能率と効率の違い

職人という言葉には総じて良いイメージがあります。「職人肌の人」と言えば、まじめに一つのことに対してコツコツと追求する人のことですから、私もそういう人が好きです。特に最近の中国人には「眼高手低」(望みは高いが、実行力がない)のような人が多いので余計に職人への偏愛が高まります。

しかし、世の中の理屈には絶対的なものが存在しないのです。日本人が好む職人魂が日本の産業をよくしてきたと考える私にはショッキングな話を耳にしました。あのトヨタ式の導入の第一人者である若松義人さんの話です。

先日、久しぶりに若松義人さんとランチしながら雑談しました。なんと彼は「トヨタは職人に頼らない。誰でも作れるようにするのがトヨタの強みだ」と言い切ったのです。

そういえばそうです。トヨタ自動車が世界のトップメーカーになっている現在、その従業員も工場も市場も殆ど日本以外にあります。名実共に日本発のグローバル企業で日本の誇りですが、日本の職人に頼ったら今日はあり得ないのです。

反対に衰退の一途を辿っているGMは職人に頼っているそうです。単一の車を生産する工場が多く、その工場の中で単一の作業に特化した工員も多いそうです。結局良い時はいいのですが、変化が必要な時には対応が遅れてしまいます。

トヨタの工場では同じ生産ラインでも様々な車を生産することができます。また工員はなるべく多数の工程と作業を経験するように経営側が促しています。市場の変化に柔軟に対応できるようになるだけではなく、工員達が常に頭を使い、飽きないようにする工夫でもあるそうです。

「職人」はなぜいけないか。この質問を若松さんにぶつけたたら面白い答えが返ってきました。「職人は能率を求めるが、経営は効率を求める」と。

私のような外国人がもちろん、多くの日本人も「能率」と「効率」の区別ははっきり付かないと思います。若松さんは「能率は職人の能力で部分最適化であるが、効率は経営の能力で全体最適化だ」と言い切りました。

若松さんが紹介してくださった広州トヨタの事例が面白いと思いました。広州トヨタの従業員の平均年齢は23歳です。当然皆、経験の浅い従業員ですが、生産ラインの直行率(完成車の合格率)は98%に達しているそうです。なんと日本の工場でも96%にしかいかないので広州トヨタは世界一の品質に到達していることになります。ちなみに倒産寸前のGMの直行率は60%台です。

トヨタの改善についても知らない人はいませんが、どうもその改善の中身についてはかなり各企業が勝手に解釈しているようです。社員が自由に集まりそれぞれ自分の改善を自慢する会社が多いと思いますが、トヨタの改善は作業の改善ではなく「標準」の改善だそうです。

トヨタ式においてはどんな作業にも必ず標準があり、どんな社員も必ずその標準に沿って仕事をするのです。改善とはその標準への改善であり、標準が変わった以上、誰が作業してもその標準を保証しなければなりません。作業毎、工程毎の標準が保証される仕組みがあるから、最終的な直行率が自然に保証されるのです。

日本語の「標準」はなんとなく「マニュアル」、「不変」というイメージがありますが、若松さんの話を聞くとトヨタの標準とは時間軸において常に変化するものだと気付きます。

「営業、総務、サービス業など生産現場以外の経営においては標準化への理解と取り込みはもっと遅れている。開発、生産と営業が連携して標準化と改善を進めないと企業の競争力がますます落ちる」と若松さんは警告しています。


この記事へのコメント
ショッキングとおっしゃっているのは、効率のみ追い求めると良い製品ができなくなるということでしょうか???
Posted by 大石凝 at 2009年01月23日 08:29
トヨタ若松様の講演会の計画がありましたら、配信ください。
Posted by 花岡 仁志 at 2009年01月23日 08:31
「標準」というのは英語ではスタンダード、日本の古典芸能や、武術では「型」に当てはまると思います。
まず型を正確にできないと、型破りはできません。
トヨタが型破りをし続けられているのは、各員がきちんと型をマスタしているからなんだということが、今回の宋さんのメルマガでよく理解できました。
ありがとうございました。
Posted by 田中 朝子 at 2009年01月23日 08:40
能率と効率の違い、おもしろく読ませて頂きました。

