矛盾は美しくない

特区は中国の改革開放を象徴するような言葉です。深センという村とその周辺の地域に対して中央政府は殆どの規制を外し、人々の好きなようにさせたのです。規制廃止と共に、税収を含む一切の経済政策に、中央政府が口出しを止めたため、深センはこの30年で住民が1000万人を超え、北京に近いGDPを生み出しています。

本来、特区とは自由な地区です。好きなことをやってリスクも自分で取ります。中央政府は政策の自由を与えるが、お金を与えないのがポイントです。うまくいったことも失敗したこともぜんぶ参考として中央政府に吸い上げられ、将来の中国全体の改革に活かされるはずです。

特区とはあくまでもテストであり、最終目的は特区でのテスト結果を全国の改革に活かすことにあるのです。

加計学園の話を聞いていると相変わらずのオトモダチ政治と「問題ない」との強弁ぶりは言うまでもありませんが、私はジャブジャブの予算と利権に特別な不快を感じます。相変わらずの官庁申請もおかしいのですが、その申請に政治が特別に許可を与えるように圧力をかける、いわゆる古い体制に利権だらけの政治操作を施すいびつなやり方です。これで特区というならば、「特区」を発案したケ小平も天国で怒っているはずです。税金を無駄にした上、特区の最終目的も遠ざけるのみです。

私が安倍政権に批判的である最大の理由は彼の政策の是非ではなく、言っていることとやっていることが矛盾しているだけではなく、言っていること自体も時々矛盾する酷さです。

先日、「そこまで言って委員会」という番組に出た際、安倍政権の憲法改正案の是非を議論しました。「戦力を保持しない」条項を保留したまま、自衛隊の合法化を明記する案に右派の方々が賛成する中、唯一の左派の方が自衛隊は必要だが、憲法を変えるべきではないと主張するのです。どちらも矛盾しています。

賛成も反対も構わないと静かに聞いていた私でしたが、段々双方の矛盾にイライラしてとうとう不満を爆発させたのです。「ここでの議論は聞いていられない。これが日本の世論のレベルも代表している。矛盾しているのが分からないのか。」「私は憲法改正について特別な意見はない。日本人の好きなようにすればいい。しかし、自己矛盾しているような憲法だけは作ってほしくない。子供もおかしいと思うような書き方はやめたほうがいい。」

そして経営も政治も同じですが、矛盾していることは理屈抜きに美しくないのです。当然、結果もよくありません。また科学の視点から見れば自己矛盾は間違いの証明です。そんな自分で自分の間違いを証明する憲法を平気で推し進めることは「憲法を変えたい」安倍総理とそのオトモダチの私欲に過ぎません。

前回はたまたまシルクロード交易について書きましたが、多くの方々に不快な思いを与えたかもしれません。しかし、あれだけ「中国包囲」とかいってAIIBやシルクロードを批判してきた安倍首相が、5日の会合でシルクロード交易に参加の意欲を表明しました。ミスに気付いて変化したのならば、大歓迎ですが、単に米国の本音に気付いて動き出したのであれば、自己矛盾の嘲笑対象になるだけです。米国の属国に甘んじている政治家は本当の政治家でもなければ、本当の右翼ですらないのです。

胡坐

なぜあぐらは「胡坐」と書くでしょうか。ポイントは「胡」にあるのです。胡椒(コショウ)、胡瓜(キュウリ)の胡です。

中国には胡を使う単語はもっとたくさんあります。胡琴、胡子、胡説、胡人、胡同などのどれもがシルクロードに関わるものです。胡とは西域の外国を指します。

今月、北京では70数か国が集まり、中国が呼びかけたシルクロード貿易の国際会議が開催されました。ベトナム、ロシア、トルコなどのユーラシア大陸の首脳たちが参加しましたが、米国と日本も代表団を派遣しました。

日本人の多くは中国に末期清朝の遅れたイメージを持っていますが、3千年前の始皇帝以来、中国は大半の時代において世界のGDPの2、3割を作り出し、ユーラシア大陸やアフリカと盛んに交易を続けてきたグローバル志向の国でした。

昨年11月25日の宋メール(ご参考:TPPは神風にならぬ
http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/detail/back315.html)でも申し上げましたが、交易の唯一の原則は双方が得することです。貿易とはA国の余ったもの(あるいは得意とするもの)とB国の余ったものが交換され、お互いが豊かになる仕組みです。敵国同士さえ貿易するものです。

