中国人の金儲け、日本人の金儲け

売上げにこだわると必ず利益率が悪くなる。規模にこだわると必ず顧客視線が薄れる。AIG、シティバンク、GM、JAL、そしてあのトヨタでさえ。第二位の経済大国にこだわる限り産業構造の転換が難しい。以前皆様にこんなようなメルマガを書いたと思います。

「大への決別」のようなタイトルをとって本を書くつもりでしたが、先週、「中国人の金儲け、日本人の金儲け・・・」という嫌なタイトルで発売されました。そういえば、「やっぱり変だよ・・・」などの本のタイトルも殆ど例外なく出版社からの提案でした。了承した自分も責任がありますが、中身はちゃんとした真面目なものです。

100年に一度の金融危機が多くの人々に反省の機会を与えてくれました。当然私も例外ではありません。3年前の自分が信じていたことの多くはすっかり変わってしまいました。その反省を込めて「より大きな会社、より大きなシェア、より大きな儲け」という「大」へのこだわりに警鐘を鳴らしたいと思っていました。

田原総一朗さんと雑談していると、彼もこの観点に賛成し、二人の本を作ることになりました。しかし、原稿が完成してもタイトルがなかなか決まりません。「大への決別」、「大の敗北」など、いろいろなタイトル候補を議論しましたが、出版社の営業責任者がなかなか納得しない様子でした。

日本にいる時間が少ないし、営業責任者の現場感覚を尊重したいため、「タイトルを任せるよ」と言いました。これが間違いの元。先日手元に届いたサンプルに私が最も嫌なタイトルが付いていました。それが今日のメルマガのタイトルでした。

拒否できない訳でもありませんが、「任せる」と言ってしまったことと、田原さんを含む関係の方々の苦労を思うと我慢することにしました。所詮、処女作の「やっぱり変だよ日本の営業」も嫌でした。はっきりいって今でも嫌です。

くどくどタイトルの言い訳しましたが、内容は極めてちゃんとしたものです。私も「儲け」という言葉にアレルギーを持ちますが、この際、タイトルだけ勘弁していただきたいと思います。

P.S.1 「まえがき」をご参考に
田原総一朗さんより

2010年の今年、1968年から世界第二位だった日本のGDP(国内総生産)が、中国に抜かれる。07年まで第四位だった中国は、08年第三位、10年第二位と、急成長の階段を駆け上っている。米ゴールドマン・サックスのレポートによると、2040年頃には中国がアメリカを追い越して世界トップに躍り出るという。
 
これまで私は、何度も中国に出かけて、多くの中国人たちと対話を重ねてきた。その体験から、日本人と中国人には、発想の仕方に根本的な違いがあると考えるようになった。
 
中国は人口13億以上の大国、しかも歴史的な常識からすれば頭が固いはずの共産党が独裁を続ける国である。にもかかわらず、国や企業の決定に至るプロセスが恐ろしく速く、変化への対応がきわめて機敏だ。何事も後手後手に回る日本とは大違いである。
 
なぜ、日本人と中国人は、かくも違うのだろうか。そんな疑問を抱き、答を探しているとき、私は宋文洲さんと出会った。中国で生まれた宋さんは、それこそ裸一貫で日本にきて、北海道大学大学院で学び、1992年にソフトブレーンという会社を興して大成功した。企業経営者としても、経営コンサルタントとしても、その名を轟かせた典型的な中国人である。
 
ソフトブレーンは、2000年に東京証券取引所マザーズ上場、04年に東証二部上場、05年に東証一部上場と、祖国の発展を先取りする急成長ぶりだ。しかも、宋さんは、一部上場を果たした翌年1月1日付で取締役会長になり、同年8月末にはそれも退いてマネージメント・アドバイザーになっている。こんな発想をする日本人経営者は、ちょっと思い当たらない。
 