少しニュアンスは違うかも知れませんが、私は社内で「いなくては困る人は、いては困る人なのだ」と言っています。

自分自身を含めて「あなたがいないと、この仕事はできない」と言われることは、確かに自尊心をくすぐられます。
そういう人になれ、と教える人もいます。

しかし、その人がいないと困る・・
そんな人が事故や病気になったら、たちまち周囲が困ります。

自分がいなくても仕事が回るようにすることは会社の全体最適化を考えた場合には不可欠ですし、社長も含めて、自分がいなくても会社が回るようにすることで、当人はさらに上の仕事をめざすこともできます。

そういう意味を込めて「いなくては困る人になってはいけない」と言ってきたのですが、能率と効率という言葉で表現されておられる宋さんのコメントに思わず納得してしまいました。
Posted by 上野 陽一 at 2009年01月23日 08:45
なるほど!確かに!今までそこまではっきりと区別していませんでした。いわれればまさにその通りですね?日本には急がば回れという諺がありますが、それもそういうことですね。
講演会があればぜひ一度拝聴いたしたく思います。
Posted by 中里 勝哉 at 2009年01月23日 09:04
宋文洲 様 お世話になります。NTTkの鹿野です。メール配信ありがとうございます。定期的にいただきたいと思います。能率と効率についても弊社のテーマでもありますので一度お会いしてお話を伺いたいですね。今後とも宜しくお願い申し上げます。NTTk鹿野
Posted by 鹿野和良 at 2009年01月23日 09:16
宋さん、お早うございます。
効率=全体最適・・・興味深く拝読しました。若松さんがおっしゃると一層真実味が増しますね。私も昔T社さんの仕事をさせて頂いた事があります。詳細はここでは申し上げられませんが、気付いたことがあります。それは日頃の事務用品や建屋や給湯器具、待合室など、いわゆる什器備品の類が極めて質素だった事です。ご自身達の事務、現場スペースも同様です。名古屋人気質を完全に理解するまでには残念ながら至らなかったのですが、コスト削減が普段の生活にも染み付いている気がしました。しかし必要な所にはしっかりお金を掛けます。当たり前といえば、当たり前のことなのでしょうが、これを企業経営に当てはめると、本当に今お金を掛けるべき(削るべき)部分はどこか、正確に指摘するのは難しい事だと思います。理由は、若松さんのおっしゃる”標準は絶えずバリアブルである”と同様に、将来の会社の変化に向けて、重点投資分野が絶えず変化していくからです。
いつも考えるきっかけを下さり有難うございます。
Posted by IT営業 at 2009年01月23日 09:17
痛いところを突かれたような話題です。
「戦略」と「戦術」のようにどうも混同することの多い話で、会議で話の食い違うポイントの一つなのです。

ただ、宋さんと一つ違うのは、「効率」ばかりで全てを推し量ることは出来ず、職人の「能率」も相関することだということです。それらに配分する比重の割合で、ある意味製品の持つ付加価値の割合とも相関するのではないでしょうか。
バカラ・クリスタルでは「効率」よりもおそらく「能率」の割合が高いのではないでしょうか?

宋さんもおそらく同じようなことには気付いておられると思います。私が、このコラムを読んで気になったのは、「職人芸」に頼らないものだけが素晴らしいというものではないということです。
東大阪や大田区でNASAの仕事を請け負うような町工場も、世界に誇れる「モノづくり」ですし、トヨタの派手さはないにしても経営的にも参考になるところが少なくありません。
そして、日本の「職人芸」の中には、世界遺産級のものがあるのです。