ここで私が好きな李白の詩を一つ紹介しましょう。

秋歌・李白
長安一片月、万戸搗衣声
秋風吹不尽、総是玉関情
何日平胡虜、良人罷遠征

秋の歌・李白
一面の月光にある長安、家という家から布を加工する音が聞こえてくる
秋風が吹きやまず、彼女が国境にいる彼を思う
いつ外敵が平定され、遠征がなくなるだろうか

西安はシルクロードの始点です。各地から集まったシルクはここで最後の加工を行い、西域に運ばれて行きます。長安の人々の多くはこの生産に参加していたでしょう。国境紛争があっても貿易は続きますが、李白は人々の平和への期待を詩に託しています。この詩の中でも「胡」は外国を指します。

「私の工場をフル稼働させれば、中国全体のニーズの8割を供給できます。」3年前、ジュース最大手を経営する友人が私に自慢ではなく、苦悩として話したことです。ジュースのみならず、多くの商品について、中国は過剰な生産力を持っています。

余った生産力を処理する方法は二つしかありません。新しい商品を生産するか、新しい市場に出るかです。シルクロード沿線の国々は昔から中国の過剰な生産力を吸収してきた国々です。当然、中国もこれらの国々から商品や文化を取り込んできました。たとえ紛争があってもその貿易を中断することはありませんでした。それを「胡」に代表された言葉の数々から垣間見ることができます。

中国の歴史では、国を開放し盛んに貿易を行う時は生活が豊かになり文化も発達しますが、鎖国した時は貧乏になり発展が遅れてしまうのです。

習近平の故郷は西安の近くにあります。彼は生まれた環境から西方にある国々への愛着と親近感を持っているでしょう。私がパキスタンに特別な親近感を持つ理由は、小さい時に新疆に3年間暮らした経験があるからです。文革が続く中、沿海部の山東省では聞いたこともなかったパキスタンですが、新疆では使ったタオルまでパキスタン製でした。

3年前、ハーバード大学ビジネススクールを訪ねた時、構内で道を尋ねた女性がパキスタン人でした。思わず「あなたの国のすぐ近くに3年間住みましたよ」と言いました。

冒頭は「お互いが得する」という貿易の原則を言いましたが、貿易にはもう一つ重要な常識があります。それは距離が近いほど輸送コストがかからないことです。近所のニーズを避けてわざと遠くの国と交易する商人はいません。近くの国から徐々に遠方の国に貿易を広げていくものです。

今月、中国のシルクロード会議の後、ベトナムではAPEC会議がありました。ついでに開催されたTPP討論会議では米国大代表は明確に「米国は二国間の交渉を重視する。TPPに戻ることはない」と言いました。昨年11月25日の宋メールに書いたようなことを、米国の新政権が早速証明したのです。米国市場に甘えながら米国を引き込んで中国に対抗する右翼たちのTPPへの甘い願望は、またも泡となって消えました。心が狭い人たちが考える交易はいずれ袋小路に入るのです。

シルクロード交易には昔も今も外交同盟や政治条件がありません。唯一の原則は「お互いが得し豊かになる」ことです。仲間も敵も論じません。あるのは交易だけです。大勢が集まるのですが、その大勢はあくまでも一対一のビジネスを展開するために集まるのです。

ちなみにアラブ人たちが商談する時は絨毯に胡坐をかいて行うのです。交渉同士の二人は袋に手を入れて指を使って値段の交渉を行います。第三者に分からないように二人だけの「二国間交渉」なのです。それがあぐらを「胡坐」と書く理由でもありますよ。

急に好きな日本語を思い出しました。「古い○○に胡坐をかくな!」

東芝の本当の危機

東芝の惨状は私が説明するまでもありません。しかし、不思議なニュースに皆さんは疑問を感じませんか。決算発表を何度延期しても監査法人の承認が得られず、それでも上場維持できることも不思議ですが、「命の綱」とされた半導体事業を高値で買うアジア企業をわざと避け、既に技術を持つ日米企業への販売に拘っているのです。

その理由は「高度な技術の中国への流出を防ぐため」だと説明されていますが、「そんな高い技術を持っているならば、なぜこんな惨状になるのか」と素直に思いませんか?