そこで、中国人の金儲けと日本人の金儲けはどこがどう違うのか、日本の企業やビジネスマンが克服すべき問題とは何かを、宋さんから徹底的に引き出したいと、私は考えた。
 
宋さんの主張の一つは、日本あるいは日本人は「大」にこだわりすぎていないかということだ。企業経営者やビジネスマンなど読者のみなさんにとっても、今後の生き方を考えるうえで大いに示唆に富む対談ができたと、私は自負している。
 
なお、対談をまとめるにあたっては、アスコムの高橋克佳、小林英史、ジャーナリストの坂本衛の諸氏の協力を得た。感謝の意を表して筆をおく。
2010年2月
田原 総一朗

「中国人の金儲け、日本人の金儲け ここが大違い!」(アスコム)
http://www.amazon.co.jp/dp/4776205955/


P.S.2  観客のためのプレーを!
田村耕太郎さんのブログより
http://www.kotarotamura.net/b/blog/index.php?itemid=5453

私の畏友、宋文洲さんが移籍祝いの夕食会を開いてくれた。彼は今回の私の移籍を心から喜んでくれた。その喜びと私への応援の気持ちを込めてTwitterをわざわざ始めてくれたくらいだ。
http://twitter.com/sohbunshu

その宋さんが「経営センスがあるからこの決断ができたんだよ。必要としてくれて活躍の舞台を与えてくれるチームに移るなんて当たり前だよ。すごいサッカー選手と同じだよ。観客(国民)のためにプレーするんだから!」と激励してくれた。

「より観客を魅了し幸せにしてくれるなら、活躍できる舞台にいってよ!さすが田村さんだよ!田村さんだからできた決断だよ。」と熱く激励してくれる。宋さんは心から日本を憂いている。日本の政治に足りないのは

・グローバルな視点
・経営センス

完全に意気投合。そして悪いのは政治だけでなく、大企業にも日本停滞の責任あるとの見解でも一致。「政治の方が選挙のおかげで新陳代謝進んでるよ」との見方。

株主のプレッシャーも受けず、実質オーナー不在のまま迷走する日本の財界の方が問題だ。大企業が世界のとの競争に勝てなくなっていることが日本衰退の大きな一因であると思う。

外国人参政権についても「なんであんなややこしいことに民主党は一生懸命なの?われわれ中国人は本国でも選挙したことないのに、日本で選挙したいなんて思っていないよ。関心ないよ」と一蹴。

宋さんが日本で築き上げた来た体験談もおもしろかった。畏友に感謝!爽快な夕食会であった。
この記事へのコメント
本の題名については前から宋さんが考え付いたにしては「力が入りすぎて強烈な印象がする」と思っていましたので、真実をお聞きできて笑みがこぼれました。さて、日本企業の経営者は企業経営を考える上で売上げに重きを置くのか利益なのか、それ以外の価値なのかもう一度見直す時期にきていますね。リーマンショックで世界の産業構造が変わってしまった事を理解し、日本の役割、企業の組織と市場に対する貢献を90年代までの古い固定観念を取り払って戦略を考えないと失われたX年を繰り返してしまう。宋さんの提言は良いトリガーになっている気がします。トリガーを引かれた後の弾がでるまでのスピードが問題ですが(笑)。
Posted by 小田倉 靖 at 2010年03月05日 09:22
これまで、毎回楽しく、興味深く、示唆に富んだご意見を拝読しています。
初めてコメントを書いています。
今回配信のメルマガに次の2点で違和感を感じました。
ご自身書かれているとおり、言い訳がましいお話であること。
そして、ご自身以外の方の話というかコメントが加わっていること。

やはり、他の方の意見はそれぞれの場で、前後の流れも含めてお聞きするなり、読むなりでなくては、その本質というか、何が言いたいのかは分かりにくいと思います。

特に田原さんのコメントの中に、
「歴史的な常識からすれば頭が固いはずの共産党」
「その名を轟かせた典型的な中国人」
といった表現には?を覚えざるを得ません。
ここだけ見ての判断は軽率ではあるかもしれませんし、言葉尻を捕らえての意見かもしれませんが。

