他社との違いを強調していました。その表情は誇りに満ちていました。工場の排水処理について聞かれた時、彼は特に熱が入りました。「すべての排水はきちんと再生され一部トイレなどに使いますが、余った水は敷地内の池に溜めます。宋さん、安全を示すために僕らはあの池に魚を放しましたが、今は皆大きくなりいっぱい繁殖しましたよ」。

労務管理について聞かれた際、彼は20代の工員達を指して言いました。「彼女達は10年前の工員と全然違う。我慢しなくなり、金銭だけのために仕事をしなくなりました」。「どう対応するのですか」との問いに彼は「現場からの提案を奨励し、横のコミュニケーションを強化する」と答えました。

これ以上細かいことは書きませんが、全部日系企業の良さでした。現場に日本人社員を一人も見かけませんでしたが、日本企業の良さが自然な形で社員と組織に浸透していると感じました。「見える化」の一環として壁にはいろいろな指標のグラフや表が書かれてありますが、説明文の中国語にカタカナが混ざっています。

「どうしてそうなっているか」と聞くと「そうすれば日本人も中国人も無理なく読めるから」というのです。どうも中国人社員はカタカナを新しい漢字として認識しているようです。

「御社の日本人についてどう思いますか」と聞きましたが、ダイちゃんは「うちの会社が任せてくれるからやり易い。工員の不満も責任をもって解消できる。だから労働騒動もない。うちの鈴木をみれば分かるでしょう。オープンだよね」。

ダイちゃんがいう「うちの鈴木」とはオリンパス中国の総責任者の鈴木専務のことです。実はこの日、私は鈴木専務の要請でシンセンの工場にきました。彼は応接間で私の見学終了を待っていました。鈴木専務がダイちゃんを見る視線はまさに日本企業によく見られる上司が部下を見守る温かい視線でした。

オリンパスの内視鏡は中国市場の7割を占めていると言われています。私はもともとその内視鏡の責任者である彦坂さんに頼まれて営業の見える化、サービスやマーケティングとの連携の仕組みを提案していました。

トップは日本人ですが、そのトップの彦坂さんは中国人社員からあたかも中国人のように接されています。14年以上の滞在経験と24年にわたる中国ビジネス経験を通じて言葉の問題はもちろんありませんが、何よりも中国人幹部との感覚の融合です。その感覚を持っているからこそ、中国の各種医学会、著名大学、地方政府の中にも入り、その存在感をいっそう大きくしています。

先日、彦坂さんが私に嬉しそうに「うちの社員はジョンソン・アンド・ジョンソンにスカウトされたよ」と言いました。ようは「自分達が育成した社員はあのジョンソン・アンド・ジョンソンも欲しくなる」ということです。そこには「裏切り者」との思いが一つもないのです。

日本企業の強さは決して欧米のやり方を真似することではありません。グローバル展開は決して東京本社に英語を導入することではありません。日本らしさにオープン精神を加えてこそ日本企業の競争力です。


この記事へのコメント
おはようございます。
「ここまで育てたのに他社に引き抜かれると困る」ではなく、我が子のように社員を見守ることが出来るようになりたいものです。
ありがとうございました。
Posted by ごろんた at 2010年09月03日 08:34
「日本らしさ」。。。ほとんど失われかけていますね。おそらく多くのコメントが宋さんのおっしゃるとおりです、日本らしさを忘れずにいましょう、と書くことでしょう。そして、その日に取引先、部下に対し、非礼、無礼な仕事を多くの人がすることでしょう。
「日本らしさ」をもつには、自分に強さが求められます。古い時代の武将、武田信玄が「人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇は敵なり」といったのは、頂点に立つ者の心得と、部下の各々が投げ出さないで身を賭して職務をまっとうすることをいっています。これが本来の日本らしさなのでしょう。
しかし、今の日本にどれくらいそういう人がいるでしょうか?そこまでの忠誠を尽くせる人間関係があるのでしょうか?グローバルスタンダードというものを目指した日本はまったく逆をここ20年行ってきたのではないでしょうか?
話題にされているオリンパスも鈴木さんという人が優れているからで、オリンパスが本当にそうなのでしょうか?
「日本らしさ」は日本人に生まれたから身に付くものじゃありません。厳しい鍛練が必要なものです。
Posted by たかお at 2010年09月03日 09:36
いつも拝読させていただいています。ブログが更新されるのを楽しみにしています。
グローバル化とは世界を日本に取り込むことでもなく、日本を世界にばら撒くことでもないと思います。日本らしさにオープン性が加われば、良い所は自ずと取り入れられるということですね。
今日も勉強になりました。ありがとうございます。
Posted by ながさわ at 2010年09月03日 09:50
今日のコラムを読んで涙が出ました。こういうこと今の日本のメディアは伝えない。宋さんにこそ日本の官房長官か報道官になってほしい。
Posted by 田名 at 2010年09月03日 10:34
いつも感動的なコラム頂戴しております。今回も大変素晴らしかったです。
 2-3日前、ある新聞に”3人の和僑”の方が紹介されていました。なぜ、中国に来たか。理由は、中国人の目の輝きが、今の日本人と違って、輝いていると。残念ながら、これが日本の現状の一端かも知れません。
 高度成長時に持っていた迫力、向上心、そして何よりも類を見ない競争心を忘れています。忘れたのが、社会、環境のせいだと思わず、各人が自分の中で突破口を見出し、国内で、輝かしい目を持った若者、団塊の世代の方々の集団的発生を期待します。
Posted by ogou at 2010年09月06日 10:50
たかおさんのコメントが印象的でしたが、宋さんの挙げられた工場は鈴木さんという個性によって支えられている面は無いのでしょうか。

日本企業はとかく属人的です。担当が変わると方針も対応も変わります。

戦前、戦中もそうでしたが、人に寄らないシステムを作り上げることが苦手な国民性のように思います。

幼少時から同質の人間と過ごす時間が圧倒的に多く、「異」を受け入れる思考が養われないのが原因かもしれません。

ゆえに阿吽の呼吸でコミュケーションが取れる空間を作ろうとします。異質な存在を排除する排他性もそこから来るのだと思いますが、いまはグローバル化のなかで国民性の大きな変化を求められているのかもしれません。
Posted by すなが at 2010年09月10日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。