偏見と差別が生じる簡単な理由

恋愛中のカップルが結婚する確率は、あることに強く依存するという研究報告があります。それは金や立場や情熱などではなく、距離なのです。統計では距離が遠いほど、別れる確率が確実に高くなります。

ネットが発達し、東京に居てもいつでもニューヨークの恋人と顔を見ながら話せる時代ですが、この原理は変わっていないようです。

習慣、文化、宗教、行動パターンなど、どれを見ても人間は距離によってグループ分けしています。理由は単に近いところの人間同士は影響しあい、段々染まりあい、最終的に親近感を抱くからです。

このことは遠いところにいる人と接触しないと分かりません。いつまでも親戚や隣人や同僚としか付き合わない日本人はアフリカや南米で出会った韓国人や中国人への親しみは湧かないでしょう。

世界になぜこんなにも多くの国と言語があるのでしょうか。キリスト教では人間への罰としてお互いが言語を分からないようにしたとか。しかし本当の理由は距離です。近くの人と親近感を持ち、共通の生活習慣と文化を作っているうちに自然と独自の言葉ができてしまうのです。

日本の学校でも近年「多様性が重要」という認識が広がり、先生たちはしきりに「多様性」を強調しますが、その先生たち自身に多様性がない上、生徒たちにも多様性がありません。結局言葉遊びに終始し、誤解を増やすだけなのです。

米国でもダイバーシティやインクルージョンを強調し始めたのはつい最近のことです。60代以上の米国人は有色人種と白人が同じバスに乗れない生活を経験したはずです。様々な移民を共存させ、国家として成り立たせるために人種間の違いを乗り越えるための理論武装としてダイバーシティを強調し始めたのです。いわゆる移民国家のイデオロギーなのです。

一方、アジア、特に東アジアの国々では、大昔から似た民族同士が同じ場所で居住しています。多様性がないとは言いませんが、その相違の程度は米国のような海を越えた移民同士間の相違とまるで違うのです。原住民国家は階級間の差別が問題になることが多いのです。

留学生が多い米国の寄宿学校の食堂に行けば、人種が人の行動にどのように影響を与えるかが分かります。同じ人種の生徒が集まってランチを取る風景はむしろ自然なのです。娘の学校ではこの自然現象を阻止するためにランダムに座席の位置を作り、強制的に生徒たちを座らせるのです。

似たものに親近感と安心感を覚えるのは動物の本能です。赤ちゃんが最初に見る顔はお母さんの顔です。それからお父さんの顔です。これと似たような顔をする人たちに安心感を覚えるのは当然です。生まれた時からこの感覚が脳に仕込まれている可能性もあります。

人間は似たもの同士が集まり、生活と仕事をし、時間を楽しむ傾向は生物の生存本能です。これによって連帯感を持ち、他の人種と競争したり、争ったりするのです。異なる人種の身体や行動や文化に違和感を覚えるのも仕方がないことです。その行き過ぎは偏見と差別になってしまうのですが、これも仕方がないと言いたいところですが、放置すると自分自身の平和が壊れるので克服する知恵が必要になってくるわけです。

ダイバーシティ。多様性を受け入れ、人種差別をなくすというこの理念は、近代の急速な植民地の広がりと移民化によってもたらされた問題を克服するためのイデオロギーなのです。偏見と差別は距離によって生じる普通のことだと分かれば、もう少し余裕をもってこの問題に対処することができると思います。差別した時も差別を受けた時も、です。

トランプ氏はなぜ破壊を行うか

TPP合意、パリ協定、ユネスコ、イラン協定、国連人権理事会・・・トランプ氏が大統領になって以来、米国は西側社会が大切にしてきた合意や組織から次々に離脱しています。トランプ氏は当選前から英国のEU脱退を支持し、最近ではフランス大統領にEU脱退を勧めています。そしてG7とWTOを含む既存国際体制のほぼ全てに不満を持っています。