私が日本に来た1985年には中国は文化大革命の混乱を収めた直後で、中国の経済と技術は悲惨な状態でした。それでも日本での研究生活を通じてすぐ分かりました。「中国が経済と技術を重視する体制をとれば、先進国との差はすぐ縮められる」と。

理由は日本の上級生や同級生の研究能力です。優秀な人も居ますが、平均的な研究力、特に数学の理論力と外国文献の解読力が著しく低かったのです。

この考察は私の創業につながります。米国で開発された大型計算機で運用する航空機や車の構造解析ソフトを、私はパソコンで土木構造物に簡単に使えるようにゼロから開発しました。この分野において私に勝てる日本人はいないと思いました。

日本になかった便利なソフトである上、従来ソフトの2割の値段で売ったため、東京大学、建設省の研究所、道路公団を含む日本の土木業界殆どに売れたのです。興味のある方は調べていただければすぐ分かりますが、20数年前に私が発売した2D-σや3D-σなどの土木構造解析ソフトはいまだに日本の土木業界で使われています。

「数学と物理の基礎が優れた大学院出身の研究者に5年間の時間と所要の資金を与えればどんな先端技術でもなんとかなる」。これが私の経験から言えることです。

私の別荘の倉庫には今も当時の数式誘導の手書き原稿の一部を保存しています。英語の参考文献を読み漁ってコンピューターのプログラムに使えるように、独自の数式誘導と分解をしなければ、プログラムが作れなかったからです。

一番苦しかったのは自分の数式誘導の結果が部分的に文献と違うことです。わずか一文字、一つの符号が違っても、計算の結果には天と地の差があり、どちらが正しいかは独自の方法で検証しなければなりません。

結局自分がミスした場合が多かったのですが、世界的権威の論文にも何回もミスが見つかりました。作者が書く際のミスなのか、印刷する際のミスなのかは分かりませんが、論文として読む分においては気付かないほどの小さい問題でも製品の開発となればとんでもない間違いをもたらします。

だから高度な技術を使う製品においてはコピーやパクリはあり得ないのです。たとえサンプルがあってもそれを理論基礎から製品の設計、製造とメンテナンスの細部まで理解し、細かいミスも見つけ出す力がなければ、市場に出回る製品になり得ないのです。

東芝の話に戻りますが、かつて東芝はNECや富士通などと同様に多くの先端技術を持っていました。しかし、それは当時の先端であり、米国に教えてもらったものが多く、東芝の技術者でなければ作れないものは皆無です。そもそも初期の東芝はGEの製品を真似して電気掃除機や冷蔵庫を作っていました。外形までそっくりでした。原発事故の原因の一つは東芝製と言いながら、中身はGEに任せたため当時の設計図も残っていないのです。これは東芝が市場価格を遥かに超えた値段で米国の原発会社を買った遠因でもあるでしょう。

東芝の半導体技術はたしかに今のところはまだ中国メーカーをリードしていますが、十分な市場があって儲かると分かれば、中国メーカーは買うか自分で開発するか、方法が違ってもいずれその技術を手にします。東芝は既に同様の技術を持つ米国や日本の企業に売っても当然高く売れません。中国メーカーがそれを高く買うのは時間を買いたいからであって、開発不可能だからではないのです。

残念ながら日本の政治家、官僚と企業家は文系出身が圧倒的に多いのです。研究開発をしたこともない人たちに限って技術を過剰評価するのです。それが技術を自慢しながら経営危機に追い込まれる日本の大手企業の遠因でもあります。危機に瀕しても古い思考回路から出られないことが東芝の本当の危機です。

北朝鮮の行方

鴨緑江は中国と北朝鮮の国境の川ですが、私は鴨緑江の中国側の岸に5歳まで住んでいました。朝鮮側の家や人が見えますし、鶏や犬の鳴き声も聞こえます。冬には川が凍るため、両国の住民は一緒に鴨緑江の氷の上でスケートを楽しんだり、氷に穴を開けて釣りをしたりしていました。

野生のサクランボや桃や葡萄などは美味しかったですし、川の魚やエビも美味しかったです。そんな中、我が家が飼っていた豚が夜中に狼に食べられた時のことは一生忘れません。犬が吠え、父が兄を連れて犬と一緒にその狼を追い払ったのですが、私は布団の中に隠れて騒ぎを聞いているだけで恐ろしかったです。

中国側に住む住民のうち4割近くは朝鮮族です。私の印象では、朝鮮族の女性は明るくて働き者です。朝鮮族のお盆祭りに初めて招待された時、畳に上がり、茶碗蒸をごちそうになりました。お盆祭りというのはお盆をたたきながら輪になって踊るものでした。

川岸の一面に咲く黄色の花畑で朝鮮族の女の子と隠れんぼした時の思い出、そして彼女のお父さんの漁船に一緒に乗った時の思い出は今も鮮明に脳に浮かびます。

たぶん世界中の人々にとって北朝鮮という固有名詞が出てくると、金一家三代の世襲専制や洗脳された軍隊と住民と処刑、暗殺などのイメージが浮かびますが、私には私達と少し文化が違うだけの優しい住民たちの印象を消し去ることができません。

