偽リーダー論

私にはリーダー論を語る資格がありません。今の自分はリーダーではありませんし、リーダーとしての過去の経験もとても浅く組織も小粒だからです。

しかし、私はたくさんのリーダーと友人であり、お付き合いを通じて彼らを身近に観察し本音を聞きだす機会がたくさんありました。この友人達には世界でも著名な企業のトップも居れば政治家も居ればスポーツや芸能の監督も居ます。

小泉元総理の話ではありませんが、まさに「人生はいろいろ、リーダーもいろいろ」です。この「いろいろ」にはリーダーのあり方が「いろいろ」あるという意味だけではありません。「リーダーでもないのにリーダーになってしまう」意味も含まれています。

だから「リーダー」を語るよりも「偽リーダー」を語るほうが早いと思います。

・私用なのに会社の経費を使う
個人会社、家族経営ならば問題ありません。組織をリードし、大きな目標に向かうリーダーにとってこれはモラルの問題ではなく、気持ちの持ち方の問題です。要はそんな小さなメリットに目が向くほどの人物は大きな意志が持てないということです。

・自分の給料だけが他のメンバーより格別に高い
よほど明確な業績と特殊能力がない限り、リーダーは周りの仲間より抜群に高い給料をもらうべきではありません。それは嫉妬と言えばそこまでですが、人間の潜在心理として東洋西洋を問わず、周りの人間はその格別に高い給料の正当な根拠を探そうとします。「リーダーは個人能力ではなく組織メンバーの能力を活かす」という原則論から見れば、根拠を探しにくい設定は組織の戦闘力を阻害します。
「うちの部長を偉くさせたいから俺は頑張る」というオヤジがたまにいますが、それは媚び売りに過ぎません。組織メンバーはリーダーの成功のために働かないのです。

・責任を転嫁する
「俺の管轄ではない」、「俺の判断ではない」、「○○が・・・」。不味い結果が出た時の振る舞いは最も偽リーダーを見分けるよい瞬間です。他人が逃げる時に前進するのがリーダーです。普段大したことができないならせめて肝心な時にリーダーであることをアピールしてほしいところですが、細かいことにうるさいわりに肝心な時に雲隠れする。こんな人がどうして部下からリーダーとして認められるでしょうか。

・高邁なことをよく言う
仕事も生活も毎日続く単純なものです。高邁な理念やスローガンを繰り返しても社員の本音は“飽き飽き”です。それよりも組織の目標を確認し、毎日の進捗とそのための具体論にエネルギーを注ぐほうが効率的です。本来、リーダーも社員も高邁な理念で仕事していませんし、スローガンよりも活動を通じて伝える経営姿勢のほうが心に響くのです。

社員は冷静な分、本質を本能的に見抜いています。「綺麗ごとだな」、「言っていることをやっていないじゃん」と冷めているのです。特にリーダーが私心のために公費を使ったり、格別に高い給料を設定したりすると、ますます社員の冷静判断を証明する結果となり、リーダーシップがとても成り立ちません。

本日は取りあえずこんなところにしようと思いますが、感想と言えばまだまだたくさんあります。皆様のご反応をみて続けるかどうかを考えます。

最近よく思い出すリーダーの言葉があります。上場したばかりの私は、2001年、伊藤忠の丹羽さんのところにご挨拶に行きました。「宋さん、お金ができたら奥さんに渡しなさい。そんなものがないと思ったほうが良い仕事をする」と言われました。