重要なのは、局所技術での目標を達成する「職人芸」での「能率向上」ばかりではなく、全体プロセスで最適化して目的を達成する「効率向上」の視点を、混同せずに、意識して持たないといけないということですよね。
やっぱり、「戦術」と「戦略」の視点に近いですね。
Posted by たくみゆとうあ at 2009年01月23日 09:18
トヨタの標準化の考え方等非常に興味深く拝読させて頂きました。トヨタの本当の強さは、この標準化(改善)にしろ、かんばん方式にしろこれらを継続して進めていく企業風土が確立していることだと思います。その裏には、この風土を育て推進していく人材の育成が他社より勝っているからできることなのかと考えています。チャンスがあれば、トヨタの人材育成に関するお話も聞きたいと思います。
Posted by 梶山 政司 at 2009年01月23日 09:28
ここに来てトヨタ話がでるとは思いませんでした。
今回の宋さんの話は次元が違う話がふたつ、混ざっていると思います。ひとつは職人の話。職人が求められる分野と求められない分野とはっきりしない分野があります。車でもイギリスのアストンマーチンは職人が作っています。それがお客さんへが見出す価値です。トヨタの車は工業製品です。職人の価値をお客さんは評価しないでしょう。でも、全体の形、居心地のよさ、部品の金型など職人の仕事の結果は含まれています。
ソフトウェアも例外ではありません。洗練されたコードと工業的に書かれたコードはまったく違います。
そういう話と経営の効率の話は違うと思います。経営は端的にいえば金の流れのコントロールです。それゆえ、標準を定めすべてを定量的に測定可能とし、日々カイゼンされていくのは工業製品の効率という意味で当然です。その数字を見ながら、経営という観点から「ハイブリッドカーにシフトする」とか「車を作るのをやめる」とかの現場の延長線上にない判断が求められると思います。
それは現場から見るとパラダイムシフトでしょう。やはり次元が違う話が混在していると思います。
Posted by たかお at 2009年01月23日 09:56
トヨタの強みは、おっしゃる通り、多能工化と、標準化、そしてその標準を常に高度に変化させていくことにあると感じます。

言葉にすると簡単にまとめることができますが、特に最後の、『常に標準(レベル)を上げていく』ということが、非常に難しい。
会社の風土そのものを変えていかなければ、絶対に定着しないことです。

製造の各個人にカイゼンの意識を持ってもらうには、それ以上に、会社全体の風土改革(=まず最初に経営者の意識改革)が必須だと痛感します。

今後、経営者になっていく予定のため、気になったことを、好き勝手に書き連ねました。
Posted by Prince at 2009年01月23日 10:01
「能率」と「効率」共感です。

私は、同じように「才能」と「能力」を
分けて考えるようにしています。
Posted by 渕上 一良 at 2009年01月23日 10:02
「生産性」本部の研究者の考え方では、このように整理をしています。ご参考になれば幸いです。
効果を高める→「effectiveness」
能率を高める→「efficiency」
効果は相手【顧客・ユーザ・次工程】があって初めて言えることです。無駄なものや売れないものを能率よくつくることはビッグスリーのように十分ありうることです。
効果を高めるには、「イノベーション」や「ユーザビリティ」の向上は必然です。
Posted by 沼田一博 at 2009年01月23日 10:40
宋様

若松氏の能率と効率のお話、大変興味深く拝読いたしました。
Posted by 桜子 at 2009年01月23日 10:46
世間から内部統制が行き届いていると見られている会社で長いこと働いてきました。同様のことを感じておりましたが、「能率」と「効率」とはうまいことを言うものだと感じ入りました。良いお話を聴かせてもらって(読ませてもらって)ありがとうございます。
Posted by anonymous at 2009年01月23日 10:49
御説、まことにごもっとも。

でも、セミナーが満員になるそうですので、ヤッカミも込めて、意地悪なコメントを‥‥『標準ラーメン屋』と『職人ラーメン屋』が並んで店を出していたとして、あなた、どっちに入りますか?…え?値段次第?そりゃそうですな。じゃあ、『標準ラーメン1杯500円』『職人ラーメン1杯600』円で、どうさ!

