どん底の効用

高速道路をずっと走ると眠くなるように、人間は良い調子が続くと必ず惚けてきます。当然、人間の塊である組織も同じです。

人間の本当の力が試されるのはうまく行っている時ではなく、どん底に陥った時です。どん底で喘いでいる間に智慧と闘志が磨かれる人もいれば、自暴自棄になる人もいて、消え去る人もいるのです。

好きでも嫌いでもどん底が訪ねてくるものです。どん底の深さは人によって異なりますし、その人自身の深さによってどん底の深さの感じ方も違うのでしょう。

しかし、中途半端などん底はよくありません。どうせなら自己否定と自己険悪に繋がるほどのどん底がいいと思います。所詮、人間の本当の反省はどん底に落ちないとできないからです。

「反省だけなら猿でもできる」といいますが、それは人様に見せるための偽反省だからです。いわゆる他人のための反省であり、これ以上の非難を避けるための手段に過ぎないのです。

部下のミスや過ちをみて「反省しろ」と上司がいうと、「はい。反省します」と部下が言います。はっきり言ってこれはただの茶番です。人様に言われて反省する人などは居ません。部下は本当に反省する時は痛みを感じてこれ以上逃げ道がなくなり、しかもだいぶ時間をかけてその痛みを噛み締めた時でしょう。

数千年前の記録を読んで「人間は進歩していない」と考えることは誰にでもあるかと思います。傲慢が怠慢を呼び、怠慢がどん底を招きます。どん底が反省を引き起こし、反省が成長をもたらします。成長が頂点を向かえると傲慢が静かに生まれます。

進歩しないように見えますが、それは人生が短いからです。親の反省は子の反省に繋がらないからです。反省はあくまでも自らのどん底によるものですが、傲慢は簡単に先人の業績から「継承」してしまいます。

自分が大した苦労もしていないのに先祖の偉業を誇りに生きる人間はその典型です。自分がどん底から這い上がる経験に裏付けられていない誇りは誇りではなく虚構と傲慢そのものです。世襲はなぜ人を弱くするかはここに原因があります。世襲リーダーはなぜプライドが高く逆境に弱いかもここに理由があります。

どん底はつらいのですが、過剰に心配することがありません。それは自分達ができない真の反省を神様が促してくる過程と思えばいいのです。いつでも「反省しない奴」を嫌うこともありません。本当にそんな人間であれば、いずれどん底に陥って反省をせざるをえなくなるでしょう。

人間、組織、そして国家の本当の強みはどれほどの栄光を経験したことではなく、どれほどのどん底を経験し乗り切ったかということでしょう。成長とは頂点から始まるものではなくどん底から始まるものです。


この記事へのコメント
今回のお話はとても身につまされるものがありました。
今、当社は、どん底の状態にありますが、今回のコラムを読み、改めてこの状態を乗り切っていこうという勇気を頂きました。
また部下に対するあり方のお話も考えさせられるところがありました。
これからもこのコラムを楽しみにしております。
Posted by 渡邉義夫 at 2009年07月10日 08:20
宋さんお久しぶりです。ダブルクリックの中山です(元Sony)。この記事いいですね、励まされます。
Posted by 中山善光 at 2009年07月10日 08:21
いつも楽しみにしております。
どん底の論に同感があります。
お互い前向け頑張りましょう。

もしかして、フォファですか?
Posted by こにし at 2009年07月10日 08:36
宋さん こんにちは
個人でどん底を味あわないと、このご意見の本当の意味はわかりませんね。
私が宋さんのこのお話を読ませたい人>>>与党の政治家たち、最大野党の政治家たち、我社の二代目ボンボン社長
失礼しました。
Posted by 谷口 喜佳 at 2009年07月10日 08:42
前回の「雇用」についてのお話。
今回の「反省」についてのお話、素晴らしいです。
今後ともご支援ご指導を賜ります様、何卒よろしくお願い申し上げます。
Posted by 大窪唯之 at 2009年07月10日 09:04
元、中国秦皇島「燕山大学」日本語科教師です。宋文洲先生のご意見に賛同することが多く、私の教えた生徒たちに宋先生のサイトを送って日本語の勉強に役立てています。生徒たちも就職後に人間関係で悩むことが多く、今回の「どん底」も紹介しました。ますますのご発展をお祈りしています。
Posted by 三木昭男 at 2009年07月10日 09:12
うーん、今回の宋さんのご意見はあまり賛成できません。
どん底を経験すると、相当に心も環境も痛みます。
先日、とある駅の横でスーツの上着も荷物も投げ出し、地面を叩いている人がいました。彼の左手には結婚指輪が光っています。どん底とは、そういうことです。宋さんのメルマガを読んでいる人で、泣いてもどうにもならない状況に追い詰められたことのある人がどれだけいるでしょうか。今回の話を読んだら、暢気な人はどん底にあこがれると思います。(腹がたちます)
そこから回復しても、ネガティブになりがちな自分の気持ちをなかなかコントロールできません。私は心が回復するのに、何年もかかりました。