その当時、意味がよく分かりませんでしたが、10年後の今、やっと分かってきました。リーダー論が難しいのはここなのです。経験が足りないと分からない境地が多いのです。
この記事へのコメント
おはようございます。
私はリーダーでもなければ英雄でもありません。単なる一個人に過ぎないのですが、私も少し分かってきたことは、お金を稼ごうと思って稼ぐことは非常に難しいということです。英雄になりたいと思って英雄になることも、リーダーになろうと思ってなることもとても難しいことなのだということです。おそらく気がついたらそうなっていたというのが本当のところではないでしょうか?無心でなにかを守り続けた結果なのだと思います。
こんな人になりたいなと思う人はいつも「地道に努力することが大事だよ。」とか「私も皆さんもそれなりの苦労をしてきただけですよ。」とか今更そんなことということをおっしゃいます。立派になればなんとでも言えると思っていたのですが、本当にそう思っているんだなということが少し分かってきました。
リーダーとは宝積の精神そのものだと思います。
ありがとうございました。
Posted by ごろんた at 2010年07月23日 09:06
いつも楽しく読ませてもらっています。
私は起業して16年、現在70名の会社において、3代目社長をやっております。
今回の「偽リーダー」の記事を、創業者の振る舞いや自身のチェックをしながら、読ませていただきました。
「皆様のご反応をみて続けるかどうかを考えます。」ということだったので、ぜひ!続けていただきたく、メールしました。

Posted by 加島禎二 at 2010年07月23日 09:07
「自分の給料だけが格別に高い」という指摘はなるほどと思いますが、その「格別」というのは結構ビミョーかもしれません。

トップと2位グループの差が一桁以上あると「格別」で、差が数割程度ならそうでもないというのが日本的感覚ではないでしょうか。創業者がトップだと「格別」でも不思議はないが雇われトップだと疑問符が残るということもありそうです。

いずれにしても日本は妬みと嫉みの世界であることは論を待ちません。
Posted by 田二谷 正純 at 2010年07月23日 09:14
宋さん
リーダー論全て同感です。特に後段の丹羽氏の言葉はその通りです。私も庭師氏の部下として伊藤忠の最も厳しい局面(挨拶されたのはその頃)を経験しましたので納得できます。
Posted by 森 俊夫 at 2010年07月23日 09:15
日本エル・シー・エーの木下です。
先日はお忙しい中、ご面談頂きまして誠に有難うございました。

その時にも申し上げましたように、宋さんの過去のメルマガ同様、今回も「本音・本質」の軸は決してブレず、現実的だと感じました。

私自身も社長(リーダー)として、「改めて戒めていきたい」・・・と感じた有難いお話でした。

また、お会い出来る事を楽しみにしております。
宜しくお願い致します。

Posted by 木下義和 at 2010年07月23日 09:29
偽リーダー論をとてもよく捉えられていると、思いながら読ませていただきました。どうぞ引き続いて掲載して頂きたくお願いします。
Posted by 淺野 喜宏 at 2010年07月23日 09:38
地位、名声、それらを得た人達は案外それを気にかけておらず、宋さんが書かれていたその「経験値」を大切にされているのでしょうね。
リーダーシップと経験値が=(イコール)になるよう、常に自問したいです。
Posted by Amleth at 2010年07月23日 09:43
今回は宋さんの意見に大賛成です。
もっと言えば・・・偽リーダーである事を見破る場面は、他にもたくさんありますね。偽リーダーの公私混同については金銭だけではありません。個人的な理由による感情の起伏を、そのまま組織のメンバーにぶつける人もリーダー失格だと思います。いずれにせよ、このテーマの続編が書かれる事を希望します。
Posted by 笑うオヒョウ at 2010年07月23日 09:54
はじめまして。
今回の「偽リーダー論」を拝見して、とてもすっきりしました。

会社ではNo.2として仕事をさせてもらっていますが、上司(=サラリーマン社長)のいろいろな行為に常々疑問+不満を持つことが多く、自分が心の狭いねたみの多い人間なのでは…と悩んでいましたので(笑)。