トランプ氏が中国との貿易戦争を起こすのは理解できますが、EUやカナダや日本にも処罰性関税をかけるのは私でさえ不公平だと思いました。米国で生活してみると分かるのですが、米国製で魅力のある製品は本当に少ないのです。日本とドイツの車に高い関税をかければもっと売れるのは米国車ではなく韓国車でしょう。それよりも既に高い生活コストの更なる上昇に消費者が離反するでしょう。

トランプ氏に「狂気、強気と不安定」のイメージを持つ日本人が多いと思いますが、当のトランプ氏は今、当選後の低支持率から脱出し、じりじり支持率を上げてきました。彼の一貫した姿勢と政策が米国民の支持を得ていることはその支持率の上昇によって証明されているのです。

トランプ氏の政策が米国を再び偉大にすることができるかどうか、正直私には分かりません。中国がライバルとして狙われたからと言って彼の失敗を期待するような見込みとコメントは自戒したいと思います。日本人を含む米国以外の国々にとって一番大事なのは米国の社会深層におけるこの変化への対応です。

共和党だけではなく、民主党も移民問題や自由貿易に対して姿勢をどんどんシフトしていることに日本人は気付くべきです。たとえば、最近話題になっているハーバード大学のアジア系アメリカ人への差別問題です。米国国民であってもアジア系というだけの理由で不公平なパーセンテージ制限を受けるのです。これに共和党だけではなく民主党の有力議員も賛成しているのです。

米国に幻想を抱く一部の日本人は「それは中国系や韓国系への制限だろう」と思いたいでしょうが、中国人と韓国人と日本人の顔は彼らには同じに見えるし、そもそも同じ米国国籍なので先祖はどこからきているかの情報は求められていません。顔で「アジア系移民」を断定しているのです。

前々回のメルマガでトランプ氏の本を紹介しましたが、今回はトランプ氏の昔のテレビ出演について紹介します。当時の対日赤字についてトランプ氏がテレビ番組で怒りを語っていました。「・・・米国は日本に機会を与えているが、日本はあらゆるものをダンピングする。これは自由貿易ではない。東京で何かを売りたいならあきらめた方がいい・・・」と激しい口調で語っていましたが、「日本」を「中国」に置き換えればそのまま現在の彼の中国批判になります。よくも悪くもトランプ氏は昔から変わっていないのです。

変わったのは米国民です。大半の米国民がトランプ氏の主張を受け入れるようになったのです。

私はオバマ時代からTPPは成功しないと言ってきました。理由は「中国包囲」との宣伝文句ではなく、米国内の反応を知っているからです。米国人の多くは中国との貿易赤字が米国以外のTPP加盟国に移し替わっても何の意味もないと考えているからです。何回も言いますが、貿易の基本原理は損得です。長い間、「自由貿易」で損してきた米国がそれを拒否するのは時間の問題です。

いつの時代でも「自由貿易」とは儲かる国のセリフなのです。

米国は余裕がなくなってきたことを日本人や中国人よりも米国人自身が一番実感しています。余裕があったから国連、G7、NATO、WTO、IMFなどを好きなように操れたのです。しかし、国際組織を纏めるには援助や市場開放などのコストが必要なのです。国力が相対的に落ちた米国は金融危機以降にその無駄に気付き始めたのです。既存のシステムを果敢に破壊し、その中から新たな覇権を模索する米国の勇気に感服せざるを得ません。

中国語には「不破不立」という言葉があります。既存の社会システムに不満があればまずそれを破壊することです。破壊しない限り、自分たちに有利な新たなシステムを打ち立てることは不可能なのです。

数十年後、トランプ氏はアメリカ帝国を再び強固にした偉大な革命家と言われるか、それともアメリカの衰退をただ加速させただけの人物になるのかは分かりませんが、私達は自分に都合の良いように思い込むミスだけは避けるべきでしょう。

しかし、トランプ氏が既存のシステムを壊した以上、新たなチャンスは皆にあるのです。適応能力のある人にとって「壊されてもよし、壊されなくてもまたよし」です。これが企業家精神なのです。