やはり、ご自身のご意見のみのメルマガであり続けていただくことが望ましいと思いました。

引き続き、楽しませていただきます。
以上
Posted by 内藤 正 at 2010年03月05日 10:28
まとめた。感想を述べます。中国の中での一人の私の感想です。
中国人は標準軸が4−5本ある。日本人は標準軸は1本である。そのように観察した。どちらがよいか。決定できない。目的・作業・あり方で、標準軸が1本出ないことがよいと考える。
人のそれぞれの行動は風土と多様性で決定される。よって、正解と言う。参考になる様式はないと考える。
成功するヒトと、労働者で終わる人。それぞれは正解人生である。
日本人は管理と言う行動は身についている。中国人は権利と言う行動が身についている。
中国社会では政府はいつも管理・管理と言う。日本人は管理が身についているから変化を求めない。それが日本人の欠点である。しかし、日本国内に限定した生活では正解である。風土から身についた行動形式です。
Posted by 蕩太 藤本 at 2010年03月05日 10:51
最近企業の合併交渉や合弁が破綻したというニュースが多いですね。
そしてそれらのニュースに対する論調は概ね否定的であるように思えます。
否定するのは構わないのですが、「合併して大きくなれば、世界的な競争に勝ち残れ、大きくならねば勝ち残れない」といった単純な視点にたったような記事ばかりが目立ちます。
最低600万台の生産能力のない会社は生き残れないとまことしやかにささやかれた自動車業界は、現在小規模な電気自動車メーカー群におびえ、しかし、結局はより大きくなることで生き残りをはかっているかに見えます。
私にはなんともおかしなことのように思えるのですが。
Posted by 小林秀晴 at 2010年03月05日 11:49
いつも興味深く、拝読させて頂いております。
今回の本のタイトルはインパクトが有って、読者を引き寄せることが出来る点ではとても良いのではないでしょうか?現に私もこのタイトルに引かれ、いつも週末に拝読させて頂いている本メルマガを一日早く目にすることになりました。どんな良書でも、読者が共わなかったら、意味ないですからね。
また、「儲け」という言葉をポジティブな気持ちで見ると、けしてそう悪い物ではないと思います。「儲け」はあくまでも一つのスタートであり、仮にその後に社会貢献という目的がくれば、アレルギは解消されますでしょうか?
私は日本でコンサルの仕事をして今年で3年になります。利益ではなく売上を追求する日本の企業を幾つも見てきました。採算の取れない仕事による、社員のモチベーション低下、業績の悪化を承知で、表面上の数字のみを求めている。未だに理解が出来ない。
Posted by 朱 子青 at 2010年03月05日 13:51
少し違う様な気がします。日本の衰退は規模の拡大によって起こったのでは無く、日本古来の良い伝統を置き去りにしたことに原因があると思います。前経団連会長の御手洗氏は卓越した経済人と持ち上げられた時期もありましたが、真っ先に派遣切りをした人です。
松下幸之助氏のそれとは全く違っていました。
つまり、経営者の社会的責任について根本から考えが違っているのです。御手洗氏を代表とするこの殺伐とした経営思想はどこから来たかは明確です。米国追随によるものです。
株主優先、利益優先のための短期的利潤を増加させることが経営者の最大の使命と考えるにいたったためです。庇護を受けられなくなった従業員は会社が信用出来なくなり、保身に汲々とし、忠誠心もどこかに置き去りにしたのでしょう。このような状況では業績を回復するのには自力では困難になるでしょう。従って、政治の所為にして田原氏のように偏向した考えの持ち主が脚光を浴びてきたのです。豊田の社長は社員の大事さに気付き、涙しましたが、その心を大切にする限り、社員の支えできっと早期に蘇ると思います。JALもまたしかりです。アメリカの会社に未来があるかどうかはその経営者の心次第です。
Posted by 都田 隆 at 2010年03月05日 20:30
宗さん、何時も楽しく拝読しています。
前にも投稿しましたが、私が中国を初めて訪問したのは1970年後半だったと記憶しています。
未だ兌換紙幣の時代でした。
その時に兌換紙幣の残りで、「亀鶴寿;の掛け軸を今も飾っています。
確か日本円で2、000円位だったと思います。
その後40年が経過しましたが、その掛軸「鶴亀寿」のように生きようと夫婦二人で念じています。
第一線からは身を引かなければいけない年齢になってきましたが、
今後の日本の先行き(日本の繊維アパレル産業の今後)に懸念を持っている一人です。
私はアパレル産業に長く従事してきました。
私は、前々から「醤油文化圏」=東アジアは、
歴史的にも同じ文化を持ち合わせているのではないかという仮説を持っています。
文化的な産業と言えるファッション産業は「醤油文化圏産業」言う仮説です。
東アジアの文化圏が生まれるのではないでしょうか?
先週末から今秋にかけて、台北に久しぶりに行ってきました。
20年来の台湾の友人に美味しい台湾料理で歓待を受けました。
そのせいではありませんが、近々新しいビジネスが生まれそうです。
私のリタイアのための思い出旅行が、私のリタイヤを遅らせる結果となりそうです。
前にも書きましたが、いろんなアジア国には良い友達がいます。
その友達をハーフ&ハーフの関係を保って大事にして行きたいと思っています。
田原総一郎氏は恫喝的に現代の矛盾を指摘されてたいへん尊敬しています。
私は滋賀県の湖北の出身です。田原氏も彦根近辺のご出身と聞いています。
私の故郷は親鸞さんの浄土真宗の熱心な新じゃが多いところです。
「あなかしこ、あなかしこ」の性善説の宗派です。
人を信じることから、全てが始まると小さい頃から教えられてきました。
近江商人の「三方良し」もそこから来ているのでしょう。
田原総一郎氏の恫喝的な論評は、最近少し違和感を感じるようになってきました。
私の年代では体験していない青春時代の体験も心のそこにはあるのではないかと思います。
田原氏がお会い(取材)されていない海外の一般的な実業人や庶民と言われている方からは、
想像できないようなお話しをされます。
私には、想像できないものです。
同様に、本日の宗さん投稿記事は、何をおっしゃりたいのか、よく理解できません。
出版された本の宣伝ならそのように書いていただいたほうが理解できます。
と言いながら明日に本は購入させていただこうと思っています。


