TPPは神風にならぬ

十数年前から、私は日本はもっと早く他国との自由貿易協定FTAを締結すべきだと主張してきました。日本経済の活性化と開放性を高める効果があるからです。保守勢力の反対でなかなか進まない中、8年前にTPPの議論が始まりました。これにも私は賛成しました。どんな形でもいいから日本経済のオープン性を高めるべきだと思ったからです。

しかし、ここ数年においては、私はTPPに反対するようになりました。理由はTPPの議論が本来の経済活性化やオープン性から変質して政治色を強めたからです。

安倍政権がTPPは「中国に主導権を渡さない」、「中国をけん制する」ための道具だと強調しているからです。中国人として不快だからではなく、一経営者としてそれは邪道だと思ったからです。

ビジネスマンの皆さんなら分かると思いますが、企業同士の体制や理念が違っても、競合関係があってもビジネスはちゃんと行うものです。好きな仲間だけと特別なルールで交易し、嫌な会社や経営者を交易から排除するような発想はビジネスマンの発想ではないのです。シルクロードが偉大な交易ルートになったのは体制と文化の相違を問わず、相互の有無や長所短所を補うことに専念したからです。貿易の素晴らしさはそこにあるのです。いや、貿易とはそういうものなのです。

TPPのルールに国家の体制や法律を管理するような条項が入っています。「中国にルールを作らせない」、「中国にリードさせない」などの政治スローガンも叫ばれました。中国は他国が勝手に作ったルールに興味がないように、他国にルールを強制することにも興味はないはずです。中国は直接当事者のメリットに集中するのみです。これは我々ビジネスマンが顧客の個別対応に力を注ぐことと同じシンプルな原理です。

どんな市場でも、交易はあくまでも一対一です。市場に参加すれば物が自然に売れる発想は顧客無視の甘い発想です。TPPであっても、本来、交易はあくまでも2国間の物の有無と長短を交換するのみです。強制するようなことがあれば各国は自然にあの手この手を使って抵抗するはずです。いくら企業が国家を訴えることが可能といっても、そのための時間と労力は大変なもので執行性が低いのです。このような非効率性を知ってイギリスがEUを離脱し、米国はTPPを離脱するのです。

交易の原則論で言えば政治色が強くなればなるほどその交易の生命力と生存力が弱くなるのです。これは資本主義が社会主義に勝った理由でもあるのに、資本主義のリーダーを自認する米国政治家の一部が政治色の強い貿易協定を進めるとは驚きでした。

また、社会主義と自称する中国が政治色を持たず、すべての国とオープンに交易するのは皮肉です。AIIBが示したように、世界のあらゆる国にドアを開放し、反対してきた米国と日本を未だに誘っているのです。中国に魅力があるからではなく、中国が主張しているAIIBの開放性と気安さが参加国にとって快適だからです。

トランプが大統領として相応しいのは本質を見抜く力があるからです。交易はあくまでも米国のメリットになるかどうかを優先するのです。政治色の強いTPPは米国内の不満と格差を広げるのみです。中国同様、米国もあくまでも個別交渉のFTAを通じて米国のニーズと利益を獲得するのです。

本来、日本も自国の国益を優先して異なる国と異なるFTAを急ぐべきでしたが、安倍政権になると経済問題の政治化が進み、二国間のFTA交渉をストップしてしまいました。その代わりにTPPを「成長戦略の要」と称して神風のように全ての希望を託したのです。

上述のように、TPPは発効しても神風にはなりません。また、神風に国民の運命を託してはいけないことは、日本の政治家達は敗戦を通じて学んだはずです。

半年前から、トランプが代表している米国の変化は「安倍政権に影響を及ばさない訳がない」と警告しましたが、残念ながら私のような「反日分子」の進言は安倍総理の耳に届く訳がありません。

トランプ当選の本当の意味

トランプが勝つのか、ヒラリーが勝つのか、私には分かりませんでしたが、私が米国人ならばトランプに投票したに違いありません。6か月前、私は宋メールでトランプ氏が当選すべきだと書きましたが、今読んでも当時の内容を変更する必要は全くありません。トランプが勝った後に「俺も思いました」と見苦しい言い訳をする専門家が多い中、半年前の宋メールをぜひ皆さん読んでみてください。

「トランプは既に勝った」
http://www.soubunshu.com/article/438292578.html


当時、一部の読者は「宋さんは中国人だから米国と日本に不利な結果を望んでいるだけ」と批判がありましたが、正直、自分の願望で推測するとだいたい外れます。私は投資をする際、自分の都合で予想すると負けて損してしまうのでそんな馬鹿なことをしません。予想の精度を上げるため、客観的に相手の立場を理解し、相手の生活環境に触れた上、相手の心情を想像する努力をしているからです。

今回、安倍総理はまた改めて思い込みの激しい人だとばれました。9月の時点でヒラリーに会い、敢えてトランプもヒラリーも反対のTPPの必要性を強調しました。これは明らかにヒラリーに以心伝心のつもりでメッセージを送っています:「あなたは本心ではTPP賛成だと分かっていますよ。今選挙中で本音が言えないでしょうが、その代わりに私が多くの国民の反対を押し切ってリードして承認させますから大統領になったら恩義を忘れないでくださいね。」

投票日5日前の3日に、首相官邸が共同通信に「2月にもクリントン大統領と首脳会談を検討」と発表させたほどの自信ぶりです。安倍総理にしてみればヒラリーが勝つに違いない、マスコミや議会を動員すれば反対を簡単に封じ込めます。いったん決めてしまえば国民はすぐ忘れるから自分の思い込みでどんどん進めればいいのでしょう。

主観と思い込みで市場と世界を予測し、それに基づいて政策を立案し、情勢が変化しても修正しない安倍総理の姿勢はまさに戦前の陸軍組織のくせです。勝手に決めた2%のインフレ率は、5回延期してもまだ誤りを認めず、政策の見直しもしません。外交上の思い込みによる損害もどんどん拡大しているのですが、将来にわたって認めることはないでしょう。

ソビエトという脅威が崩壊後、「勝った!」と成り上がった米国のエリート達が民主主義をペットのように飼い始めました。米国型の民主主義をまるで永久不滅の魔法のようにかざし自国民を洗脳し、他国民を威圧してきました。フィリピン大統領が言っていることに多くのフィリピン国民が共鳴したように、トランプが言っていることに多くの米国人が共鳴したのです。国民大半数の選択を「トランプ・リスク」と呼んでしまう米国のエリート達は崩壊前のソビエトの官僚に見えてしまうのです。

エリートだけではありません。今回は現役大統領オバマ夫婦や米国大法官やローマ教皇までも中立の原則を放棄し、ヒラリー擁護とトランプ非難に参加しました。彼らはこぞって国民の選択を変えようとしたのです。

日本のマスコミは米国マスコミ以上に既得権益にしがみづき、権力志向なので米国マスコミ以上に世論作りに熱心なのです。また残念ながら日本のマスコミは日本国民の人の良さを利用してかなりの高い確率で世論操作に成功してきました。だから今回の米国マスコミの成功を信じて止まなかったのでしょう。マスコミと一体になって操作してきた安倍総理もヒラリーと米国マスコミの成功を信じて止まなかったでしょう。

今日の宋メールも半年前の宋メールと同じ結論で結びたいと思います。

「米国民のこの変化は、同様に大手企業と大手マスコミに頼る安倍政権に影響を及ぼさない訳がありません。」

P.S.
私は単に感情的に安倍総理を批判しているわけではありません。実際に客観的に日本人の立場にたって事実に基づいて判断しているのです。

例えば、日本政府がTPPに拘っている間に中国は12カ国の参加国の中の9カ国とすでにFTAを結んでいます。アメリカはTPPで中国をリードさせないというのですが、中国はあくまでも一軒ずつ相手国との損得勘定を確認しあっただけでした。結局、8年もかけて最後に米国自身がTPPを拒絶しました。

日本はそんなアメリカの他力に期待し、独自のFTAの交渉努力もせず、大切な時間と貿易チャンスを浪費して来ました。

国家の指導者はあくまでも企業の社長と同じく自力で道を切り開く覚悟を持たなければならないです。そしてあくまでも自分が得するかしないかで判断しなければならないのです。誰かの仲間と一緒にやれば儲かるとか誰かについて行けば儲かるとかという発想は素人であり最後に損することが多いのです。

商売とはあくまでも一対一の商談で積み上げるのです。TPPに入れば日本は自動的に輸出が増えるとの発想は業界団体に入れば自動的に売り上げが伸びるとの思い込みと同じで、甘いのです。

10年もかけて契約書を議論する暇があれば、一軒でも多くのお客様を訪問した方が結果的に売り上げが伸びるのです。

こんなことを証明した今年のノーベル経済学賞

結婚についてよく聞かれる話は「結婚は人生の墓場」です。これは現実でもあり婚後努力を促す警告でもあるのです。今年のノーベル経済学賞を受賞したBengt Holmstrom氏とOliver Hart氏の経済学理論は意外にも人々が常識に思ったことを理論的に証明したのです。

結婚する前の男は気遣いが十分ですし、約束を守り行動で相手の好感を勝ち取るのです。彼女の良い反応は一種の「業績給」です。女性も似たような状態です。彼氏の部屋に来て嫌いな掃除をあたかもよくするようにこなすし、慣れない料理も頑張ってしまいます。喜んでくれる彼の反応が励みになります。

しかし、結婚証明書をもらうと男女関係は契約によって保障されます。この終身雇用に近い安定感は人間の危機感を無くし、怠け本能を誘い出すのです。その結果、多くの夫婦関係が結婚後3〜5年以内に墓場に入ってしまうのです。

約束(契約)には多くの限界があります。まず、人間の状態は不安定です。いつも約束を守る訳ではありません。次に約束の言葉が示す範囲や達成基準は曖昧です。最後に、自分に不利な情報を漏らさない人間の本性が、情報の不透明性をもたらし、約束の完全検証を不可能にしているのです。

そこに努力の役割が出てくるのです。もし、男女が愛のために努力を続け、語り合えば状況と心境の変化に伴って新しい認識と約束が生まれるのです。結婚は当初の夢から別の夢に向かうこともあれば別な幸せに変わっていくこともよくあるのです。

企業の契約と評価も似たようなものです。就職する際の会社や上司からの約束はあくまでもその瞬間のことに過ぎないのです。双方が満足するように努力しないと契約で縛られない部分で不満をぶつける方法はいくらでもあります。なぜならばそもそも契約で辞書のように細かく規定しても実際の状況と必ず食い違うのです。この食い違いや曖昧さが出現した時、契約の一方が勇気を出してそれを明確にしていくことが重要ですが、この時に一番頼りになるのは平素の努力と信頼関係です。

成果主義も同じです。そもそも成果の中身は部分的にしか規定できません。次に規定していた中身の評価基準も変化するものです。100%成果主義にたよると破綻するのは当然です。それならばと努力と態度などの定性的評価だけをもって人を評価すると属人的になってしまうのです。結局、個人と企業が心の通じる努力を行い、信頼関係をもっていればこそ、はじめて成果やKPIの数字評価を手段として使いこなせるのです。

日本の従来の「終身雇用と年功序列」が良いという人も出てきますが、実は「終身雇用」と「年功序列」も「契約」なのです。社会全体にわたる契約なのです。

契約はあくまでも手段に過ぎず、結婚も就職も努力と信頼が一番大事であることを証明したのが今年のノーベル経済学賞です。別にノーベル賞学者に言われなくても分かっていますが、契約は手段に過ぎず、大事なのは努力と信頼であることを科学的に証明してくれることに大きな意味を持ちます。