…意地悪してスイマセン。要するにこれは、当該製品の消費者がどういう価値観を(分布として)持つかによって、『最適』解、つまり、収益の極大化をもたらす方法論が、異なってくる、と言いたかったんデス。
Posted by UTP at 2009年01月23日 11:27
毎回、興味深く拝読いたしております。特に国際派、切り口を変えての視野、などの視点・論点はなるほどとためになります。有難うございます。ただ、敢えて、今回は苦言を一言。メルマガの配信に毎回違う「テーマ」での件名を使うのは絶対にやめていただきたい。毎日50通くらいのメールを受信している身としては、普段は着信順にしておき、タイトルだけで急ぎ読む分と、あとで数日分〜一週間分くらいをまとめ読みする分に分けてチェックしております。多分そういうヒトは私に限らず多いと思います。このまとめ読みの時には、着信順から、「件名」別に並び変えて端から読み下しますが、貴殿のメルマガは、「宋 文洲の××」のような共通タイトルを付していないため、件名別に並び替えても、散在してしまいます。また、緊急の大事な私的MAILの送信か何か出来事かと一瞬ドキッとするような事もあります。ならば、「配信停止にすればいい」ともゆかぬ「読みであるメルマガ」ゆえ、お願いですから、メルマガ配信者の常識的決まりとしても、先ず共通タイトル件名を付けてから、副題に内容題名を書く・・という順にすべきかと存じ、お願いいたす次第でございます。
Posted by 神 恒太 at 2009年01月23日 11:38
付け加えると、能率は作業そのものの付加価値UPであり、効率は作業とそれにかかる時間や経費等の費用対効果の付加価値UPと解釈しています。
作業スピードや品質がレベルUPしても、それに伴う経費(設備費や人件費etc)が増大した場合、それを良しとするかどうかの判断が効率化の考え方だと思います。営業で言えば、売上と利益の関係にも通じると思います。
ビジネスはとかく、成果や効果に目が行きがちで、それに伴う費用やリスクの測定がなおざりになる事が多々あります。でも費用対効果は、表裏一体で両方必ず発生するものであり、費用やリスクばかり気にするのも考えものです。この費用対効果のバランスをうまくコントロール出来る人が、すぐれたビジネスマンと言えるのではないでしょうか?。そういう意味では、効率というキーワードはビジネスに不可欠な概念だと思います。
Posted by 白石 哲也 at 2009年01月23日 11:42
宋さんのメイルマガジンをいつも興味深く読ませていただいています。
私は、特定の行為に研鑽を重ねる人は「職人」、難しいことを誰にでも使えるように工夫する人が「技術者」だと考えています。トヨタが行っていることは、技術者によって作業を標準化し、容易化しているとともに、社員に対して技術者であれと言っているのだと理解しました。
勤め先でもよく「改善」という言葉を耳にしますが、改善は往々にして局所最適にしかなっていません。このためトヨタの「改善」に対しても、食わず嫌いの姿勢でしたが、今回のメルマガは、私の姿勢を反省させるものでした。
Posted by 勝野 健 at 2009年01月23日 11:45
「能率という部分最適化、効率という全体最適化」。個人の人生においても一生涯考えて行かなければならない命題のようにも思いました。何を以て人生の全体最適と考えるか。これはなかなかの難問のように思います。
Posted by Tenor1966 at 2009年01月23日 13:18
メールアドレスを見ていただくとわかると思いますが、T社さんと競合する会社に勤務しております。同じで土俵では決して戦えないので、あえて当社では「能率」を前面と言いますか、根底にすえています。その比較ができて参考になりました。表現方法が企業文化を表すといえます。別にT社さんの対極をGMで表現する必要はないと思います。日本でもあえて、逆に表現して会社もあります。ただ、GMの場合本当に日本でいう職人的「能率」なのか?これには、かなり違和感がありました。ありがとうがざいました。
Posted by 小屋栄太郎 at 2009年01月23日 14:39
トヨタ経営者レベルの考え方は、効率に帰結するのでしょうね。

広州トヨタの品質は世界一とありますが、その裏には「いかに安い人件費で、いかに最高の物を、潜在的消費者が多い所で造るか」というテーマがある事を忘れてはいけません。
政治的なものも含めて。