Posted by 窪添道朗 at 2010年03月05日 21:53
以前、ある人物が「人種や民族などで人間を一括りにするのは最も危険な発想です」という趣旨のことを言いましたが、ご無礼ながら、今回の宋さんの著作にもそういうものを感じざるを得ません。

数年前に、中国の一部の都市で、現地の人間が、愛国運動と称して日本人が経営する店舗を襲撃・破壊する事件がありましたが、宋さんはあのような人達と「同じ中国人」と見られて平気ですか?
勿論、そうではないでしょう。

今の日本にもまともな企業経営者は少なからず存在しますし、中国の経営者の中にも問題のある人が全くいないわけではないでしょう。
要するに、この世の中には、大別して、まともな経営者と問題のある経営者の2種類の経営者しかいないということになるはずで、それには日本とか中国といった線引きは無意味だと思うのですが、いかがなものでしょうか?

共著者の田原総一郎さんは、宋さんの出処進退の潔さを取り上げて「こんな発想をする日本人経営者は、ちょっと思い当たらない」と言われていますが、本田技研を創業した、故本田宗一郎氏や故藤沢武夫氏の存在を知らないのでしょうか?
無論、それ以外にもそういう経営者は少なからず存在しているし、そういう人物を発掘して世に紹介するのが、田原氏のような人の仕事ではないでしょうか?