さらに、周囲や取引先まで巻き込んでどん底になってよいわけがありません。国レベルでのどん底といえば、アフリカのどこかの国みたいに無政府状態になり、殺し合いと麻薬だらけになり、人間の醜い面ばかりが出る国になります。日本がそうなっていいわけがありません。
賢い人間、国は、どん底にならないように気を配り、まだ見えないものを見抜いて対処するものでしょう。
世襲の政治家をおかしいと思うのは私も同じです。でも、それを選び続けているのは同じ我々です。バカなタレント政治家を選んでしまっているのも我々です。それゆえ、声高にいうことは「天に唾をする」ようなもので恥ずかしいことです。
私は評論家にはなれません。
Posted by たかお at 2009年07月10日 10:01
今回の「どん底の効用」に強く共感しました。出典を明記のうえ、会社内の勉強会の教材とさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?ご返事をお待ちします。
Posted by 高尾 博 at 2009年07月10日 10:30
どん底って、その人の受け止め方次第だと思います。

短い人生の中での一つのプロセスと思えば、じっくり味わいたいと思います。

「そこ」にもたしかに自分の人生があったとか。

後から振り返って懐かしめるひとときであればいいなと思います。
Posted by 渡辺 義一 at 2009年07月10日 10:51
天の試練・・・とみれば、
じっくりと反省して、しっかり手を打つ。
深呼吸して考える。必死になるしかない。

本当にそうですね。
Posted by k1bach at 2009年07月10日 11:20
「どん底」で力を発揮できる「底力」をつける必要性があることに気づかせていただきました。

傲慢、怠慢に陥らず、自分の使命を意識して、物事に対峙するように心がけようと思います。

そして、失敗しても後悔するのではなく、反省をして自分を磨くことを忘れないようにします。

宋先生には、いつも勇気づけられます。

ありがとうございます。
Posted by 杉山晋治 at 2009年07月10日 11:54
宋さんへ
いつもメルマガ楽しみにしています。特に今回のどん底の効用は考えさせられるものがありました。
私自身かなり辛い体験をして今、這い上がろうともがいている最中なのですが、確かに思うところもあります。強くなったというか、開き直れるようになった気はしますね。ですが、その体験を感謝しているかというと、絶対にNO!です。本当に、もう二度とごめんです。
一度地獄を見た人間は強いとかよく言われることですが、しかし私の本心は強くなれなくてもよかったから、地獄など見たくはなかったというものです。第一、それが本当にどん底であったかなどわかりません。これからいつもっとひどい体験をするかわからないんですから。失って始めて分かった幸せは、もう二度と手放したくないものです。
私に子供はいませんが、もしいればその子に対しても、強くなどなれなくてよいから地獄には落ちるなと願うと思います。そして歴史は繰り返すということなのでしょうか。嗚呼そして、一度地獄を見た方が強くなれるよと、その人のためのような顔をして他人を地獄に突き落とす人間のなんと多いことか。
なので今までそういった事を言う人間は内心軽蔑してきました。ですが宋さんの文章を読んで、少し考えが変わったかもしれません。一度どん底に落ちてなお、もう一度地獄を見ても構わないくらいの気持ちで生きる・・・。言葉で言うのは簡単ですが、本当に大変なことです。なぜなら人生における重大な傷、トラウマとなる体験であるが故に意味のあるどん底なのですから。

P.S.
最近、中国の少数民族問題にかこつけて、軽々しく「民族自決」と唱える日本人が増えた気がします。私の考えでは、民族自決とは先の大戦で歴史的には否定されている概念なのですが。日本は国土・民族・文化の境界が同一という、世界でも極めて珍しい恵まれた国なので、国家のアイデンティティというものに対して純粋すぎる考えを持っているのかもしれません。
以前、上海から敦厚まで陸路で旅をしたときに目にした、グラデーションの民族模様はとても興味深いものでした。飛行機で飛び飛びに移動する旅ではそういった体験は出来ないと思います。地べたを這うような旅もやはり大事なのですね。