火山と氷山が共存するマンハッタン

ニューヨークには昔から若者を組織し貧困層の人々を支援してきたYSOPというボランティア組織があります。昨年、娘の学校が団体でこの組織を通じてボランティア活動に参加しました。その後の娘の経験と感想を聞いた私は、ぜひ息子にも参加してほしいと思いましたが、あいにく息子の学校はそういう活動を組織していませんでした。YSOPは未成年の個人を受け付けていないため、仕方なく私と妻と息子の三人で「Song Family」という小さな団体として参加を申し込みました。

この仕組みを簡単に説明すると、仲介者のYSOPに費用を払って一週間の奉仕労働プログラムを提供してもらうのです。プログラムはだいたい5日間の日程で構成され、朝から教会や老人ホームに行き、食品の加工と配布、厨房の手伝い、食事のサービスなどの無償労働を提供し、夕方にYSOPのオフィスに戻り総括やデスカッションを行います。

一度ホームレスと共に夕食をする機会も作っていただきました。もちろん私達がホスト役として料理を作り、ホームレスを招待し、テーブルサービスを行い、ともに会話とゲームを楽しみ、最後にお客を送り出して後片付けと掃除もやって帰路に着きます。

家族単位でしかも遠いアジアからの参加者は宋ファミリーだけだったため、私達はオハイオ州から来た農家の子供の参加者たちに組み入れられ、彼らと共に活動するようになりました。ニューヨークに滅多に来ない純朴な子供やその親達と共に働くのはとても楽しかったです。

何よりも、息子にボランティアさせるために仕方なく参加した私でしたが、思いもよらない良い体験ができ勉強になりました。

一番印象的だったのは出会った多くのホームレスは働かない人やお風呂に入らない人達ではなく、普通にユーモアがあり感受性豊かな人々です。彼らが普通と違うのは単に家を持てないだけです。夕食に来てくれた同じ年(55歳)の男性と身上話を交換してみました。彼はハリケーンで5年前に家と家具を無くした上、2年前に奥さんも癌で亡くしました。彼自身も病気で稼ぎのよい仕事ができないため、家を持つことを諦めました。

政府や教会が提供している寝るだけの場所はホームレスシェルターというのですが、大きなホールにベッドだけが並ぶ文字通りの寝るだけの場所です。プライベートな空間はゼロです。長くこのような生活を続けると健康な人間でも健康を失います。それに彼らは米国の現在の医療システムの中ではとても病気を治す余力はないと思います。

一番ビックリしたのは好景気と言われる中、ここ数年ニューヨークのホームレスは増え続け、1930年代の大恐慌以来の数に膨らみました。正確な統計は取れていないのですが、最低6万人以上のホームレスがニューヨークにいます。その中になんと2万人以上の未成年ホームレスがいます。家族単位でホームレス生活している人数は1万5千人もいます。

統計には氷山モデルが多いのです。ホームレスが史上最多であれば、家があるものの、生活に苦しんでいる人達も史上最多になっているはずです。案の定、国連の調査によると米国の貧困者は4000万人に達しているのです。その中には一日の生活費が1.5ドル未満の極貧層1850万人が含まれています。

しかし、私達がボランティアしている現場のすぐ近くにはニューヨーク証券取引所があります。あの中の掲示板は史上最高の数字を弾き出しています。失業率が低く、労働価格が上昇し、企業収益も好調だというのです。この狭いマンハッタンにまさに火山と氷山が同時に存在し、どちらが米国経済の本流なのか、私には分かりません。しかし、ますます増大した矛盾の背後に何らかの危機が潜んでいるに違いないと思いました。

昨夜はタイムズスクエアを散策しました。あの手この手で観光客を騙す手口は相変わらずですが、路上に並んでいる偽物カバン屋の多さにびっくりしました。警察が物々しい顔をしながら偽物カバン屋の横を素通りする風景もまさに火山と氷山が共存する風景でした。

二つの商談が明かすトランプ氏の人物像

どこの国に行ってもビジネス書のコーナーに必ず立ち寄ってしまうのは私のくせです。先日、ボストンの住まいの近所にある本屋に立ち寄った時もそうしました。すると、11年前にトランプ氏が出版した「THINK BIG」に目が留まり、ちょっと立ち読みしただけで買うことにしました。共同著者のBill Zanker氏の話が面白かったからです。