長年に渡る日本の技術とポリシーを、若く勤勉で優秀な中国人が実践すれば、そうなる事は容易に想像出来ます。

しかしながら、失う事も多いですよ。私は今回の記事のおかげでGMの車に初めて興味を持ちました。



Posted by mao at 2009年01月23日 15:10
マレーシアで日本企業になりたいローカル企業に昨年再就職しました、能率、効率、両方とも
製造工場では必要だと考えています、部分最適も時に必要、全体最適は部分最適の集合だと。違っていましたらご指導ください。
Posted by 鶴田 徹 at 2009年01月23日 15:11
職人に頼らず、誰でも作れるようにするのがトヨタの強み。

今回もまた感心させられました。

その人がいないと業務が回らない職人型社員。

私はタコつぼ型社員と言っていました。

仕事の情報を丸抱えして他人に教えない。

大企業だけでなく中小企業にも見られます。

それを終身雇用制や解雇規制のせいとか、

情緒的に理解するのではなく、

組織的に問題を解決していくトヨタ。

強い企業はやはり強くなれる理由があるのだと思いました。

毎回勉強になります、ありがとうございました。
Posted by 門ノ戸一孔 at 2009年01月23日 15:41
宋様

いつも、宋さんの鋭い観察眼、辛口の指摘に、ときに驚かされ、ときに共感して、楽しく拝読しております。ありがとうございます。

さて、今回の「能率」と「効率」という言葉について私自身も使う機会が多いのですが、人に対しては「能率を上げる」、機械等の無機的なものには、「効率を上げる」という言葉を選んできたように感じています。 人間に対して効率を追求しすぎると、人間性を犠牲にしているような感じがするからです。 極端な例を上げれば、工場のラインで毎日同じ作業をしていると、工場ひいては企業としては生産性が上がると思うですが、「そこで働く人の心は、満たされるのでしょうか?」
もっとも、人間性を重視して競争に負ければ、職を失い元も子もなくなる。特に、トヨタのようなグローバル競争にさらされる企業では、効率を重視するは、「もっとも」なことだと思っております。
企業経営において、この辺のバランスを考え決めるのが、本当に重要なのかもしれません。