とはいえ、自分の行動にもそれに近いところがないか、現在、将来にわたって、人に言うよりまず自分からきちんとモラルを守って行きたいと思います。

このテーマの続編をお待ちしています。
Posted by NAPPY at 2010年07月23日 10:41
宋さんのいうリーダーはマネージャのことかな?定義しないと、リーダーとマネージャは同じじゃないですから。
そして、確かに人によりリーダーとしてのやり方は違いますが、基本的なところではセオリーがあります。
ごく普通の会社はそういう教育をしないで、マネージャやらリーダーにします。だから、たくさんの勘違いが起きます。私からすれば狂気の沙汰で、会社で相当に高い方に勘定されるはずの資産を、素質があるかどうかもアヤシイ個々人にフリーハンドでまかせるのですから、もう少しなんとかしたほうがいいと思います。
個人的にはそうじゃない、マネージメント教育のある会社に育ちましたから、他社の自称マネージャ(いや、肩書きはたしかにそうですが)の考え方、やることがあまりにも原始的で心配になることがしばしばです。
Posted by たかお at 2010年07月23日 11:06
宗メールをありがたく長い間ただ読みをさせて頂いています。常日頃「そうそう!」とか「ナーるほど」と思いながら読ませていただいていますが、今回は宗さんが「皆様のご反応をみて続けるかどうかを考えます。」と述べられているので初めて投稿させて頂きます。

私はリーダーを考えるときに2つの言葉を座右の銘にしています。
・私に与えられる唯一の勲章があるとしたら「逃げ出さなかった者」だけだ。(これは第3代国連事務総長だったダグ・ハマーショルドの自分の日記に記されていた言葉です。)
・実るほど頭を垂れる稲穂かな

リーダーがリーダーであり続けられるのは(リーダーは地位=権力によってリーダーであり続けられない時代になっています)大きな聞く耳を持っていることと、修羅場になった時に逃げ出さず全知全能をかけて対処すると信頼されて初めてリーダーとして認知され続けると考えています。
これらを支える人間力・胆力は、フロントに出て、修羅場をいくつも乗り越える事によって初めて鍛え続けることが可能だと考えています。

若い頃、裏切られたりがっかりしたりしたときに、「自分は絶対ああはならないぞ!」と心に誓った思い出を今も鮮明に思い出します。
Posted by samejima at 2010年07月23日 11:32
宋さんのメルマガは、いつくもじっくり拝読させていただいております。
毎回、為になり尚且つ考えさせられる内容が多く、有り難い限りです。
近く経営者になるかもしれない自分としては、今回の「偽リーダー」の内容は大変参考になりました。
経験しなければ分からない事を、経験する前から把握しておけることは大変有り難いので、ぜひ続けていただきたいと存じます。
ありがとうございました。
Posted by リーダーもどき at 2010年07月23日 11:34
偽リーダ論に共感します。こういう本質を鋭く指摘される方は貴重だと思います。
ハウツーものに溢れた情報の中で一際新鮮味が感じられます。
さて、この記事を読んでわが振りを治すことができるリーダは、一体、1000人中何人いるのでしょう。共感又は認識すれど治すに至らずで終わるのがほとんどではないでしょうか。良いことにも悪いことにも慣性の法則が働くような気がします。良い慣性力を加勢し、悪い慣性力を消滅させるためにも宋様の発信するバイアスが必要です。そういう意味で、このコラムを繰り返し発信していただければ幸いと存じます。
Posted by 伊東秀民 at 2010年07月23日 11:56
いつも興味深く拝読させて頂いております。
宋さんのおっしゃることは特に現実と必要論を特に鋭く突いている点が共感をもっております。
しかし、今回僭越ですが一つ鼻につく点を述べさせてください。
宋さんはよく「どこどこの社長さんが〜」とか「世界でも著名な企業のトップが〜」とかよく言われますが、このような多くの著名な方と宋さんが親交があることは皆さん既にご存知なはずですし、わざわざそのことを具体的に言わなくも「ある会社の社長さん」とか「あるリーダーの方」という表現で十分伝わることだと思います。このようなことは私の嫉妬だと思われる方もいることと思いますが、私が何度か講演を依頼されてお話した場合でも私は自慢じみた言い方を決してしないよう心がけています。
やはり自分の話を聞いてくれる方は、自分の話を少しでも参考にしたいという謙虚な気持ちの方がほとんどだと思いますので、少しでも自慢するような響きの言い方には、中には鼻について「おごり」を感じる方も出てくるように思います。確かに個人商店から押しも押されぬ有名上場会社に育て上げた方にこのようなことをおっしゃるのは嫉妬のように受け取られるかもしれませんし、その程度のおごりがあっても当然なのでしょう。更にほとんどの上場企業の会長さんや創業者の方は宋さんのような一般社員目線の方はまずいらっしゃらないのが現実だと思います。しかしだからこそ宋さんのような親しみをも感じ取れる成功した企業創業者には、いつまでも他の著名な方とは一線も二線も画して頂きたい思いです。
これからも、特に日本企業の経営者の常識に対して一石を投じて頂けることを私も一経営者として期待しております。
Posted by Hiros at 2010年07月23日 12:13
おはようございます。
私も同じ意見です
次も読みたいので是非続けていただきたいです。
よろしくお願いします
Posted by 瓜生 利典 at 2010年07月23日 12:18
平社員のころ「こういうリーダーにはなりたくない」というのはあるんですが、
「この人のようになりたい」という具体的なイメージはないんですよね。
なので「「偽リーダー」を語るほうが早いと思います」は心にフィットしました。