Posted by なま at 2009年07月10日 12:35
宋さん、こんにちは。
今回も含蓄のある話ではありましたが、「どん底」云々の話は今までにも既にいろいろな方が似たような話をされていることでもあり、ある意味ありきたりの内容でした。 

そして一つ疑問があります。 「人間の本当の力が試されるのはうまく行っている時ではなく、どん底に陥った時です。」という件(くだり)については、これも既に定説のように今までにも言われてきた話なのですが、本当にそうなのでしょうか?
人間にはいろいろなタイプがあり、危機に面した時に素晴らしい能力を発揮する者もいれば、好調な時に更にそれ以上に発展させる能力を持つ者もいますが、これらの能力は異なる種類のものです。 危機に陥った時にまるで役に立たない駄目なリーダーもいますが、では危機から回復させたリーダーが大発展させるリーダーであり得るかどうかは別です。 これら両方の能力を兼ね備える人は稀なようです。 
人間にはいろいろな種類の能力を持っていて、どの能力が本当の能力かなどを決めることなど出来ません。 例えば野球でもゴルフでも、自らプレーをして一流な人もいれば、他人を教えることが一流な人もいます。 

ですから、窮地の際に力を出せる能力は素晴らしいものですが、それだけが本当の能力ではなく、他にもたくさんの本当の能力があるのです。 話が飛ぶようですが、仕事が出来て優秀だが友達もいない者と、仕事はさっぱりだが友達の多い者と、どちらが良い人生なのでしょうか? 私には分かりませんが、宋さんのお考えをお聞かせ願いたいものです。
Posted by けいちゃん at 2009年07月10日 13:01
宋さん 何度か、お会いしていますが、じっくりお話しする機会がありませんでしたね。
でもメルマガはいつも楽しみにしています。
今回のメルマガはびっくりしました。今朝、私が考えていたことと同じテーマだったからです。
宋さんもどん底を経験されたのですね。でなければこの文章は書けませんものね。
どん底にも感謝しつつ、勇気をもって進みたいものですね。
ありがとうございました。

Posted by 丹生 光 at 2009年07月10日 13:54
初めて投稿させて頂きます。
今回の「どん底」については大変共感させて頂きました。
当社は昨年半ばより大変な状況に陥りました。が、とにかく前向きに行動する事だけを考え資金繰りのみに没頭せず粛々と営業に邁進しました。ご迷惑をおかけした方々も沢山おられますが現在何とか商品の売上も上がって来た状態です。これからご恩返しが出来ればと思います。
これは経営と自分の反省を行い会社自体の形態を180度転換させた事によるものかと思います。
自分のやって来た事を反省する事は確かにどん底にならないと本当の意味での反省(口だけでは無く行動に移す事)は出来ないのだと痛感しました。

先生のますますのご発展をお祈りしております。
Posted by 惣津 寛樹 at 2009年07月10日 14:45
今回のお話は、今年一番の力作であり、感銘を受けるものでした。
特に後段の世襲についての考察は、うなづけます。
Posted by 三輪周二 at 2009年07月10日 16:19
こんばんは 今回の話の中で「どん底」「傲慢」の二つの言葉で私が何時も感じるのは「多勢に無勢」です。アメリカインディアン・アイヌ民族・ウイグル族等少数民族は常に自分達の意思とは裏腹に追いやられています。これは多数派にどんな理由が有るにせよエゴに他ならないと思います。少数民族を「どん底」に追いやらず共生できる方法も有るのではと思います。
Posted by 新原 幸雄 at 2009年07月10日 20:23
いつも興味深いお話ありがとうございます。

「どん底」を経験することで人・組織・国家が本気で反省し成長する、であろうことは想像できます。その点については特に異論はありません。

一方、歴史を振り返ると、人々はできるだけ「どん底」に陥らないような社会を築いてきているし、これからも築いてこうとしているのではないかと思います。つまり、特にそのような辛い実経験をしなくても、人間の持つ知恵をもってして、長期間に亘って安定してゆっくりと成長していけるような社会です。

家族、婚姻、一夫一婦性、有限責任会社、障害保険、福祉制度、議会制民主主義、地域協定とかそれが最善かどうかは何年も先になって振り返らないとわかりませんが、いずれも上記のような社会を構築する目的で生み出された仕組みです。

読み違えていなければ、宋さんの論調では、安定は必然的に「どん底」を生むというものなので、持続的に安定した社会・組織・国家の実現は不可能という結論になってしまいます。それが正に歴史が物語るところなのかもしれませんが、若干悲観的になってしまうのも事実です。

ちょっと論点ずれてるかもしれませんが、思い付いたことを書き込ませていただきました。
Posted by 平川隆 at 2009年07月10日 22:12
今回のお話は、共感する内容でした。
わたしはその人の試練はその人にしかわからないと思います。小さい子供の悩みを大人があーだこーだとつるし上げる様はよく目にする光景ですが、子供にとってはまさに一大事。自分で解決策を考えて行動できるようにする力を養ってあげることが大人の役割と考えます。他人の苦しみや、世襲などを論じる前に、私は私が感じるドン底をどう這い上がっていくか暗中模索の最中です。
いろいろな体験を通じて、「腹をくくる」「死にものぐるい」「なりふりかまわず」などという言葉が、心にしみるようになって来ました。以前はとても嫌いな言葉だったのですが。
私も二代目です。宋さんの言葉をかみしめたいと思います。
Posted by 岩本 康志 at 2009年07月11日 09:05
「どん底の効用」、共感します。

「どん底」にいるときは、惨めさでいっっぱいでした。今でも、そのときの惨めさを引きずっています。でも、その方がいいかなと。傲慢な態度には決してなりませんから。

Posted by 加油! at 2009年07月11日 20:55
勇気付けられました。
25歳会社員です。恋愛で悩んで自己嫌悪に陥っていました。頭で自分の状況を整理して前向きになろうとするのですが、自分の弱さが身にしみます。同じ失敗の繰り返しのように思ってました。
どういう結果になっても現実を受け入れます。
Posted by 川口 at 2009年07月11日 23:59
毎週拝読しております。
実感としてその通りだと思います。
前向きにどん底に相対することにより、ひとつ上のステージに這い上がれます。どん底まで陥らないように、程々で止めておくこともひとつの考え方ですし、どん底から逃げ出してしまうことも個人の選択かと思います。ただし、自らのおける環境において実績をを残せるか、残せないかは、その向き合う姿勢によるのではないか・・・その一点だと考えます。
Posted by 竹田 at 2009年07月12日 18:42
非常によく解るご意見でした。
私もいわゆる2代目でしたが、結構長い間どん底を経験させていただいて、やっとまともな経営者になれたように思います。
最中は、大変つらい日々でしたけれども。
でもその経験を経ないと、ひとり前の人間にはなれないように思います。
今は、周りの人に感謝しながら、大変楽しい毎日を送らせていただいております。
非常に厳しい環境ではありますが、その中で自分の存在の意味を、感じ確認しながら進む毎日です。
Posted by 後藤 博行 at 2009年07月13日 08:28
ご無沙汰しております。何を持って”どん底”と自分で認知するか、個人差があるでしょう。ですから、書き込みされた意見を拝読しても賛否両論に分かれています。あくまで私個人の私見ですが、”どん底の効用、有用性に否定的なご意見の方々”は”真のどん底を未経験であるから”だ、というのが私の考えです。”味わったからこそ繰り返したくないのだ”これはお説御尤も。しかし、宋さんの文意を読み取れればわかるはずです。貴方が経験した挫折は、貴方の息子も繰り返す可能性があると書かれています。繰り返さない云々ではなく、経験して、長期間咀嚼してその苦しみを自身の一部とし、跳ね返し成長する、つまり後続のプロセスにこそ有用性があり、そのトリガーに”どん底”(丼底という表現もあるようですね)がマッチする確率が高い。という事を理路整然と書かれています。
今回の文章は、いつにも増して明晰でした。”内容に全面的に賛同する”・・・等という事は書きたくないですし、異なる人格を持つ以上そんな事はあり得ませんが、少なくとも私のフィルターを逆撫でする要素がゼロで、すっと臓腑に落ちてきました。これから暑さも厳しさを増します。ご自愛ください。
Posted by IT営業 at 2009年07月13日 11:01
いつもありがたいお話をありがとうございます。私も(私は、か?)今どん底の真っ最中です。まさかという坂があるとよく言われますが、本当に自分がこういう状況に置かれるとはまったく想像しておりませんでした。しかしながら短い人生の中で50歳を超えて色々な経験をすることも、ある意味楽しいのかなと思って真実に直面している今日この頃でございます。よっとこしょ。
Posted by 51サイ at 2009年07月17日 19:06
宋さん

いつも力をいただいたお話で、ありがとうございました。

今回の文章はこの基本的にまだ弱肉強食の社
会に本当の強者になる指針であると思いますね。
個人的に中国の”中庸”のような社会が望ましいです。どちらの極端でも副作用があると思うから、あまり望ましくないです。

でも本当に神にどん底に置かれた時に、この文章は本当の力になれると思います。
Posted by ケイ at 2009年09月04日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。