1969年のある日、そんな自然に溢れて美しい我が家から我々家族が追い出されます。理由は中ソ関係が悪化し、ソ連寄りの北朝鮮に警戒する必要があったからです。それまでに見たこともない軍隊が国境にやってきて対岸を監視するようになりました。

山東省の田舎に戻る前、汽車に犬を乗せてはいけないとの理由で家族で泣きながら犬を近所の方に預けました。しかし、犬は見捨てられたと気付き、無人の我が家に戻って飲食を拒否して亡くなりました。あれ以来、我が家はもう犬を飼うことはありませんでした。結婚して自分の家族を持った私も犬を飼うことはありませんでした。

生まれ故郷の山東省に戻って少し大きくなった時、私は家に遊びに来る、朝鮮戦争に参戦した村のおじさんの話に興味を持ちました。あの鴨緑江を渡った時の寒さや食料供給が足りない時の辛さ、米軍空爆の激しさなどをよく聞かされました。「全身に墨を塗ったような米兵」(黒人兵)を俘虜にとったこともあるというのです。私に平和で美しい思い出をくれたあの国境ですが、その当時からたった10数年前に戦争(1950−1953)があり、はるばる米国のケンタッキー州や中国の山東省から参戦する人がいたとは、想像もつきませんでした。

大人になり冷戦が終わった頃から、北朝鮮は完全に大国の都合でできた国で、大国の都合に翻弄された国だと思うようになりました。金日成は中国の東北で抗日ゲリラに参加し、ソ連軍の権威を借りて北朝鮮の指導者の座に着きました。その後、ソ連の支持を得て韓国に侵攻したのですが、米韓の反撃で鴨緑江まで追い詰められました。

国境に近付く米軍を嫌って、中国が派兵して米軍をソウル以南に追い返しましたが、最後に38度線で膠着して停戦しました。この時、私が生まれた村のおじさんは死なずに故郷に復員したことになります。

1969年、中国はソ連と決裂し、国境で戦争状態になりました。北朝鮮はソ連寄りの姿勢を取ったため、中国は北朝鮮が背後から攻めてくるのを心配して再び国境に軍隊を派遣しました。この時、私達家族は退去を求められ、山東省の田舎に追い返されました。

北朝鮮の歴史は大国によって翻弄された歴史であると同時に、大国間の不和と矛盾をうまく利用し、国際政治の狭間で生き延びた歴史です。よく考えてみれば我々民衆も大国の都合で翻弄されていました。

北朝鮮の現状を見て腹が立ってすぐにでも何とかしたいと思う気持ちもわかりますが、北朝鮮ができたのは日本を含む大国の都合でもあることは忘れてはいけません。また、北朝鮮の問題を解決する際、北朝鮮とその周辺の地域に昔の我が家と同様の住民がたくさんいることを忘れてはいけません。

100年は歴史の中では一瞬です。北朝鮮の体制がどうなっても、北朝鮮とその周辺地域の住民の暮らしは続きます。戦争はすぐ終わりますが、住民の暮らしは永遠に続きます。戦後処理を考える冷静さと余裕がないならば、開戦は自殺です。

漢文と中国文化を排斥してみたら

敗戦直前、日本は英語を「敵性」語として排斥した時期があって、野球の「ストライク」を「正球」に、「ボール」を「悪球」に変えたそうです。笑い話のようですが、当時はれっきとした国民運動でした。

つい最近、作家の百田尚樹氏が似たことを言い出しました。彼が「中国を偉大な国と勘違いさせる」「中国文化は日本人に合わぬ」などを理由に漢文の授業を廃止すべきだと主張したのです。

才能のある作家なのに歴史や文化に無知ですね。「日本書紀」や「万葉集」などの日本の古典は全部漢文であるため、漢文が分からないと日本の歴史と文化も分からなくなります。お箸や豆腐などの食文化から書道や華道などの芸術文化まで、すべての中国の文化が日本に合わないと言うならば、百田氏は仕事も生活もできなくなります。

百田氏は教育勅語を幼児に暗記させる籠池氏の幼稚園を熱心に応援していましたが、その教育勅語は殆ど漢文であることを知らないでしょう。皇室の年号が漢文の古典からとっていることも知らないでしょう。(「平成」は「史記」と「書経)から)。彼は自分の生計を立てる小説に無数な漢文が含まれていることも知らないでしょう。

極右の人々が愛してやまない靖国神社の遊就館だって「筍子」の「君子居必擇故郷、遊必就士」からとったことも知らないでしょう。中国侵略を行った陸軍士官のカバンに「孫氏の兵法」が入っていることも知らないでしょう。