年齢を重ねて、自分がリーダーになってみると、ほとんど思い通りにはできず、
自分の力のなさを痛感します。子供のころ、何回も転んでやっと自転車の
乗りかたを覚えたことを思い出しました。
「経験が足りないと分からない境地が多いのです」には救われた気持ちです。

そういえば、僕が子供のころ、テレビで加山雄三さんがこんなことを
おっしゃっていました。「結婚して子供ができると親といわれるが、
子供が3歳のとき、親も3歳なんです」

なんて正直な大人なんだろうと思いました。
Posted by 管理人のゆい at 2010年07月23日 12:23
いいお話有難うございました。皆のためにどれだけ苦労できたか、それだけがリーダーの存在価値だと私は思っています。

ぜひ偽リーダー論、お続け下さい。
Posted by りゅうほう at 2010年07月23日 12:37
偽リーダー論について、ほとんど納得です。ただ、「高邁なことをよく言う」については、リーダーは理念や会社の方向性を語る必要もあるように思うので、ある程度は必要なことのようにも思います。こればかりではダメだということは、ご指摘から十分わかりますが。
Posted by 田中正美 at 2010年07月23日 13:16
宋さんの記事をいつも愛読しております。しかし、今回の偽リーダー論の読了感は残念ながら芳しくありません。いつもの切れ味がないばかりか、リーダー論に対して、最初から逃げの姿勢が顕著です。世間に喧伝されている偽リーダーの枝葉末節をいくら羅列しても、眼の見えない人が象の足を丹念に撫で回しても全体像が把握できないのと同じで、リーダーの実態に迫ることは出来ないと思います。まして、今後の読者からの反応をみて続論を展開したいとのご意向は、読者に阿るように見えて残念です。リーダーの実態はそれぞれに千差万別です。こう申しあげると大変に失礼な表現になるかもしれませんが、宋さんの愛読者であることに免じて
Posted by 鄭孝相 at 2010年07月23日 13:58
いつも勉強になる記事をどうもありがとうございます。

リーダーとして私がベンチマークさせて頂いているのは、ライブレボリューション社の増永社長です。

2003年5月20日に当時、大和証券に勤められていた先輩から勧められて以来プレジデントビジョンの愛読者でもあります。

今回の記事を拝見し一番に私の中でイメージできた方は、同社の増永社長でした。

これからもずっと見ていきたいと思っております。
Posted by Ryusuke70 at 2010年07月23日 13:59
偽リーダーの元で事業を展開する立場として、会社を存続する為に経営者(偽リーダー)とどう向き合えば、良いのでしょうか?