Posted by 石田 伸道 at 2009年01月23日 16:06
宋 様
初めましてROMのみですが、違った視点での物の見方・考え方いつもはっとして読ませていただいております。今回の能率と効率に違いにはうなりました。若松様とは直接面識はありませんがお兄様がD社に入社した時の上司でした。皆様のコメントもいろいろあり、言葉の難しさをつくづくと考える機会になりました。それぞれのコメントに思いはありますが、一言「改善を
する時には必ず効果vs費用は必須としておりましたので。又グローバル展開が早かったドイツのボッシュは現地での成功率が高かったのは徹底した標準化にあったと思っています。あのマイスタ制度のドイツの企業がドイツ国内でも標準化を徹底していました。もっとも改善はあまりうまくなかったように思えますが。
Posted by opatanisan at 2009年01月23日 21:59
トヨタ。外から見れば素晴らしい会社と思います。しかし、念願のビッグスリーを追い越したと思ったら、この様な経済状態で、少し不運なところもあるのでしょうか。効率最優先の経営を進めていけば、いづれ更なる発展は間違いないでしょう。しかし、どんなに頑張っても、何年か或いは何十年か後には、中国の車メーカに負けるでしょう。その時に、経営者、従業員がどの様な選択をするのか、興味があります。
昔、英国のL社を訪問したことがありました。その頃やっと1日に2台出荷できるようになったと自慢げに受付の女性が言ってたのを覚えています。注文を受けてから、納入までに1年以上かかっていたそうです。この会社では、能率を向上すれば効率も向上するでしょう。個人的には、こんな会社で働きたいと思いました。
Posted by 亀田省三郎 at 2009年01月24日 00:04
職人軽視の思想が「職人」という言葉である、「職人」には、深いものの拘りがありの
思想がある、容易に妥協せず、満足するまで、粘り続ける、難しいことにコツコツ、挑戦し続ける。だから、効率という『物指し」で評価すべきではない。効率は、ムダを省き、安く、早く作り、如何に利益を大きく得ることを目標にしている。だから、妥協の産物である。拘りのない、ものは所詮、消耗品である。何時までも大切にされるものこそ、本物である。企業は、利益を追求ことが、本来の目標である、だから、効率を求めるのである。それ故、その根底に職人を馬鹿扱いする思想がある。日本の質の高い商品が、世界で評価されてきたのは、職人のお陰である。
量産化するのが、エンジニアーの仕事である。最近のエンジニアは、効率ばかり考え、
拘りの思想が薄い。技術先進国、米国に勝てるような商品が出来るようになったのは、
職人的、拘りのものつくりの思想と思われる。日本人には、環境問題、省エネ、安全等にも、こだわりの技術の追求している。その根本には、職人的思想、「納得・満足」がある。効果・効率ばかり{金}追求していると、人間の「心」とか「感性」を喪失すのでは、ないかと危惧する。
人間の原点:創造に戻りたい。技術屋も所詮職人である。
Posted by 花岡 一男 at 2009年01月24日 01:02
効率を追求した工業製品は、確かに安くて一定の品質を提供するけれど、魅力の点でどうかな?と思います。ただ、職人技が必要なのは設計までで、製造は型どおりであるといえばそうなのかもしれません。トヨタ社に魅力がないかといえばプリウスなどのハイブリッドカーはいい車だと思っています。しかし、NISSANのGTRのような車もあります。値段はとても購入できるものではありませんが、一部職人技を要する車で、魅力の点では上ですね。光岡も目立たないけど手作りでいい車を作ってます、高いけど。車好きはレクサスよりも、GTRのような車を選ぶんじゃないですか?(予算が許せば...)なので、需要がある限り、職人も企業にまったく意味のない存在ではないわけです。確かに企業の本質は利潤追求です。しかし、金をもうけるだけが企業という考え方は寂しいですし、その企業が生み出すものは、基本的に魅力がないと思います。安くて面白みがないけど便利、人はそういうものばかり使い続けると、人間自身の魅力も失っていくのではないでしょうか。そうして魅了を失った人間がさらに魅力のないものを生み出し、まさに魅力がなくなるスパイラルです(笑)。現代においては、儲けより魅力を提供する企業もしっかり残ってほしいと思っています。
Posted by とむ at 2009年01月24日 12:25
「トヨタは職人に頼らない。誰でも作れるようにするのがトヨタの強みだ」という言葉にトヨタの傲慢さを感じてしまいました。

何故、国内で若者の車所有離れが起きているのでしょうか?

ある日本の若者が次のように言っていました。
「トヨタという企業の本質には、人間性を感じられない。
トヨタという企業には、夢が感じられない。
トヨタという企業には、働く者の喜びが感じられない。
夢や喜びを感じない企業の製品に魅力を感じない。」

物作りの原点に帰らなければならない時に、大量生産思考に凝り固まっているようでは、トヨタに未来はないように思えました。
Posted by sin at 2009年01月24日 19:20
いつも楽しく拝見させていただいております。今回の能率と効率の違いを読ませて頂き、10年ほど前に聞いた「三人の石切り工」の話を思い出しました。その時には、本来の意味とは違い大義に絡めたものでしたが、後で、ご承知とは思いますが、ドラッガーの「現代の経営」に出てくる組織論でした。寺院の建設現場で3人の石切り工に「あなたは何をしているのですか」と尋ねると、第一の男は「飯を食うためさ」、第二の男は「この国一番の技術を磨いているのさ」、第三の男は「素晴らしい寺院を建てているのさ」と答えました。ドラッガーは経営者にするには。第一にの男は論外で、第二の男は経営者にすると一番厄介な人間で、第三の男が最適と言っています。第二男は自分は大きな仕事をやっているとの錯覚を持ち、「汝、常に外部に責任を持たせよ」との外敵戒律で技量を持っている部分最適で、第三の男が全体最適であると説いています。今回の若松氏の話に通ずるところがあると感じコメントお送りします。
政治の世界で麻生さんは第二の男の様な気がするのですが。。。
Posted by 米谷 弘一 at 2009年01月26日 09:11
宋様
能率と効率の違いにつての感想
能率は人(職人、従業員、経営者、関係者)としての能力を全開する、個人と組織での努力である。効率は全社・経営全般におけるコスト削減、コストとになる(ムリ、ムダ、ムラ)を極限まで削除することである。
能率よく仕事をすること。効率よく仕事をする。違いは能率よく仕事をすることは全般的なスキルを向上させていくことが強調さします。効率はコストダウンという方向で仕事に取り組むという意図と方向性があります。
Posted by 水上 久忠、人材形成研究所代表 at 2009年01月26日 12:20
冒頭「職人肌の人」を宋さんがお好きというのは意外に思いましたが、読み進むうち、やはり宋さんは宋さんだなと思いました。
宋さんは若松氏と親交があるということですが、氏とお会いになるのは都内の洒落た喫茶店やレストランで、現場の生産ラインに案内されたことはないのでしょうか?
工場ラインに行ってみれば、現在では人間ではなくロボットが殆どの作業をしていることが分かるでしょう。現代の自動車生産現場が職人に頼っていないというのは当たり前、全く驚くことではありません。

しかし職人に頼っていないというのはあくまで生産ラインの上でのことで、自動車本体の設計にしろ、生産設備の設計にしろ、そのオペレーションの仕方にしろ、技術者や作業者の職人的なノウハウが活かされているからこそ、ロボットが取って代わった現在の生産現場でも高い品質を保っていられるのです。塗装ロボットの、まるで人間のような繊細な動きは、そこに職人の技がインプットされているのが一目瞭然です。

「職人は能率を求める」というのも間違いです。職人が最優先で追求するのは「質」です。満足のいく質を達成した後で初めてそれを能率的に量産することを考えるのです。トヨタもその通りのことをやったに過ぎません。トヨタに限らず日本の産業全体がそうだったのです。

広州トヨタの直行率が高いのは、日本の工場での経験が活かされ、更に工員の能力の差に左右されないよう生産システムが改良された結果だと推察されます。

GMの工場で働いているのは職人ではなく職工、或いはただの作業員です。もし仮にGMの工場の作業員たちをそっくり日本の工員に入れ替えたとしたら直行率60%というような事にはならないでしょう。
まだ人の手に頼る部分が今より多かった時代、アメリカの自動車について「マンデイレモン」という言葉がありました。月曜日は休み明けで工員の気が緩んでいるので、月曜に生産されたクルマは欠陥が多いということです。しかし日本では例え夏の長期休暇の後でもそんなことは起こりません。日本の工員一人ひとりに職人魂があるからです。

つまり「日本人が好む職人魂が日本の産業をよくしてきた」のは、若松氏が何を言おうが揺るぎ無い事実であり、ショックを受ける必要はありません。(宋さんが本当にショックを受けられたのか、むしろわが意を得たりと思われたのかどうか分かりませんが。そもそも若松氏は本当に「職人はいけない」などと言ったのですか?宋さんの意訳が入っていませんか?)

従って今回の話は「ものを作らなければ一流でないというのは江戸時代の価値観」という宋さんの主張を補強するものでもありません。念のため。

次回は、非常に効率的に世界の景気をどん底に突き落とした米国型金融資本主義についての宋さんのご意見をお聞きしたいと思います。
Posted by カワセ at 2009年01月26日 16:07
メルマガが配信されて一週間も経ってからコメントするのも気が引けますが、一言述べます。

宋さんは、若松さんの言葉を受け売りで紹介しているのでしょうが、製造現場を知らない方だと思われました。 もう少し現場を知っていただけたらと思います。

トヨタに限らずどこの会社でも日常的に「標準」の改訂は行なわれています。 その「標準」も「作業標準」「製造標準」「検査標準」「購買標準」等々あり、そしてそれらは製造部門、技術部門、管理部門など各部門で、「品質改善」「コスト改善」「効率アップ」のために、見直しされ改訂されていきます。 そのように日々「Change」していかなければ生き残れないからです。 そして、それが一流であるかどうかは、そうした取り組みがより優れてより速いかどうかの違いによるのです。