日本文化の核心にある「礼」「仁」「義」「忠」「士」はまさに儒教の基本であり、家庭の「親孝行」や企業の「年功序列」も儒教の教えなのです。むしろ中国における儒教の影響はほかの思想によって薄められたのです。焚書坑儒はその対立の象徴です。

中国人である私は日本人が漢文と中国文化を取り入れることについて特別な感情を持ちません。それは日本人の都合であり、我々からお願いすることも拒否することもできません。一部の心狭い日本人のようにすぐそれがパクリだのコピーだのと思いもしません。

「中国に纏足があった」、「宦官があった」、「儒教があった」などの理由で日本の文化と中国の文化がまったく違うと主張する最近のニセ右翼は単に日本の文化と歴史を分からない人々です。中国も日本も長い歴史の中でいろいろな民族と文化交流し、時代の変遷と共にその文化を変え続けてきたのです。

世界的視野で見れば日本文化は中華文明の影響を受けながら進化してきたものです。中国ではもう存在しないものも大切に守り、新しい花を咲かせたところがたくさんあります。今日、我々中国人が京都に行って古き良き中国文化の発展型を見て日本の文化努力に感心と感謝するばかりです。

また、いち早く西洋文明を受け入れ、漢字を使って新しい単語を作り出したことにも感謝しています。「中華人民共和国」の中の「人民」も「共和国」も日本が作ってくれた和製漢語です。中国人にそれは「日本が作ったから使うな」という発想はありません。

百田氏が本当に日本を愛しているならば、もっと日本の歴史と文化を知ってほしいものです。そしてその文化の源流にあるものについても知ってほしいです。無知は尊大と無謀につながり、戦争を招き、最終的に国を弱めるのです。

P.S. 今の北朝鮮情勢に関心のある方は以下を読んでください。

北朝鮮情勢は本当に危ないか

昨日、友人から日本の右翼系評論家の文章が送られてきました。尤もらしい「中国内部情報」を出しながら北朝鮮情勢が如何に危険か、また韓国渡航について外務省が「危険情報」を出すべきだと訴える内容でした。友人が社員の安全を心配し私の意見を求めてきました。

まず日本の右翼系の情報は世界で最もあてにならない思い込みに基づく情報の一つであることを言っておきます。2011年7月、産経新聞が「江沢民死去」の号外を出したのはその象徴的な情報でした。産経の阿比留論説委員が小西議員のデマを流し敗訴したばかりです。

次に、右翼系評論家の分析は客観性と多角性がなく驚くほどパターン化されていて結論ありきです。

私は友人にこう言いました。
他は知りませんが、少なくとも中国に関する『内部情報』は彼らより正確です。情報がでたらめだから結論は当然あてになりません。私の見方としてはむしろ北朝鮮情勢はよい方向に向かっていると思います。

北朝鮮の核所有について米中だけではなく、日韓も共通して許さないため、除去は時間の問題です。だから北朝鮮核の危機よりも、北朝鮮核の危機に対処するために米中日韓が連携するかどうかが重要です。特に米中が真剣そして本気に連携すれば北朝鮮核の危機は変数を抱えながらも解決に向かうのです。

米中首脳会談のメインテーマはもともと「北朝鮮」と「貿易不均衡」でした。会談直後にトランプがツイッターで「中国が北朝鮮問題で協力してくれれば、貿易交渉はよりよくなる」と発信しました。米国と中国の情報を総合的に読めば確かに会談でそのような合意に至ったようです。つまり、トランプが選挙中に挙げた貿易戦争の旗を降ろすためにも、見た目のネゴシエーション(交渉)成果が必要です。それが北朝問題への中国の協力です。

一方、中国も北朝鮮核の問題について政策が行き詰まっています。独自の力で解決する能力を持っていません。米国と協力して解決する以外に方法はありません。トランプの提案は「渡りに船」という感じなのです。そもそもその「提案」は数か月にわたる双方のチームによるネゴシエーションの結果でしょう。

世界経済の成長センターは東アジアです。ここの平和を壊すことは米国を含む世界経済を壊すことです。米中日韓の指導者と政策当局はそこまで愚かになっていないでしょう。

米中首脳会談の直後に北朝鮮の石炭は返品されました。会談4日後の12日に、習近平はまたトランプに電話しました。そして同じ日に金正恩が19年ぶりに外交委員会を復活させました。世界とともにアジアも大きく変革するにはちがいありません。よい方向に向かっていると思います。