それから、P.S.2で、田村耕太郎参議院議員のことを取り上げ、肯定的な評価をくだしていますが、宋さんは政治というものはどういうものだとお考えなのでしょうか。
また、宋さんが政治家を評価するポイントをどういうところに置いておられるのでしょうか。

私は、近代国家の必須条件のひとつとして、国民が存在するということがあると思っています。
ここでいう国民というのは、自身の存在と自身が属する国家を同一視できる人間のことです。
単に、その国の国籍を有しているから、その国の国民だというわけではありません。

江戸時代末期に、日本に来日した、あるオランダの軍人は、長崎の町人が自国の国防に無関心であることに驚いていましたが、スペインと戦争をして独立を勝ち取ったオランダでは、社会のさまざまな問題に関する国民の意識が一般的に高かったのでしょう。
日本は、明治維新を経て、国民が存在する国家としての形をととのえたわけですが、昨今の選挙の投票率の低さを見ると、国民はどれだけいるのか疑問です。
10年ほど前に、ある女優さんが、投票したい政治家がいないから選挙に行かないというのは「ヘリクツ」だと言いましたが、本当にそうだと思います。

上記のような意味で言うと、またしてもご無礼ながら、選挙に行かれない、また、どのように見ても次の選挙のことを考えて所属政党を移籍した政治家を評価している、宋さんの政治センス、ひいては国民としての資質はいかがなものだろうと思ってしまうのです(経営者としては素晴らしいものをお持ちとは思いますが)。

長文ご無礼しました。
Posted by 砂押 英文 at 2010年03月06日 05:54
結局は恐竜は生き残ることは出来ず、環境に適応した小動物や微生物達が生き残りましたね。

最近はアメリカで中国語を勉強する人が増えています。
日本はまだまだ中国に対して甘く見ている感じがしますね。
人間関係も広く浅くよりも狭く深く付き合うほうが充実するものです。
Posted by ケミカル at 2010年03月06日 08:51
まんがじゃないけど、日本人は傲慢になりすぎました。
ほとんどの人は自覚がないんだろうと思います。
遠からず、日本は深刻な事態が憂慮されます。
オカルトではありませんが。
その「まさか」が起こるのが歴史です。
深刻な事態から、心底反省して、日本は、出直すべきでしょう。
宋さんも、日本を、とりあえず離れて、ホントに正解だなーーーって思うよ。
Posted by keisuke at 2010年03月06日 14:17
宋さん、また新刊を出しましたね。
日中の比較も含め、お互いの良い点を採用し、デメリットを防いでいくやり方については、宋さんをとても尊敬しています。

いまの日本は閉塞感が漂いますが、中国はほんとに毎日が新しい様子を呈しています。日本にあまり長くいると変な「安心感、安全感」が出てくるのは何故でしょうか。

世界は毎日変わっているのに・・・
(すみません、ちょっとつぶやいてみました)
Posted by inowell at 2010年03月06日 15:28
「中国人の金儲け、日本人の金儲け・・・」、早速拝読しました。
とても興味深い意見の連続。

旧財閥系の大企業を退職し、今は零細町工場を経営している私にとっては痛快な内容が多かった。

ただし,
日本の町工場の底流に起こっている変化にご理解が無いのはちょっと残念。

田原さんも今回はインタビュアーとしてではなく、論客として登場していて面白かった。自分の意見を言っている姿を見たのは新鮮である。

今度は「脱工業化社会」と「知価革命」を説いて来た堺屋太一氏との対談を聞いてみたい。
Posted by maruta at 2010年03月08日 21:31
はじめまして!
秘書アズアズといいます。ネットサーフィン(ツイッター)でお邪魔しました。少し滞在させていただきます。
Posted by 秘書アズアズ at 2010年03月19日 05:46
読ませて戴きました、
 
 ※私の独断と偏見ばかりです。

中国については「ラストエンペラー」からみました。(その時はヨーロッパの人だと思っていたのです英語でしたから)
 皇帝の側近たちが「手」と「足」となっていましたね ・・・、あれは創作かもしれませんが。
 中国では半世紀前まで習慣が続いたのですね・・・。 
 
日本の人が江戸時代でもあそこまでやる必要もなかったと思います。
 (ああ、でも解らないな・・そういう習慣はかったかも)
 
 中国の権力者は絶大かもしれませんが能力や運がなかったら、あっと言う間に崩れてしまうのではないのですか? 

(今の中国は一度滅んで立っているのでしょう?)

 私自信はヨーロッパを見ていたいのですが
このごろは中国をみています・・。

              


Posted by PaperCzar at 2010年07月03日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142751327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック