宋メールの継続問題

十数年も続いた宋メールですが、ひょっとすれば来年は中止せざるを得ないかもしれません。皆様に報告するかどうかについて躊躇しましたが、万が一お別れのご挨拶ができない場合は失礼なので、急遽ご報告することにしました。

結論から申し上げると、ソフトブレーンと大株主との関係が破綻し、来年は私とソフトブレーンの関係がどうなるか分からないからです。私は現経営陣を支持しているため、大株主との敵対関係が進んだ場合、私もソフトブレーンとの関係を断たなければなりません。そうなれば宋メールの発行体制がなくなり、宋メールも中断せざるを得ないのです。

簡単に経緯をご説明します。

今年7月にある会社が、事前協議はおろか、TOB(株式公開買付け)などの手続きも踏まずに、市場からソフトブレーンの株を45.57%取得したうえ、彼ら自身が採用している会計基準である国際会計基準(IFRS)を用いるというテクニカルなやり方で、一方的にソフトブレーンを「子会社(IFRS上の)」にしました。この会社は先月までは株式会社フュージョンパートナー(以下FP社という)と称しますが、最近はスカラと社名変更したそうです。

株の大量取得の際、FP社はソフトブレーンの豊田社長に「持分法適用会社になるまで株を市場で買いたい」と説明しました。私はその情報を知った時、「持分法適用」の目的を信じて善意をもってFP社に接しました。マスコミの記者達が「珍しい敵対買収」として取材に来られましたが、私はFP社を信じてむしろ記者達を抑えたほどです。

しかし、その直後、このFP社は突然にやってきて「さらに買い進めて45%まで買った。当社はIFRSを使っているため、ソフトブレーンは当社の子会社になった」と宣告したのです。この会社が発表した取得目的も突如「持分法適用会社にするため」から「連結子会社にするため」と変更しました。

このような「潜水艦による奇襲攻撃」のような方式による企業買収に不信感を感じざるを得ませんでしたが、それでもソフトブレーン経営陣がFP社の提案を真剣に検討し、企業価値を上げるための協力関係を探りました。しかし、FP社からはソフトブレーンの企業価値向上につながるような提案がないうえ、「奇襲」による株取得に似たような、信頼を損なう行為が重なりました。

相当悩んだ末の判断だと思いますが、ソフトブレーン経営陣は正式にFP社の奇襲買収を敵対買収として認定することにしました。詳細についてはご興味がある方はソフトブレーンの正式発表をごらんください。
URL:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161226463211.pdf

私が経営から引退した後、リーマンショックなどもあり、上場の前から会社を支えてくれた現在の経営陣と幹部と社員達は相当苦労しました。幾多の危機を乗り越えながらも米国企業との競争にも強みを発揮し、顧客満足の向上とシェアの拡大を続けてきました。ゼロ金利を利用し、ほぼノンコストで資金を調達し、騙し討ちで企業の株を買うことは簡単ですが、多くのお客様に信用していただくことと、国際競争に勝つことは容易いことではありません。

お客様との関係を築き上げてきた経営陣と社員達の理解を無視し、借金と奇襲による企業の株取得は企業の価値を損ない、社会に何の価値も提供しないと考えます。長い間、私は株主としてソフトブレーンの経営陣と社員達に寄り添ってきましたが、敵対の大株主が資本の原理で彼らの意思を無視するようなことをした場合、私は今後のソフトブレーンに未練がなくなります。

私の愛情は常に企業内外にいる人間達(社員、顧客など)に向けるのです。箱ものの企業そのものに関心がありません。たとえその企業が私が創業し育てた企業であっても。

これが最後の宋メールかもしれないのでこのタイミングを借りて読者の皆様に心からの感謝を申し上げたいと思います。欠点とミスの多い私ですが、皆さんはよくもこんな恥ずかしい文章を十数年にわたって読んでくださいました。
まあ、こんな変なことをいう変な人も居たと考えていただければ幸いです。

皆様、よいお年を。

邪魔な感情

年末になると早速、来年の予想を聞かれるようになりました。2年前の上海市場の暴落、今年のイギリス国民投票や米国トランプ大統領選について偶然にも私の予想が当たったため、「来年はどうなるか」と聞いてくる方が多いのです。

経済や政治に関する予想は基本的に確率の問題です。天気予報よりもかなり当たる確率は低いのですが、自信満々に「必ずこうなる」と予想する方々が多いのです。外れても外れても予想を行う方の予想は、願望と詐欺の混合物に過ぎないのですが、外れても損しないからいつまでもやめません。

私は投資の都合上、懸命に世の中を観察し、不安でありながらも日本、中国、米国などの主要国の動向を予想するのです。自分の切実な損得にかかわるため、思い込みは禁物です。トランプ当選の確率は50%あると思っていましたが、これはもう相当不確定的です。トランプが勝利と想定して投資することはコインを投げて命を懸けるようなものです。

それと天気予報などの自然界の予想と違って、人間社会の予想はその予想対象である人間が主体として予想を行うため、乗っている箱を持ち上げるような部分があるので予想不可能の側面があるのです。

このことは古代中国では「傍観者清、当事者迷」と表現しているのです。システムに関わる人間はそのシステムへの判断をよく間違えるのです。システムと無関係の傍観者の方がよく見えるのです。日本でいう「岡目八目」でしょう。

これはつまり予想の精度を上げるには関係や感情を持たないことが必要ということです。しかし、無関係や無感情の社会について予想する意欲を持つ人は極めて少ないのです。一番多く予想を行う対象は二種類しかありません。最も好きな社会と最も嫌いな社会です。だから評論家の予想はコイン投げよりも確率が悪いのです。感情が入っているからです。

予想だけではありません。行動の成果もそれほど情熱と欲望などの感情に依存しません。確かに情熱をもって努力することは目的を成し遂げるにはとても大切ですが、一番大事なのはその目的を達成するための環境と条件がそろっているかどうかです。孫氏がよく「天の時、地の利、人の和」の順で説明したように、人間のファクターはもう最後です。しかも、「人間の和」です。

ここでは個人(リーダーを含む)の意思や意欲がほとんど評価する必要がないほど重要ではないのです。

本当に結果に責任を持つ人は感情を殺しています。感情がないわけではありません。結果のため、責任のために自分の感情を殺しているのです。

感情でマーケットを評価しても構わないのです。損するのは自分です。実際に自分のお金を張っていないから間違っても平気です。感情が入っているように見えますが、他人に対して無責任と無感情です。

部下を感情で評価するのは確かに気分が良いかもしれませんが、有能な部下が辞めたり、やる気が無くなったりすることで損するのは会社です。自分は損しません。結局会社への責任と愛情はなく自己愛です。

お客さまを感情で選ぶと確かに商談は楽しくなりますが、新規顧客や利益率の良い顧客が少なくなります。その結果として会社の業績が低下し、自分も早晩悪い影響を受けます。

本当に感情の無い人は存在しません。結果と目的のために自分の感情を殺して世界を予想し部下を評価し顧客を開拓するのはリーダーであり、成功する人です。

年末に際して一年を振り返って感無量な方も多いと思いますが、思い切り忘年会などで感情を爆発させて来年の感情コントロールのためのエネルギーを蓄積しましょう。

ミヤォミヤォ

ミヤォミヤォが天国に逝きました。2時間前にはまだ頑張って自らトイレに行っていましたが、気が付いた時には息をしていませんでした。

ミヤォミヤォは我が家の猫です。7年前、子供たちに「北京に住むなら猫を飼ってあげるよ」と言って家族4人で北京に移住しました。白い子猫のミヤォミヤォと出会ったのは移住した直後でした。中国語を一から勉強しながら地元の生活と勉強に慣れていく子供たちにとってミヤォミヤォは言葉の要らない地元の最初の友達でした。

そのうち、子供たちは学校の友達を家に連れて帰ってくるようになりました。性格が温厚なミヤォミヤォは人気者で子供達に友達を誘うネタとしても使われました。ミヤォミヤォに会うために来るようになった友達さえいました。

北京の冬は乾燥する上、寒いのです。おまけにPM2.5も心配の種でした。しかし、広い家の中は快適でした。各種植物がたくさん置かれ、機械で空気の温度、湿度と清浄度を快適なレベルに管理していました。何よりも、いつも両親、おいしい料理とミヤォミヤォが待っていてくれていたのは子供達にとって良かったと思います。

言葉も環境も不慣れな海外への移住に躊躇する人は多いと思いますが、現地に快適な居住環境を築くことが大切だと思います。我が家の場合、地元でペットを飼うこともその快適さを確保する一環でした。

落ち込んだ時や困った時に、ミヤォミヤォはそっとそばに寄り添ってくれました。手でお腹を撫でると喉からゴロゴロと音を出しますが、それが何とも言えない癒しになりました。気が付いたら自分のほうが慰められていました。

3年後、子供達は中国語がペラペラになり、中国各地に旅行によく出かけるようになりました。4年後には子供達は英語も始めてアメリカの旅行やサマーキャンプにも行くようになりました。家族で出かける時、ミヤォミヤォはいつも心配の種でした。久しぶりに帰ってきた時、ミヤォミヤォはしばらく鳴きやみませんでした。たぶん「寂しかったよ。帰ってきてくれてうれしい。」と言っていたと思います。

5年後、子供達を日本に連れて帰ることにしました。日本語のレベルアップと日本での経験が必要だと思ったからです。当然、ミヤォミヤォも連れていくのですが、免疫手続きが3か月かかるため、姉の家に預けました。ミヤォミヤォは私達が姉の家に置いてきた衣類や家具の匂いを鳴きながらよく嗅いでいたそうです。

3か月後、ミヤォミヤォを連れ戻すために私と妻は北京に行きました。一緒に空港に向かい、飛行機に乗る風景は今も脳裏から離れません。北京生まれのミヤォミヤォが海を越えて日本に「移民」したのです。

日本に戻って2年たった今年の春、子供達が米国の留学先が決まって入学準備している間に、ミヤォミヤォは急に食べなくなりました。病院に連れて行ったら腎臓病が進んでいて余命が数か月から一年と言われました。

その時まず頭に浮かんだのは「ミヤォミヤォは大役を果たしたからもう帰るのか。」という思いでした。

もともと子供達を海外に誘うためにミヤォミヤォを飼いましたが、その子供達が家を離れて海外へ一人旅に出かける時に、ミヤォミヤォが生の旅を終えようとしていることは偶然だと思えないのです。「ミヤォミヤォも一人旅に出かけるのだ。天国への旅に。」と思ってしまうのです。

最後の日、妻はミヤォミヤォを抱いて彼が大好きな散歩コースに連れて行きました。もう声が出ないミヤォミヤォは途中、急に力を振り絞って「ミアォ!」と一回だけ鳴きました。そこは彼の散歩コースの中で特別好きな場所でした。妻はミヤォミヤォをそこに降ろして、しばらく座らせました。その晩、ミヤォミヤォは逝きました。

翌日、私はそこにミヤォミヤォのお墓を掘りました。別荘に有った木材で棺を手製し、眠ったようなミヤォミヤォをその中に入れて埋葬しました。妻は泣きながら土を被せました。

お葬式が終わって気が付いたのですが、ミヤォミヤォが選んだ場所は私達家族が大切にしている大きなホオノキの根元でした。

TPPは神風にならぬ

十数年前から、私は日本はもっと早く他国との自由貿易協定FTAを締結すべきだと主張してきました。日本経済の活性化と開放性を高める効果があるからです。保守勢力の反対でなかなか進まない中、8年前にTPPの議論が始まりました。これにも私は賛成しました。どんな形でもいいから日本経済のオープン性を高めるべきだと思ったからです。

しかし、ここ数年においては、私はTPPに反対するようになりました。理由はTPPの議論が本来の経済活性化やオープン性から変質して政治色を強めたからです。

安倍政権がTPPは「中国に主導権を渡さない」、「中国をけん制する」ための道具だと強調しているからです。中国人として不快だからではなく、一経営者としてそれは邪道だと思ったからです。

ビジネスマンの皆さんなら分かると思いますが、企業同士の体制や理念が違っても、競合関係があってもビジネスはちゃんと行うものです。好きな仲間だけと特別なルールで交易し、嫌な会社や経営者を交易から排除するような発想はビジネスマンの発想ではないのです。シルクロードが偉大な交易ルートになったのは体制と文化の相違を問わず、相互の有無や長所短所を補うことに専念したからです。貿易の素晴らしさはそこにあるのです。いや、貿易とはそういうものなのです。

TPPのルールに国家の体制や法律を管理するような条項が入っています。「中国にルールを作らせない」、「中国にリードさせない」などの政治スローガンも叫ばれました。中国は他国が勝手に作ったルールに興味がないように、他国にルールを強制することにも興味はないはずです。中国は直接当事者のメリットに集中するのみです。これは我々ビジネスマンが顧客の個別対応に力を注ぐことと同じシンプルな原理です。

どんな市場でも、交易はあくまでも一対一です。市場に参加すれば物が自然に売れる発想は顧客無視の甘い発想です。TPPであっても、本来、交易はあくまでも2国間の物の有無と長短を交換するのみです。強制するようなことがあれば各国は自然にあの手この手を使って抵抗するはずです。いくら企業が国家を訴えることが可能といっても、そのための時間と労力は大変なもので執行性が低いのです。このような非効率性を知ってイギリスがEUを離脱し、米国はTPPを離脱するのです。

交易の原則論で言えば政治色が強くなればなるほどその交易の生命力と生存力が弱くなるのです。これは資本主義が社会主義に勝った理由でもあるのに、資本主義のリーダーを自認する米国政治家の一部が政治色の強い貿易協定を進めるとは驚きでした。

また、社会主義と自称する中国が政治色を持たず、すべての国とオープンに交易するのは皮肉です。AIIBが示したように、世界のあらゆる国にドアを開放し、反対してきた米国と日本を未だに誘っているのです。中国に魅力があるからではなく、中国が主張しているAIIBの開放性と気安さが参加国にとって快適だからです。

トランプが大統領として相応しいのは本質を見抜く力があるからです。交易はあくまでも米国のメリットになるかどうかを優先するのです。政治色の強いTPPは米国内の不満と格差を広げるのみです。中国同様、米国もあくまでも個別交渉のFTAを通じて米国のニーズと利益を獲得するのです。

本来、日本も自国の国益を優先して異なる国と異なるFTAを急ぐべきでしたが、安倍政権になると経済問題の政治化が進み、二国間のFTA交渉をストップしてしまいました。その代わりにTPPを「成長戦略の要」と称して神風のように全ての希望を託したのです。

上述のように、TPPは発効しても神風にはなりません。また、神風に国民の運命を託してはいけないことは、日本の政治家達は敗戦を通じて学んだはずです。

半年前から、トランプが代表している米国の変化は「安倍政権に影響を及ばさない訳がない」と警告しましたが、残念ながら私のような「反日分子」の進言は安倍総理の耳に届く訳がありません。

トランプ当選の本当の意味

トランプが勝つのか、ヒラリーが勝つのか、私には分かりませんでしたが、私が米国人ならばトランプに投票したに違いありません。6か月前、私は宋メールでトランプ氏が当選すべきだと書きましたが、今読んでも当時の内容を変更する必要は全くありません。トランプが勝った後に「俺も思いました」と見苦しい言い訳をする専門家が多い中、半年前の宋メールをぜひ皆さん読んでみてください。

「トランプは既に勝った」
http://www.soubunshu.com/article/438292578.html


当時、一部の読者は「宋さんは中国人だから米国と日本に不利な結果を望んでいるだけ」と批判がありましたが、正直、自分の願望で推測するとだいたい外れます。私は投資をする際、自分の都合で予想すると負けて損してしまうのでそんな馬鹿なことをしません。予想の精度を上げるため、客観的に相手の立場を理解し、相手の生活環境に触れた上、相手の心情を想像する努力をしているからです。

今回、安倍総理はまた改めて思い込みの激しい人だとばれました。9月の時点でヒラリーに会い、敢えてトランプもヒラリーも反対のTPPの必要性を強調しました。これは明らかにヒラリーに以心伝心のつもりでメッセージを送っています:「あなたは本心ではTPP賛成だと分かっていますよ。今選挙中で本音が言えないでしょうが、その代わりに私が多くの国民の反対を押し切ってリードして承認させますから大統領になったら恩義を忘れないでくださいね。」

投票日5日前の3日に、首相官邸が共同通信に「2月にもクリントン大統領と首脳会談を検討」と発表させたほどの自信ぶりです。安倍総理にしてみればヒラリーが勝つに違いない、マスコミや議会を動員すれば反対を簡単に封じ込めます。いったん決めてしまえば国民はすぐ忘れるから自分の思い込みでどんどん進めればいいのでしょう。

主観と思い込みで市場と世界を予測し、それに基づいて政策を立案し、情勢が変化しても修正しない安倍総理の姿勢はまさに戦前の陸軍組織のくせです。勝手に決めた2%のインフレ率は、5回延期してもまだ誤りを認めず、政策の見直しもしません。外交上の思い込みによる損害もどんどん拡大しているのですが、将来にわたって認めることはないでしょう。

ソビエトという脅威が崩壊後、「勝った!」と成り上がった米国のエリート達が民主主義をペットのように飼い始めました。米国型の民主主義をまるで永久不滅の魔法のようにかざし自国民を洗脳し、他国民を威圧してきました。フィリピン大統領が言っていることに多くのフィリピン国民が共鳴したように、トランプが言っていることに多くの米国人が共鳴したのです。国民大半数の選択を「トランプ・リスク」と呼んでしまう米国のエリート達は崩壊前のソビエトの官僚に見えてしまうのです。

エリートだけではありません。今回は現役大統領オバマ夫婦や米国大法官やローマ教皇までも中立の原則を放棄し、ヒラリー擁護とトランプ非難に参加しました。彼らはこぞって国民の選択を変えようとしたのです。

日本のマスコミは米国マスコミ以上に既得権益にしがみづき、権力志向なので米国マスコミ以上に世論作りに熱心なのです。また残念ながら日本のマスコミは日本国民の人の良さを利用してかなりの高い確率で世論操作に成功してきました。だから今回の米国マスコミの成功を信じて止まなかったのでしょう。マスコミと一体になって操作してきた安倍総理もヒラリーと米国マスコミの成功を信じて止まなかったでしょう。

今日の宋メールも半年前の宋メールと同じ結論で結びたいと思います。

「米国民のこの変化は、同様に大手企業と大手マスコミに頼る安倍政権に影響を及ぼさない訳がありません。」

P.S.
私は単に感情的に安倍総理を批判しているわけではありません。実際に客観的に日本人の立場にたって事実に基づいて判断しているのです。

例えば、日本政府がTPPに拘っている間に中国は12カ国の参加国の中の9カ国とすでにFTAを結んでいます。アメリカはTPPで中国をリードさせないというのですが、中国はあくまでも一軒ずつ相手国との損得勘定を確認しあっただけでした。結局、8年もかけて最後に米国自身がTPPを拒絶しました。

日本はそんなアメリカの他力に期待し、独自のFTAの交渉努力もせず、大切な時間と貿易チャンスを浪費して来ました。

国家の指導者はあくまでも企業の社長と同じく自力で道を切り開く覚悟を持たなければならないです。そしてあくまでも自分が得するかしないかで判断しなければならないのです。誰かの仲間と一緒にやれば儲かるとか誰かについて行けば儲かるとかという発想は素人であり最後に損することが多いのです。

商売とはあくまでも一対一の商談で積み上げるのです。TPPに入れば日本は自動的に輸出が増えるとの発想は業界団体に入れば自動的に売り上げが伸びるとの思い込みと同じで、甘いのです。

10年もかけて契約書を議論する暇があれば、一軒でも多くのお客様を訪問した方が結果的に売り上げが伸びるのです。