どうか連載を続けて頂きたいと思います。
私も諦めず、その「ヒント」を見つけたいと思います。

*笑うオヒョウさんに「1票」
Posted by sexywave at 2010年07月23日 15:47
宋さん

いつも本質を鋭く突くメルマガ楽しく拝読しております。
今回、珍しく短い文章だなと思ったら、反応を見るということだったので、感想を記します。
一言では「まったく同感です」だけでは失礼なので、思うところを少し述べさせて頂きます。
「自分の給料が格段に高い」について
そもそも、一緒に仕事をしているメンバーを、自分から見てどう捉えているかが、処遇のすべてを決めるのではないかと、常々思っております。
トップの中には、「彼ら社員とその家族の生活を支えている」と言う人がいますが、私は、この言葉に、若干抵抗を感じます。
サラリーマン社長ながらも、三社ほど経験させて頂いてた、全社員とその家族が集うというあるイベントの際のできごとです。自分の右腕とも頼む経営幹部の「社長、我々はこれだけの社員とその家族、人数では社員の3倍〜4倍の人達の生活を支えているんですね」という言葉を聞いた瞬間、その幹部を激しく一喝したのを憶えています。
間髪入れずに「支えているのではない、社員とその家族に支えられているんだよ」と諭しました。
ビジネスマンが出世を望むのは、別段悪いことでもありませんが、大別すると身分指向型と役割機能発揮型になります。
役割機能発揮型のリーダーは部下から厚い信頼を得ることができます。身分指向型のリーダーの部下には面従腹背が多く発生します。
役職観が間違っている人が意外に多いのです。平たく言えば社長は社長の仕事をする人、部長は部長の仕事をする人に過ぎないのであって、特別エライ人間ではないのです。
私は、部下という言葉が間違っているとは思いませんが、何となく抵抗を感じるので、メンバー、とか仲間という表現をします。彼らを同志と思っているからです。
同志と思っていたら、「破格の給料」は取れない筈、世の中、ちょっと勘違いしている人が多くなっているのでは?と想う今日この頃です。
宋さん、ぜひ連載をお願い致します。
Posted by 大下 at 2010年07月24日 20:53
宋さん、非常に良いテーマが続いていますね。
また、ぜひ教えていただきたいのはこれです。よくリーダー(欧米企業含め)から「お前をくびだ、人材がいくらでもあるぞ」、結果でない社員へぶつける。こういうリーダーは同でしょう。
僕は結果が出ない8割の責任がリーダーの所にあると思います。
Posted by ジェーシー at 2010年07月24日 22:21
久し振りにコメントさせていただきます。
私はリーダーになったことが無いのですが、今回の『偽リーダー論』は、下の者から言わせればあまりにもありきたりの平凡な内容でした。 宋さん自身がおっしゃっているように、社員は本質を本能的に見抜いており、「綺麗ごとだな」「言っていることをやっていないじゃん」と冷静に見ております。

この世の中、「エエッ!こんな人がっ?」と思うような人に限ってリーダーになっていることが多いようです。 それは何故でしょうか? それはリーダーの「欲」が強いからだと思います。 「欲」があるからこそ仕事の成果を出してリーダーになるのであって、 すべての面で「欲」が強いからこそ、出世したい、金が欲しい、名誉が欲しい、ということになって、人の上に立ったからには良いことを言いたい、自分の貢献度からすればこれくらいの給料は当たり前だ、自分の方針は間違っていないのに結果が伴わないのは部下のやり方がまずいからだ、などと自分勝手を通そうとします。 
しかし、「欲」が強いのも問題ですが、では「欲」が無い方が良いかとなると、これも疑問です。 「欲」の無いリーダーではカリスマ性は勿論アグレッシブさも無く、仲良しクラブしか作れないので、成果は期待出来ないでしょうし、そもそも「無欲」でリーダーになることは稀有でしょう。
バランスの取れてなおかつ清廉潔白なリーダーなどは滅多にいないので、世の中の大半が「欲の塊のリーダー」と「不平不満の部下達」とでドタバタしながら、それでも前に進んでいるのが実態でしょう。

Posted by けいちゃん at 2010年07月26日 11:38
(送信先を間違えました、再送です)

宋文洲 様

安武史朗(熊本県 会社経営)と申します。
いつも宋さんのメールを拝見しています。
今回のNo.120「偽リーダー論」も興味深く読まさせていただきました。
まさに同調することばかりです。
次回も是非続けてください、楽しみにしています。
私も丹羽宇一郎氏を尊敬する一人です。
多くの人の考え、生き方を学びたいと思っています。