選挙制度は約束が中心です。国際政治も契約で動きます。しかし、本質は約束や契約そのものではなく、政治家と選挙民の間、そして契約国同士の信頼関係であることが、科学として認知されれば、人類社会の在り方にいずれ大きな影響を与えるでしょう。

外国人をもてなす前に社員を尊重して

久しぶりにソフトブレーンのセミナーで講演しました。概要と進行手順を簡潔に説明してくれた担当の女性について「仕事ができる方ですね。」と感想を漏らすと彼女の上司が「そうですよ。助かっています。しかし、彼女は今年中に辞めちゃうんですよ。」

辞める理由を聞くと「結婚して米国に移住する」と言うのですが、それでも私はついつい彼女の上司に念を押しました。

「会社よりも社員の人生。これはソフトブレーンの文化です。どんな理由で辞めても最後の日まで気持ちよく仕事できるようにしてあげてね。」

ソフトブレーンの経営から身を引いてからもう10年が経ちました。今年の7月に形式的な経営アドバイザーも正式に辞めました。まったくの一個人として社員とかかわると、余計に個人と組織との関係が冷静に見えます。

「世界を変える」と豪語するスティーブ・ジョブズのような経営者もいますが、私にはそれはとても傲慢かつ無意味だと感じるのです。スティーブ・ジョブズも世界の一部ですから、彼は一生において自分を変えることはできませんでした。

組織は常に自分ではなく他人を変えようとします。恐ろしいのは弱い個人でも組織というレバレッジを手に入れると同じことを考えてしまうのです。しかも弱い人間ほど、弱い組織ほど、立場と権力を得ると他人を変えようとする傾向があります。

私も会社を創った直後に、社員の人生よりも会社の運営都合を優先してしまう時期がありました。社員の反抗に遭って大変苦しい時期もありました。しかし、その苦しい経験によって自分の創業の初心に立ち返ることができました。また、その初心に立ち返ったおかげで会社が成長できた上、自分も楽に個人に戻れました。

D社の新入社員の過労死(自殺)の詳細を知れば知るほど、日本の古い組織への嫌悪感がわいてくるのです。ここ数年、日本のテレビはよく「外人が見た素晴らしい日本」のような気持ち悪い番組を作りますが、それは観光客として、接待を受ける立場の人々の一部の見方です。

そのテレビ業界および元卸のD社に外国人が数年間同じ環境で働いてみればどうでしょう。恐らく素晴らしい組織だとお世辞でも言えないでしょう。これらの組織は日本の政治システムに守られていて、「世間体や収入と安定性の高さなどからみても就職の最高峰」であり、政界や財界の有力者の子供がゴロゴロしていますが、今回のような環境を生み出すのであれば世界に通用する個人能力を身に付ける場所として最低でしょう。

「東大卒で優秀で努力家である」ことは入社時に役に立ったとしても入社後には何の競争力もありません。おそらく100時間以上の残業は本当の意味で顧客の役に立つ重要な仕事ではなく、諸先輩が存在感と威厳を示す相手や「女性力」という言葉を誤った形で翳される相手になったのでしょう。したがって「過労死」という定義はまったく彼女の死の本質を示していないのです。「パワハラ」や「虐め」などのストレスが彼女を死に追い込んだ本当の理由でしょう。

十数年前、現役の私はソフトブレーンの新入社員に忠誠心や愛社精神ではなく、「会社の辞め方」を教えました。万が一、ソフトブレーンの仕事構造上、会社側がいくら努力しても、社員の人生にとってプラスにならず、ストレスの原因になるのであれば、最後の解決方法を教えたのです。会社側が辞職をマイナスとみなさず、積極的に支援することで社員を助けたかったのです。

十数年が経ちましたが、辞めた社員は他の企業で活躍する人もいれば、経営者になった人も多くいて、上場した人もいます。警察官、登山家、ボクサー、落語家になった社員もいます。何よりも一度退社して数年後に戻ってきてソフトレーンの経営を支えている幹部もたくさんいることに私は非常に満足しています。

組織は個人と同様、長い歴史の中で必ずミスをしてしまうのです。社員個人を守る一番の仕組みとして社員を尊重し、組織の付属物にしないことです。D社は企業として組織として新入社員を自殺に追い込むつもりがあったとは決して思いませんが、閉鎖的な企業文化の恐ろしさは社員を死に追い込んでも殺人者がいないことです。

外部の客を「おもてなし」するのも良いのですが、そのために内部の方々が人生を犠牲にし、ストレスに満ちた生活するようでは意味がありません。それを知った外部の客も楽しめないものです。

自信のある人とは

富裕層向けの老人ホームを経営している友人から聞きましたが、老人ホームに入居しても大手企業の社長を経験した老人たちの多くは「○○元社長」の名刺を持つと言うのです。老人ホームの活動の中の自己紹介も「○○元社長の□□です」と言うそうです。

我々人間は生きている間に、常に「あなたは誰か」と問われます。その際、一番いいのは名前を言うだけで皆に分かってもらえることですが、そんな方は世界になかなかいません。名前を言えば分かってもらえる人はそもそも顔で分かるから名前を言う必要がありません。

「○○の□□です」も楽です。特に「○○」が有名であれば、一発です。できれば○○が有名の上、「□□」がその「○○」にとってとても重要な存在であればもっと素晴らしいです。したがって有名会社の取締役や管理職はとても貴重な名札です。社長となれば最高です。死ぬまで使いたいでしょう。

しかし、ご本人は知らないかもしれませんが、老人ホーム経営している友人の話によると「元社長の名刺を持つ老人はだいたいつまらない人で老人ホームでは人気がない」と言うのです。

それはそうでしょう。老人ホームではもう昇進する必要もなければ金儲けをする必要もないので、大企業の元トップであろうか元外交官であろうが、話し難くてユーモアのない人には誰も用はありません。所属の組織を利用して「あなたは誰か」に答えてきた人たちは、一人になることが難しいのです。

一度社長になればなかなかやめられない最大の理由は一人の人間に戻ることが難しいからです。特に所属の集団やグループを重視する日本では、社長であることの便利さになれてしまうと中毒になります。

料亭やクラブに入ればオーナーから従業員やガードマンまで「○○社の社長」を知って小走りに迎えに来て90度のお辞儀で車まで送ります。ホテルや航空会社のカウンターでは必ず普通の人と異なる態度で特別に案内してくれます。これに慣れてしまうと普通の店やカウンターに行けなくなります。

海外に行っても必ず地元にある支社や支店の幹部が丁寧に案内して特別な場所で配慮してくれます。一人でレンタカーを借りてどこかに行ったり、一人でふらっと地元の店に入って気楽に食事を楽しんだりする社長は少ないでしょう。

「自信を持つ」ことはとても大切なことですが、偉い立場に慣れた人達は皆自信を持っていると思うかもしれませんが、私はこれは砂の上に立つ楼閣のようなものだと思うのです。彼らは一個人としての生存力と野生を失い、組織に付着していないと生活さえできなくなります。これでは果たして本当の自信を持てるでしょうか。

私が思う自信のある人とは次のような人です。

1.過去の立場や知名度を知られていなくても、過去の業績や功績を知られていなくても、一人の人間として他の人間とその場で打ち解け、人々に愉快な思いを与える人

2.人に理解されなくても、敵視されても、依然として自分の意見や価値観を失わずその場の空気に流されない人

3.いくらお金があっても、いくら成功しても、それを知らない人たちと普通に人生を送り、普通に些細なことを楽しめる人

4.そして自信がない時に、自信がないことを受け入れた上、恰好をつけず全力で状況対応に当たることができる人