Zanker氏は北米最大の成人教育会社の創業者であり、成人啓発のプロでもあります。彼は26歳でマンハッタンで創業した際、有名人に講師になってもらうため、よく「あなたはビッグになっているから少し社会還元しないとだめですよ」と半分脅かしながら説得していました。

彼の脅しに多くの著名人が負けて少ない報酬、場合によってはただで彼の生徒に講演してくれたため、彼の成人向け啓発教育の売上は5億円を超えるようになり、ビジネスが軌道に乗りました。

しかし、トランプを呼ぶときにはこの手が一切効かなかったのです。どうしてもあの有名なトランプを呼びたいので、初めて大金の講演料を申し出しましたが、1万ドルでも10万ドルでも秘書がトランプに取り次ぎしてくれないため、勇気を出して100万ドルを払うと言いました。その後Zanker氏はあまりのストレスでトイレで吐きそうになったというのです。

そうするとすぐトランプ氏が電話をかけてきて「出てやってもいいが、君のとこに聴衆は何人くるのか」と聞いてきました。多くても500人しかこないのに「1千人来ます」とはったりで答えました。するとトランプ氏は「じゃぁ1万人が来るなら受けてやるからいいかい」と確かめてきました。Zanker氏はつい「はい」と言ってしまったのです。

それがZanker氏がそれまで考えたことのないことを考え、やったことのないことをやるきっかけになりました。その結果、3万5千人も聴衆を呼び込み、彼の会社The Learning Annexは年間400%のスピードで成長を始めました。

会社が儲かり始めるとトランプ氏は講演料の増額を言ってきました。交渉の結果、150万ドルで妥協しました。Zanker氏はトランプ氏にそれだけの価値があると判断したからです。

以上がZanker氏とトランプ氏との体験です。以下は香港の不動産業者鄭氏とトランプ氏との付き合いを紹介します。

1994年の不動産下落の際、トランプ氏がリンカーンセンターの31万平米の土地を無理して買ったため、債務超過にはまり、破産寸前に陥りました。ニューヨークだけではなく全米でも誰も彼に協力しない中、鄭家純氏をはじめとする数人がトランプ氏からその土地を購入しました。トランプ氏の債務を引き受けた上トランプ氏に開発を任せ30%の利益も約束しました。

ディールを成功させるためトランプ氏は嫌々香港に飛び、鄭氏達とゴルフ場で落ち合うことにしました。鄭氏達のゴルフの掛け金にびっくりした他、中華料理のテーブルで箸を拒否し、出てきた魚の姿煮の頭にショックを受けたそうです。

結局、その後、不動産市場はずっと回復を続け、リーマンショックの3年前の2005年に17.6億ドルという前代未聞の金額で売却しました。これに不満を覚えたトランプ氏は鄭氏達を訴え、10億ドルの賠償を求めましたが、当然、所有者ではないため敗訴しました。しかし、トランプ氏は選挙の際、よく聴衆の前で「私はとてもお金持ちだ」「交渉上手で中国人に勝った」と自慢しています。

以上の二つの話はトランプ氏のビジネスパートナーが語ったものです。全部事実とは限りませんが、トランプ氏はZanker氏と共著していましたし、鄭氏との裁判も昔から公開されていたものです。

しかし、この二つの事例からトランプ氏の人物像が浮かびあがります。

1.トランプ氏は常に相手に大きく要求する。これが彼のTHINK BIGだ。
2.トランプ氏は口では失敗を認めないが、ミスを素早く修正する力がある。
3.トランプ氏は個別案件の勝負に拘り過ぎるため、より大きな相場を読まない。
4.トランプ氏はオーナー経営者の視線で世界を見ている。
5.トランプ氏は手強い相手のみ重視する。

ボストンの学校に通う14歳の娘がニューヨークに実家があるルームメイトを連れてきた時、たまたま私がこの本を読んでいるところを見て「あ、私のお兄ちゃんもこれを読んでいる」と言いました。20歳の大学生です。