学ぶことにより、少しずつ器を広げることが経営者の使命だと思っています。
人はリーダーの「誠実」に心を動かされます。
誠実とは「建て前と本音が同じ」ということで、「建前とは言っていること」「本音とはやっていること」です。
つまりおっしゃるように、言っていることとやっていることがどうであるかが問われるのです。
世の中には法律や規則がありマナーや礼儀作法があります、
人を動かすリーダーはそれ以上に格調高い「品格」を身につけることも要求されます。

次回も楽しみにしています、もっともっと教えてください。

★☆★☆★
安武史朗
YASUTAKE Shiro
Posted by 安武史朗 at 2010年07月27日 11:24
所謂、上場新興企業の副社長として働いています。社員の平均年収は470万円。自分の役員報酬は1500万円/年であり、社員に比べ高すぎると考えています。社長は私より2割程度高めです。
株の配当収入もあり、また、年齢も他の社員とそれほど変わりません。圧倒的に違うのは創業者かどうか?という点です。

役員報酬を減らすことを社長に提案したところ、他の上場企業役員はもっともらっている、との事で却下されている状態です。

宋さんのおっしゃる、「格別に高い」とはこの程度の事ではないとは思いますが、一方で、年収500万円の社員からすれば、副社長は1500万円ももらって、俺の3倍じゃん、という思いが出るほど大きな金額であると、私は認識してます。

むしろ、大規模増資しなければならない経営状況なのに、億円単位の報酬をとっている役員が何人もいるメガバンクの役員の方が、行員感覚からすれば、自分には関係のない人の事なので、、、という感じでリーダーシップ論と役員報酬が無関係になりそうな感じもします。
Posted by shawn at 2010年07月27日 11:47
いつもメルマガを興味深く拝見しております。

本文にあるようにリーダーでないのにリーダーになってしまう人がいる。
偽リーダーの定義がこれだけあるということは多くの偽リーダーが存在するということ。

企業が現状それでまわっているのであれば、
真のリーダーを目指す意義自体が薄れてしまいます。

ミドル・マネージメントにしろ、トップ・マネージメントにしろ、
偽リーダーがどのように組織に影響を及ぼしていくのか、
ぜひ続きを読んでみたいと思います。
Posted by 門ノ戸一孔 at 2010年07月28日 09:44
リーダーは馬鹿な方が、下は楽できまして、断然良いいうのが事実であり、歴史教訓でもあると思います。 ボンクラをトップに据え、皆でアホして楽しく過ごすのが関西風です。

ま、そうやって遊んでると名古屋の武将に攻め滅ぼされてしまういいますか。競争社会は困ったものですが。

日本史・中国史・世界史 有能な人が活躍する時代は荒れてますね
Posted by 石井順造 at 2010年07月28日 14:27
いつも興味深く拝読しております。
今回の宋さんのメルマガは「まさにおっしゃるとおり!」だと感心(感激)しました。
Posted by 佐藤 at 2010年07月30日 08:56
けいちゃんさんのコメントがいいですね。
リーダー論に限らず、表面的な議論はさんざんなされているので、これからは実行レベル’素質を持ったリーダーたちが企業トップに抜擢されるようにするにはどうすればよいか’の議論が必要とされているのではないでしょうか。
私は、リーダーの資質をオープンにすることでその企業に理想的なリーダーが育っていくと考えています。クローズドの世界では似たような考えの方が後継者になるものです。従って、公開企業に関しては、年収のみならず役員の人となりも全て公開するべきと思います。また、私企業と公開企業はもっと明確に区別されるべきです。
良い製品を安く提供すれば良いだけではなく、社会的な正義が必要な時代になってきたのではないでしょうか。
Posted by Brio at 2010年07月30日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

偽リーダーから真のリーダーを導き出す方法
Excerpt: いつの世も、どんな団体でも「リーダー」の存在とは大きなものです。「リーダー」がいるかいないかが運命の分かれ道と言っても過言ではないでしょう。 しかしリーダーっていったい何なのでしょうか?そこで「偽リー..
Weblog: blogs.com
Tracked: 2010-08-19 13:00