それから、職人は能率も求めますが、何よりも「出来栄え(品質、正確性)」を優先するものです。 第一に「良い出来栄え」のものを、そして第二に「速く」作るのが職人です。
しかし、このことは「いわゆる職人」に限ることではないはずです。 技術職にも事務職にも、そして管理職にも共通することです。 これらも「職」という文字が付いているので、皆「職人」であるはずですから。

なお、「効率」と「能率」に違いは殆ど無いと、私は思っています。
こうした似たような言葉(または同義語)を、ことさらに違いをつけることで、もっともらしい話を作るのが上手な方がいらっしゃいますが、そういう言葉の遊びではなく、本質の議論や解析をしていただきたいなと、いつも思っております。
私も敢えて上記のように(職)などの言葉遊びをしてみましたが、へ理屈みたいなものです。


 
Posted by けいちゃん at 2009年01月29日 11:20
私も中国から来た中国人です。日本に来て、日本人何でも「マニュアル」化、「システム」化について最初は戸惑いました、だが今は是非この何でも「マニュアル」化、「システム」化を中国でもっと実行するように努力したいと思います。
最初何か戸惑たかと言うと、一つの例として、私が学校に通いながらある日本人経営するラーメン屋さんでアルバイトをしました。最初に配られた仕事は餃子作りでした。中国人だからこの仕事は持ってこいと思いましたが、結果は大失敗でした。お店の決まりは餃子の重さ25グラム、皮で餡を包むとき左3回右3回皺が出るように握る。今まで中国で自由自在に餃子を握った私は一緒にお店に入った日本人高校生に大負けしました。
こんなお店がおかしいと思った私が別のラーメン屋さんに入りました。今度のラーメン屋さんは完全に「マニュアル」化、「システム」化でした、餃子は本社から調達、握るはしません、ラーメンスープはボタンを押せば出ます、ボタン上にスープの種類を書いてあります。ラーメンの具は目の前に1234で数字を書いた容器に入ってあります。ラーメンの種類によって入れる具と入れる順番が違います。すべてが貼り紙に書いて壁に貼ってあります。日本のラーメンを食べたことのない私が、入店二日目、料理職人のようにラーメンを作ってお客様に出しました。その時私はこの「マニュアル」化、「システム」化の良さは初めて感じました。宋さんの文章を読むと世界のトヨタとそのラーメン屋さんがやり方は一緒ですね!   極め付きは二年前に参加したあるお葬式です。私が今ある日本会社に勤めっております。二年前原社長がお亡くなりました、地方の有名人なので、ものすごいお葬式になりました。会社関係受付係りの一人として私が封筒に入ったお金が封筒に書いてある金額と合っているかどうかをチック係りでした。その場で見たすべてご来場の方々が無形な「マニュアル」に従い黙々と仕事をこなせている様に見えました、とっても関心しました、なぜなら、中国人の私は中国でお葬式について、鮮やかの服を着ない、笑うはしないこの二点だけが教わってもらいました。
Posted by handong-cn at 2009年01月30日 15:24
もちろん、何でも「マニュアル」化、「システム」化は熟練の職人の極め技から濃縮したものがほんとんとです、ですからすばらしいです。
Posted by handong-cn at 2009年02月02日 13:19
効率は手順の最適化を、能率は手法の最適化をそれぞれ追求するもの。そういう理解でいます。
手順に拘るか手法に拘るか、それによって結果が異なってきますが、結果がでるまでのスパンが短いと顕著に現れないでしょう。

トヨタをはじめ日本の製造業は、或いはもっと拡大して日本人の物やサービスに対する価値観は、今出せる結果よりも良い結果を将来に残す。
ではないかと思います。
効率も、能率も、将来をよりよくするためには必要なものですが、
手法は技術の進歩で全く変わってしまう事があります。人が必要でなくなるケースも含めて。
もちろん手順も変化します。しかし、変化のスパンは手法より長い。
メンテナンスをしつつも長く使っていくことを考えれば、手法より手順に拘る方が、より効果的ではないかと感じます。

Posted by 三年寝たろう at 2009年02月21日 02:03
中国人は馬鹿が多いんだから日本で勉強しなさい
得に心の勉強をね
Posted by ばか中国人 at 2009年03月22日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。