トランプ氏は日本人から見ればコロコロ変わってビッグマウスに見えますが、米国では昔から大変人気があって、独立精神と不屈なファイトを伝授してきた「伝道師」、「成功者」と「タレント」なのです。エリートのリベラル勢力を除けば、米国民の多くは生ぬるい世襲政治家や弁護士出身政治家より、トランプ氏の方が個人として尊敬できると思っても当然です。

そんな今までになかったタフで不屈なトランプ氏に世界中のリーダーが交渉しなければなりません。さて、それぞれの国益がどう守られるかは見物です。

人間は何のために働くのか

ボストンのサービスアパートに入居して二週間経ちましたが、全く落ち着きません。昨日までの三日間は5時間のフライトでユタ州に行って来ました。モノを思う余裕がないので宋メールを書けませんでした。

ちょうど週刊文春の連載が終わったのでそのご報告を兼ねて4月26日号に掲載れた「それでも社長になりたいあなたへ」の寄稿文を転載させてください。


人間は何のために働き、生きているのか――。この連載における大きなテーマでもありますが、「命があるから」と答えても誰も納得しないでしょう。

若い頃に私は「中国を変える」という夢を抱いた時期があります。実際、数カ月、北京で中央政界入りを探ってみました。しかしあまりにも汚い政界の実態を目の当たりにして、やっぱり経営に打ち込もうと思い直しました。このように一つの目標が消滅し、別の目標が生まれることもよくある。人生の目標と関係なく、人は働いて生きるのです。

今年二月のチベット旅行で、千キロ以上にわたり、五体投地をつづける青年と話しました。一年以上同じ動作を繰り返してきた彼の顔には希望と平和が満ちていました。漢民族のドライバーが彼の姿を見て、「この根性を商売に投入すれば大金持ちになれるのに」と言うと、観光ガイド役のチベット族の女の子から「あなたは可哀そうな人ですね」と冷たい目で見られていました。

三十代の頃のことですが、宗教で幸福感を得たいと思って、キリスト教を勉強したことがあります。ただ勉強すればするほど疑問が増えていく。そして神父さんから「宗教はまず信じてから理解するもの」と言われたとき「これは無理だ」と諦めました。私は頭で理解していないことを信じられないからです。

ただ私が事業でどん底状態のときに、神父さんの言葉が救ってくれました。

「航海で暴風雨に遭遇したときには、海に浮かぶ小瓶を作りなさい。そして、その中に入ってしっかりと蓋を閉めなさい。瓶の外は荒れていても内側には平和と陽光が溢れるでしょう」

人生には心の避難所が必要です。その避難所が宗教などの“既製品”でも、自ら編み出したものでも、それは自由です。

人間はチャンレンジすればするほど、その分、苦難も増えます。壁に向かってボールを強く投げれば、同じ力で跳ね返る「作用・反作用の原理」が働くのです。

立派な仕事をして周囲が羨むポジションにつく。経営者となり、会社や社員に大きな利益をもたらす。こうしたいい仕事をすればするほど、逆に人生の苦しみが生まれる。「それでも社長を目指す」皆さんには、このことをよく理解して欲しい。

私は最近よく妻と二人で旅行を楽しんでいますが、経営者時代は大勢の同志や部下に囲まれても、常に孤独感でいっぱいでした。

今は日々の予定が入っていなくても楽しく過ごせますが、かつては半年先まで予定が決められ、ロボットのように働いていました。そんな時代があったからこそ、今の状況がどれだけ恵まれているかが理解できます。

仕事の現場で恐れながら前進する。心配しながら着手する。失敗を前提に勝利を夢見る。そんな経験を繰り返しているうちに、人間は金銭や地位に頼らなくても自信をもって生きていけるようになります。また不思議なことに、金銭や地位は、無欲なときに向こうから勝手にやってくることが多いのです。

前回、「私は自由を得るために経営者をやめた」と書きました。ここでいう「自由」とは何度もチャレンジし、失敗を乗り越えて得られた心の自由です。皆さんも全力で仕事に打ち込み、「自由」を手にして欲しいと思います。

今回で連載はひとまず終了です。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

(週刊文春4月26日号「それでも社長になりたいあなたへ」より転載)